2015年 05月 09日
平成27年度 春季京都府大会: 立命館 vs 府立工業
b0170881_19263389.jpg

3回裏 立命館は果敢な走塁で府立工業を逆転した


  府立工業
  100 100 0   2
  003 440 X  11 (7回コールド)
  立命館
  (2015年5月2日(土) 太陽が丘球場 第3試合)

府立工業が初回に1点を先制して始まった試合は、7回コールドという やや予想外の展開で立命館が勝利した。
三塁側中心で試合観戦していたので、三塁ベースを蹴って本塁へと駆け抜けるシーンが続出し、乾燥したグラウンドから立ち上る砂煙も含め、非常に見応えがあった。
ファインダー越しの目線では、躊躇せず積極的な走塁を見せた立命館がクロスプレーをモノにし、府立工業を破ったという印象だ。
以前の観戦時にも触れたが、私の中での立命館は、野球のスタイルや選手の醸し出す雰囲気、バッティングのインパクトの瞬間に目を閉じる選手が少ないことなど、
選手の世代が入れ替わっても、立命館らしいなと思わせる何かが存在している。

b0170881_19265173.jpg
b0170881_19265632.jpg
b0170881_1927056.jpg
b0170881_1927555.jpg
b0170881_1927921.jpg
b0170881_19271453.jpg
b0170881_19271948.jpg
b0170881_19272516.jpg
b0170881_19273071.jpg
b0170881_19273468.jpg
b0170881_19273992.jpg

[PR]

by photomoments | 2015-05-09 21:07 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 平成27年度 春季京都府大会:...      平成27年度 春季京都府大会:... >>