カテゴリ:機材紹介( 6 )

2011年 06月 13日
機材紹介 : EF17-40mm F4L USM
b0170881_15553828.jpg

EOS-1D MarkIII(以下1D3)を入手したあとで購入したレンズ。
APS-Hフォーマットの1D3にはAPS-C用のEF-Sレンズが使えないため、当時の手持ちレンズのラインアップでは、EF100mm F2.8 MACRO USM、EF300mm F4L IS USM(売却済)、EF300mm F2.8L IS USMしかセットできず、1D3に使える広角・標準域レンズが1本もなかった。
さすがにそれは不便だろうと思ったのでレンズ購入を検討したものの、サードパーティ製レンズで済ませることは考えなかったので、1D3で広角域をカバーするレンズとなると、EF17-40mmか、ずっと価格の高いEF16-35mm F2.8L USMといったところしかない。
主に風景や建物の撮影などに使う想定をしていたので、1段明るいF2.8である必要性をあまり感じなかったし、ズーム域全体でF4通しで使えればよいと考えた。
F4つながりでいえばEF24-105mm F4L IS USMも選択肢となるが、APS-Hフォーマットでは焦点距離が換算31mmスタートになってしまい、広角をカバーできないことから、選択肢は自ずとこのレンズに限られていたともいえる。

EOS 30Dと同時に購入したEF-S17-55mm F2.8 IS USMとは焦点距離が重複するため、似通った焦点域のレンズを複数有することになった。
EF-S17-55mm F2.8 IS USMも「隠れLレンズ」との評があるように画質のよいレンズだが、EF17-40mmは前玉部が迫り出さず、全長が伸縮しない構造であること、ズームリングとピントリングの滑らかな操作性、防塵・防滴構造の採用など、工業製品としての質感や作りの点で秀でており、所有する満足感はこのレンズのほうが高い。
USM(UltraSonic Motor:超音波モーター)の速度もなかなか速いので、撮影時のレスポンスも良好だ。

しかし、このレンズ付属のフード(EW-83E)は直径が大きくて不恰好。
レンズに逆付けでセットしても径が大きすぎてバッグに収納しづらく、取り外して収納することになるなど、あまりいただけない。
EF24-105mm用のレンズフード(EW-83H)を使う方も多いそうだが、APS-Hフォーマットに使う前提であれば、EF-S17-55mmのフード(EW-83J)をギリギリ流用できるので、私はEW-83Jを使っている(ただし、しっかりはめ込まないとフードが若干写り込むことに留意が必要だが)。

画質的には、EF-S17-55mmと比較して色ノリがよい印象がある。
広角端での歪曲収差はそれなりに存在するので、建築写真を精緻に撮ると、「撮って出し」の画像では歪みが気になってしまうが、RAWで撮影し、Digital Photo Professionalの歪曲収差補正機能を使えば問題はない。
歪曲収差はクリアできても、開放絞りで使うと、中心部の解像感はよいが、周辺部の画像がかなり流れてしまうという問題が残る。
使いはじめて何か月間かは気にしないで使っていたのだが、開放絞りのとき、画面中央部では近距離から無限遠まで結像しているのに、周辺部(長辺方向の端部)の画像が結像していないことに気がついた。
個体差にも起因すると思うのだが、いくら絞って使った場合でも画面左側の画像が流れやすい傾向が解消されることは少なく、このレンズを使うときの悩みどころとなっている(APS-Hフォーマットでもこの状態なので、35mmフルサイズでの使用ではどのような状態になるのだろうかと考えてしまう)。
なので、風景・静物を撮る場合やシャッタースピードが稼げない場合でなければ、2~3段分絞ったF8~F11あたりで使うようにしている。
F4レンズであれば開放絞りでシャープな画質を撮れることを期待したいところだが、開放絞りから撮影するのは個人的にはちょっと難しい印象だ。
しかし1D3用のレンズとして17-40mmには頑張ってもらわないといけないわけで、撮り方を工夫するなり、レンズの調整修理に出すなりして使い続けたいと思っている。

b0170881_15555917.jpg



作例写真(いずれもEOS-1D MarkIII + EF17-40mm F4L USM)

b0170881_2259053.jpg

この写真は画面周辺部でも像の流れがあまり見られず、全体に均質な解像感が得られている。

焦点距離=17mm(換算約22mm), 絞り優先AE, F16, Tv=1/200sec, ISO=200, 評価測光, 露出補正=-1/3, OneShot AF, WB=Auto, jpeg


