カテゴリ:SPORTS( 15 )

2014年 06月 29日
アルティメット(Ultimate) 前篇
b0170881_12225990.jpg


「アルティメット」という競技をご存知の方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
かくいう私は、つい先日その試合を観るまでは何も知りませんでした…。


ゴールデンウィークに出向いたサッカー撮影の場所、堺市のJ-GREEN堺を再訪しようと思い立ち、訪れたのが6月1日。
この日もJ-GREEN堺では多くのサッカー競技が行われていたが、事前に確認した際に目に留まったのが「アルティメット」という文字。
調べていくと、サッカーとは全く別の競技だったが、非常に興味を惹く競技だったので、終日アルティメットを観戦することにした。

アルティメットとは、バスケットボールとアメリカンフットボールを合わせたような7人制のチームスポーツで、フライングディスク(いわゆるフリスビー)を落とさず味方につなぎ、
コート両端のエンドゾーン(ゴールエリア)内で味方のパスをキャッチすれば得点となるスポーツ とのこと。
風の影響を受けやすいフライングディスクを使うだけに、初見の私には全然予測できないディスクの飛び方が印象に残った。

今回はこの日行われた全日本アルティメット選手権大会 関西・中四国地区予選のうち、男子の試合を掲載します。
ディスクを落とさないことが一つのポイントだけに、ジャンプやダイビングキャッチといった華麗なプレーシーンが撮り甲斐を感じさせるスポーツだが、
この競技の撮影経験はおろか、観戦自体が初めてだけに、華麗なシーンを撮り損なうケースが多く、1日楽しめた反面、不完全燃焼感も残してしまった。
サッカー撮影と同様、アルティメットもぜひ再度撮影したい競技だ。
そう思わせる魅力がアルティメットにはある。


b0170881_12405279.jpg

b0170881_1241297.jpg
b0170881_12411559.jpg
b0170881_12413074.jpg
b0170881_12414137.jpg
b0170881_12415272.jpg
b0170881_1242361.jpg
b0170881_12421435.jpg
b0170881_12422760.jpg
b0170881_12424476.jpg
b0170881_12425481.jpg
b0170881_1243125.jpg


b0170881_12195530.jpg
b0170881_1220578.jpg

[PR]

by photomoments | 2014-06-29 19:50 | SPORTS | Comments(8)
2014年 06月 16日
サッカー撮影 @J-GREEN堺(その3) JFAプレミアカップ2014 supported by NIKE
b0170881_1211092.jpg

ゴールデンウィークのサッカー撮影からの最後の掲載は、JFAプレミアカップ2014 supported by NIKEから。
まさかこの日にコンサドーレ札幌から大分トリニータまで、全国のユニフォームが見れると思わなかったので驚いた。
どの試合を観戦しようかと思ったが、やはり故郷のサンフレッチェ広島F.Cジュニアユースを重点的に観戦していた。
(この大会の優勝はサンフレッチェ広島F.Cジュニアユースだったということ。優勝おめでとうございます。)
ワールドカップブラジル大会も開幕し、サッカーの報道が多いこの時期だけに、次々回のワールドカップにはこの大会に参加した選手の中からも日本代表が出るのかな と思ってしまいますね。

b0170881_22475263.jpg


アルビレックス新潟U-15 vs 青森山田中学校 より。
b0170881_2248495.jpg
b0170881_22481263.jpg
b0170881_2249394.jpg


サンフレッチェ広島F.Cジュニアユース vs ヴィッセル神戸U-15 より。
b0170881_22491980.jpg
b0170881_22493180.jpg
b0170881_2249435.jpg
b0170881_22495834.jpg
b0170881_2250896.jpg

少しだけスローシャッターでの撮影も試してみた。
b0170881_22501527.jpg
b0170881_22502319.jpg


愛媛FCジュニアユース vs コンサドーレ札幌U-15 より。
b0170881_225031100.jpg

[PR]

by photomoments | 2014-06-16 23:14 | SPORTS | Comments(3)
2014年 06月 10日
サッカー撮影 @J-GREEN堺(その2) 関西学生サッカーリーグ
b0170881_0213870.jpg


