2010年 05月 10日
平成22年度春季京都府大会:府立工業 vs 乙訓 -1
b0170881_7502948.jpg

2回表、府立工業の先制機を好守でしのいだ乙訓。ベンチに引き上げる垣内選手の表情が印象的だった


この日の準々決勝第1試合は公立校同士の対戦となった。
乙訓は練習も含めよく足を運んでいる学校だが、府立工業は自身の巡りあわせの問題もあり、年1回観戦・撮影する機会があるかどうか(おそらく2007年夏の西舞鶴戦以来)。
西舞鶴戦に勝利した後、準々決勝の平安戦(テレビで観戦)も高雄徹也投手の力投で互角の戦いを展開したこともあって、乙訓同様、公立の雄 という印象のある学校だ。

初回の攻防を追え、2回以降は乙訓が(府立工業の守備の乱れもあり)小刻みに1点ずつ加点して、7回までは4-0と、勝利を近くまで引き寄せた感のある試合運びだったが、
乙訓としては魔の8回表。
府立工業は一死から四球で木戸選手が出塁し、鹿田選手の投ゴロが二塁悪送球となり、得点圏に走者を背負うと、府立工業は3番島田選手、4番梅原選手、5番西山選手の主軸打者が連続適時二塁打で4点を返し、一挙に同点に追いつく。
ひとたび作られた勢い・流れがここで終わらないのが野球の怖いところ。
続く6番竹下選手が内野手の「空白地帯」に絶妙のバントヒットを決めて一死一・三塁とし、7番庭林選手がきっちりとスクイズを決めて、府立工業が逆転に成功した。
四球や失策が思わぬ流れを生み出すことを実感する8回表だったが、前半の乙訓の攻撃を府立工業が1点ずつでしのげたことが結果的には大きかったともいえそうだ。


府立工業  000 000 050  5
乙   訓  011 110 000  4
(2010年5月9日(日) わかさスタジアム京都 第1試合)

この試合は両校ともに先発投手が完投した。府立工業 西山投手と、乙訓 藤井投手。
b0170881_7415971.jpg
b0170881_742637.jpg


b0170881_7453567.jpg

2回表、二塁打を放った西山選手を送りバントで三塁に進め、府立工業は一死三塁の先制機を作ったが、庭林選手の三ゴロで西山選手が三本間に挟まれて二死。その間に庭林選手が二塁を衝くがこれも阻まれ、0点に終わる。
このあたりは乙訓の冷静な判断が光った。
b0170881_7501854.jpg
b0170881_7502370.jpg


b0170881_752821.jpg
b0170881_752145.jpg
b0170881_752199.jpg
b0170881_7522549.jpg
b0170881_752317.jpg
b0170881_7523722.jpg
b0170881_754229.jpg

(後半に続きます)
[PR]

by photomoments | 2010-05-10 08:05 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(6)
Commented by melonは青肉 at 2010-05-10 16:58 x
わかさ球場でお見かけしました。
暑い日差しの中で、場所移動しながらの撮影は
終わってみると体重が減っているのでは????

勝っても負けても高校球児は一生懸命にやっている。
その姿に心打たれます。

Commented by boss_5th at 2010-05-10 19:19 x
まさに魔の8回という感じですね。
それがまた高校野球の面白いところでもありますが、プレーしている
高校生たちにとっては気の毒な話ですね。

サッカーの写真で、少しいい感じのものが撮れるようになりました。
これをどうすれば野球に応用できるか考えているところです。

夏の地方大会まで、あと2ヶ月ほどになってきましたね。
Commented by photomoments at 2010-05-10 21:29
melonは青肉さん、こんばんは!日曜日は暑かったですね。

毎年ですが、初夏の撮影は暑さが体にこたえます。
それを過ぎると体が馴染んできて、夏の大会の1日目か2日目にもう一度、軽い熱中症のような疲労を覚えます。
4月までは暑い日が少なかったのに、いよいよ暑い季節がやってきたと思いました。
おっしゃるとおり、体重は少し減ります。私にとっての唯一のダイエットみたいなものです(笑)。
夏に向けて、もう少し体重を落としたいと企んでます!
Commented by photomoments at 2010-05-10 21:56
boss_5th さん、こんばんは!

乙訓にすれば魔の8回としか言いようがないイニングだったと思います。
だから野球は面白いのですが、今回は春季大会ですから、
乙訓の生徒たちが夏に向けてのよい教訓にしてくれればよいと思います。
また、府立工業の粘り強さには敬服しますし、夏への自信になるのではないでしょうか。

サッカー撮影をしてみたい思いが私にもあります。別ジャンルを知ることも野球撮影にプラスになる気がしますので。
サッカー撮影からフィードバックできることを見出して、わたしに教えてください。
よろしくお願いします!
Commented by とらっき~ at 2010-05-11 07:15 x
画像がいつもより明るい感じになっていますが
設定を少し変えて撮影されたのですか?
きれいに撮れていますね
私は300mmレンズで一塁側最前列から内野の状況だけを撮影していますが
サードの守備やクロスプレーを撮る時だけは400mmが良いなぁと
感じます
300と400の単焦点どちらがベターだと思われますか?


Commented by photomoments at 2010-05-11 21:38
とらっき~さん、こんばんは!

お見込みのとおり、設定をちょっと変えて撮影しました。
(具体的には、色温度設定を変更しています)

300mmか400mmかということですが、今300mmを使いながら、もう少し長い焦点距離が欲しいと思う場面は多いですか?
300mmを使っているなら、焦点距離がカブるのは勿体ないように思います。
ただし、400mmになればフレーミングがよりシビアになるので、パッパッとレンズを振って撮影するときは注意が必要でしょうね。
もしお近くに100-400mmを使っている方がいらっしゃるなら、一度400mmの焦点距離を試してみて、無理なく使えそうか見極めるのも一案だと思います。

なお、ナイター撮影しないなら、300mmF4と400mmF5.6の明るさの差はあまり気にしなくてよいと思います。

私も300mmより400mmと思うときが多々あります…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 平成22年度春季京都府大会:府...      ご連絡:平成22年度春季京都府... >>