2010年 07月 30日
第92回高校野球京都大会(12) : 塔南 vs 桃山
b0170881_0595720.jpg

1点を争う好ゲーム。5回裏に塔南の1番 上山選手が放った適時打で側田選手が生還した1点が決勝点となった。


優勝候補の一角と目された塔南に対し、毎年好チームを作り上げてくる桃山がどのような戦いを見せるのかに注目したこの一戦。
大会注目の右腕 塔南の森脇投手を昨秋・今春と見てきた印象は、球威ももちろんだが、自分のリズムで投球できる経験値の高さに注目した。
桃山も昨秋一次戦で乙訓に競り勝ち、二次戦でも東山に対して好ゲームを展開したように実力は高く、公立校同士の好ゲームを期待した。

この日の桃山の先発 2年生の徳田投手は、臆することなく森脇投手との投手戦を繰り広げ、4回まで0-0で推移した。
5回裏 塔南は先頭の側田選手がエラーで出塁すると、送りバントで二塁に進め、1番 上山選手が中前適時打を放って1点を先制した。
その後も塔南は、内野安打で打者走者が一・二塁間に挟まれるスキに一塁走者が本塁を目指す果敢な走塁を見せたが、桃山内野陣が追加点を許さなかった。
試合後半は両投手が好投を続け、両チーム得点を挙げることなく試合は終了した。

塔南は桃山の僅かな守備の乱れが生んだ好機を逃さず得点し、森脇投手がその1点を守りきる投球をした。
1点差とはいえ、安定感ある森脇投手の投球の前に桃山はあと1本を放つことができず、桃山の中野監督もそのことを惜しんでいた。
とても大きな1点だった。

桃  山  000 000 000  0
塔  南  000 010 00X  1
(2010年7月20日(火) 太陽が丘球場 第1試合)

塔南の先発 森脇投手と、桃山の先発 徳田投手。
b0170881_1304439.jpg
b0170881_1305213.jpg
b0170881_131149.jpg
b0170881_131791.jpg

2回表、桃山が一死二・三塁と先制機を得た場面で、伝令を迎えマウンドに集まった塔南内野陣。
b0170881_1311569.jpg
b0170881_1312281.jpg
b0170881_1312966.jpg
b0170881_1314732.jpg
b0170881_1315490.jpg
b0170881_132358.jpg

5回裏、適時二塁打を放った上山選手を二塁で刺した桃山の手越選手が見せた気迫の表情。
b0170881_1322067.jpg

内野安打で出塁した塔南の2番 高橋選手が三本間で挟まれ、追加点を挙げることができなかった。
b0170881_1322965.jpg
b0170881_1323697.jpg

8回裏の塔南の攻撃を三者凡退で退けてベンチに戻る徳田投手。リズムよく最終回の攻撃につなげたが、得点は叶わなかった。
b0170881_1331322.jpg
b0170881_1332290.jpg


試合を終えて球場の外で桃山は最後のミーティングを行い、保護者の方たちへのあいさつを終えた後、中野監督が選手たちを呼び寄せ、言葉をかけていた。

 もう書いてもいいと思うが、今年1月、練習撮影のために立命館宇治・京都すばるにMさんと足を運んだのだが、本当はその日最初に訪れたのが桃山だった。
 対外試合禁止処分が出される直前のタイミングでの訪問となったため、練習も行っていなくて、そこに中野監督が駆けつけてこられ、概略の事情をうかがった。
 監督はチームに手ごたえを感じていただけに、涙を浮かべて悔しがっておられた。

私には到底うかがい知ることができない思いが今吉主将たちとの握手に込められていると感じながら撮影した。
b0170881_1333010.jpg
b0170881_1333773.jpg
b0170881_1334663.jpg



ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-07-30 07:37 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(6)
Commented by 雨ノ雫 at 2010-07-30 08:29 x
おはようございます。

球児の涙。いいですね。朝からもらい泣きしました。
photomomentさんの写真から子供たちのを生き生きとした姿が伝わります。

一眼の件ではいろいろアドバイスありがとうございました。
検討して購入したいと思います。

ブログ見てくださりありがとうございます。
週明けは野球関係の内容なので
またよかったら見にきてくださいね。
何年か先に、photomomentさんに撮っていただけるようなことがあれば
次男もわたしもとても嬉しいです。
その日までわたしも自分なりに撮りたいと思います。
ありがとうございました。
Commented by mimosahappy at 2010-07-30 22:29 x
こんばんは!
本当に・・胸が一杯になりますね・・。
桃山もいろいろあったでしょうね。
大きな1点でした。。

各地、代表校が出揃いつつありますね。
大阪は公立が大健闘してました!