今回の掲載分は大学サッカー。
メインフィールドで行われていた関西学生サッカーリーグ、びわこ成蹊スポーツ大学vs同志社大学 です。
前回掲載の高校サッカーと比較して、天然芝のフィールドの恩恵もあってか、ピントが合わない場面は少なくなった。
ただし、短時間(約15分)しか観戦していないので写真の枚数は少なめです…。

b0170881_0215785.jpg
b0170881_0227100.jpg
b0170881_0221742.jpg
b0170881_0222589.jpg

[PR]

by photomoments | 2014-06-10 06:17 | SPORTS | Comments(9)
2014年 06月 08日
サッカー撮影 @J-GREEN堺(その1) 高円宮杯U-18サッカーリーグ
b0170881_17494458.jpg


ゴールデンウイーク中に初めてのサッカー撮影にチャレンジしてみた。
普段の撮影対象は野球だが、常々 機会があれば別のスポーツ写真も撮ってみたいと思っていたし、3月に購入したレンズを野球以外でも試したいという思いもあった。
向かったのは堺市にあるJ-GREEN堺。
初めて訪れたJ-GREEN堺では、10以上あるフィールドでさまざまな大会が開かれていて、サッカー人気の高さ・サッカー人口の多さを実感した。
元々は高校サッカーを見るつもりで訪れたのに、大学サッカーやジュニアサッカーなども見ることができて、あちこちのフィールドを移動しながら観戦した1日だった。

今回の掲載分は高校サッカー。高円宮杯U-18サッカーリーグから、 芥川高校vs金光大阪、桜宮高校vs関大北陽 の2試合。
初のサッカー撮影であることと使い慣れないレンズを使ったことに加え、人工芝と陽炎の影響もあってと思うが、ピントの合わない写真を量産しながらの撮影だった。

b0170881_17495622.jpg
b0170881_1750839.jpg
b0170881_17501738.jpg
b0170881_17502419.jpg
b0170881_17503931.jpg
b0170881_17505094.jpg
b0170881_17505921.jpg
b0170881_1751672.jpg
b0170881_17511348.jpg

[PR]

by photomoments | 2014-06-08 12:36 | SPORTS | Comments(4)
2012年 02月 28日
世界スーパージュニアテニス2011 : Soichiro MORITANI vs  Jumpei YAMASAKI
またも更新が滞ってしまいましたが、最後のテニス記事となる 守谷総一郎選手と山崎純平選手の一戦をアップします。

男子選手を撮影するのはこの試合が初だったので、女子の試合と比較して、ひとつひとつのプレーのスピード感が格段に違うことを実感した。
トッププロの試合はどんな迫力なんだろうかと考えながら撮影していた。

b0170881_23292616.jpg
b0170881_23293733.jpg
b0170881_23294443.jpg
b0170881_23325989.jpg
b0170881_23332764.jpg


守谷選手のバックハンドでボールを返す姿が美しかった。

b0170881_2331245.jpg


日没近くなると、シャッタースピードを落として動きのある撮影を中心に行った。
ラケットやボールの軌跡を大きく描きつつも、体の軸がブレずに撮影できた写真は、野球撮影では考えられないような歩留まりの高さだ。

b0170881_23342397.jpg
b0170881_23342947.jpg
b0170881_23343636.jpg


試合は守谷選手が7-6(5) 、6-4 で制した。

b0170881_23385153.jpg
b0170881_23385555.jpg
b0170881_2339614.jpg

[PR]

by photomoments | 2012-02-28 23:41 | SPORTS | Comments(15)
2012年 02月 03日
世界スーパージュニアテニス2011 : Zuzanna MACIEJEWSKA vs  Riko SAWAYANAGI
この日の第2試合目は、Zuzanna MACIEJEWSKA選手(ポーランド)と澤柳璃子選手の対戦。
長身のMACIEJEWSKA選手。試合の立ち上がりは思ったようなテニスができていない様子で、2-6で落としてしまう。
リズムの悪さはプレー中の仕草や表情にもそのまま表れており、その様子がある種の「幼さ」を感じさせたのだが、次第に立ち直り、7-6、6-4で逆転勝ちをおさめた。
(ちなみに、女子シングルスの優勝は、このMACIEJEWSKA選手)

