2012年 12月 01日
第94回高校野球京都大会(6) :北嵯峨 vs 同志社国際(前篇)
長い間写真整理をできずにいましたので、ブログも全く更新ができなくて申し訳ありませんでした。
のびのびになっていた 北嵯峨 vs 同志社国際 の試合記事をアップいたします。


同志社国際の試合を初めて見たのが2010年の夏。降雨ノーゲームとなった京都八幡との激しい一戦のなか、同志社国際の個性あふれる選手たちの姿が強く印象に残った。
なかでも、1年生で縦横無尽の活躍を見せたのが伊井選手。
あれから2年経ち、当時1年生だった選手たちが3年生となって迎えた夏の一戦を楽しみにしていた。

対戦相手は実力のある北嵯峨。1回裏から中井投手を攻め立てて、いきなり3点を先制する。
2回裏も攻勢は続いて三塁に走者を進め、やはり北嵯峨を相手に回すのは厳しいな、この後の展開はどうなるのだろう と思ったが、ここは北嵯峨に得点を許さなかった。
同志社国際は3回表、二死から1番 伊井選手が気迫のスライディングで出塁すると、2番 佐々岡選手が死球で続き、3番 平田選手のレフトオーバーの適時打で1点を返した。
3回裏からは伊井選手が同志社国際の2番手で登板し、2点差のまま北嵯峨の神田投手との投手戦を演じて試合終盤を迎えた。


 同志社国際
 001 000 010   2
 300 000 10X   4 
 北 嵯 峨
 (2012年7月14日(土) 太陽が丘球場 第3試合)

両校の先発投手。同志社国際 中井投手と、北嵯峨 神田投手。
b0170881_11525645.jpg

b0170881_12521537.jpg



b0170881_1219297.jpg
b0170881_1219822.jpg
b0170881_1219228.jpg
b0170881_12192649.jpg


3回表の同志社国際。生還した伊井選手に続いて佐々岡選手も本塁を目指したが、北嵯峨の守備に阻まれる。
2点目を許せばその後の試合展開も変わったかもしれず、その点で大きなプレーだったように思えた。
b0170881_1221170.jpg
b0170881_12211553.jpg


3回から登板の伊井投手。試合中盤を無安打に抑えた。
b0170881_12245386.jpg

中盤は同志社国際のペースに。センターを守る酒匂主将の好守などで伊井投手を盛り立てる。
b0170881_1225225.jpg
b0170881_122555.jpg
b0170881_12251332.jpg
b0170881_12251787.jpg
b0170881_1250254.jpg
b0170881_12503693.jpg


(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2012-12-01 12:57 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(3)
Commented by ばさちゃん at 2012-12-02 17:48 x
ごぶさたしています。写真アップありがとうございますm(_ _)m待っていました!!
夏の大会もあっという間に終わり、うまく切り替えができ次を考え始めた息子達と、いつまでもウダウダ切り替えられない保護者達…ハハハ^^;写真を見せて頂いて、またあの日に戻りました…3年間早かった〜泣いたり笑ったり、楽しませてもらいました(*^^*)
野球はイイですね*\(^o^)/*
Commented by photomoments at 2012-12-05 07:39
ばさちゃんさん、おはようございます。
記事もコメントもすっかり遅くなってしまって、すみません。

保護者さんの方が切り替えできないですか(笑)。何となく分かります。
3年弱って早いですねぇ。
自分は年を取っていないつもりでも、高校球児はアッという間に走り去っていますから。

後編の準備がなかなかできませんが、週末にはアップしたいと思いますので、お待ちくださいませ!

Commented at 2012-12-16 12:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第94回高校野球京都大会(6)...      第94回高校野球京都大会(5)... >>