b0170881_2332334.jpg

この大きさの画像ではわかりにくいが、画面左側端部の枝葉の像は解像できずに流れている。

焦点距離=17mm(換算約22mm), 絞り優先AE, F8, Tv=1/800sec, ISO=200, 評価測光, 露出補正=-2/3, OneShot AF, WB=Auto, RAW


b0170881_22595264.jpg

焦点距離=17mm(換算約22mm), 絞り優先AE, F8, Tv=1/400sec, ISO=200, 評価測光, 露出補正=-1/3, OneShot AF, WB=Auto, RAW


b0170881_230554.jpg

焦点距離=32mm(換算約42mm), 絞り優先AE, F5.6, Tv=1/25sec, ISO=800, 評価測光, 露出補正=±0, OneShot AF, WB=Auto, RAW

[PR]

by photomoments | 2011-06-13 01:01 | 機材紹介 | Comments(11)
2010年 04月 14日
パノラマ撮影と広角撮影
普段私が行っている仕事(つまりこれが本業ですね)である、建物の企画・開発・設計といった業務においてもカメラを使うことは多い。
もちろん普段から一眼レフを持ち歩いているわけではないので、仕事で建物を撮影したり、現場写真を撮影したりするときはコンパクトなデジカメを携行することになる。
建物撮影には広角レンズ、35mm判換算で焦点距離28mmのカメラがひとつの目安になるとされているが、私が使うデジタル一眼レフでは、APS-Cフォーマット対応レンズではEF-S10-22mmが35mm判換算で16mm~35mm相当の撮影域をカバー、1D3のフォーマットであるAPS-Hでは、EF17-40mmが35mm判換算で22mm~52mmをカバーしている。
つまり普通に考えれば十分に広角域をカバーできているのだが、それでも敷地の全景を1枚の写真に納めるのは難しい場合が多く、敷地の全景や周辺環境を説明するためには撮りたい範囲を分割して撮影するしかない。
それを、デジカメ以前の時代なら、プリントした写真を切り貼りしてつなぎ合わせてひとつの写真にするのだが、ゆがみも影響するため、継ぎはぎした部分がつながらない写真の仕上がりになってしまうし、露出・測光を固定しなければ写真の仕上がり自体もバラつきが大きい。
デジカメを使うようになり、Photoshopやカメラ同梱のソフトなどでパノラマ写真を合成できるようになって継ぎはぎ感満載の仕上がりからは解放されるようになったが、それでも1枚1枚の撮影の際にゆがみが抑えられるように考慮して撮影しなければうまく写真がつながらないことも多いし、露出・測光のバラつきによる仕上がりの拙さも生じやすい。

前置きが長くなったが、昨年勤務先でコンパクトデジカメを更改する際には、最近のデジカメのトレンドのひとつとして、広角端が28mmの壁を超えて24~25mmに達していることを重視し、広角に強い製品に絞り込んだ。
そのなかから決定したのが、SONYのサイバーショットDSC-WX1だった。
このカメラの魅力は、巷間評判になった世界初の裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R"よりも広角24mmというスペックにあったのだが、それ以上に魅力だったのがスイングパノラマ機能だった。
スイングパノラマ機能は、カメラを一定方向に振るだけで、最大256度のパノラマ写真を撮影できるというスグレモノで、カメラを動かす間に高速連写してカメラ内で画像をつなぎ合わせることにより、自動的にパノラマ写真が生成できるため、写真の継ぎはぎ具合に悩まされることがなくなった。
もちろん、デジタル一眼レフを三脚に据えて、厳密に撮影していけばスイングパノラマ機能よりも精度の高い写真が撮れなくはないが、業務で使う写真にそこまで手間をかけられないし、何より、カメラを構えてシャッターボタンを押したままスーッと水平移動させるだけで、撮影後ほどなくパノラマ写真が完成する手軽さは何物にも代えがたい。


仕事の写真をサンプルというわけにもいかないので、先日のセンバツ高校野球の際の写真から。
これが1D3+EF17-40mmで撮影した、35mm判換算で約22mmの広角端の写真。
b0170881_1511945.jpg

上の写真も十分広角なのだが、これをサイバーショットのスイングパノラマ機能で撮影したら…
b0170881_1501682.jpg

b0170881_150268.jpg

(下の画像は、クリックしたら大きい画像が開きます)
b0170881_7313092.jpg
b0170881_7313657.jpg

アングルは違うが、フィールドだけではなく、スタンドの広がり具合まで撮影できるようになる。
コンパクトカメラでの撮影ということもあり、等倍表示するとピント精度は甘いのだが、業務で説明するツールとしては十分わかりやすい機能で重宝する。

