2011年 09月 28日 ( 1 )

2011年 09月 28日
「JCII水谷塾修了展2011」に行ってきました
b0170881_2324922.jpg

いただいて帰った水谷塾修了展のポストカードを、その雰囲気を損なわないように EF50mm F1.4 USM にて撮影。


JCIIスポーツ写真プロ育成セミナー「水谷塾」の修了展が、9月27日~10月2日まで、東京都千代田区一番町のJCIIビルで行われています。
スポーツ写真を好んで撮っている私としては、日本におけるスポーツ写真の先駆者であり、2年前にキヤノンフォトコンテストに選んでいただいた際の審査員でもあった水谷章人氏が主宰する水谷塾の存在は以前からとても気になっており、一度見てみたいと念願していた写真展です。
ちなみに私がブログリンクしている方のなかにも水谷塾で修行されている方がいます(私も関東在住であれば、水谷塾の塾生になりたいです…)。
昨日はタイミングよく関東方面に行く用件があったので、早めの新幹線に乗り、写真展を見に行きました。

会場には水谷塾の「塾生」21人の作品、本当にさまざまなジャンルのスポーツ写真が展示されていました。
漫然と見るのではなく、撮影条件や諸設定に思いを巡らせたり、自分だったらどう撮るだろうかと思いながら、じっくりと拝見しました。
なかでも特に完成度が高いなあ と思う写真は、着眼点や構図、背景整理の巧みさはもちろんですが、この季節のこの時間帯の光が好きといったようなこだわりや、撮りたい一瞬のために費やしたであろう手間や時間なども感じられて、そうしたエネルギーにも敬服する思いでした。
写真展の受付をしていた方がちょうど今回の修了生(2名)のお一人で、作品を見ながらいろいろなお話をさせていただいたのも非常に有意義でした。

これだけ野球写真を撮っていると同じような写真が積み重なり、ともすればマンネリ化してしまうことを自覚するのですが、この写真展を見ることで、構図や位置取り、光の読み具合など、どれだけ実践できるかわかりませんが、こだわる余地はもう少しありそうだと感じました。
また、野球以外のさまざまなジャンルのスポーツ写真撮影の面白さも見えてきて、よい刺激を受けました。
スポーツ写真を撮られる方やスポーツ写真に関心のある方なら絶対に見る価値がある写真展です。
[PR]

by photomoments | 2011-09-28 06:42 | 野球写真撮影 | Comments(2)