2010年 10月 07日
平成22年度秋季京都府大会: 福知山成美 vs 北稜(前篇)
写真整理をする時間が取れず、アップが遅れましたが、10月2日(土)の第1試合 福知山成美vs北稜 の記事をアップします。

初回から互いに先頭打者が出塁し、得点圏に走者を置いたことから、もう少し点の奪い合いになるかと思っていた対戦は、ロースコアで試合が推移した。
福知山成美は2回裏、5番 細田選手が死球で出塁、続く片岡選手が確実に送りバントを決めて二塁に進めると、7番 遠藤選手がライト側フェンスに迫る大飛球を放ち、二塁走者の細田選手が生還、打った遠藤選手も中継の乱れる間に(記録は失策)一挙にホームインを決め、福知山成美が2点を先制した。
ただこの時点では、この得点が決勝点になるとは思わなかった。
北稜は1回に三塁まで走者を進めた後は2回・3回と三者凡退に抑えられていたが、4回表一死から、3番 山田選手が二塁打を放つと、続く4番 上阪選手の中前適時打で生還し、1点を返した。
この回北稜は二死一・二塁と、更なる得点のチャンスを得ていたものの、福知山成美の津田投手が追加点を阻み、スコアは2-1にとどまった。
その後は北稜 松原投手、福知山成美 津田投手が走者を背負いながらも要所を締める投球を続け、スピーディに試合が進んでいく。
終盤のヤマ場は8回表。
北稜は一死から四球で大前選手が出塁し二盗を決めると、一死をはさんで、4回に適時打を放った4番 上阪選手の打席を迎えた。
上阪選手は期待に応えて左前打を放ち、二塁走者の大前選手が一挙に本塁を目指したが、6回からレフトの守備に就いた新谷選手の好返球で本塁クロスプレーとなり、北稜は得点を阻まれた。
北稜 松原投手の投球の前に、強打 福知山成美の印象は薄かった試合だが、ここという場面で集中力を発揮し、最少得点差を守りきる福知山成美の巧みな試合運びが光ったように思う。

北     稜  000 100 000  1
福知山成美  020 000 00X  2
(2010年10月2日(土) わかさスタジアム京都 第1試合)

福知山成美の津田投手と、北稜の松原投手。
松原投手には以前の北稜のエース 山脇投手を想起させる印象を私は抱いたのだが、この試合のキャッチャーも山脇選手。…ということは、兄弟だろうか。
b0170881_741139.jpg
b0170881_741972.jpg


b0170881_1910054.jpg
b0170881_1910639.jpg

2回裏、先制のホームインをする細田選手。福知山成美ベンチは、細田選手と、適時打を放って自らも生還した遠藤選手を歓喜で迎えた。
b0170881_19125479.jpg
b0170881_1913036.jpg

4回表、一死から二塁打を放った山田選手。続く上阪選手の適時打で生還し、1点を返す。
上阪選手は一塁上で気合いの入った表情を見せた。
b0170881_19181482.jpg
b0170881_19182385.jpg

5回表に中前打を放った大岩選手。
b0170881_19224731.jpg

5回裏、左前打で出塁した3番 桑原選手は二盗を敢行したが、北稜内野陣がこれを阻む。
b0170881_19251946.jpg


(後篇に続きます)

ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-10-07 19:35 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(9)
Commented by melonは青肉 at 2010-10-07 22:00 x
いつも楽しみに拝見しております。

この試合は私も観戦しておりました。
お天気の良い日で、太陽の光があたる場所は暑く、
バックネット裏の奥の奥の日陰でこっそり観戦。

四球も少なく、来春にはもっと力をつけるであろうと
期待できるような、いいチームでした。

fotomomentoさんをはじめ、複数のカメラマンさんがいらしていて、
たのしそうに談笑しながら撮影されているのが微笑ましかったです(笑)
Commented by photomoments at 2010-10-08 20:28
melonは青肉さん、こんばんは。いつもありがとうございます。

観戦されていましたか!
では、一塁側や三塁側へとウロウロ移動していた私の姿も見られましたよね?
この日はそんなに暑くなかったですよ。下手すると倒れそうだった真夏の撮影に比べたら(笑)。

この日は高校野球写真愛好家(?)が集まった感もありますが、おかげで楽しい1日でした。
Commented at 2010-10-09 02:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photomoments at 2010-10-09 18:31
鍵コメさん、こんばんは。

ご案内ありがとうございます。さっそく拝見させていただきました。
よく撮られていると思いました!
少々語弊がある表現かもしれませんが、いわゆる「入門機」とされる機材でも、きちんと使えばきちんと撮れるという証だと思います。
(使い方もそうですが、被写体への思いや愛情も大きいのでしょうね)