この機能も得手不得手がある。
室内撮影など比較的近い距離に壁面がある場合には、目の前の壁が遠近感が誇張された歪曲が際立ってしまって不自然な写真になるので、そのような場合は歪曲が目立たないアングルを確保するなり、スイングパノラマ機能に頼らずに撮影する必要がある。
とはいえ、コンパクトデジカメの特性を十全に発揮できる機能であることは間違いなく、顔認識機能やスマイルシャッターといった最近のコンパクトデジカメのトレンドに新たなトレンドを作りえる機能だと思う。
[PR]

by photomoments | 2010-04-14 07:49 | 機材紹介 | Comments(12)
2010年 02月 16日
新戦力? EOS Kiss X3
昨年キヤノンからは、秋には新カテゴリーの意欲作 EOS 7D、そして年末にはEOS-1D MarkIVと、スポーツ撮影を主な被写体とする私にとって手に入れたい機種の登場が相次いだ。
長く使用してきたサブ機、EOS 30Dは、サービスセンター窓口でのセンサークリーニングでは除去できないホコリが混入しており、絞り値を多少絞るだけでもはっきりと影が写るような状態にあること、メイン機EOS-1D MarkIIIとの階調表現の相違やシャドー部の表現などで見劣りすることなども勘案して、そろそろ代替機を検討しなければならない と考えていたところでもあった。

12万円台にまで価格が下がってきた7Dか、今1D MarkIIIを使用しているからにはプロユースのMarkIVを手にすべきなのか…
堂々巡りの思案を続けて未だ結論は出ないのだが、そんな思案をさらに難しくしているのが、昨年のフォトコンテストの副賞として手元に届いたEOS Kiss X3の存在だ。

Kiss X3は入門機としてはかなり高性能なカメラだという認識はあるのだが、以前妻用に買ったKiss Digital Xを使ったときのオートフォーカス精度の弱さやレスポンスの俊敏さに欠ける といった印象から判断して、Kissシリーズをスポーツ撮影用のサブ機としてガンガン使うのは少々心許ない。
図らずも自分が求めるコンセプトとは異なるカメラが手元に届くことになり、「もったいないけどたぶん使わないだろう」との思いから、未開封のままカメラ店に売って「軍資金」とした方がよいのかとまで考えたのだが、さすがにそれはバチ当たりだと思いとどまった。
とはいえ、どう使ってよいかわからないKiss X3は、自宅に届いたまま2ヶ月近く未開封。

b0170881_222921.jpg


開封しない間に、後継機Kiss X4も発表になってしまった…。
そして何より、Kiss X3が手元に存在することで7DもMarkIVも何となく検討しづらくなってしまい、代替機の検討は八方ふさがりの状態に…。

でも、先日ようやくKiss X3を使ってみる気になり、箱から取り出してみた。
いただいたモノだから使わなければもったいないし、スポーツ撮影に使うのは苦しくても、建物の撮影など、じっくりと構えて撮影する目的であれば使えると思い直したからだ。
Kiss Digital Xで感じたオートフォーカスの弱さについては、Kiss X3になっていくらか改善したかと思われるし、1D MarkIIIでの経験から、本当に丁寧に撮りたければ、液晶モニターを見ながらライブビュー機能でピント合わせをすれば、この問題も克服できると思った。
ちなみに、Kiss X3の1500万画素という画素数は、800万画素の30Dに対して約2倍だ。
超広角レンズを使用して建物撮影を行うときには、カメラを水平に構えて建物がきちんと垂直になるように撮影しているが、この撮り方をすると写真の下半分は地面が写るため、半分ほどの画素数はロスしてしまう。
だからこそ、やや過剰とも思える1500万画素という画素数が有効に働くと思われる。
また、敢えてKiss X3でスポーツ撮影にトライしてみて、機材に頼らずどれほどの写真が撮れるのか、初心に戻って試してみたい とも思う。

b0170881_22293473.jpg

ちなみに外観は、なで肩のフォルムに見られるように、Kiss Digital Xと比べると全体的に滑らかな形状となった感じ。
特に内蔵ストロボ周りは形状がかなり整理され、上位機種の流麗なデザインに近い形状にまとめられている。

b0170881_2230195.jpg

プラスチック製の筐体なので、金属製の上位機の筐体と比べると、手にした際の感触に質感が欠けるのは否めないが、外見上はあまりチープに見えないところもGoodだ。

最近は街撮りや行楽に行く時にも気合いを入れて(?)、重くてかさばる1D MarkIIIを持ち出すのだが、Kiss X3で気軽に写真撮影に臨むのも悪くないかもしれない。
[PR]

by photomoments | 2010-02-16 23:17 | 機材紹介 | Comments(6)
2009年 05月 15日
機材紹介:EOS 30D(後編)
前回からの続きです。

