2009年 05月 10日
高校野球観戦記:京都外大西 vs 西舞鶴
西舞鶴      0 0 0  4 0 0  0 0 0    4
京都外大西   0 0 0  0 0 0  4 0 1X   5
(2009年5月4日(祝) 太陽が丘球場 第2試合)

「西高」vs「西高」となった(ちょっとややこしい…)この試合。
試合前は、京都外大西がどのくらいの力強さで勝利するのかを見届けるつもりでいたのだが、
実際には西舞鶴の前に敗戦一歩手前という試合内容だった。
初回から何度かの得点機を潰し、反対に4回表に集中打で一挙4点を挙げられたまま終盤に至ったときには、
京都外大西ファンの人たちでさえ、敗戦が脳裏をよぎったのではないか?

とはいえ、7回に代打攻勢をかけた京都外大西が4点を返して同点とすると、
9回裏、7回に代打で登場して三塁打を放った尾崎が決勝打を放ってサヨナラ勝ちを収めたところは流石である。

この試合で私は、京都外大西の脆い部分と、分厚い控え選手層の両面を見た。
途中出場の選手が勝利を手繰り寄せた試合結果をどうみるかによって、評価は大きく分かれそうだ。
試合後の選手の会話で「4点取られても負ける気がしなかった」という声を聞いた。
強がりなのかor本当にそう思っていたのか、本意はどっちだったのか?どっちのほうが彼らの糧になるのだろう?

西舞鶴としては、すぐそこに金星があったのに… という試合だった。
甲子園常連校の底力を春季大会で実感できたことを夏の大会に繋げてほしい。

以下、試合のハイライトをいくつか写真にてご紹介します。
(写真はすべて EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM

京都外大西の先発 熊谷投手(上)と西舞鶴の先発 屋敷投手(下)。
b0170881_12433479.jpg

b0170881_1243477.jpg

1回表無死 西舞鶴の先頭打者永野の二ゴロを処理する井上隼。
b0170881_1244445.jpg

2回表無死 4番國屋の遊ゴロを処理する中川。
b0170881_1245233.jpg

4回表無死 1番永野が左前打で出塁。一死一・三塁の場面で4番國屋が左前適時打で1点先制。
b0170881_12465516.jpg

この後一死満塁となり、7番上方が右前2点適時打を放つ。
b0170881_1247268.jpg

b0170881_12473758.jpg

b0170881_12474991.jpg

8番屋敷が一塁強襲の適時打を放ち、西舞鶴はこの回4点を挙げた。
b0170881_12481738.jpg

b0170881_12483224.jpg

7回裏無死 途中出場の6番石原が投ゴロエラーで出塁。7番熊谷が右前打、8番代打松本が四球で無死満塁に。
b0170881_1255462.jpg

b0170881_12555961.jpg

9番代打尾崎が左中間に、走者一掃の3点三塁打を放つ。
写真は三塁へスライディングする尾崎。
b0170881_12561416.jpg

西舞鶴はここで背番号1の福原に交代したが、1番金瀬戸が中犠飛を放って尾崎が生還。4対4の同点に追いつく。
b0170881_12563387.jpg

8回途中からリリーフした中村が9回表の西舞鶴の攻撃を0点に抑え、
b0170881_12571984.jpg

9回裏一死 8番榎本が四球で出塁し、またも9番尾崎に打順が回る。
尾崎がバックスクリーンに迫る大飛球を放ち、一塁走者榎本が一気に生還し、決着をつけた。
b0170881_12574811.jpg

b0170881_12575824.jpg

b0170881_12582732.jpg

b0170881_12583846.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-05-10 13:10 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(7)
Commented at 2009-05-11 13:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eos-30d at 2009-05-11 19:34
素晴らしい!どれもホント一瞬一瞬を捉えておられて凄い!
またまた内野守備の連続写真は息子の参考になります!
有難う御座います。
大阪はPL対桜宮で決勝戦です。
Commented by ゼク at 2009-05-11 20:12 x
先ほどは私のBLOGにどうもありがとうございました!!
教えてもらった点を今後とも生かしながら撮っていきたいと思います。
Commented by photomoments at 2009-05-12 01:28
eos-30dさま、こんばんは。

お褒めいただいてうれしいです。
貴重な一瞬を撮り逃さないように、数打ちゃ当たる(?)の撮り方なんですが、
どうしても撮りたかった瞬間がピントが抜けていたりすることも多いんですよ。
内野守備の連続写真は、バッターのスイングを撮影したあと、ファインダーに写った打球の感じから守備位置を予測してレンズを向けています。
ですので、一連の守備を必ず撮れているわけではありません。
また、打球速度も速く、バッターーからの距離もカメラからの距離も近くなる一塁手・三塁手の守備を押さえるのは難しいです。

大阪大会、準決勝が豪華な顔合わせでしたね。
桜宮って公立でけっこう頑張っているようなので、少し気になる存在です。
Commented by photomoments at 2009-05-12 01:32
ゼクさま、こんばんは。

そんな…、大変恐縮です(汗)。
むしろ私のほうこそいろいろ勉強させてもらいたいと思ってますので、
今後もどうかよろしくお願いします!
Commented by ひろちゃん at 2009-05-12 23:18 x
いやあ すばらしいの一言ですわ こんなブログがあること選手が知ったら喜びますよ
また土曜日もたくさん素敵な写真撮ってくださいね
Commented by photomoments at 2009-05-13 12:22
ひろちゃんさま、こんにちは。

コメントありがとうございます。選手も親御さんも喜んで下さったら嬉しいですね。
ブログを紹介したほうがいいのかなぁ?
また、先日は写真を選手たちにお渡しいただいてありがとうございました。

土曜日、楽しみですね。天気だけが気がかりですが…。
(選手の)Nくんのお父さんからもお願いされてますので、関係者の方にお渡しできるように、この日撮影したデータ(たぶん1,000枚以上のデータになると思います)を焼いて持参するつもりです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 機材紹介:EOS 30D(前編)      高校野球観戦記:龍谷大平安 v... >>