2010年 05月 04日
平成22年度春季京都府大会:京都外大西 vs 京都両洋 -1
b0170881_21472657.jpg

1回表、京都外大西の下村選手が放った先頭打者本塁打


太陽が丘での第1試合では、一次戦ブロック代表決定戦で龍谷大平安を下した昨春優勝校 京都両洋が、京都外大西と対戦した。
絶対的本命が不在で「群雄割拠」とも考えられる今年の京都だけに、試合前には「夏」を占ううえでも重要な対戦とも思えたし、実力校の京都外大西と、近年力をつけてきた京都両洋との間で伯仲した戦いが繰り広げられるものと予想していたのだが、京都外大西の先頭打者 下村選手の本塁打から始まった攻勢によって、京都両洋はいきなり5点を追う展開となった。
京都両洋も2回・6回に2点ずつ返したが、直後の京都外大西の攻撃でそれ以上の得点を許してしまう。
京都外大西の試合巧者ぶりを示すとともに、得点(失点)直後の守備(攻撃)がいかに重要なのかを痛感させられる試合だった。

両校の先発投手(京都外大西:八木尾投手、京都両洋:菖蒲投手)は必ずしも本調子だったとは思いにくいが、京都両洋の菖蒲投手は10個の四死球を与える苦しい投球だった。
結果的には(トップに掲載した)先頭打者本塁打で決まったように思えるこの試合だが、下村選手は本塁打の前に三塁側ファールエリアにフライを打ち上げており、京都両洋がこれを捕球できていれば、かくも一方的な試合展開にはならなかったかもしれない。
もちろん「if」「たられば」は禁物なのだが、1球・ワンプレーが試合全体に及ぼす影響を示した試合のように思えた。


平成22年度春季京都府大会(二次戦)
京都外大西   504 000 3  12
京 都 両 洋   020 002 0   4(7回コールド)
(20010年5月3日(月・祝) 太陽が丘球場 第1試合)

京都外大西の先発 八木尾投手と、京都両洋の先発 菖蒲投手。
b0170881_2262242.jpg
b0170881_2262889.jpg


先頭打者本塁打以降も京都外大西の攻撃の手は緩まず、1回に5点を先制する。
b0170881_2154357.jpg
b0170881_21544248.jpg
b0170881_21544937.jpg

セーフティバントを桜井選手がさばいて1回表が終了。
b0170881_21574965.jpg

2回表、この回の先頭打者 下村選手の打球に飛びついて捕球した京都両洋の島岡遊撃手。
b0170881_2222215.jpg
b0170881_2222768.jpg

2回裏、京都両洋も2点を返し、試合の流れを少し手繰り寄せたかに思えた。
b0170881_2224898.jpg
b0170881_2225310.jpg

3回表、京都外大西は8番 八木尾選手の左中間への適時三塁打で1点を追加。さらに9番 久須美選手がスクイズを仕掛ける。
b0170881_2234279.jpg
b0170881_2234924.jpg

これは空振りになったものの、直後の投球がワイルドピッチとなり本塁後方へ逸れ、三塁から八木尾選手が生還する。

b0170881_2217721.jpg

(後半に続きます)
[PR]

by photomoments | 2010-05-04 23:36 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(2)
Commented at 2010-05-05 01:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photomoments at 2010-05-05 02:18
鍵コメントさん、こんばんは。

今回インパクトのほぼ瞬間を撮ることができたのですが、
ホームランの場面を撮れたのはこれまでほとんどなかった気がします。
確かに左打者の場合には三塁側から撮る方が望ましいのですが、
一塁側からの撮影であれば、インパクトの瞬間から、バットを振りぬいて打者の表情が見えるまでのシーンが撮り頃だと思います。

縦位置or横位置によるインパクトの瞬間の撮りやすさは大差ないと思いますが、
縦位置に構えて撮影すると、スイングしたバットの軌道が撮りにくくなる気はします。
ただ、(利き目と撮影位置にも左右されますが)縦位置で構えた方が、
投手の動きをファインダーを覗かない方の目で把握して撮影できる点でメリットになりそうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 平成22年度春季京都府大会:京...      京滋大学野球連盟 びわこ成蹊ス... >>