30Dといっしょに手に入れたEF-S17-55mm F2.8 IS USMもいいレンズで、日々の撮影に重宝しただけでなく、海外に行ったときには、暗い教会内での撮影でIS(手ブレ補正機構)の威力を痛感した。
b0170881_0215529.jpg

EOS 30D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM

また、後に手に入れたEF-S10-22mm F3.5-4.5 USMを使うことで、30Dで広角16mmの世界を味わえることにもなった。
建築の世界を一応は業にしている私にとって、建築物件視察の時や竣工写真撮影(自分のかかわった物件で自分なりの竣工写真を撮っています)には、30D+10-22mmのセットが、ある意味定番となっている。
17-55と10-22の2本のレンズがある限り、APS-Cフォーマットの30Dは大事な戦力である。
b0170881_024067.jpg

EOS 30D + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
私の関わった物件ではありません。あしからず…。

実は30Dにはかなり過酷な思いをさせてきた。
傘を差してはいるとはいえ、雨中での野球撮影を何度も行ってきた。
2007年の京都大会では、西京極球場での乙訓vs福知山成美の試合を撮影した後、雨の影響がないスタンド下で帰宅の準備をしながら雨で手を滑らせてしまい、30DにセットしたままのEF300mm F4L IS USMの先端側からコンクリート上に落下させてしまった。
レンズのフードにヒビが入ったものの、カメラとレンズには異常がなかったので事なきを得たが、冷や汗モノの経験だった。
また今年3月には出張先の福岡で、天神での事例視察中にストラップが肩から滑り落ち、歩道に落下。
カメラ底面にえぐったようなキズを作ったのと、内蔵ストロボがスムーズに開かなくなる後遺症を残したが、撮影自体には影響がなく、30Dのタフさを図らずも繰り返し痛感した。

その30Dの1年後には1D MarkIIIを手に入れたわけだから、最初のαSWEETから数えるとずいぶん回り道・余計な出費をしているようにも思えるが、いろいろ自分なりに試してきたからこそのMarkIIIであり、それは必要な投資だったのだと考えている。
MarkIIIで経験した「エラー99」が教訓となって、いまだに野球撮影の時には30Dもいっしょに野球場に連れていく。
その理由は、ひとつはスナップ撮影のためである。
もうひとつは、カメラ1台しか試合に持参しないと、万一作動しなかったときに撮影不能になるのが怖いためだ。
今や野球場で使う場面は多くないが、MarkIIIのバックに30Dが控えていてくれることが、自分にとっての大きな「保険」になっている。
[PR]

by photomoments | 2009-05-15 00:33 | 機材紹介 | Comments(2)
2009年 05月 14日
機材紹介:EOS 30D(前編)
1D MarkIII入手以前のメインカメラ。2006年9月に入手。
コニカミノルタのαSWEET DIGITALからの乗りかえ。
b0170881_0385339.jpg

   EOS 1D MarkIII + EF17-40mm F4L USM

これまでの記事でも触れたように、αSWEETでの野球撮影が思わしくなく、まず、レンズを交換することを思い立った。
この年のセンバツが終わったあと、ネットでも比較的評判がよさそうな、シグマの100-300mm F4をネットオークションで入手し、春季大会の撮影に臨んだ。
画像のシャープさや色にじみなどの面から、写真のキレはかなりよくなったと思ったが、カメラ自体の動体追従性の面でどうしても撮れないシーンが多く、価格.comや野球写真を扱ったサイトを見て研究をした。
そこで自分なりに出した結論が、カメラ自体の変更(マウント変更)だった。
やはりスポーツ撮影の場面ではキヤノンかニコンが圧倒的であり、現在でこそニコンがD3で評価を回復したものの、その頃はキヤノン優位は否めなかった。
甲子園に行ってもカメラマンの大多数はキヤノン使いであり、そういう情景を繰り返し見るうちに、「黒いカメラに白いレンズ」という、以前の私にはダサくて珍妙に見えていた取り合わせが、いつしか憧れに変わっていった。

