2010年 11月 07日
野球写真撮影について(16): シャッター優先AEか 絞り優先AEか-2
前回の続きの記事として、今度は、私がシャッタースピード優先AE(以下「シャッタースピード優先」)を使う場合について記したいと思います。

これまで掲載してきた試合記事中でも少し書いているが、普段絞り優先AE(以下「絞り優先」)を使う私がシャッタースピード優先で撮影するケースは主に2つある。
ひとつは、ナイター撮影やドーム球場での撮影でシャッタースピードが稼げない場合。
球場によって照度が大きく異なるということがカメラを操作しているとよくわかる。甲子園球場は比較的明るいほうだと思うが、私がよく足を運ぶわかさスタジアム京都(西京極球場)の照明は甲子園球場と比較すると暗いし、ドーム球場もまた暗い。ナイター・ドームの照度は肉眼で観戦するには問題ない照度だが、写真撮影にはシビアな条件となる。
この場合、日中撮影するように低いISO感度で速いシャッタースピードを確保することは不可能になる。シャッタースピードが遅くなって被写体ブレを起こすことを回避するため、絞りは開放に近づけて光を多く取り込むのはもちろんだが、ISO感度を1,000以上に上げてでも、被写体ブレを起こさないシャッタースピードを確保する必要がある。

以前はナイター撮影でも絞り優先の設定としていたので、ISOを上げ、絞りは開放付近にして撮影していたが、たとえば絞り優先設定でシャッタースピード1/1,000秒程度を稼げる条件設定にしたとしても、バッテリー間は明るくても内野、外野へ行くにつれて暗くなるように、レンズを向けるエリアによって照度が大きく異なるから、制御しなければいけないシャッタースピードが大きく上下してしまう。最も照明が明るいバッテリー間で1/1,000秒程度に設定していたら、外野では1/400秒程度になる可能性もあり、撮影上のリスクが大きいことを実感するようになった。
そこでやっと、絞り優先での撮影からシャッタースピード優先での撮影に設定を切り替えて撮影することが自分に合っていると気がついた次第だ。
b0170881_0554215.jpg

第92回全国高等学校野球選手権記念大会 成田vs八戸工大付 2010.8.13撮影 (EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)
撮影モード:シャッタースピード優先AE, Tv=1/1,000sec, F2.8, ISO=1,000, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=5,000K, jpeg


前回記したように、日中の撮影で、自分が必要とするシャッタースピードが確実に稼げる状態であれば、それ以上のシャッタースピードが出ることは実用上問題がなく、言い方は乱暴だが、シャッタースピードは成り行きで放置しておいて支障ない。だから絞り値とボケに重点を置いた設定が成り立つのだといえる。
しかしナイターの場合、被写体ブレを起こさないだけのシャッタースピードを確保することを何よりも重視しなければならない。光量が少ないから自ずと絞りは開放寄りになるからボケ具合も良好なので、あとは機材の特性に応じて、荒れすぎないISO感度とシャッタースピードのバランスを考慮することになる。高感度耐性のある機材であれば速いシャッタースピードを追求することもできるし、明るい(F値が小さい)レンズを使うことはナイター撮影では特に有利になる。逆に高感度耐性の低い機材や明るくないレンズを使う場合には、求めるシャッタースピードを控えめにして(その場合でも1/500秒は確保したいところ)諸設定のバランスを取ることもあるだろう。

私の場合、ナイター撮影でのシャッタースピードは1/1,000秒に設定し、絞りとISOを変化させることで1/1,000秒をキープしている。
私の使っている機材では、特にISO感度の面でこのくらいがバランスよく感じられることと、ナイター撮影ではオートフォーカスの精度自体が低下するので、これ以上のシャッタースピードを求めても結果が伴いにくいと感じていることが理由だ。


シャッタースピード優先を使うもうひとつのケースは、スローシャッター撮影のとき。
1/50秒などのスローシャッターにして動感ある写真を撮りたいときは、シャッタースピード優先のほうが撮りやすい。
ただ、絞り優先で撮影している試合中にシャッタースピード優先に切り替えて撮影するのは設定変更の手間がかかるため、試合中はすべての投球に即応できる撮り方を意識する私にとっては扱いにくいことも事実。だから絞り値を調整することでシャッタースピードを遅くして撮影することのほうが多い。
b0170881_0555876.jpg

