2011年 09月 20日
第93回高校野球京都大会(11) : 鳥羽 vs 京都すばる (前篇)
b0170881_23523032.jpg

4回裏の鳥羽の攻撃から。4番 宮城選手の強烈なスイングから放たれた適時打などで3点を挙げた。



私学同士の一戦の後は公立の雄同士というべき好カードとなった。
鳥羽は太陽が丘球場での西舞鶴戦で鋭い当たりを連発し、投げても五味投手が7回参考記録ながら無安打無得点に抑えるなど、投打に充実した戦力という印象を受けた。
京都すばるは昨秋の一次戦以来の観戦で、球場で彼らを本格的に撮影するのは初となるため、この日の撮影を楽しみにしていた。

試合は初回に1点ずつを挙げ合う立ち上がりとなったが、3回・4回に鳥羽が追加点を挙げて優位な試合運びを見せる。
京都すばるは5回以降毎回得点を返していくが、終盤は得点してもそれ以上に鳥羽が追加点を入れるため、かえって得点差を拡げられてしまった。
この試合の醍醐味は、激しい点の取り合いと、双方の選手たちが見せた表情だった。


 京都すばる
 100 011 113   8
 102 300 23X  11
 鳥  羽
 (2011年7月17日(日) わかさスタジアム京都 第2試合)

1回表、京都すばるは1番 晋山選手が右前打で出塁すると、4番 川口選手の適時打で本塁に生還して1点を先制する。
b0170881_0192266.jpg
b0170881_0192819.jpg

1回裏、鳥羽は送りバントがダブルプレーとなってチャンスを逸したかと思われたが、5番 石川選手の二遊間を破る適時打で同点に追いついた。
b0170881_0252874.jpg
b0170881_0253494.jpg
b0170881_0254494.jpg
b0170881_0255110.jpg
b0170881_0255684.jpg


b0170881_0272261.jpg


4回裏一死から、1番 川邊選手の適時打で1点を追加された京都すばるバッテリー。
b0170881_030395.jpg


b0170881_0311286.jpg
b0170881_0312166.jpg
b0170881_0312965.jpg


6回表の京都すばるは、先頭の3番 生田選手が出塁。その後二死一・二塁となった場面で、7番 玉記選手のボテボテの内野ゴロが(タイミングはアウトだったが)セーフの判定。
b0170881_0313576.jpg
b0170881_0314335.jpg

二塁から生還を果たした生田選手を迎える京都すばるベンチ。
b0170881_0391168.jpg


(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2011-09-20 00:42 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(2)
Commented by kou-ramu at 2011-09-20 20:49
ご無沙汰しております。

 高校生の頑張っている姿・ナイスプレー・感動シーン
色々と見せてもらって、元気付いております(^_^)v

今回、私の撮影したいシーンが沢山アップされており感動しております。
バットにボールが当たってボールが変形している瞬間!
ボールに集中しているバントしてる選手の目!
打球が捕れるか捕れないかの瞬間!

今頃は、秋の大会で休みの日は忙しいんじゃ(^_^)v
Commented by photomoments at 2011-09-21 06:10
kou-ramuさん、おはようございます。

1試合で1回くらいはインパクトの瞬間を撮れるのですが、先頭打者で撮れたのは初めてだと思います。
選手の表情も多く撮れた試合で、点の取り合いという試合展開もあり、撮り甲斐のある一戦でした。

実は秋の大会にはまだ一度も臨んでいません。なかなか時間が取れなくて…。
今週末は3連休だから、1日くらいは球場に足を運びたいと思っています!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第93回高校野球京都大会(11...      第93回高校野球京都大会(10... >>