2009年 09月 21日
高校野球:平成21年度秋季京都府大会: 立命館宇治 vs 桂
第2試合は立命館宇治vs桂の一戦。

試合は桂が先制。立命館宇治は桂の先発 浜口投手をやや攻めあぐねていた感があったが、4回以降に得点を重ねた立命館宇治が逆転でコールド勝ち。
7回裏、2つのデッドボールや連続ワイルドピッチによって決勝点を挙げられたのが、桂にとっては悔いの残る試合だっただろう。

   桂     100 000 0   1
立命館宇治  000 102 5X  8 (7回コールド)

(写真は EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)

b0170881_0164415.jpg
b0170881_0165076.jpg
b0170881_0165769.jpg
b0170881_017315.jpg
b0170881_0171544.jpg
b0170881_0172366.jpg
b0170881_0173035.jpg
b0170881_017388.jpg
b0170881_017548.jpg
b0170881_0181363.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-09-21 00:18 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(2)
Commented by 野球小僧 at 2009-09-21 08:50 x
1試合1000枚・・・
スゴイなぁ~と思いました!

芝生や土の色が自然な感じがして好きです
(私はビビットの彩度を最上で撮っているため
少し不自然なのです)
カメラの機種にとって異なるとは思いますが
彩度はどのように設定されているのですか?
Commented by photomoments at 2009-09-21 20:15
野球小僧さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

今日も2試合撮影してきました。
このコメントを見て、1日で何枚撮影したのか気になって確認したら、今日は3200枚撮影していました。
1試合で1600枚。
ファールボールやバットを振らなかった場面、ピンボケの写真などを削除して、だいたい1200枚くらい残していますね。

色については、この日のような太陽光が強い場合は、ちょっとした条件で露出がコロコロ変化します。
試合中に露出補正をプラスにしたり、マイナスにしたり、都度調整しています。
彩度の調整はデフォルトより少し強めにしていると思いますが、調整幅は本当に少しです。
彩度調整よりも露出補正のほうが、写真の仕上がりに大きく影響している気がします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ご連絡      高校野球:平成21年度秋季京都... >>