乙訓高校野球部練習 2010.2.20撮影 (EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)
撮影モード:シャッタースピード優先AE, Tv=1/50sec, F22, ISO=100, 評価測光, 露出補正=±0, AI Servo AF, WB=Auto, jpeg


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-11-07 01:21 | 野球写真撮影 | Comments(25)
Commented by あほたん at 2010-11-09 22:39 x
誰でも知ってるような事、だらだら書いて何が楽しいんや?
「わあ!凄いですねぇ」と素人さんに書き込んでほしいんか?
Commented by photomoments at 2010-11-09 23:03
いやいや、それは失礼いたしました。
別にすごいと思って欲しいとか考えてはいませんが、お気に触ったのであれば読み飛ばしてください。
Commented by 先生 at 2010-11-11 20:20 x
すごいですよー^^ 写真も素晴らしいですし、むやみに人を攻めないところも爪の垢。勉強させてもらってます。
私も仕事柄高校生たちの写真を撮りましたが笑顔を撮るのは本当に楽しいですね。
そして球技の撮影は難しいです。この子ども達のキラキラした写真はとても感動です。
これからも楽しみにしています^^
Commented by umigame2 at 2010-11-11 20:22 x
photomoments さん、こんばんは。
私も絞り優先かシャッター優先かでいつも悩みます。
天気がよくシャッタースピードが稼げる状況であれば絞り優先を使うことが多いですが、若干のブレが欲しいときはシャッター優先で1/1000秒くらいに設定します。
自分の感覚では、1/1000秒で動きの激しいプレイヤーの手足やユニフォームが少しブレ、1/1250秒で手足だけがほんの少しブレるといった描写になるように思います。
陸上の短距離走を、1/1000秒に満たないシャッタースピードで撮ると、走っている人物の顔がもやっとした感じになるときがあります。
よくよく見ると、ほっぺの震えがブレとなっているようなのです。
そこまで気にする必要はないのかもしれませんが、安心できるシャッタースピードということで考えると、1/1250秒くらいなのかなと思ったりもします。

スポーツの撮影で時々やってしまうのが、プレイヤーが動いていないにもかかわらず、シャッター優先のまま速いシャッターで撮ってしまうことです。
シャッターが速い分iso感度も高くなりますので、なんとも後味の悪いことになってしまいます。
Commented at 2010-11-12 21:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photomoments at 2010-11-12 21:42
先生さん、こんばんは。

笑顔を撮るのは楽しいですが、その反面、とても難しいとも感じます。
狙って撮った笑顔よりも、狙ってなかったところで思わぬ笑顔が撮れたときのほうが嬉しいですね。
球技については、野球以外をほとんど撮影したことがないので、
他の球技を撮ったらどんなに難しいのか、またどんな違いがあるのかを探求してみたいです。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします!
Commented by photomoments at 2010-11-12 22:02
umigame2さん、こんばんは&お久しぶりです。

野球撮影でも、(ピッチング、バッティング等々)シチュエーションによって、いいと思えるシャッタースピードが違うと思っています。
本当はそれをもっと追い込んで撮影することにもトライすべきでしょうね。

1/1,000秒と1/1,250秒の違いの説明、大変興味深かったです。
umigame2さんがおっしゃっている1/3段分のシャッタースピードの違いを感じるときが私にもあります。
私の場合、1/800秒と1/1,000秒ですね。

それにしても頬の震えがブレになるとは面白いです。
ピントが確実に合っているのにモヤッとした感じになるんでしょうか?
Commented by photomoments at 2010-11-12 22:21
鍵コメさん、こんばんは。