早くも明日は、秋季大会の抽選日だそうです。
新チームもがんばれ!
Commented by photomoments at 2010-07-31 08:36
雨ノ雫さん、おはようございます。

試合後の様子は、私も撮影しながらグッとくるものがありました。
桃山は、この日出場した選手の多くが1年生・2年生なので、新チームに移行しても本当に楽しみな存在です!

デジタル一眼レフの件では、またもし何かあればおっしゃってください。
私にとっても、カメラをいろいろ考えるよい機会になりますので。

週明けの記事を拝見するために、またブログに立ち寄らせていただきますね。
Commented by photomoments at 2010-07-31 08:55
mimosahappyさん、おはようございます。

桃山は中野監督に鍛えられた好チームです。知人同士では「中野野球」とか「桃山野球」と称しています。
甲子園に行けるかと言われれば、京都には強豪がたくさん存在するので道のりは大変険しいと思いますけど、
気持ちの入った選手・チームは大変すがすがしく、また控え部員も声出しをしっかりやっていて、間近で撮影していると圧倒されそうな気がします。

大阪大会は驚きましたね。準々決勝まで公立が4校も残っていて、すべて私学vs公立の対戦になったなんて。
公立が1校でも勝ち上がったら準決勝は足を運んでもいいかな(でも舞洲は車のない私には帰路が困るなぁ…)
と思ったんですが、すべて私学が勝ちましたね…。

そうか、もう秋季大会の抽選ですか!
早く夏の大会の写真を整理しないといけませんね。
Commented by boss_5th at 2010-07-31 23:32 x
たくさんの写真の中から選ばれた写真を拝見できる幸せを感じております。
自分で写真を撮っておりますと、夏の大会の写真を撮影するのがどれほど大変なのかがわかりますので、
photomomentsさんが、大変な思いをされながら、撮られた写真の数々を、ただ、「いいですね!!」
の一言で済ませるのは本当に失礼な話だ、と心から思いました。

撮影するだけでなく、撮影した膨大な数の写真を整理し、その中から選りすぐりの写真を見せて
いただけることに感謝したいと思います。ありがとうございますm(__)m

試合後の写真には、泣けました・・・。
それでも、撮ってもらった本人たちにとっては、きっと宝物になると思います。
こちらのブログでは、これまでも、いろいろ学ばせて頂きましたが、今回もまた、とても勉強になりました。
Commented by photomoments at 2010-08-01 10:21
boss_5th さん、おはようございます。

炎天下で夏の大会を撮影するのは大変ですね…。
何リットルも水分補給しても体調が悪くなる。そんな状況で撮影してますので、
「どうしてそこまでして撮るの?」と自問自答したり、寿命を縮めているのではないか?と思ったりすることもあります(笑)。

だから、「いいですね!」と思っていただければ私にとって何よりありがたいことです!

最近は、撮影直後に撮影データを背面モニターで確認し、良いと思えるデータにはプロテクトをかけてマーキングし、
帰宅後に全データを確認しなくても済むようにしています。
だから試合中はほとんど息つく暇がないのですが、圧倒的に時間効率がいいです。

普段は次の試合に備えないといけないので試合後の表情は追わないのですが、この時だけは特別に…。
監督たちに怒られながら頑張って野球に取り組んできた2年余りの期間は、この握手のためにも必要だったんだろうと思いますし、
学生時代はほぼ帰宅部だった(汗…)私には絶対得られなかった感慨なんですよね。
人目憚らず涙できるほどの経験を自分が経てきただろうかと思うと、彼らがとても羨ましく思えます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第92回高校野球京都大会(13...      第92回高校野球京都大会(11... >>