2009年 09月 20日
高校野球:平成21年度秋季京都府大会: 北嵯峨 vs 城陽
2日連続で太陽が丘球場での秋季大会観戦・撮影となった。
ベースボール倶楽部のたっちゃんさんが今夏追いかけてきた城陽高校をこの日撮影できないということで、城陽高校の試合撮影を依頼され、
責任重大…という思いのなか撮影した。

第1試合は城陽高校と北嵯峨高校。
城陽高校は二次戦進出が久しぶり。対する北嵯峨高校は上位進出の常連校。
北嵯峨有利か?と事前に予想したが、先制したのは城陽で、序盤3回までは1-1の同点で推移した。
しかしそれ以降、着実に加点する北嵯峨の前に城陽が押される展開となり、
城陽守備陣はボールが手につかなかったり、送球が乱れたりと、守備も次第に悪くなっていった。
7回は北嵯峨の4番榎川選手がレフトへ豪快に3ランホームランを放って、コールドゲームで試合終了となった。

城   陽   100 000 0   1
北 嵯 峨   001 121 5X 10 (7回コールド)
(2009年9月20日(日) 太陽が丘球場 第1試合)

(写真は、特記なき限り EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)


b0170881_2293943.jpg
b0170881_229488.jpg
b0170881_22956100.jpg
b0170881_221041.jpg
b0170881_22101287.jpg
b0170881_22102121.jpg
b0170881_22103054.jpg
b0170881_2210464.jpg
b0170881_22105493.jpg
b0170881_2211116.jpg

北嵯峨の4番 榎川選手の試合を決めた本塁打。
b0170881_22111062.jpg

試合終了後、クラブハウス脇でミーティングを行う城陽高校の選手たちと冨山監督。
b0170881_22111815.jpg

(EOS 30D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM)
[PR]

by photomoments | 2009-09-20 22:17 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(2)
Commented by 野球小僧 at 2009-09-20 22:49 x
昨日はアドバイスありがとうございました
22日に富山大会を観戦する予定なので
試してみます
野球は動きが激しくて、次の動きを読むのが大変難しいスポーツですが
しっかりとピントを合わせて撮影しているところが初心者の私には
スゴイと感じてしまします
エンジンを組んでいる時に 縦で撮って上方には風景を入れている写真を見て なるほど!こういう撮り方もあるのか!と知って
前回、真似させて頂きました(汗)

また色々と野球写真の撮り方を教えてくださいね♪



Commented by photomoments at 2009-09-21 05:56
野球小僧さん、おはようございます。コメントありがとうございます。
前回の回答、お役に立ったでしょうか?

1試合1,000ショット以上の写真を撮って、使えそうだなと思える写真を掲載しているわけですが、
残念ながら使えなかった写真や、どうしても撮り逃したくない瞬間だったのに撮れなかったシーンなど、本当にたくさんあります。

この試合では、7枚目の三塁手が打球に向かってジャンプした写真の撮影は、
打者の打順や、右打ちであること、ファールとなった際のスイングの鋭さなどを勘案して、
三塁に打球が飛びそうだと読んで、ヤマを張って三塁手を狙って撮ったものです。
(ボールが写っていればよかったのですが…)

比較的近くに被写体がいる場合、広角で周囲の雰囲気を押さえておくのもけっこう好きです。
今回掲載したミーティング時の写真も、いわゆるバストショットで撮影したものもたくさんありましたが、
ここに掲載したのは広角で撮影した写真にしました。

22日の富山大会、撮影頑張ってください!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 高校野球:平成21年度秋季京都...      高校野球:平成21年度秋季京都... >>