ごめんなさい、AF-onについては私は使っていないんですよ。
1D3を入手したときに何度か試してみたことがありますが、私にはあまり合わないと感じたので、以来使っていません。
シャッターフィーリングがどうにも馴染まなかったです(AF-onボタンが押しにくいことも一因だと思われます)。
一度試してみて、自分に合いそうだったら追求してみるのがいいでしょうね。
ただし、これを使ったからといってカメラのAF精度が上がったりするわけではないことに留意が必要でしょう。
Commented by umigame2 at 2010-11-13 20:45 x
photomoments さん、リコメ有難うございます。
1/3段分のシャッタースピードの違いについてですが、私も1/800秒と1/1000秒の間に一線あるように思います。
あと、1/400秒と1/500秒や、1/1250秒と1/1600秒でしょうか。
1/1000秒と1/1250秒はパッと見そんなに差はないように思うのですが、1/1600秒になると凍りついたような静けさ?が感じられます。
ほっぺの震えに関しては、1/1000秒未満と1/1600秒以上とでは顔の描写のシャープさが違うことに気がついたのです。
ピントが合っているにもかかわらず顔がもやっとした感じのときは、大抵プレイヤーのユニフォームもブレています。
ほっぺのプルプルは、案外止めにくいものなのかもしれません。(気のせいかもしれませんが・・・)

photomoments さんの撮影法に関する記述は、未熟者の私にとってはとても参考になるものです。
今後も続けていただけたら有り難いです。
Commented by Eu_ion at 2010-11-13 22:58 x
私は、どうも、晴天の恵まれた環境で人を撮ることはなかなか無いようなので
1/1000秒より速い世界は未開の領域です。
雲など空を撮る時は1/2000とかになりますが、雲なのでよほどの強風でなければ必要の無い速度です。

ただ、シャッター速度優先モードは使わないものの
マニュアルで低速で切る必要のある場合には
シャッター速度優先的に撮っていたかもしれないことを思い出しました。
1/3段というか1/8秒と1/10秒の1/40秒の違い、「2の1/3乗」倍の違いというものは非常に大きいです。
50mmだと1/15からかなりシビアになってきて1/8が限界。1/6ではどうやっても止まりません。
この前のスローシャッターも結局ブレはありますからね。
ある所から止まらないというのは例え、1/3段でも大きく感じます。
1/60秒あたりから気合いが必要になってきますし。200mmなら1/100あたりですかね。気合いが要るところは。

最後に、撮影法の記事もさんこうになりますが、
撮影法の記事につくコメントも私にとっては非常に助かってます。
Commented by photomoments at 2010-11-14 00:10
umigame2さん、こんばんは。

>あと、1/400秒と1/500秒や、1/1250秒と1/1600秒でしょうか。
なるほど。私はあまり1/1,250秒と1/1,600秒の違いは気にしてなかったように思います。もう少し注意して撮影するようにします。

十分なシャッタースピードが確保されていても、ピントが僅かに甘くてブレてしまう写真もあるし、
同じシャッタースピードでも天候によって歩留まりも変わると思います。
このあたりのことも考察すると面白そうです。

私もいろいろな方とコメントのやり取りをすることで気づかされることも多々ありました。
頻繁に撮影に行くようになると、自分の撮り方が確立されてしまっていて、ルーティンワークになっているんでしょうね。
Commented by photomoments at 2010-11-14 00:27
Eu_ion さん、こんばんは。

日中に雲を撮るなら天空光が強いから、1/1,000秒くらい難なく出てしまいますが、確かにそこまで必要ないですね(笑)。

50mmを手持ちで1/8秒で撮るのもかなり大変でしょうけど、1/6秒になるとまったくダメというのは、ある意味面白いですね。
私も自分の限界値を試してみたいと思いましたが、おそらくそこまでスローにはできないでしょう。
それにしても、手持ちではブレやすいスピードでも対応してくれるISやVRといった手ブレ補正機構の効き目はすごいな とも思います。

Commented by take at 2010-11-19 09:31 x
photomomentsさん 御無沙汰しております
わかさでは有難う御座いました
秋季大会終了後、我愚息の練習試合にも足繁く通い撮影しております
来月からは、試合が無い為 
(かなり暇になりますが)
久しぶりに野球以外の物も撮影しようと考えている今日この頃です
21日は、わかさsでトレーニング講習会とやらが開催されるとの事です
Commented by photomoments at 2010-11-19 22:34
takeさん、こんばんは。こちらこそ西京極ではありがとうございました。

