2009年 09月 10日
高校野球観戦記: 桃山高校 vs 乙訓高校
乙 訓  000 001 000 1    2
桃 山  000 000 010 2X  3(延長10回)
(2009年9月6日(日) 乙訓高校グラウンド)

乙訓高校・末常監督、桃山高校・中野監督。
9月6日は、高校の先輩・後輩の間柄というお二人が公式戦で対戦するのを初めて見ることができた日だった。
私は両校の練習撮影にお邪魔したことがあり、以来お二人にお世話になっている。
そんな縁もあって楽しみにしていた対戦だったのだが、この日はもともと所用があり、観戦はできないものとあきらめていた。
その用事が午後のみでよくなったため、幸いにして観戦・撮影できたという次第。
なので、第二試合の大谷対南丹戦も気になりつつ、第一試合だけで乙訓高校を後にした。

乙訓高校グラウンドは、6月に練習を撮影するためにお邪魔して以来だが、部員が丁寧にメインテナンスしている緑豊かな芝生はふた夏を経てしっかり定着した感じ。
仮設校舎の解体も終わり、レフト側にはフェンスに架けられたスコアボードやカウントを表示する電光板が用意されるなど、末常監督の尽力によってだろう、野球に取り組むための環境は着実に充実している。

乙訓高校の保護者・関係者はもちろんのこと、桃山高校からも多数の保護者や関係者が詰めかけた中で行われた試合はロースコアの投手戦となり、スピーディーな試合展開、気合いの入った選手たちのプレーによって、来てよかったと思える試合だった。

ただ、学校グラウンドでの試合撮影なので、二重に張られた緑色の防球ネットの悪影響が大きく、ピントがなかなか合わない、合ってもピント精度が低いため、(このブログに掲載している写真ではわかりにくいが)写真のクオリティは心許ないのが正直なところ。
掲載した写真よりもいい瞬間にシャッターを切っても、ピントが合っていなくて使用できなかったショットも多かった。
私は一塁側からの撮影を基本としているが、逆光下では防球ネットの悪影響が増すため、太陽の向きを勘案して、三塁側桃山高校サイドから撮影することにした。

桃山の投手は、投球を二度ばかりボークと判定されながらも、調子を乱すことなく辛抱強く投げた。
乙訓の藤井投手は力のあるボールを投じ、7回までは桃山に得点を許さなかったが、8回に満塁の場面でスクイズによって同点に追いつかれてしまう。
ただこれは、あの場面できっちりスクイズを決めた桃山を讃えるべきだろう。
延長10回表に犠牲フライで1点を勝ち越した乙訓だったが、その裏に桃山が2点を挙げてサヨナラ勝ち。
桃山の選手たち、精神的にタフだというか、あきらめない気持ちが強いというか…。
地力は乙訓のほうが上ではないかと思うのだが、精神力で上回ったことが桃山の勝利の要因ではないだろううか。

(以下の写真は、特記なき限り EOSー1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)

試合開始前の桃山ベンチ。中野監督が選手たちに指示を出す。
(EOS 30D+EF-S17-55mm F2.8 IS USM)
b0170881_723188.jpg


b0170881_7263176.jpg
b0170881_7263960.jpg

b0170881_7295038.jpg
b0170881_730095.jpg
b0170881_730916.jpg
b0170881_7304383.jpg
b0170881_7305299.jpg
b0170881_731031.jpg

b0170881_732088.jpg
b0170881_732788.jpg
b0170881_7323565.jpg
b0170881_7324635.jpg

b0170881_21402475.jpg
b0170881_2140357.jpg
b0170881_21405990.jpg
b0170881_21411744.jpg
b0170881_21412734.jpg
b0170881_21413696.jpg

b0170881_2143586.jpg
b0170881_21431384.jpg
b0170881_21433123.jpg
b0170881_21434075.jpg
b0170881_21434723.jpg
b0170881_21435565.jpg
b0170881_2144323.jpg


試合後中野監督は、「いやいや…、いっぱいいっぱいです」と謙遜されていたが、数少ないチャンスをきっちりモノにした選手たちの戦いぶりには満足していると思う。
以前から中野監督は厳しい監督だったそうだが、この試合で間近で聞いた発言は、厳しい叱咤・鋭い指摘とともに、楽天の野村克也監督ではないが、どこかユーモアや含蓄を感じさせる言葉も多く、ある意味心地よい空気を三塁側に醸成していたのが印象的だった。
年月を経て、中野監督の野球が桃山高校にうまく浸透してきたのかな と思える試合だった。

末常監督としては、先制しながら勝ち切れなかった試合で、悔しいところだろう。
敗れた乙訓は二次戦進出を賭けて、北嵯峨高校との試合に挑む。
敗者復活戦に回っているとはいえ、北嵯峨高校の前評判も高いと聞いており、厳しい戦いになりそうだ。
乙訓・北嵯峨という「公立校の雄」同士の戦いを見たいので、天気が心配だが、週末は北嵯峨高校グラウンドに足を運ぶつもりだ。

b0170881_21441159.jpg

(EOS 30D+EF70-200mm F4L IS USM)
[PR]

by photomoments | 2009-09-10 22:22 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(14)
Commented by boss_5th at 2009-09-10 23:24 x
撮影には厳しい環境だったのだろうということが容易に理解できますが、
それでも、素晴らしい写真の数々。拝見していて、思わず声をあげそうに
なる写真がありました。

