2010年 05月 11日
平成22年度春季京都府大会:府立工業 vs 乙訓 -2
b0170881_22441514.jpg

三塁線を襲う痛烈なゴロに飛びつく木戸涼介選手と、華麗に回避する三塁塁審木下さん


b0170881_22512775.jpg
b0170881_22513495.jpg
b0170881_22514243.jpg
b0170881_22515130.jpg


6回表、府立工業の4番 梅原選手の二ゴロをエラーし、二死一・三塁のピンチを迎えた乙訓だが、この回は無失点で切り抜けた。
「ゴメン」と謝る様子が微笑ましく思える。
b0170881_2257811.jpg

8回表、一死一塁の場面で鹿田選手の投ゴロが二塁悪送球となる。
b0170881_230684.jpg

ここから怒涛の連打で府立工業は4-4の同点に追いつく。
b0170881_2305162.jpg
b0170881_2305891.jpg

7番 庭林選手のスクイズで、府立工業が遂に逆転する。
b0170881_2324618.jpg


逆転勝利で準決勝進出を決めた府立工業の選手たちの表情は当然ながら非常に明るかった。
b0170881_2352790.jpg

写真中央の西山投手が6回以降は乙訓打線を1安打に抑えたことが、試合の流れを自分たちに引き寄せる原動力だったと思われる。

最後に、9回裏の乙訓の攻撃について。
四球で出塁した高田選手に代走 鷺之上選手を送り、3番の真継選手には送りバントを命じて、二死としてでも得点圏に走者を置き、4番の田尻選手の打席に勝負を賭けた。
チームを引っ張る高田選手に代走を出したのだから、(危険ではあるが)乙訓らしく積極的に二盗を命じるかと思ったことと、いつ見ても力強い打撃を見せてくれる田尻選手だが、この日は当たりが鈍く、詰まった当たりの三ゴロを連発していたこともあって、この作戦には少々意外性があった。
田尻選手は三振に打ち取られて試合は終わったが、調子の悪かった4番に試合を託したところに野球の基本を見た気もしたし、この試合だけでなく、夏を見据えての末常監督の強い意志を私は感じた。

上述の推測が当たっているのかはわからないが、試合を終えて一塁側観客席に挨拶した際の末常監督の表情は柔和な表情をしていた。
なお、あまり表情を表に出さない末常監督に対し、4月から就任した卯瀧部長は試合中の選手への指示もベンチから飛び出しそうな勢い。
カラーのまったく異なるお二人が夏に向けてどうチームを作り上げるのか、ちょっと楽しみになってきた。
[PR]

by photomoments | 2010-05-11 07:30 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(4)
Commented by kyotobaseballclub at 2010-05-11 18:30
改装されたわかさスタジアム、僕も土曜日に初撮影に行ってきました。
ここのコメントの中にも書かれていますが、昨年と比べて露出がハイ気味に出るように感じました。塗り替えられたフェンスラバーの影響??それとも色が薄くなった内野の土の影響??かどうかは分かりませんが、今までとは色乗りが変わっているのは確かです。
あと数試合、大学野球がありますので、夏本番に向けて新装わかさスタジアムの特徴を把握したいと思っています。
Commented by photomoments at 2010-05-11 21:53
たっちゃんさん、こんばんは!

前記事でのコメントで触れたように、今回の撮影では色温度を調整して撮影しました(ちょっと濃く出すぎた感がありますが…)。

露出は確かにラバーや内野の土の影響もあるかもしれませんね。それは思い当たりませんでした。
ラバーの色は確かに淡くなっているようですね。
私は、芝生の鮮やかさや、ベンチ前からバックネット側に敷かれた人工芝が明るめに出る要因のように思えました。
たっちゃんさんの場合はもうひとつ、(Digic含め)1D4の特性も影響しているのでは?と思います。

次のわかさスタジアム行きは、京滋リーグ最終節になりそうです。
Commented at 2010-05-12 21:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photomoments at 2010-05-12 23:28
鍵コメさん、こんばんは。はじめまして。

いやぁ、そうなんですか。驚きました!
今度私を見かけたらぜひお声がけください!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 平成22年度春季京都府大会:京...      平成22年度春季京都府大会:府... >>