練習試合の撮影に励まれているんですね!
野球以外のものというと、この季節ならやっぱり紅葉ですか?
この先練習試合はなくなりますが、冬場の練習の様子を時には撮影に行かれてはどうでしょう?
見守る人も多くない中、練習に取り組む彼らの姿はなかなか魅力的だと思いますよ。

※冬季トレーニング講習会って観覧可能なんですかね???
Commented by hamaチャマ at 2011-02-06 17:23 x
初めまして。
子供の野球の写真を綺麗に撮りたいと思いこちらにお邪魔しました。リトルリーグで撮影しているときは、ある程度のとっさのプレーや外野の守備もそれなりにAOTOで撮影できましたが、高校野球、シニア野球とグランドが広くなり、思うように撮影できず、春までには少しでもまともな写真が撮りたいと思っていますが中々うまくいきません。レンズは50-200㎜と外野手の息子を撮影するのは厳しい・・・レンズを買うべきが、頑張って(爆)300㎜レンズがセットになってるカメラを買うべきか等どうしたらいいのかなぁ。と思っています。300㎜では外野手の撮影は厳しいかとは思うのですが、それ以上のレンズを扱う自信も(手ぶれ・技術等)なく・・・どうしよう・・・と思っているこの頃です。シャッタースピード優先で撮影もしてみましたが中々ピントが合わず失敗ばかりですし・・・
数字的な事は文字で読んでなるほど、と思っても写真を撮影すると?あれ私理解できてないぞ・・・と思う事が多く・・・
こちらでまた勉強させていただきます。
こんなおバカな初心者ですが何かアドバイスいただけたら幸いです。
Commented by photomoments at 2011-02-08 05:12
hamaチャマ さん、おはようございます。はじめまして。
返信が遅くなってごめんなさい。

グラウンドが広くなると焦点距離200mmのレンズでは厳しくなりますね。
外野手優先で撮るとなると(それがもしセンターならなおさら)最低でも300mmが必要だと思います。
反面、撮影位置などの条件によりますが、300mm以上のレンズとなると、バッターボックスの撮影時に被写体を全身で捉えにくくなってきます。
今お使いの機材が何なのか、また機材の購入にどのくらいの予算を考えられているのかによって最適解が異なると思いますので、またお聞かせいただければ と思います。

>シャッタースピード優先で撮影もしてみましたが中々ピントが合わず失敗ばかりですし・・・
ピント合わせについては撮影モード云々とは別の要因でしょうね。
機材次第・撮影者次第という面もありますが、外野手の場合はどうしても被写体が小さくなってしまうので、ピント合わせはさらに困難になりますし…。
Commented by hamaチャマ at 2011-02-08 08:14 x
photomomentsさん ありがとうございます。
現在使用しているカメラはニコンD50レンズはセットで購入した55-200ミリを使っています。購入を考えているのは55-300㎜のレンズです(たぶん今のカメラに使えると思うのですが)レンズの定価は5万円。先日カメラ屋さんでニコンのD3100レンズキットで購入を考えているレンズがついて、カメラ下取り、1万円割引きで8万円でした。のでちょっと悩んでます。新しいカメラのほうが性能もよいと思ったり(^^ゞ
子供の野球の写真は6年撮ってます。今まではスポーツモードで連写して捕球の瞬間がそれなりに撮れていたのですが。(リトルの距離で)それでも全体には選手は小さくなり、なるべく大きく撮影もしたいと、300ミリのレンズを購入を考え、カメラを勉強しようと思いました。色々試すのですが上手くいかず。バッターの写真はカシオのEXILIMのEX-FH20を使ってます。インパクトの瞬間の撮影とフォームチェックの目的で使っています。
他の選手の写真も撮影したいと思い、上手に撮影したいと欲が出れば出るほど上手くいきませんね
お言葉に甘えて色々と書いてしまいました。
よろしくお願いします。
Commented by photomoments at 2011-02-09 23:47
hamaチャマ さん、こんばんは。

