2009年 05月 22日
高校野球観戦記:福知山成美 vs 京都外大西
京都外大西  000 000 213   6
福知山成美  210 002 011X  7
(2009年5月16日(土) わかさスタジアム京都 準決勝第2試合)

第2試合は、最近の京都では誰もが認める強豪校同士の対決となった。
福知山成美は昨年夏・今年春と甲子園に出場しており、長岡投手の抜群の安定感と、(昨年よりは小粒のようだが)強打の2枚看板で、他校を一歩リードする存在と目されている。
甲子園では惜しくも上位に進めなかったものの、敗退した相手は、昨年夏は準優勝の常葉菊川、今年春は優勝した清峰。
あの舞台で強豪校との対戦を行った経験値を加味すれば、夏に向けて、京都の高校野球は福知山成美を中心に展開されるとみるべきだろう。

一方、京都外大西は、昨年夏の準決勝で福知山成美にコールド負けを喫した。
屈辱的だったであろうあの大敗。
現チームはそのときのメンバーが多く残っており、夏を前に雪辱できるのかどうか、
また序盤からたたみ掛けるような福知山成美の猛攻が見られるのか、京都外大西はそれをしのげるのかに注目しながら撮影に臨んだ。

以下、試合のハイライトをいくつか写真にてご紹介します。
(写真はすべて EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM

福知山成美の先発 竹中と、京都外大西の先発 立脇。
b0170881_132469.jpg

b0170881_133941.jpg

先制点が欲しい京都外大西は、先頭打者の中川が四球を選び出塁。二盗を試みるが失敗に終わる(写真)。
2番の井上直紀も四球で出塁したが、再び二盗を封じられて先制機を逸した。
b0170881_143718.jpg

1回裏、福知山成美は1番桑原が四球で出塁、続く2番今井が右中間に適時三塁打を放ち1点を先制。
b0170881_155045.jpg

3番杉本も四球を選んで無死一・三塁となり、4番深瀬の遊ゴロの間に三塁から今井が還り2点目。
その後も四球で二死一・三塁となるが、この回は2点で抑えた。

2回表、京都外大西は敵失、右前打、四球で一死満塁の好機を作る。
8番立脇がスクイズを試みるも三塁走者が本塁で封殺されたうえに、走者の足が捕手への守備妨害と判断されて併殺となり無得点。
b0170881_162795.jpg

b0170881_163799.jpg

b0170881_164755.jpg

2回裏、二死から1番桑原がまたも四球を選び、2番今井がまたも右中間に適時二塁打を放つ。
b0170881_173862.jpg

3回表、二死から四球で出塁した井上直紀が再度二盗を試みるも失敗に終わり天を仰ぐ。
序盤の攻撃は両校で大きく明暗が分かれた。
b0170881_175318.jpg

なお、京都外大西は2回途中から中村に、福知山成美は4回から尾野に投手交代。
b0170881_181716.jpg

b0170881_183043.jpg

6回裏、一死一・二塁で3番杉本が2点適時打を放ち、5-0とする。
b0170881_19261.jpg

続く4番深瀬の打球に遊撃手の中川が飛びつき、好判断で二塁走者の杉本を挟殺する。
b0170881_191685.jpg

7回表に京都外大西が2点を挙げて点差を縮めたが、
7回裏、福知山成美は先頭の6番細野が一塁線への二塁打(写真上)で出塁したあと満塁と攻め立てる。
京都外大西は投手を中村から熊谷に交代し(写真下)、0点でしのぐ。
b0170881_194975.jpg

b0170881_11029.jpg

8回表、福知山成美の投手が柿本に交代すると(写真上)、3番辻が四球で出塁し、4番齊藤が中越適時打を放ち、7回に続く得点を挙げて5-3とする(写真下)。
b0170881_1105063.jpg

b0170881_111129.jpg

その後一死一・三塁の好機で登場した代打松本が二ゴロ併殺打に打ち取られ追加点を奪えず。
写真は一塁へスライディング後、天を仰いで悔しがる松本。
b0170881_1112291.jpg

b0170881_1113358.jpg

b0170881_1114281.jpg

9回表、京都外大西は二死で1番中川が中前打で出塁、2番金瀬戸がボテボテの投ゴロとなり万事休す と思ったが失策で一・二塁となる。
3番辻、4番齊藤が連続適時打を放って6-6の同点に追いついた。
b0170881_1123581.jpg

b0170881_1124388.jpg

b0170881_1125748.jpg

b0170881_1131576.jpg

続く尾崎に期待がかかったが、福知山成美は香山に投手を交代。
尾崎を三振に取り、ピンチを切り抜ける。
b0170881_118133.jpg

b0170881_1183513.jpg

9回裏、福知山成美は一死一・二塁から2番古賀が右中間にサヨナラ打を放ち、決着をつけた。
b0170881_119203.jpg

b0170881_1193370.jpg

b0170881_1194414.jpg


序盤で得点を挙げられた福知山成美と、挙げられなかった京都外大西の差が、そのまま試合の展開を決定した。
福知山成美が、1番桑原の出塁後、2番今井が即座にヒットを放って得点を挙げる超効率的な得点シーンを1回・2回と見せたのに対し、
京都外大西は序盤で3度の盗塁阻止に遭ったうえにスクイズも失敗するなど、失点を少なくとどめたのに自らが得点できなかった。
京都外大西は、9回のミラクル的な同点劇で観客を魅了したと思う(スタンドの雰囲気が変わった)のだが、
終盤の攻撃力はともかく、序盤の試合の流れ作りをどのようにしていくのか、課題が残る敗戦だった。
また、福知山成美の絶対的エース 長岡が登板していたら、歯が立たなかった可能性は否定できない。
それをどうやって克服していくのか。

…夏まで、あと2ヶ月。
[PR]

by photomoments | 2009-05-22 01:24 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(2)
Commented by ひろちゃん at 2009-05-22 22:41 x
まあ夏は見ててくださいっていいたいのですがインフルエンザで西高 平安 両洋 東山などほとんどが休校ですわ 
練習試合もできず、夏に影響でそうです
Commented by photomoments at 2009-05-23 20:30
ひろちゃん様、こんばんは。

ほんとですね。この時期が夏の大会に向けて、各校とも大切な時期でしょうに。

インフルエンザの影響で、私も通勤はもちろん、職場でも原則マスク着用です。
とにかく暑いです…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 御堂筋の彫刻      京都両洋高校 優勝おめでとう! >>