2015年 05月 23日
平成27年度 春季京都府大会: 大谷 vs 城陽(後篇)
b0170881_7565091.jpg

8回裏、反撃の適時三塁打を放った鈴木選手。気迫のこもった表情で応援席に応えた。


8回裏の城陽の攻撃は非常に見応えがあった。
意気消沈してあっさりコールドゲームになってもおかしくない試合展開を払拭し、最終回も、まだ4点負けているけれど、ひょっとしたら…と思わせてくれた。
当然撮影のモチベーションも高まったし、カメラ・レンズのレスポンス・精度まで高くなった気がした。
春の京都府大会を観戦した中で一番堪能できた試合でした!


b0170881_758889.jpg
b0170881_7581587.jpg

8回表にも大谷高校は、機動力と連打を絡めて3点を追加し、コールドゲームの気配が濃厚になる。
走力を駆使した髙山選手の本塁突入は、捕手のタッチが成立したように見えた際どいプレーだったが、生還を果たした。
b0170881_813580.jpg
b0170881_810974.jpg
b0170881_8104518.jpg
b0170881_8105058.jpg

8回裏の城陽。鈴木選手の三塁打で2点を返し、代打 中前選手の適時打で鈴木選手も生還した。
b0170881_811230.jpg
b0170881_8183543.jpg
b0170881_8184324.jpg
b0170881_831101.jpg
b0170881_8354117.jpg

9番 古島選手も適時打で続き、城陽はこの回 一挙4点を返した。ベンチ・応援席へのアピールが慎ましく初々しいところも印象的。
b0170881_8354921.jpg
b0170881_8355756.jpg

9回表の大谷の攻撃を三者凡退でリズムよく終えた城陽。
b0170881_836591.jpg

守備の乱れも手伝って、大谷の上坂投手を攻め立てる城陽。
4点差あるとは言えど、その点差を感じさせないようなムードがあったが、上坂投手が0点に抑えて試合は終了した。
b0170881_8363487.jpg
b0170881_8364384.jpg
b0170881_8365029.jpg
b0170881_8554930.jpg

試合終了後にバックネット裏の観客席に向かって一礼する城陽の選手たち。
b0170881_8555723.jpg

[PR]

by photomoments | 2015-05-23 09:22 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 本の発売について      平成27年度 春季京都府大会:... >>