NIKONについては詳しくわかりませんので曖昧なコメントになってしまいますが、
300mmズームを入手すれば、焦点距離が伸びた分だけ撮影に寄与すると思います。
ただ、それによって劇的によい画が撮れるようになるかどうかはわからないですね。
ひょっとすると、近くで撮れる撮影ポジションを探すことで済むくらいの話かもしれません。
hamaチャマ さんが、焦点距離を長くしたいということだけ考えているならそれでもよいと思えますが、
それとともに画質をよくしたいと考えているなら、同様なズームレンズの買い増しではなく、単焦点(300mmF4とか)をオススメしたいところです
(当然予算の問題もありますが…)。
カメラを買い換えるのだとしても、(仮に8万円くらいの予算だとすると)現在と同クラスのカメラではなく、予算オーバーでもD7000にしたほうがよいと思います。
カメラの動体追従性が明らかに違うだろうと思います。

いずれにしてもお金のかかる話ではありますが、今の写真そのものに不満があるなら、
カメラにしろレンズにしろ、現状と同クラスの機材に手を出すのはもったいないと思えるのです。
Commented by hamaチャマ at 2011-02-10 08:10 x
photomomentsさん ありがとうございます。
カメラは価格もレンズも、本体も撮影についても奥が深いです~
大会になると応援しながら、三脚にビデオをセットしながら首からカメラをさげて親ばかを発揮しております。
お財布と相談しながら考えてみます~
素人の質問に丁寧にお答えいただきありがとうございます。
Commented by hamaチャマ at 2011-02-21 21:36 x
photomomentsさん 今晩は

カメラですが、オートで撮影してもどうも調子が悪く、ピントが合わない・・・
今日お店で見てもらいました
レンズの故障でした(^^ゞ
グランドで酷使するのにお手入れがちゃんと出来ていなかったようです。
色々相談し、(レンズ修理、新品レンズ、中古レンズ・・・などを)
70-300㎜の中古の品。お店の人の太鼓判のレンズを購入する事にしました。
レンズのお手入れ方法ももう一度きちんと教えていただきました

反省、反省です。
お手入れ油断していました。

素人の親ばか母ちゃんカメラマン?
少しでもよい写真が撮影出来ればと思います。

また色々教えてください。

Commented by hamaチャマ at 2011-03-01 07:57 x
連続の書き込みで失礼いたします。
昨日レンズを購入してまいりました。非常に綺麗なレンズでした。今週末練習試合があるので、早く使ってみたいなぁ。と思っています。
ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします
Commented by photomoments at 2011-03-02 22:26
hamaチャマさん、こんばんは。
コメントを先に頂戴していたのをきちんと確認していなくて失礼いたしました…。

レンズ購入おめでとうございます。ぜひとも早く使いたいでしょうね。
いろいろ相談して買ったのなら納得性も高かったのだと思います。

レンズのお手入れ、私も長く使い続けているとついつい手を抜いてしまってます。
砂ぼこりの多い環境で使っているのにそれではいけないなぁ と感じました。
やっぱり大事に使わないといけませんね!
Commented by Sho.M at 2015-08-03 12:03 x
こんにちは。
先日(7/30)に、わかさスタジアムで行われたプロ野球の撮影に行ってきました。
1D3,7D2,サンヨンを用いての撮影をしましたが、サンニッパよりもボケ味の出しにくさが難しく感じましたね...。(まぁ、撮った位置がだいぶ外野よりだったのもあるのですが)
ナイター撮影も難しいです。
Commented by photomoments at 2015-08-04 23:27
Sho.Mさん、こんばんは。ナイター撮影は難しいですね。
歩留まりの悪さと、それに起因するストレス(?)が悪循環になりがちです。
ホワイトバランスも気を使いますね。
最新の機種ではマシなんでしょうか…。
お伺いしたいのですが、ナイター撮影では、7D2は1D3と比べて優位だと感じましたか?
Commented by Sho.M at 2015-08-06 21:24 x
被写体のピント制度においてはあまり差は感じませんでした。
強いていうなれば、AFポイントの位置調整が7D2の方が細かくできるという点においては大きなメリットです。
今日も甲子園で両方とも使いましたが、1D3にヨンヨンかゴーヨンつけて撮影する方が、7D2にサンヨンつけて撮影するより自然な絵が出てきそうな予感はしました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 練習試合:乙訓高校・同志社国際...      野球写真撮影について(15):... >>