2011年 08月 22日
第93回高校野球京都大会(5) : 福知山 vs 桃山 (中篇)
b0170881_055487.jpg

先発した山本投手が辛抱強く試合前半を投げきると、6回からは背番号1 徳田投手がマウンドに立った。


桃山の反撃は4回表。
この回の先頭 中村成汰選手が二塁打で出塁すると、続く3番 貞松選手の送りバントに対して一塁悪送球で後逸する間に中村選手が生還。
その間に三塁を陥れた貞松選手も後続打者の内野ゴロの間に生還して2点を返した。
b0170881_0491449.jpg
b0170881_0492232.jpg
b0170881_0493725.jpg
b0170881_0494674.jpg

両校の得点差は3点あるものの、試合の主導権をどちらが手にするかわからない状況になってきた5回までを外野から撮影した。
b0170881_0511168.jpg
b0170881_0512796.jpg


6回からは内野席に移動し、レンズも600mmから300mmに交換して撮影開始。
b0170881_122657.jpg

7回表、一塁にヘッドスライディングし、勢いあまって一回転した関口選手。
b0170881_152331.jpg
b0170881_153213.jpg


8回表の桃山は1番 中村峻太選手からの攻撃。安打で出塁した中村選手は二盗を試みたが、福知山内野陣に阻まれる。
桃山としては、攻守ともに二塁でのクロスプレーが思わしい結果を生まない、ストレスをおぼえるような試合展開だった。
b0170881_1115563.jpg
b0170881_11243.jpg
b0170881_1121693.jpg

3点差を縮められない桃山だが、徳田投手がナインを鼓舞するかのような投球を見せ、最終回の攻撃に望みをつなぐ。
b0170881_1154663.jpg
b0170881_11632.jpg


(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2011-08-22 01:20 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(2)
Commented by kira_photo at 2011-08-22 09:51
600mmですか。
サンニッパにも触った事がない私には、夢のまた夢です。苦笑

このグラウンドは外野もフェンスのラバー部が低いんですね。
外野なのに低い目線で観戦出来るのは斬新です。
Commented by photomoments at 2011-08-23 06:08
Maaさん、おはようございます。

600mmは私のレンズではなく、野球写真の私の「師匠」のレンズです。
この球場の外野席は球場外になります。フェンスの外は公園の丘陵になっていて、ただ見エリアなんです。
師匠は少し高い定位置に三脚を据えて撮影されているのですが、私はそれを一脚に付け替えてレフト~ライトに移動して撮影しました。
そのときにグラウンドレベルに近い高さで撮影したものです。
独特の臨場感が出せるポジションだと思いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第93回高校野球京都大会(5)...      第93回高校野球京都大会(5)... >>