2009年 09月 23日
高校野球:平成21年度秋季京都府大会: 東山 vs 桃山
b0170881_23462941.jpg


洛星vs京都国際 に続いて、第2試合の東山vs桃山 の写真をアップします。
(この試合の写真も枚数が多くなりました。開くのが重いかもしれませんが、よろしくお願いします)

桃山の試合は、乙訓高校グラウンドでの対乙訓戦で観戦したが、非常に気合いの入った選手たちで、見ていて・撮っていて大変に気持ちがよい試合だった。
この日の対戦、校名を見れば、甲子園出場経験もある東山優位とみる人が多いと思われるが、一次戦の戦いぶりを目にした私には、桃山にも十分勝機はあると思っていた。
桃山のエース 徳田投手に強く惹かれるものがあったのだが、この試合でもその印象を強くした。
序盤は東山打線につかまり、3点を失ったが、その後得点を許さなかったのは見事だし、終盤にかけての気迫のピッチングには、撮影している私まで胸打つものがあった。
トップに掲載したのは、8回裏の東山の攻撃をゼロに抑え、マウンドで一回転しながら咆哮し、ベンチに引き揚げる徳田投手を撮影した1枚。
この回を抑えると、きっと絵になるポーズを見せてくれるという予感があったので、マウンド上の彼にフォーカスを合わせ続けた。

東山はソツなくまとまった好チーム。この日登板した2投手はなかなかの安定感。
2番手で登板した背番号1の柿崎投手は、重心が非常に低く、そのボールはいかにも重そうだった。

桃  山  000 020 000  2
東  山  021 000 00X  3
(2009年9月21日(月) 太陽が丘球場 第2試合)

(写真は EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)

b0170881_083395.jpg
b0170881_083971.jpg
b0170881_084514.jpg
b0170881_085230.jpg
b0170881_09184.jpg
b0170881_09814.jpg
b0170881_091653.jpg
b0170881_092694.jpg
b0170881_093480.jpg

b0170881_0112681.jpg
b0170881_0113356.jpg
b0170881_0114141.jpg
b0170881_0114939.jpg
b0170881_0115777.jpg
b0170881_012562.jpg
b0170881_0121411.jpg
b0170881_0122212.jpg
b0170881_0123211.jpg
b0170881_0124372.jpg
b0170881_0125433.jpg
b0170881_013355.jpg
b0170881_0131283.jpg
b0170881_0132094.jpg
b0170881_0132750.jpg
b0170881_0133650.jpg
b0170881_0134448.jpg
b0170881_0135257.jpg
b0170881_014183.jpg
b0170881_014872.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-09-23 00:24 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(8)
Commented by 野球小僧 at 2009-09-23 08:36 x
縦は迫力満点で横はのびやかにって感じで
上手に使い分けて撮影されていますね♪
内野ゴロの写真 しっかりとピントもあっていて
すばらしいです
私もこんな写真が撮りたい。。

東山といえば岡島投手を思い出します
あのカーブはホント スゴイ!ですよね
Commented by photomoments at 2009-09-24 06:36
野球小僧さん、おはようございます。コメントありがとうございます。

縦・横については、トリミングの効果も大きいと思います。
トリミングは避けたいところですが、撮影位置が近づくことができないスポーツ、野球の写真の場合には、
余分なところはトリミングをしていく作業が不可欠だと思います。
そのためにも、素材となる撮影データをしっかりピントを合わせて撮っておく必要があると思います。
(部活動としての練習の様子を撮影する場合には、中に入っての撮影もできるので、フレームいっぱいに被写体をとらえることも可能です)

撮影している時は、横位置で構えることが多いです。
被写体が近い場合など、横位置ではフレームに収めきれない時に縦位置に構えています。

やっぱり岡島投手ですかね。
アメリカに渡って、日本でプレーしていた時以上に自分の地位を確立したところは素晴らしいですね。
Commented by 野球小僧 at 2009-09-25 07:35 x
ソニーα300でAF-C(動体に向くモード)、ワイド(自動判断の動作モード)にピントを設定して撮っていますがピントが甘いんです。。
もっとピントがよく合う設定がありますか?
Commented by photomoments at 2009-09-26 01:05
野球小僧さん、こんばんは。

私はミノルタのαスイートデジタルでしたので、ソニーのα300を把握できていませんが、
ワイドではなく、中央に固定 で狙ってみたらどうか、一度試してみてはいかがでしょうか?
(ちなみに私は、AFポイントはカメラ任せにせず、自分で1点固定して撮影しています)

またAFモードは、αスイートのときはAF-Cでなく、AF-S(シングルAF)に相当するモードで合わせていたかもしれません。
AF-Cだと迷ってしまい、ピント合わせに時間がかかっていたので、
AF-Sにして、シャッターボタンの半押しで都度ピントを合わせて撮影していた気がします。
もちろん、レンズが動作が速いかどうかによって、これらの設定のよりよい設定は左右されると思いますが…。
たとえば、動きモノではなく、静止した人物にピントを合わせたときにもピントが甘いのでしょうか?

それと、画像がシャキッとしない場合、レンズも一因になりえますが、レンズはどれをお使いでしょうか?
またお聞かせいただけたらと思います。
Commented by kou-ramu at 2009-09-26 21:26
photomomentsさん こんばんは!!
何時見ても、すばらし~~い!!
コメントしようがないので困ってます(^o^)
今回、秀太選手の引退試合見に行ってきました。
私もファームの試合なのでガラガラ状態だと思い、甲子園はほとんど328持って行くのですが、
今回は500でネットかからない状態の所から撮影の予定だったのでが、行くとビックリ!!グリーンシート中段以上までが、一杯状態
結局500を振り回したかったので、上の方に(>_<)
今回は、守備・走塁激しく動き回っている選手達を撮影しに行ったのですが、何時もと同じ様な写真ばかりで(>_<)

photomomentsさんのセンスはすばらし~~い!!
Commented by photomoments at 2009-09-26 23:18
kou-ramuさん、こんばんは。

お褒めいただいてありがとうございます…。

秀太選手の引退試合、本当はもう少し低い位置からの撮影のつもりだったんですね!
kou-ramuさんのブログにコメントした後、MBSの「せやねん」でこの引退試合の模様が放送されていました。
秀太選手の人柄を感じましたね。

でも500mmはいいですねぇ。
先日、エクステンダーx1.4 を使って試合撮影してみました。
画角が違って新鮮でしたが、難しくもありました。
ファインダー越しに見える選手の表情がより迫力があったのですが、これが500mmのレンズを使ったら…と思うと、
とにかく本当に羨ましいです!!
Commented at 2010-08-10 21:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photomoments at 2010-08-11 20:01
鍵コメさん、こんばんは。

写真と解説へのお褒めのお言葉 ありがとうございます。
試合展開の記述もそうですが、特に解説は、野球経験のない自分には難しいです。
ちゃんと読める内容になってるならよかったです。

F君をよくご存知なんですね。彼はいい投手になりましたね。
最後の試合は残念でしたが、1年前と比較して、安定感のある投球をする投手になったなぁと思います。
あまり感情を表に出さないタイプだと思ってましたが、最後の試合はちょっと違ったので少し驚きました。
心に期するものがあったんでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 高校野球:平成21年度秋季兵庫...      高校野球:平成21年度秋季京都... >>