2010年 10月 21日
平成22年度秋季京都府大会 決勝戦 : 塔南 vs 京都外大西(その4)
5回を終了して5-1と塔南が4点をリードしたこの試合。
塔南が4回・5回と集中打を見せて得点を重ねたが、京都外大西も毎回安打を放っていて、決して粟津投手に抑えこまれているわけでもない。
6回表には、6番 今井選手がライトスタンドに本塁打を放って1点を返した。
b0170881_5332767.jpg

しかし撮影しながら、そしてベンチに引き上げてくる表情を見ていて感じたのは、安打や四球を重ねて失点したのではなく、完璧に打たれた本塁打で1点を失ったことで、粟津投手は変に力むことなく、むしろ投げやすくなったのではないか?ということだった。
b0170881_5335022.jpg

一方、京都外大西の佐藤投手も6回・7回と塔南の攻撃を三者凡退に抑えて、投球が安定してきたように思えた。
b0170881_535243.jpg

7回表 京都外大西が二死から1番 下村選手、2番 西下選手が連続安打で出塁したところで、塔南は守備のタイムを取り、マウンドに内野手が集合した。
リードした試合展開ということもあってだろうか、その表情はとても明るく楽しげに見える。
b0170881_5353251.jpg
b0170881_5353910.jpg

後続の打者を三振に討ち取り、ベンチに帰ってくる選手たちを迎える様子も自然体で明るいものがあった。
b0170881_53634.jpg

8回裏、4番からはじまる塔南の攻撃を打ち取ってきた京都外大西だが、二死から6番 秋本選手を(タイミング的にはアウトだったが)悪送球で出塁させてしまう。
しかし佐藤投手が上手い一塁牽制球を投じ、一・二塁間に挟むことに成功、この場面を切り抜けた。
b0170881_543124.jpg
b0170881_543994.jpg

5-2で迎えた9回表、京都外大西の攻撃。代打攻勢をかけた京都外大西だったが、二人とも倒れて二死となった。
2人目の代打 中村選手は右飛に倒れたものの、体格がよく、そして打席でマウンドに向かって気合いの入った咆哮を見せてくれたのが印象的だった。
b0170881_5473680.jpg

しかし二死から1番 下村選手が三塁線付近に落ちる左前打で出塁すると、左中間を破る適時二塁打の間に下村選手が生還し、土壇場で1点を返した。
b0170881_5502393.jpg
b0170881_5503112.jpg
b0170881_5503890.jpg

1点を取られた後、粟津投手も気持ちを入れ直したかのような表情で最後の打者を三振に打ち取って、塔南が今秋の京都の頂点に立った。
b0170881_5511570.jpg
b0170881_5512238.jpg


b0170881_5542732.jpg


今週末からの近畿大会では、塔南は10月23日の第1試合で報徳学園と、京都外大西は10月30日の第2試合で智辯和歌山と、そして京都成章は10月23日の第2試合で智辯学園との対戦が決まりました。
どの対戦相手も非常に手ごわそうですが、近畿大会での健闘を期待しています!


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-10-21 06:03 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(16)
Commented at 2010-10-21 10:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-10-21 16:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-10-22 21:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photomoments at 2010-10-23 06:56
鍵コメさん(@10/21 10:42)、おはようございます。

必要なものがあれば私のほうで段取りいたしますので、
どれが該当の写真なのかをお知らせいただけますか?
非公開コメントで、かつ連絡できるメールアドレスとともに送信してください。
お手数ですが、よろしくお願いいたします!
Commented by photomoments at 2010-10-23 07:06
鍵コメさん(@10/21 16:21)、おはようございます。

いつもお世話になります&コメントが遅くなりました…。
一昨日・昨日と出張だったので返信できませんでした。
体力的に非常に疲れた出張だったので、ゴメンなさい、今日は紀三井寺に行くのを断念いたしました…。

対戦相手は強いと思いますし、名前も通った名門校ですが、
自分たちもこの秋、錚々たる学校に勝利してつかんだ京都1位校なのだから、
堂々と渡り合って実力を発揮し、勝利してくれることを期待しています!
毎年阻まれた近畿の壁、今年はその壁を破れる戦力があると思いますよ!
Commented by photomoments at 2010-10-23 07:26
鍵コメさん(@10/22 21:23)、おはようございます。

先日の西京極ではあまりお話ができなくてすみませんでした。
先ほども書いたとおりなのですが、今日は紀三井寺に足を運ぶことができませんでした…。

昨日は大変だったんですね。本当にお疲れさまでした!
そのためにも来春の甲子園を目指して頑張ってもらいたいです!

それでは、こちらこそ今後もよろしくお願いします。
Commented at 2010-10-24 21:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photomoments at 2010-10-24 23:19
鍵コメさん、こんばんは。お疲れさまでした…。

うーん、残念でした。
試合経過をネットで見ていました。
ホームランが出たりしたので試合後半が楽しみだったのですが…。

塔南、今度は京都でも追われる立場です。
私学を追いかける意識でやってきたと思いますが、これからは少し変わるでしょうね。
もちろん各校に共通することですが、この冬の成長が大きいと思いますし、それが楽しみでもあります。
成長した姿をまた撮りたいと思いますし、できれば練習の様子を撮影する機会があればとも思っています!
Commented at 2010-10-25 11:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-10-25 21:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photomoments at 2010-10-26 07:28
鍵コメさん(@10/25 11:26)、おはようございます。

先ほどメールを送信いたしましたので、ご確認をお願いいたします!

Commented by photomoments at 2010-10-26 07:41
鍵コメさん(@10/25 21:41)、おはようございます。

連絡先ありがとうございました。さっそく登録いたしました!
ありがとうございます。こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

Commented at 2010-10-26 10:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photomoments at 2010-10-26 22:23
鍵コメさん、こんばんは。

報徳は伝統的に試合巧者なんですよ、おそらく。
ちなみに今夏の兵庫県大会でも思いましたが、勝利に対する執念は目を見張るものがありました。
面白いですよね。世代が変わっても、そうした校風のようなものが受け継がれていくのは。
次は京都外大西です。智辯和歌山という強い相手ですが、したたかな西高野球で立ち向かうことでしょう。

ボーイズの方も好調なんですね。
最近になっていろいろ調べると、京都だけでもチームがすごく多いことに驚きました!
Commented at 2010-10-27 16:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photomoments at 2010-10-27 20:30
鍵コメさん、こんばんは。

メール届いていたので、返信を昨晩送ったのですが、なぜか送信失敗していたようです。
(最近メール送信が上手くいかないことが多いです…)
先ほど再送信しましたので、また確認いただければと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 関西六大学野球連盟 京都産業大...      平成22年度秋季京都府大会 決... >>