2010年 07月 18日
第92回高校野球京都大会(4) : 綾部 vs 洛星 (後篇)
b0170881_22421817.jpg

綾部の校歌斉唱の間、まっすぐに前を見据える安居選手の強い眼差しが印象的だった


この試合を撮影しながら感じたのが、綾部の選手たちの雰囲気の良さだった。
2年連続で敗れてきた相手に対して臆するようなところがないか、また試合順延の心理的影響はないかと思っていたのだが、綾部の選手たちは試合中の雰囲気が良く、表情も明るくて、それは昨年夏に撮影したときには感じることがなかった印象だった。
洛星の選手たちは平常心で臨んでいたように思うが、それを綾部のムードが上回っていたように思う。
(今日も綾部が7-2で立命館宇治を下したが、それをフロックと見るのは間違いだろう)

b0170881_2314226.jpg
b0170881_2314993.jpg

5回途中からリリーフ登板した磯川投手。
b0170881_2315697.jpg
b0170881_232210.jpg
b0170881_2321857.jpg
b0170881_2322519.jpg

8回表、綾部が二死三塁の得点機を迎えた場面で、1番 細田選手の打球に飛びついてピンチを防いだ安居選手。非常に気持ちのこもった表情を見せた。
b0170881_23232100.jpg

b0170881_2323973.jpg
b0170881_2324710.jpg

9回表には再びマウンドに戻った安居投手。三人で抑えて最終回の反撃につないだ。
b0170881_23308.jpg
b0170881_233614.jpg
b0170881_2332478.jpg

9回裏、二死一・二塁の場面で3番 山口選手の当たりはボテボテの内野ゴロとなったが、野手がボールをさばけずに内野安打となる。
先輩たちとの野球を終わらせたくないという彼の思いが通じたのか…。涙もろい彼の表情は半泣きだった。
b0170881_2333261.jpg
b0170881_2333836.jpg

二死満塁で4番 安居選手を迎えたが、遊ゴロでゲームセットを迎えた。
b0170881_2335496.jpg


両校の関係者には本当に長かった5日間だったろう。洛星の皆さま、お疲れさまでした。舞鶴ではお世話になりました。
今回は綾部の写真が少なくなってしまいましたが、20日(火)にも撮影したいと思います。


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-07-18 23:42 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(3)
Commented by photomoments at 2010-07-19 23:31
鍵コメさん、こんばんは。いろいろなお話をありがとうございます。
またご連絡をさせていただきます!
Commented by melonは青肉 at 2010-07-20 20:31 x
楽しみにしていた洛星の雄姿が見られました。
残念ながら、この夏は一度きりでしたが、
その思いを引き継いだ新チームを楽しみにしています。

初戦で校歌を歌えるのは、参加校の半分だけ・・・。
当然のことですが、勝負のきびしさを実感します。

かなりの試合に足を運んでおられるようですね。
私は見るだけの楽しみに没頭でき幸せですが、
汗まみれ、時には泥まみれ、眼精疲労にまみれ?!ている
カメラマンさんに深くお礼を申し上げます。

Commented by photomoments at 2010-07-21 07:23
melonは青肉さん、おはようございます。

洛星の初戦敗退は残念だったのですが、彼らも新チームとしての活動に入っているでしょうし、
3年越しで洛星に勝った綾部がこの大会最大の注目校となって勝ち上がっています。
そこに、ひとつの勝敗が分かつものの大きさも感じますが…。

トーナメントというのは戦うごとに敗者の山を積み上げていく不思議なシステムですね。
ごく当たり前のことなのですが、去年も同じことを感じました。

今日からは平常の仕事に復帰(…?)しますので、次の撮影は週末になりそうです。
本当に汗だくで、砂ぼこりだらけとなりました。
大会初頭は暑さで頭がフラフラになりましたが、ここ数日は暑さに体が慣れてきただけに、
数日間撮影に行けないのが寂しい限りです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第92回高校野球京都大会      第92回高校野球京都大会(4)... >>