2009年 05月 23日
御堂筋の彫刻
(野球中心のいつもの内容とはまったく違う話題です)

大阪・御堂筋に彫刻が設置されているのをご存知でしょうか?
平成4年からこれまでに、28体の彫刻が設置されてきました。
そして先週、29体目の彫刻が設置され、除幕式が催されました。

その彫刻が、オシップ・ザツキン(Ossip Zadkine, 1890-1967)作 「女のトルソ」です。
b0170881_16421978.jpg

EOS 1D MarkIII + EF100mm F2.8 macro USM

今回設置された彫刻で特筆すべきなのは、初めて個人の方から寄贈されたということです。
(これまでは、企業から27体・大阪市が1体を寄贈してきました)
昨今の厳しい経済情勢下で、こうした方がいらっしゃることに感銘を受けました。
b0170881_16423198.jpg

EOS 1D MarkIII + EF100mm F2.8 macro USM
[PR]

by photomoments | 2009-05-23 16:44 | 建物・街・風景 | Comments(4)
Commented by ゼク at 2009-05-23 23:10 x
僕も昨年末に御堂筋に行った際に何枚か撮りました!!
h ttp://eos1d3.exblog.jp/10373302/
全てが法人寄贈だったとは知りませんでした!!勉強になりました!
Commented by photomoments at 2009-05-24 10:34
ゼクさま、おはようございます。

彫刻の寄贈者が誰なのか って考えたりせず見ていたので、
私も今回の彫刻寄贈で初めて知ったんです。
実は寄贈者の方と少しだけお話し(お礼と感想を申し上げました)をしたのですが、
(おそらく)70代のご夫婦で、寄贈するのを楽しみにされていたようでした。
いま御堂筋では「御堂筋 スプリングギャラリー2009」と題してちょっとしたイベントを開催しています。
7月31日〆切で「御堂筋写真コンテスト」もありますよ!

ゼクさんのブログの過去記事を拝見しました。
綿業会館や生駒時計店など、大阪には戦前のいい建物が点在してますよね。
ダイビルに許可を得て内部の撮影をされていたりして(あの写真はきっと貴重です)、
ゼクさんのそんな姿勢を見習わなきゃな と思いました。
Commented by ゼク at 2009-05-24 11:17 x
そうですね!!ダイビルは近いうちに取り壊してしまうみたいですが
本当に残念です。しかし我々が文化財として見ても企業側からしたら
古いだけの使い勝手の収益の悪いビルになります。
もしも国が税金から援助してこれらを残せるならそうして欲しいです。
現時点では所有者が文化財として保存したくなければそれで終わります。
保存状態のいい、素晴らしいものはやはり保存して欲しいですね。
Commented by photomoments at 2009-05-24 18:44
この問題は、対象が残すべきものかどうかの線引きが難しいでしょうね。
(ダイビルは保存に値する建築物だと思いますが)
建築学会などがしばしば保存要望書を出しますが、
所有者からすれば、気持ちはわかるけどそこまで介入されたくない とか、
そこまで言うなら具体的にどう協力してくれるの?ということになると思います。
だから所有者が保存しやすいように、何らかのフォロー・施策が必要だと思います。難しいんでしょうけど…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 頑張れ!関西独立リーグ      高校野球観戦記:福知山成美 v... >>