そのころ、「ベースボール倶楽部」という、私がいい写真が載っているな と思っていたサイトの掲示板でオフ会の案内があり、どんな人たちが集まるのかもわからないまま、写真の話ができればいいな と考えて、オフ会に参加することにした。
そこでお会いしたのが、上記サイトの管理人のTさんと、Tさんが写真撮影の師匠と呼んでいるMさん。
お二人と写真談義をしながら、マウント変更への意志が強くなり、実際にMさんに1D MarkIIを使わせていただくことで、キヤノンへの変更、30Dの入手へと踏み切った次第。

30Dを使ってみての印象はαSWEETとは別次元であり、いっしょに買ったEF 300mm F4L IS USMとの組合せでの、動く被写体へのAIサーボの追随性、AFの精度、USM(超音波モーター)搭載レンズの静粛性・速度など、高い満足度があった。
使い始めていきなり写真のクオリティが高くなった気がしたものだ。
b0170881_0393680.jpg

   EOS 30D + EF300mm F4L IS USM

(つづく)
[PR]

by photomoments | 2009-05-14 00:41 | 機材紹介 | Comments(5)
2009年 04月 25日
機材紹介: EOS 1D MarkIII
現在私がメインで使用しているカメラ。2007年9月に入手。
約1年使用してきたEOS 30Dに強い不満はなかったが、スポーツをよく撮る私としては気になって仕方がなかったカメラである。
b0170881_1852342.jpg

EOS 30D + EF50mm F1.4 USM

30Dを買った梅田のカメラ店に足を運び、MarkIIIといっしょにサンニッパ(EF300mm F2.8L IS USM)とエクステンダーを購入したが、金額が金額だけに、本当に買っていいのか?との思いが強かった。
でも買ってしまえば、もう引き返せない。逆に、ここまでのお金を使った以上、たくさんいい写真を撮らなければ!と考えるようになった。

一番欲しかった性能は、画素数でも秒10コマの連写数でもなく、45点のAFシステムと、AFフレーム領域拡大機能だった。
30Dの9点AFは、ピントの合焦速度や精度に大きな不満はなかったが、ピッチャーの投球フォームを連写で押さえようとした場合、全身を動かす一連の投球動作がどうしてもAFポイントから外れてしまうことが悩みだった。仕方なくピント固定で撮影して凌ぐことも多かった。
MarkIIIにして、45点の「点」で用意された「面」により、一連の動作を捕捉する写真を撮れるようになった(もちろん、撮れないときも多々ある)。
また、サンニッパを使ったとき、バッターを撮って、打球の飛んだ方向を予測して内野手の守備を撮ることも(場合によっては)できるようになった。
自分なりのカスタマイズができる設定機能の多彩さ、懐の深さもありがたい(ただ、この機能を完璧に使いこなしているのかと言われたら、使いこなしている域には達していないと思うが)。
b0170881_19103256.jpg

EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM

ただ、問題点もいくつかある。
キヤノンから公表されたAFミラーの不具合(2007年11月)、AF精度の調整不具合(2009年3月)以外の個人的な問題点として…
昨年3月、センバツに出場した平安高校の甲子園練習に同行させてもらい、場内で撮影をしている最中に、「エラー99」が発生。
電源のon・offをして復旧しても、数枚撮影したらエラーが出ることの繰り返しで、帰宅途中にキヤノンに持ち込んで修理となった(シャッターチャージユニットを交換した)。
また先日も、ストロボの接点不良なのか、ストロボとMarkIIIとの連携がとれずに修理に出した。
一番多用していることもあるだろうが、不具合は多い。
30Dは何度も地面に落としたり、防滴でないのに雨中での撮影をしたりしているが、これまで修理に出したことはないので、むしろずっとタフである。
プロ用の機材としてはもう少し頑張って欲しいところ。

もちろんスポーツ撮影だけでなく、風景撮影や建築写真撮影にも活用している。
(設定次第なのかもしれないが)30Dよりは階調性のある写真が撮れる。
また入手時にはまったく期待していなかったのに意外に重宝するのが、ライブビュー機能。
先日京都府立植物園に桜の撮影に行ったとき、三脚に据えてライブビューでマクロ撮影をしたが、拡大表示でピントを合わせたら、かなり精度の高い写真が撮れた(と思う)。
b0170881_19204689.jpg

EOS 1D MarkIII + EF100mm F2.8 macro USM

最後になるが、堂々とした外見やシャッター音など、所有欲を満たしてくれるカメラでもある。
[PR]

by photomoments | 2009-04-25 19:32 | 機材紹介 | Comments(2)