2011年 10月 16日
第93回高校野球京都大会(13) : 準決勝  立命館宇治 vs 京都両洋 (後篇)
立命館宇治が5点を挙げた5回裏の攻撃から。
この回から京都両洋のマウンドには光山投手が立ったが、1番 土肥選手が二遊間を破るヒットで出塁し、送りバントで二塁に進んだところで京都両洋は守備のタイムを取る。
b0170881_2271428.jpg

続く松井選手が四球を選び、4番 古川選手の場面でダブルスチールを敢行し、これを見事に成功させると、古川選手が右中間を破る走者一掃の適時二塁打で2点を挙げ、立命館宇治が逆転に成功する。
写真は逆転のホームインを果たして咆哮する松井選手。
b0170881_22144096.jpg

なおも二死二・三塁の場面で、7番 蔵立選手の三ゴロが一塁悪送球を誘い、さらに2点を追加する。
b0170881_22215566.jpg

続く福本選手も適時打を放ち、蔵立選手が本塁クロスプレーを制してこの回5点目を挙げた。
b0170881_22255139.jpg
b0170881_2225582.jpg


b0170881_22273225.jpg


この後、6回に京都両洋が2点を返したものの、立命館宇治も7回に2点を追加して再度4点差をつける展開に。
b0170881_2245446.jpg
b0170881_22451244.jpg
b0170881_22451992.jpg
b0170881_22452724.jpg

b0170881_22474130.jpg
b0170881_22522735.jpg


9回表、一死から9番 吉松選手がレフトフェンスに達するほどの大飛球を放ったが、花岡選手がこれを好捕するなど、立命館宇治が京都両洋の反撃を抑えた。
b0170881_22524637.jpg
b0170881_22525580.jpg

完投した福本投手。決勝戦進出の喜びの大きさを全身で表していた。
b0170881_2342749.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-10-16 23:05 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(4)
Commented by melonは青肉 at 2011-10-18 15:21 x
こんにちは

この試合はよく覚えています。
京都両洋高校は、3年生以外のメンバーが多くて、
新チームが楽しみだなぁ、と感じました。
秋季大会ではそんな楽しみに応えてくれたプレーがありました。
春の大会も楽しみです。


Commented by boss_5th at 2011-10-19 22:49 x
前篇・後編とも拝見いたしました。

逆転のホームインのシーン、最高ですね!!

ベース上のシーンも見ごたえがありますが、ダイビングキャッチがまた、何とも言えません!!
ナイスショットですね(^_^)

守備の最中のちょっとしたしぐさも絵になりますね。また勉強になりました。

ただ、このような写真を撮るとなると、試合中に息をつく暇もなさそうな気がしますが…^^;
Commented by photomoments at 2011-10-20 23:31
melonは青肉さん、こんばんは。コメントが遅くなりました…。

京都両洋は観ていて面白いチームだと思います。
この試合は立命館宇治の(高校生同士で使うには不適当な言葉かもしれませんが)老練さの前に敗れましたが、堂々のベスト4でしたね。
他校の監督からも、監督にしっかりと鍛えられているチームだと聞いたことがあります。
おっしゃるとおり、来年春の戦いぶりも楽しみですね。

Commented by photomoments at 2011-10-20 23:44
boss_5th さん、続けてこんばんは。

バックネット裏からの撮影は難しい面もあるのですが(特に打席の撮影)、クロスプレーを上手くとらえられたら嬉しいですね。
エラーが出たりしても、試合がいい具合に噛み合っていれば、両チームともに絵になるプレーが多く見られると思います。
この試合は私にとってそんな試合でした。

守備のタイム時の様子は撮り逃すのは惜しいシーンが見られるのでカメラを向けるようにしていますが、
息をつく暇がないと言われれば、そのとおりだと思います(笑)。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第93回高校野球京都大会(14...      第93回高校野球京都大会(13... >>