一方、敗れたものの、澤柳璃子選手は力強いプレーが印象に残った。
精神的にもタフだと思われる表情はとても凛々しくて撮り甲斐もあり、次に観戦する機会が楽しみな選手だった。

2人のプレーを、次第に変化する午後の陽光の下で追いかけたが、この時間帯は逆光での撮影が心地よい。
背景を整理したうえでプレイヤーをシルエットで捉えたり、ボール表面を覆うメルトンが飛び散る様子を写し取ったりできるのは、テニス撮影ならではの楽しみかな?と思う。


b0170881_23465392.jpg

b0170881_2347590.jpg

b0170881_23465918.jpg

b0170881_23471622.jpg
b0170881_23473375.jpg
b0170881_23474985.jpg
b0170881_23475799.jpg
b0170881_2348796.jpg


b0170881_23503260.jpg
b0170881_2350405.jpg
b0170881_23504665.jpg
b0170881_23505482.jpg
b0170881_2351218.jpg
b0170881_2351972.jpg

[PR]

by photomoments | 2012-02-03 00:09 | SPORTS | Comments(0)
2012年 01月 28日
世界スーパージュニアテニス2011 : Ratnika BATRA vs  Miyu KATO
大阪市長杯2011 世界スーパージュニアテニス選手権大会 女子シングルスのベスト8をかけた試合から。
この日撮った1試合目は、インドのラトニカ・バトラ選手と加藤未唯選手の対戦。6-3、6-4で勝利したバトラ選手の力強さを感じた一戦だった。
一方加藤選手にとっては、不完全燃焼の試合だったように私は感じた。戦い終わった後は、センターコートのスタンド最上段でコーチと長い時間をかけて試合を振り返っていたことも印象に残った。
ちなみに、加藤選手が立命館宇治高校の生徒であることを後に知った。
野球・陸上などなど…、立命館宇治は多士済々ですね。

b0170881_032142.jpg
b0170881_032923.jpg


b0170881_0322065.jpg
b0170881_0322750.jpg
b0170881_0323630.jpg


b0170881_03337.jpg
b0170881_0331272.jpg

[PR]

by photomoments | 2012-01-28 19:39 | SPORTS | Comments(7)
2012年 01月 23日
大阪市長杯2011 世界スーパージュニアテニス選手権大会
11月後半以降、本来の仕事である建物の竣工が迫ったことから仕事が忙しくなり、ブログの更新ができずにいましたが、先週末に引渡を行い、やっと一段落つきました。

…ということで、久々に通常のブログ記事の更新です。
当面は野球の記事ではなく、昨年10月20日に撮影した「大阪市長杯2011 世界スーパージュニアテニス選手権大会」の写真を掲載していきます。
この日、女子シングルス2試合、男子シングルス1試合 計3試合を撮影しました。
今回記事ではプロローグ「The Scene」として、試合の合間で撮影したショットを掲載します。

b0170881_19351693.jpg
b0170881_19352479.jpg
b0170881_19353121.jpg
b0170881_19354337.jpg
b0170881_19361556.jpg
b0170881_19362210.jpg
b0170881_1936298.jpg

