2010年 04月 18日
関西学生野球連盟 春季リーグ戦 第3節
b0170881_0444854.jpg

関西大学vs京都大学より:3回表、京大の8番 橋本玲央選手(小野高)のバットが折れた瞬間

昨日(4月10日)は、滋賀県大津市の皇子山球場に、関西学生野球連盟春季リーグ戦を観戦・撮影に行った。


今回が初の大学野球観戦・撮影だった。
今までは大学野球といってもあまりピンとこなかったし、高校野球だけで手一杯で、大学野球にまで手を広げるのは憚られるというか、物理的にも無理だと思っていた。
もちろん、師匠Mさんやたっちゃんさんが、高校野球だけでなく大学野球にまで頻繁に足を運んでいるのを見聞きしているので、そのエネルギーには心底敬服するとともに、自分はそこまでするのは遠慮(自粛?)しておこうと決めていた。
しかし、私が野球撮影をはじめて数年経ち、高校での練習を撮影した選手たちが大学野球で背番号をつけて活躍するようになってくるとそんな心境にも変化が生じ、成長した彼らの姿を見たくなってきた。
当初は先週スカイマークスタジアムで行われた関西学生野球連盟のリーグ戦を撮影したくて行く予定だった(球場が美しいことも理由のひとつ)が、都合が悪くなって断念したので、初めての大学野球の観戦・撮影を、今まで訪れたことがなかった皇子山球場で行った。


今回見たかった選手たち。
関西大学の前田直斗選手(平安)は、私が初めて平安の練習におじゃましたときの主将。
名門・平安を率いた彼が、今シーズンから背番号6をつけて公式戦に出場するようになったと知ったことが、大学野球に足を運ぶ強い動機になった。
この日は先制打を放っただけでなく、守備面でも随所に堅守を見せてくれた。
b0170881_0464360.jpg

関西学院大学の小林正幸選手(龍谷大平安)も見たかった選手だ。
3年夏の京都大会、立命館宇治vs龍谷大平安で、手首の骨折をおして最後の打者として代打で登場したシーンはいまだ印象深い。
投手として野球を続けている彼の本日の登板機会はなし。またの撮影機会を期したい。
b0170881_0465080.jpg



この日の試合(第1試合:近畿大学vs関西学院大学、第2試合:関西大学vs京都大学)の模様は後日アップしたいと思います。
[PR]

by photomoments | 2010-04-18 01:35 | 大学野球 | Comments(6)
Commented by とらっき~ at 2010-04-18 19:02 x
バットが折れた写真は狙って撮れる写真ではないだけに
スゴイ!の一言です!!!
いつも1試合につき、何枚位撮影されているのですか?

私も高校野球だけで手一杯かもしれません
っていうか高校野球はトーナメント製ということもあり
一つ一つのプレーに真剣みが感じられ それがモロに表情に出るから
撮影していて やっぱり高校野球が一番面白いと感じています




Commented by photomoments at 2010-04-18 20:16
とらっき~さん、こんばんは!

木製バットが折れる瞬間を撮影できるチャンスは意外と多い とは聞いていたのですが、
まさか本当に撮れるとは思いませんでした。

>いつも1試合につき、何枚位撮影されているのですか?
ショット数で言えば、1試合でだいたい1,500枚は撮影していると思います。
バットを振らなかったり、ファールだったり、ピンボケになったミスショットなどは削除するので、
最終的には1,000枚前後から1,200枚程度を残しています。

大学野球を今回初めて撮影してみて、予想以上に選手の表情が出ていると思いました。
それが、撮っていてけっこう楽しかった理由のような気がします。
Commented by boss_5th at 2010-04-18 21:32 x
バットが折れた瞬間の写真は、初めて見たかもしれません。
高校野球が、金属バットだからだとは思いますが・・・・。

それにしても、その瞬間がこんなにきれいに撮れるとは、流石ですね。
私も、1試合に1000枚以上撮っていますが、いい写真の割合が低すぎて・・・(^_^;)

夏の大会に、精度をあげて挑みたいと思いますので、NHK杯で撮りまくります(笑)
Commented by photomoments at 2010-04-19 06:35
boss_5thさん、おはようございます!

バットが折れる瞬間の写真はいくつか見たことがあるのですが、なかなか豪快な折れ方をしていました。
この写真よりもずっと派手に折れて、バットの先が飛んでいくような…。
こういうのが撮れるかどうかは「運」次第ですね。

そうか、九州の春季大会は「NHK杯」と称するんですよね。
夏本番に向けて、撮る側の私もスキルアップしたいものです!
Commented by boss_5th at 2010-04-19 23:20 x
夏の大会の最終的なシード校を決めるのが、NHK杯だと聞きました。

ゴールデンウィーク頃に、地元の民放が主催して、有力校を招待した
大会が行われます。MRT招待野球という大会です。

横浜高校の松坂大輔投手が、選抜を制した年、この大会に招かれました。
その時、私はただの観客として(笑)、その試合を見に行きました。
これが、本当に高校生か!!と驚いたことを覚えています。ストレートは本当に速かったです・・・。
夏の大会も制覇し、春夏連続優勝を果たしたことはご存じだと思いますが・・・。

今年は・・・。慶應義塾高校と早稲田実業高校が来るようです。
一応リンクを張ってみました(^O^)/
Commented by photomoments at 2010-04-20 19:37
boss_5th さん、こんばんは!リンク先、拝見いたしました。

早実と慶応を呼ぶんですねぇ。すごいです。
早慶好きな九州の方には、今年の招待野球はたまらないでしょう。

毎年思いますが、宮崎ってプロ野球のキャンプも多く行われ、シーズン中とは違って、選手との触れあいもよくニュースで見かけますよね。
それが羨ましいなぁと思ってしまいます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 関西学生野球連盟 近畿大学 v...      パノラマ撮影と広角撮影 >>