土煙が上がっている写真などは、とても迫力があります。
ガッツポーズのシーンなどもしっかりものにされていて、素晴らしいですね。

当方でも、新人戦が終わり、秋の大会が間もなく始まります。
こちらで勉強させていただいたことを少しでも生かせればいいなぁと
考えているところです。
Commented by photomoments at 2009-09-11 19:43
boss_5th さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

本当に撮影は難しかったです…。
普通なら被写体を捕捉すると、AFポイントから外さない限りはだいたい追随してくれるのですが、
きちんと捕捉していても、二重に張られた防球ネットにピントをとられ、その後もピントが戻らないことも多かったです。
300mmのレンズであれば、普通は目前の障害物をモノともしないところですが、
恐るべし、緑色の防球ネット! といったところです。

両校、いい表情を見せてくれたので、撮影上の不出来(汗…)をカバーすることができました。
選手たちに救われた って気分です(笑)。
Commented by 球児の家族 at 2009-09-11 21:08 x
いつも楽しみに拝見しています。素敵な写真が多く我が息子も撮ってこのブログに載せていただきその画像をPCの待ち受けにしています。この度一眼レフのデジカメを買いたいと思い相談にのっていただけたらと書き込みました。素人のはじめてのカメラでお勧めの機種はありませんか?ズームレンズキットとかではだめですか?お忙しいとはおもいますがアドバイスお願いします。(>_<)
Commented by photomoments at 2009-09-12 00:33
球児の家族さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
息子さんも撮影して掲載しておりましたか。ちゃんと撮れてたでしょうか?

ご質問の件ですが、撮影したいのは野球をはじめとする動きモノということでよいでしょうか?
最初はズームレンズキットでもよいと思います。
スポーツを撮影するのであれば、超音波モーター搭載レンズがおすすめです。
カメラ本体は、(お考えのご予算などにもよりますが)いわゆる入門機よりは、
あと数万円出しても中級機を買うほうが応用性もあって良いと私は思っています。
入門機よりもハイアマチュアとかプロユースの機材のほうがむしろ初心者に使いやすい面が多々ありますし…。
気になるメーカーや機種がおありかどうか、またカメラの用途が動きモノでよいのかどうか、またお聞かせください。
そのほうがより適切なコメントをできると思いますので!
Commented by 球児の家族 at 2009-09-12 08:37 x
早速のお返事ありがとうございます。なんとか2次戦進出も決め、気合いの入っているところです。おもに野球の動きものと撮る予定です。
我が息子は今2年生なので後1年しかないのですが1年間めいっぱい息子やチームメイトの写真を残してやりたいと思います。
ビデオもいいのですが写真をロードショウにして観ると感慨深いものがありますね(^_-)-☆
特別どのメーカーとかはないのですがなんせ嫁も撮りたいみたいなのであまり重くなく使いやすいもの。価格は本体レンズともで10万円までで揃えられるとありがたいのですが^_^;
安いなかでお勧めを教えてください。
Commented by photomoments at 2009-09-12 17:00
球児の家族さん、こんにちは。
2次戦に進出されたチームですか!では私も、2次戦で撮影できる機会があるかもしれませんね。

カメラの件ですが、動きモノを撮るならキヤノンかニコンが妥当(無難)な選択だと思います。
10万円くらいでズームレンズキット…となると、キヤノンならEOS Kiss X3、ニコンならD5000くらいでしょうか。
Wズームキットで入手するなら、X3のほうが250mmまで(キヤノンは×1.6倍なので400mm相当)、
D5000は200mmまで(ニコンは×1.5倍なので300mm相当)の望遠となります。
X3のレンズキットは超音波モーターではないですが、案外速いらしいので、とりあえず何とかなるかもしれません。
スポーツで気になる連写コマ数はX3が3.4コマ/秒、D5000は若干速く4コマ/秒です。
(でもこの水準と、中級機の6コマ/秒クラスとでは随分違ってきます)
Commented by photomoments at 2009-09-12 17:23
(続きです)
でも、店頭でいろいろと触ってみて、この機種はいい!とか、これは肌に合わない という感覚も大事だと思います。
重さの感覚も、持ってみて把握できると思いますので。
とにかく、自分にしっくりくるカメラがいいです。
(ちなみに私は、どれにしようかカタログ見ながら悩んでいる時期が一番楽しいです(笑))

もし球児の家族さんが「こだわり屋さん」だったら、予算オーバーでも、カメラはもう少し上のクラスを考慮してもいいかと思います。
特に動きモノを撮るなら、カタログスペックでは感じ取れない部分が大事になってきますが、
このあたりは、妻に買ったキスデジXと30Dとの間には隔たりがあると実感しますので…。
Commented by 野球小僧 at 2009-09-12 20:04 x
はじめまして。

