2009年 09月 19日
高校野球:平成21年度秋季京都府大会: 龍谷大平安 vs 鳥羽
今日は、太陽が丘球場での秋季京都府大会を観戦・撮影に行きました。

(写真整理がまだできていないため、今日の写真は後日きちんとアップしますが、数枚だけ取り急ぎ掲載いたします)

第1試合は龍谷大平安 vs 鳥羽。
いきなりの強豪校対決は、風が強かった影響もあり、両校2本ずつのホームランが飛び出す荒れ模様の乱打戦となった。
初回に一挙5点を挙げて優勢に試合を進めた鳥羽に対し、龍谷大平安が中盤以降追い上げ、逆転したが、
鳥羽も粘りを見せ、最後まで勝敗が分からない試合だった。

鳥    羽   500 100 142  13
龍谷大平安  010 233 42X  15
(2009年9月19日(土) 太陽が丘球場 第1試合)

(写真は EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)

b0170881_22431342.jpg
b0170881_22432329.jpg
b0170881_22433146.jpg
b0170881_22434388.jpg
b0170881_22435252.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-09-19 22:47 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(4)
Commented by 野球小僧 at 2009-09-19 23:13 x
この試合の結果は知っていましたが
スゴイ打撃戦になりましたね!
試合時間も長そうな試合ですよね

私も今日、高校野球観戦をしました
今日はカメラの設定を変えて撮影してきました
(コントラスト、彩度、輪郭)
色々と数値を変えてやってみましたが・・・
一番、自然で尚且つメリハリのあるコントラスト、彩度、輪郭の
数値設定ってどの辺りにになるのでしょうか?

あと今日初めて一脚を使いましたが
イマイチ上手に使えていません(泣)
どの位の高さにして使えば一番、見やすく
そして選手を追いやすいのでしょうか?
よかったら教えてください




Commented by photomoments at 2009-09-20 00:24
野球小僧さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

そうですね、試合時間は高校野球としては長かったですよ!2時間53分だったと思います。

ご質問の件ですが、コントラストと彩度については、機材によって違うでしょうし、
天候等の撮影条件によっても大きく左右されるので、答えが出せないですね…。
不自然になってしまうような設定は避けるべきだと思いますが…。
輪郭 というのは、シャープネスのことですよね?
私はカリカリのシャープネスが好みなので、カメラのシャープネス設定は強くしています。

一脚は、ファインダーを覗きやすく、両腕が疲れない高さにすればよいと思います。無理な体勢にならないのが基本だと思います。
また、カメラ本体が縦位置なのか横位置なのかによっても微妙に変わってくるので、
私は試合中に、ほんの1cm程度一脚を伸縮させることもよくあります。
Commented by melonは青肉 at 2009-09-20 19:54 x
愚息は3年生なので、この夏で引退しましたが、
やはり球場通いはやめられません!
平安の応援を聞くと、心とからだが躍りだします・・・・。
秋季大会見たで未熟なチームが、試合を重ね、冬練習を重ね、
成長した姿を見たときの驚きとうれしさ・・・・。
やっぱり高校野球が大好きです。
そんな瞬間をとらえて下さるのを、今後も楽しみにしています。
Commented by photomoments at 2009-09-21 05:42
melonは青肉さん、おはようございます。コメントありがとうございます。

球場通い、やめられませんか(笑)。いいじゃないですか!

秋季大会は新チーム結成から間もないこともあって、プレーに粗さが見られるときもありますが、
冬場の練習を越すと、やっぱり違ってくるんでしょう。
「師匠」Mさんは「冬場の練習を撮影しときや!あれで子供らは伸びるし、強くなるんやから」とよく言われます。
昨シーズンの冬場は練習の撮影に1度も出られなかったので、この冬はどこかの学校の撮影に行きたいと思います。

私も日々撮影しながら撮影のスキルを上げて、撮り逃しを少しでも減らしたいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 高校野球:平成21年度秋季京都...      秋季大会 (9月15日:一部加... >>