2011年 09月 30日
平成23年度秋季京都府大会: 乙訓 vs 塔南(前篇)
b0170881_78615.jpg

1回表の乙訓の攻撃。三塁打で出塁した横水選手が先制のホームを踏んでベンチに帰還する。


 乙  訓
 100 001 120   5
 011 011 000   4
 塔  南
 (2011年9月25日(日) 太陽が丘球場 第2試合)

この日の太陽が丘に登場した4校はいずれも公立校。私学が登場せず、しかもいずれも京都の公式戦で優勝もしくは準優勝した実績のある学校ばかりというのも珍しい。
特に塔南は昨秋の優勝をはじめ、撮影機会が比較的多くなった学校。対する乙訓は公式戦撮影は昨夏以来となるため、久々の撮影を楽しみにしていた。
この試合も試合の推移が面白く、撮っていて楽しめる試合だった。

初回に乙訓が三塁打を契機に1点を先制すると、塔南は2回・3回と、先頭打者への四球で得たチャンスを確実にモノにして1点ずつを挙げ、序盤で逆転に成功する。
試合の流れは塔南が支配している感があったが、6回に1点ずつを取り合ったあたりから乙訓が流れをつかみ始めた。
何年か乙訓の試合を見てきて、他校と比較するとベンチも応援する部員も大人しい印象があったのだが、試合終盤は勢いがあふれ出ており、この雰囲気は例年とはちょっと違うな という感想を抱いた。
終盤の鮮やかな逆転劇で勝利を決めた乙訓。試合後の雰囲気は、2007年夏の大会、雨中のナイトゲームで福知山成美に勝利した時を思い起こさせるものがあった。
末常監督にそう話しかけると、「そうですね。もう何年も経ちますね…」とおっしゃっていたが、勝利して喜びに浸る部員たちに、次戦に臨むために手綱を締める指示を出されている姿は、しっかりとこの先を見据えておられると感じた。


この日登板した背番号1同士。乙訓 津田投手と塔南 藤井投手。
b0170881_2331412.jpg
b0170881_2332412.jpg


1回表、一死から三塁打で出塁した横水選手を三塁強襲の内野安打で生還させた4番 土井選手。
b0170881_7371575.jpg


1回裏、塔南の先頭打者 高橋選手が放った大飛球を捕った角田選手。捕った直後の驚きの表情が印象的。
b0170881_7393069.jpg
b0170881_7393659.jpg
b0170881_7394290.jpg


b0170881_22532062.jpg
b0170881_22532722.jpg
b0170881_22533410.jpg


2回裏 一死一・三塁で7番 安川選手の適時打で大原選手がホームを踏み、塔南が1-1の同点に追いつく。
b0170881_2257419.jpg
b0170881_22571170.jpg
b0170881_22571727.jpg


b0170881_238582.jpg
b0170881_239543.jpg
b0170881_2391244.jpg


3回に逆転した塔南は、5回裏にも3番 野木選手の適時打で藤井選手が生還し、3-1とリードを広げた。
b0170881_237374.jpg


(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2011-09-30 23:12 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(2)
Commented at 2011-10-01 08:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photomoments at 2011-10-02 00:29
鍵コメさん、こんばんは。

乙訓は陸上部も強くなってきたんですか。それは知りませんでした。
スポーツ健康科学科の設置で野球部も広域から生徒が集まるようになったと聞いていましたが、
野球部以外も強くなっているんですね!


名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 平成23年度秋季京都府大会: ...      「JCII水谷塾修了展2011... >>