2011年 05月 08日
平成23年度春季京都府大会: 塔南 vs 大谷(前篇)
昨日、今年最初の京都の高校野球観戦を行った。
第1試合は塔南vs大谷は、立ち上がりから落ち着かない試合となった。
大谷の先頭打者 藤田選手の二遊間への当たりは守備陣が交錯した形になり内野安打。次打者の場面での二盗も二塁ベースでの捕球ができないなど、塔南に記録に残らない守備の綻びが見られた。
2回表には、大谷が4番 末國選手の左前打で出塁すると、続く5番 池田選手の送りバントが二塁悪送球になり無死一・三塁。一死をはさんで7番 坂本選手、8番 藤本選手の連続適時打により2点を先制した。
この回は粟津投手の投球が少し振るわなかったうえに、2本の適時打も決して捕球できない当たりではなかったと思えるなど、塔南の守りのリズムの悪さが気になった。
しかし塔南は直後の2回裏、4番 駒月選手が二塁打で反撃機を作ると、失策・犠飛で2-2の同点に追いつき、1番 向原選手が2点適時打を放って4-2と、即座に逆転を果たした。
3回は両チームとも中軸打者を三者凡退に抑え(抑えられ)、ようやく落ち着いた試合運びになりつつあると思った4回、表に大谷が2点を挙げて同点に追いついたが、裏の塔南は1点を入れて再度リードを奪い、試合のリズムを大谷に渡さなかった。
このあたり、得点を挙げたい場面で得点を挙げる塔南の戦い方は見応えがあった。
6回裏にも塔南は一死満塁の追加点の場面を作ったが、大谷の青木投手が後続二者を一ゴロに打ち取って追加点を許さず、伯仲した試合のままで終盤を迎えると思われたのだが、塔南は7回・8回に追加点を入れて大谷を突き放し、8-4で勝利をおさめた。

序盤は双方に守備の乱れが目立つ荒れた試合だっただけに、攻撃力に勝る塔南が勝利をモノにした感はあった。
大谷としては2点を先制しながら直後に逆転を許したところが後々まで響いただろうし、その観点では反撃の狼煙をあげた頼れる4番 駒月選手の存在の大きさを強く思わされる一戦だった。


大  谷  020 200 000   4
塔  南  040 100 21X   8
(2011年5月7日(土) わかさスタジアム京都 第1試合)


この試合に登板した塔南 粟津投手と、大谷 青木投手。
b0170881_2245169.jpg
b0170881_22452324.jpg


2回表 大谷の攻撃。無死一塁で5番 池田選手が送りバントを試みると、二塁への送球が乱れ、 大谷がチャンスを広げる。
b0170881_22531453.jpg

7番 坂本選手の適時打で1点を先制した大谷は、続く8番 藤本選手が右前適時打を放ち、三塁走者の池田選手も生還し、さらに1点を追加した。
b0170881_22554817.jpg
b0170881_22555596.jpg
b0170881_2256291.jpg


先制された塔南は2回裏、無死満塁から7番 側田選手が遊撃手の失策を呼ぶ打撃で三塁から駒月選手が生還し、まず1点を返す。
b0170881_22591218.jpg
b0170881_22592268.jpg
b0170881_22592858.jpg

一死満塁となり、9番 邨松選手が左犠飛を放って同点としたあと、1番 向原選手の2点適時打で2者が生還、4-2と逆転に成功する。
b0170881_2332672.jpg
b0170881_2333344.jpg
b0170881_2334017.jpg


4回表、この回の大谷の先頭打者 池田選手が左前打で出塁し、送りバントで二塁に進むと、7番 坂本選手のライトへの当たりを後逸する間に生還、続く藤本選手はスクイズを決めて4-4の同点に追いついた。
b0170881_2391013.jpg
b0170881_2391628.jpg
b0170881_23102432.jpg


(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2011-05-08 23:14 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 平成23年度春季京都府大会: ...      平成23年度春季兵庫県大会: ... >>