先日おじゃましたとき、試合の最初から最後まで熱心に撮影されている鍵コメさんの様子が私の印象に残っています。

写真整理も案外大変ですよね。本当によくわかります。
私も毎日作業していますが、いつまで経っても終わりません(笑)。

また時々拝見させていただきます!ありがとうございます。
Commented by wingkitty0403 at 2010-10-10 07:30 x
photomomentsさん おはようございます
早速コメントありがとうございました。

今、高3の先輩達の写真を整理していますが、昨年9/8に購入してから随分撮り方も変わったと感じています。
最初は手探りでしたが、今はカメラの実力も(「入門機でしかない」という)わかってきて
それなりに諦めもつきました。

ただ、こういう撮り方もある、と「目からウロコ」だったのは
photomomentsさんのお写真を拝見してからだと思います。
選手達の動き、表情…どれを取っても素晴らしいと感動しました。

私はそれまで、写真は全身が写ってないと駄目だと思ってファインダーの枠に入るように撮っていました。
でも、ファインダーから選手達の表情が見えるようになると、
考え方も変わりました。

高校球児達はみないい笑顔です。photomomentsさんのお写真には必死な姿以外にもその笑顔が写されています。
これからもよろしくお願いします。
Commented by photomoments at 2010-10-10 08:03
wingkitty0403さん、おはようございます。
(URL非公開とのことでしたので、念のため、投稿済コメントを私のほうでURL抜きで再投稿しました。)

「野球写真撮影について(4)」( http://fotomoment.exblog.jp/11666392/ )で以前記したのですが、
「撮影できる限界は、保有する機材に応じて厳然と存在する」 と思います。
前のコメントで『「入門機」とされる機材でも、きちんと使えばきちんと撮れる』と書いたのは、
写真を見て、wingkittyさんは機材の力を十分に引き出されているな と思ったことと、
試合の中のいいポイントをきちんと追いかけていることが理由です。
そして一次戦最終戦の写真は、ホームグラウンドということもあってか、写真の精度も上がっていると思いました。
おそらく、より上位の機種・レンズを使っても使いこなせると思います。

私のように両チームのいい瞬間を狙いたいと思うと、攻撃も守備も追いかけなければなりませんが、
自分の応援するチームに専念して撮ることで、シャッターチャンスを逃さない確率も上がっているのだと思います。
それも機材に応じた撮影の方法のひとつだと思います。

(続きます)

Commented by photomoments at 2010-10-10 08:03
(続きです)

試合では近寄ることができないので、トリミングするしか手段がありませんが、
たとえばグラウンドでの練習なら、遠慮せず(?)部員たちに近づいて、被写体をより大きく写すほうがいいです。
もし全身を写したいなら、縦構図で狙うとか。
表情なら表情にクローズアップすることで、写真も、そして被写体となる選手・部員たちもよりイキイキしてきます。

好プレーの瞬間を常に追い求めたいという思いとともに、ふとした瞬間に見せるいい表情も撮りたい と思うのが、私が高校野球を撮影する動機なんだと思います。

Commented by wingkitty0403 at 2010-10-10 23:44
photomomentsさん こんばんは

色々アドバイスをいただき恐縮です。
とても参考になります。
photomomentsさんを真似て一脚を使い始めましたが、まだまだ使いこなせていません。

でも、好プレーの瞬間と表情を撮りたいというphotomomentsさんの動機を伺って、同じ思いで撮影されていると思うと
何だかとても嬉しくなってしまいました。

ブログ用には仕方なくトリミングという手段を使っていますが、
それもマルですよね。
もう少し時間に余裕ができたら、撮り方にも工夫をしてみます。
ありがとうございました。
Commented by photomoments at 2010-10-11 22:44
wingkitty0403さん、こんばんは。

思い出しました。そういえば、手持ちで撮影されていましたね。
一脚を使うほうがよい場面と手持ちの方がよい場面の両方があると思います。
ご自身の撮り方に照らして、使いやすいやり方で撮影するのが一番だと思います。
(私の場合は機材が重すぎて手持ち撮影は無理です。なので一脚なしの撮影は考えられません)

野球撮影の場合、程度は人それぞれでしょうが、トリミングは使わざるを得ないと思います。
実はトリミングについてのブログ記事を1年以上あたためているのですが、また適当な時期に考えを再整理して掲載したいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 平成22年度秋季京都府大会: ...      平成22年度秋季兵庫県大会: ... >>