[PR]

by photomoments | 2012-01-23 19:51 | SPORTS | Comments(4)
2011年 12月 03日
HP OPEN 2011 : Yaroslava SHVEDOVA vs Kristina MLADENOVIC
HP JAPAN WOMEN'S OPEN TENNIS 2011の予選第1日目にセンターコートで予定されていたのは前掲の4試合だったが、第4コートで予定されていたヤロスラヴァ・シュウェドヴァ(Yaroslava SHVEDOVA)選手(カザフスタン)と、クリスティーナ・ムラデノヴィッチ(Kristina MLADENOVIC)選手(フランス)の試合がセンターコートで行われるというアナウンスがあり、少し迷ったものの、もう1試合撮影して帰ることにした。
1時間のインターバルを経て、試合が始まったのは17時30分過ぎ。
この時間になると西の空が夕焼けに染まり、日中は暑いとも感じた気温も肌寒く感じられるほどだった。
b0170881_1834428.jpg


思わぬ形で得られた点灯試合を撮影する機会。この機会に試したかったことがあった。
今まで記してこなかったが、この夏の高校野球撮影の直前に(遅ればせながら)EOS-1D Mark IVを購入し、以降はMark IVをメイン機材として撮影に臨んでいる。
Mark IVを使うことで画素数アップなどの点でメリットを感じることも多かったが、これまで点灯試合の撮影機会がなく、Mark IIIと比較して改善されているはずの高感度撮影を行っていなかった。
今回の撮影ではISO 2,000程度にするだけで事足りたが、Mark IIIよりも躊躇なく感度を上げることができるし、粒状感も私にとっては許容範囲内。
これまではISO 1,600までを目安にしていたが、Mark IVならISO 3,200(あるいはそれ以上)にしても耐えられそうに思えた。

オートフォーカスの合焦精度についても、テニス撮影は被写体との距離が野球撮影よりも近いことを勘案しなければならないが、光量が少ない状況下での撮影でも十分なレベルだと感じた。
この試合の撮影は、色温度はケルビン指定で固定値としたが、撮影モードは絞り優先、シャッター速度優先、マニュアルの3モードを撮りたいイメージに応じて随時切り替えながら撮影した。
特にスローシャッターでの撮影は、指先やラケット、ボールは十分ぶれつつも、顔や胴体にピントの芯を残して撮影できて撮り甲斐があった。

b0170881_18352593.jpg
b0170881_18355972.jpg
b0170881_1836128.jpg

b0170881_18414641.jpg
b0170881_18415269.jpg
b0170881_18423277.jpg
b0170881_1842417.jpg
b0170881_18424972.jpg
b0170881_1851727.jpg


同じテニスウェアを身にまとった2人の対戦は、4-6、6-1、6-2でシュウェドヴァ選手が勝利した。
b0170881_19253478.jpg
b0170881_18515713.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-12-03 19:45 | SPORTS | Comments(2)
2011年 11月 29日
HP OPEN 2011 : Erika SEMA vs Yoshimi KAWASAKI
HP JAPAN WOMEN'S OPEN TENNIS 2011の予選第1日目、センターコートの4試合目は瀬間詠里花選手と川崎好美選手の対戦。
試合が始まったのが15時30分ごろ。太陽高度が下がるこの時間帯、しかも秋の陽射しの撮影なら、逆光撮影をはじめとしたいろいろな表現もできると踏んでいたのに、自分が考えている以上に光の変化が早い。
最も撮りたかった逆光での撮影は、自分のポジション取りの問題もあって一瞬間で終わってしまった。
撮りたいイメージを写真に十全に反映できなかったのは大きな反省点。

試合は瀬間詠里花選手が川崎好美選手を6-0、6-0で下し、ランキング上位の実力を発揮した。

b0170881_1361985.jpg
b0170881_136251.jpg
b0170881_1363166.jpg


b0170881_1373617.jpg
b0170881_1374320.jpg


b0170881_1375699.jpg
b0170881_138311.jpg
b0170881_1383071.jpg
b0170881_1383759.jpg
b0170881_1384439.jpg
b0170881_1385123.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-11-29 07:43 | SPORTS | Comments(2)