いつも素敵な写真の数々を拝見させて頂いております。
私は今年の春から高校野球の写真撮影を始めました。
ということもあり
こちらのサイトの『野球写真の撮り方』は大変勉強になります。
毎晩、寝る前に読ませて頂いております。

カメラ初心者ということもあり 最初はオートから始めて
少しずつですが機能を覚えて色々と設定を変えて撮影していますが
なかなか上手に撮れません・・・

photomoments さんのような素晴らしい写真を撮るには
どのようなカメラ設定をすればよいのですか?
よかったら細かく教えて頂けないでしょうか
Commented by photomoments at 2009-09-13 18:49
野球小僧さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

今は「スポーツモード」のような設定で撮影されているのでしょうか?
撮影モードは、オートを使うよりは、絞り優先かシャッタースピード優先かのいずれかを使うほうがいいと思います。

私の撮影の設定ですが、通常は絞り優先にて撮影しています。
開放絞りF2.8のレンズを、F4~F5程度(=1段ほど絞る)に設定しています。
シャッタースピードは1/1000秒が稼げることを念頭に、ISO感度は200~400までを標準としています。
快晴であれば、1/2500秒くらいにはなります。

AFモードは、動きモノですから、CANONでいうところのワンショットAFではなく、AIサーボAFにします。

…こうして説明するのは、けっこう難しいですね。
気になるポイントがどのあたりなのか、またお聞かせください。
この先の掲載記事の題材にしようかな と思いました。
Commented by 野球小僧 at 2009-09-14 03:51 x
ご丁寧に教えてくださり、ありがとうございます(嬉)
とても分かりやすかったです!
オートの後はスピード優先を使い、今は絞り優先で撮影しています
使っているカメラはSONYα300(レンズは最大300と500ミリの2つを使用)で連写は1秒に3コマといった感じです(汗)

春から50試合近く撮影をしていますが特に気になるポイントは
①ピントの合わせ方(特に走っている姿やクロスプレーでの撮影)
②逆光対策(顔が真っ黒にならないようにするには)
③選手と背景にメリハリのある撮影方法(選手をはっきり表現するには)
④露出について(色をはっきり出しながらも暗くならないにするには)
⑤この場面ではどの選手を主役にしたら良いのか(人それぞれ好みが
あると思いますが・・・)

という感じで現段階では以上5点あります
また詳しく教えていただければ嬉しいです
Commented by photomoments at 2009-09-14 20:54
野球小僧さん、こんばんは。
50試合近く撮影しているとは…、私よりも多いかもしれませんね。

①走っているところは、流し撮りの要領で、カメラ・レンズを走者に合わせて動かしています。
 (当然一脚が必須になります)
 クロスプレーは私にとってもなぜか難しくて、ちゃんとピントを合わせても外してしまうことが多く、自分にとっての課題でもあります。

②逆光対策は、露出補正を使ってプラス補正することが多いです。
 適正な補正値は機種によって違うでしょうから、試してみてください。
 お使いのα300では、Dレンジオプティマイザー機能が役立つのではないでしょうか(私のカメラにはこうした機能がありません…)

③背景のメリハリは、一般的には絞りをほどほどにして、背景をボカせばよいと思います。
 お使いのレンズがF値がどの程度かわかりませんが、絞り過ぎないようにされたらいいでしょう。

(つづく)
Commented by photomoments at 2009-09-14 20:57
(続きです)

④は②とも関連しますが、私のカメラではピクチャースタイル(α300ではクリエイティブスタイル)で色味を濃くすることができます。
 このへんは、好みもあると思いますし、レンズによる描写の違いもあると思います。

⑤は、撮り方しだいですし、カメラ・レンズの組合せにもよります。
 私は大方の場合、両チームの選手をできるだけ撮影したいと思って撮っていますので、
 バッターを撮って、守備を撮って …という撮り方をします。
 その意味では、どの選手も主役候補です!場合によると、応援席の控え部員が主役だったりします。

言い足りない気がしますが、ざっとこんな感じでしょうか!
Commented by 野球小僧 at 2009-09-14 21:32 x
どうもありがとうございました!!!!!
私にとって大変役に立つアドバイスそしてサイトです!
実は今日も試合を観戦しに行きました
露出補正や色合いの設定を初めてしましたが案外と難しくて
家に帰ってパソコンで見てガッカリしました(泣)

あとphotomoments さんの背景のボカし方はは本当に上手だと思います!
私もこんな主役が活き活きとしている写真を撮りたいです
また色々と教えてくださいね
沢山の質問にご丁寧に答えて頂き、ありがとうございました。





Commented by photomoments at 2009-09-15 06:57
野球小僧さん、おはようございます。コメントありがとうございます。

露出補正や色味・ホワイトブラケットの設定は、機種によりますが、
それ以上に、天候に左右されるので、いろいろ試しながら把握するしかないですね。

背景のボカし方については、実際のところ、あまり考えていません。
レンズが単焦点ですし、絞りもほどほどにしているだけなので、ボケ具合も自ずと決まってきます…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 秋季大会 (9月15日:一部加...      関西独立リーグ 神戸9クルーズ... >>