2012年 08月 26日
第94回高校野球京都大会(2) : 日星 vs 洛星(後篇)
前回に引き続き、 日星 vs 洛星 から掲載します。

b0170881_21231334.jpg
b0170881_21232088.jpg
b0170881_21233450.jpg
b0170881_21233858.jpg
b0170881_21235582.jpg
b0170881_21235782.jpg
b0170881_21241039.jpg
b0170881_21241382.jpg
b0170881_21242461.jpg
b0170881_21243450.jpg

[PR]

by photomoments | 2012-08-26 21:24 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(4)
Commented by レオン at 2012-08-28 20:08 x
初めまして。南国九州に住むカメラ好きの男です。素晴しい写真に感動しております。私も野球をやっていました。今は無き、後楽園球場でも試合をしたのが良い思い出です。その時にスポーツニッポンのカメラマンに写してもらった写真は、パネルにして飾ってあり、私の一生モノの宝となっております。(投手でした)。スポーツ写真は良いですよね。動画よりも感動を写し取ると思います。これからの撮影も頑張って下さい。
ちなみにトリミング等もされているのでしょうか?
Commented by photomoments at 2012-08-29 07:07
レオンさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

後楽園球場 懐かしいですね。といっても、当時私は小学生で、TVで観ていただけですが…。
復刻版ユニフォームでセリーグ球団が試合しているのを観て、その頃のことを思い出していました。
やっぱり写真は宝物になるんですね。

トリミングは必要に応じて行いますが、トリミングは際限がないので、
自分なりに一定のルールを決めていて、その制約の中でトリミングをしています。
Commented by Papaz at 2012-08-29 19:43 x
こんばんは、初めてカキコさせていただきます。

先日(7/8)、太陽ヶ丘球場でお話させて頂きました、洛星&立命館の野球部の息子をもつオヤジです。素晴らしい写真の掲載、ありがとうございます。

私もここ数年、息子たち(チーム)の成長を写真に修めようと、公式戦や練習試合を撮影しておりますが、切れの悪いショットを量産している始末で、いつも、photomomentsさんの素晴らしい写真に憧れているところです。 ファインプレーの瞬間など、高度なテクニックはもちろんですが、選手たちの真剣な顔つき、嬉しそうな・悔しそうな表情をつぶさに捉えておられるところなど、野球小僧たちの親としては感無量で拝見させて頂いております。(選手たちにとって、前筆のレオンさん同様、将来、“宝”となるでしょう!)

私も、少しでも腕を上げ“宝”を量産するために、ブログに掲載されている「野球写真撮影について」を熟読し、また、球場でお出会いできたときには、撮影テクニックを拝見させていただきたいと思います。よろしくお願いします。
Commented by photomoments at 2012-08-30 23:41
Papazさん、こんばんは。遅くなりましたが、その節はお疲れさまでした。

テクニック云々よりも、機材に助けられている場面が多いです。撮れなかったシーンに後悔することも多々ありますし…。
ファインプレーは打球をひたすら追って得られるときと、待って狙って得られるときと2通りあります。
運次第かもしれませんが、自分なりに展開を読んで予測することで、少し確率は高められると思います。

選手の表情は撮り甲斐があるので、ワンプレー経過した後も少し待って撮ることもあります。
夏はいい表情を見せる選手が多いですしね。
その子にとっての宝となるような写真が撮れるならなによりです。
Papazさんのようにずっと部員たちを追い続ける方が撮った写真こそ、宝の価値があると思います。

またご一緒する機会もあると思いますので、その時はよろしくお願いします!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第94回高校野球京都大会(2)...      第94回高校野球京都大会(2)... >>