2010年 04月 23日
関西学生野球連盟 関西大学 vs 京都大学(後篇)
b0170881_0381947.jpg

帽子を飛ばしながら力投する京都大学の内藤悠太投手(2年:加古川東)


6回終了時点で7-0と劣勢の京都大学は7回に反撃開始。
一死一・二塁の場面で、5番 田中靖矩選手(3年:堀川)が左翼手の頭上を越える適時二塁打を放ち、二塁走者の新実彰平選手(3年:洛星)が生還する。
b0170881_1343211.jpg
b0170881_1344059.jpg
b0170881_1344835.jpg


なおも二塁・三塁に走者を置く好機に、続く大背戸淳選手(3年:北野)の強い当たりは遊撃手へのライナーとなり、二塁走者の田中選手が帰塁できず、
追加点を挙げられなかった。
b0170881_2201020.jpg


終盤は両チームともに継投策。
京都大学は8回に安土直輝投手(4年:寝屋川)が登板。死球を与えるなど満塁の危機を招いたが、関大を0点に抑えた。
b0170881_2232660.jpg

b0170881_223398.jpg

関西大学は8回を横山将太郎投手(4年:報徳学園)が抑え、9回には近藤均投手(2年:福知山成美)が登場。
b0170881_228717.jpg
b0170881_2281366.jpg
b0170881_2281832.jpg

福知山成美のときの近藤投手は、好投手ではあるが、強い個性を感じさせないスマートな投手 という印象を抱いていたのだが、
この日見た近藤投手は力強さを感じさせる投球を披露、また打者を見据える眼光も鋭くて、その印象が一変した。
b0170881_2294038.jpg

[PR]

by photomoments | 2010-04-23 23:55 | 大学野球 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 佛教大学 大野雄大投手 完全試...      関西学生野球連盟 関西大学 v... >>