2010年 10月 10日
平成22年度秋季京都府大会: 塔南 vs 桃山(前篇)
既に準決勝まで終わってしまい、遅くなりすぎた感がありますが、10月2日(土)の第2試合 塔南vs桃山 の記事をアップします。

塔南と桃山という公立校同士の準々決勝。
塔南は秋季大会では3年連続のベスト8進出とコンスタントに結果を残してきているが、今年は龍谷大平安を破っての準々決勝進出ということもあって、これまで越えられなかった大きな壁を乗り越えたと言えるだろう。
地力では塔南が桃山よりも勝るとみるべきだろうが、桃山のチームとしてのまとまりのよさと、2年生たちの試合経験などを勘案したら、案外面白い試合になると期待していた。
今年の夏、塔南の森脇投手と1-0という息詰まる投手戦を展開し、惜しくも敗れた桃山。とりわけ徳田投手は今度こそは勝ちたいと思っていたに違いないだろう。

試合は序盤から走者を出し合うが、安打数に勝った塔南がやや押し気味に試合を支配したが、桃山も要所を抑えて得点を与えなかった。
塔南も、4回表の桃山の先頭打者 伊藤選手に三塁打を浴びて先制のピンチを迎えたが、二ゴロの間に本塁を衝いた伊藤選手をクロスプレーで防ぎ、得点を許さなかった。
結果論だが、この場面で先制点が桃山に入っていたら、1点以上の重みが試合展開に影響を与えたように思えただけに、大きなプレーだったと言えるだろう。

グラウンド整備を終えた6回裏、4番 駒月選手からはじまる塔南の力強い打棒が徳田投手をとらえ始める。
駒月選手・笠選手の連続二塁打で先制点を挙げると、続く6番 秋本選手も中前適時打を放ち、塔南はもう1点を追加する。
なおも無死二塁の場面だったが、ここは桃山が守りきって2点で凌いだ。
反撃に転じたい桃山は、7回表の先頭打者 中村峻太選手がセンターへの打球で三塁を陥れ、即座に追撃機を作ったかに思えたが、一塁を踏み忘れていた とする塔南のアピールプレーにより、三塁打から一転センターゴロ。結局この回の桃山は三者凡退となった。
対する塔南は7回裏、2番 高橋選手・3番 向原選手が内野安打で出塁して一死一・二塁とし、4番 駒月選手が中前適時打で高橋選手が生還、5番 笠選手は右中間を破る2点適時打、6番 秋本選手も適時三塁打で続いてもう1点を追加してこの回4点を入れ、試合を決定づけた。

桃山としては、少ないチャンスをモノにしながら先手を取って試合展開を握りたかったはずだが、どうしても流れを引き寄せることができず、攻守にスキのない野球を見せた塔南が勝利した。

桃     山  000 000 000  0
塔     南  000 002 40X  6
(2010年10月2日(土) わかさスタジアム京都 第2試合)

試合前の桃山の様子から。いつもながら気合いの入った選手たちだ。
b0170881_20392954.jpg
b0170881_2039362.jpg


桃山 徳田投手、塔南 粟津投手の両エース。
粟津投手は春季大会(京都外大西戦)で見て以来だが、背番号が10から1となり、マウンド上での落ち着いた雰囲気は既にエースの風格をたたえていたことに驚いた。
b0170881_2038341.jpg

b0170881_2038464.jpg


1回表、桃山は二死から3番 伊藤選手が右前二塁打を放つ。
b0170881_20423453.jpg
b0170881_20423966.jpg

b0170881_20443914.jpg


b0170881_2045526.jpg
b0170881_20451255.jpg


3回裏、先頭打者で出塁した塔南の上山選手を稲原捕手が一塁へ送球、牽制死を奪う。
b0170881_2048077.jpg


4回表、桃山の先頭打者 伊藤選手が右中間を破る三塁打を放ち、先制のチャンスを得る。
続く4番 稲原選手の二ゴロの間に果敢に本塁を目指したが、クロスプレーで本塁に生還することができなかった。
b0170881_20525974.jpg
b0170881_2053772.jpg
b0170881_20531726.jpg
b0170881_20532436.jpg


(後篇に続きます)

ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-10-10 20:55 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 平成22年度秋季京都府大会: ...      平成22年度秋季京都府大会: ... >>