「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2009年 05月 31日
頑張れ!関西独立リーグ(5): オフショット編-1
今回と次回は、試合そのものではない、いわばオフショット編として綴ろうと思います。
今回は試合開始までを中心とした内容です。

総合運動公園駅を出てスカイマークスタジアムに向かうと、神戸9クルーズのマスコット、CapTen・ガーリーが目の前に!
写真を撮ってくれとCapTen・ガーリーにせがまれ(?)、キャリーカートからカメラを取り出して撮影。
(EOS 30D + EF17-40mm F4L USM)
b0170881_123472.jpg


試合開始前と5回終了時には、啓明学院ダンス部によるダンスパフォーマンスが行われた。
(EOS 30D + EF17-40mm F4L USM)
b0170881_13570.jpg


CapTen・ガーリーは、選手がストレッチしている場面に付き添ったり(?)、ダンスに参加したりと大活躍。
(EOS 30D + EF17-40mm F4L USM)
b0170881_13268.jpg


素振りする金谷和晃選手を、バックショットで狙った。
(EOS 30D + EF17-40mm F4L USM)
b0170881_8503910.jpg


ノックを終えた田中亮多選手。
(EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)
b0170881_135921.jpg


試合開始前の選手入場のシーン。金谷和晃選手を待ち構える末永仁志選手。
なんだか楽しそうなこのポーズ、流行ってるのかな?
(EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)
b0170881_142556.jpg


始球式は当日選ばれた女の子が務めた。吉田えり選手が後ろで見守るなかでの始球式。
なかなかサマになってます。
(EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)
b0170881_144187.jpg


吉田えり選手は4回途中からブルペンに入り、小雨が降るなか投球練習を行った。
その姿を見ようと、スタンドの観客が移動する。マスコミのカメラマンの方も彼女を撮影するために走る。
私も5回開始前の僅かな時間に、1球だけ撮ることができた。
(EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)
b0170881_145929.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-05-31 09:04 | 社会人野球・独立リーグ | Comments(0)
2009年 05月 30日
頑張れ!関西独立リーグ(4)
またも引き続き、関西独立リーグ 神戸9クルーズの選手の写真を掲載します。

今回は、大島崇仁選手。
数少ないアンダースローの投手。もしかすると、初めて撮影したアンダースロー投手かもしれない。
この日は8回を投げて失点3、自責点1とまずまずの内容だったが、味方打線が完封されたのが不運だった。

(写真はすべて EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM

腕を高く振り上げ、地を這うようにボールをリリース。
b0170881_315753.jpg

b0170881_32178.jpg

b0170881_322847.jpg

逆アングルから。
b0170881_324496.jpg

自らの投球練習の合間に、味方の攻撃を見守る。
b0170881_325719.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-05-30 07:56 | 社会人野球・独立リーグ | Comments(2)
2009年 05月 29日
頑張れ!関西独立リーグ(3)
引き続き、関西独立リーグ 神戸9クルーズの選手の写真を掲載します。

今回は、今井政司選手。
撮影時には気が回らず気づかなかったのだが、
この日のデータを家で振り返って思ったのは、なかなか表情豊かな選手であるということ。
(写真はすべて EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM
b0170881_22172229.jpg

b0170881_22173643.jpg

b0170881_22175456.jpg

b0170881_221899.jpg


最後に、上に紹介した2枚目と4枚目の写真を含んだ一連の守備撮影を。
b0170881_22182723.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-05-29 07:26 | 社会人野球・独立リーグ | Comments(2)
2009年 05月 27日
頑張れ!関西独立リーグ(2)
前回からの続きで、関西独立リーグ 神戸9クルーズの選手の写真を掲載します。

今回は、金城直仁選手。
まだ神戸の試合を2試合しか観ていないが、いずれもショートで出場し、守備の確実さと足の速さ、そして醸し出す気迫が印象に残る。
プロフィールによれば身長168cmと小柄だが、それを感じさせない選手である。
(写真はすべて EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM

まるで絨毯のようなスカイマークスタジアムの内野天然芝。その先に…
b0170881_9441481.jpg

先頭打者として登場した場面で三塁線にセーフティバントを試み、疾駆する金城選手。
b0170881_9444652.jpg

b0170881_9521726.jpg

b0170881_9523034.jpg

このバントが相手守備陣の悪送球を誘い、この後、一気に二塁まで進塁した。
[PR]

by photomoments | 2009-05-27 10:12 | 社会人野球・独立リーグ | Comments(2)
2009年 05月 24日
頑張れ!関西独立リーグ
関西独立リーグが揺れている。
リーグ運営会社との間で、分配金の支払遅延(=選手の給与支払遅延へ)などの問題が生じ、運営会社が撤退した。
既存の4球団+参入予定の三重球団の5球団で株式会社を設立することも決定。

選手たちの給与カットの可能性が一時示唆されるなど、経営は決して楽ではないようだ。
でも選手たちはこの独立リーグに夢を抱いて飛び込んできたわけだし、苦しくてもリーグの運営を続けてほしいと思う。
選手たちが落ち着いて野球に取り組める環境を早く作ってもらいたい…。

このブログでは、懸命に野球に打ち込む選手が見せた瞬間(moment)を写真でご紹介して、彼らを応援したいと思います。
今回は、神戸9クルーズの北村祐選手。

b0170881_19454166.jpg


b0170881_1947922.jpg

セカンドゴロを捕球した後、一塁手を見据える彼の眼には力強さがあった。
b0170881_1946634.jpg

折から降りしきる小雨の中、懸命に一塁へ送球する。
b0170881_19461783.jpg

(写真はすべて EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM

この日はスカイマークスタジアムのカメラマン席から撮影する機会を得たが、
グランドレベルに近いアングルからの撮影で、観客席からの撮影とは違う、選手の表情を切り取ることができた。
[PR]

by photomoments | 2009-05-24 21:42 | 社会人野球・独立リーグ | Comments(4)
2009年 05月 23日
御堂筋の彫刻
(野球中心のいつもの内容とはまったく違う話題です)

大阪・御堂筋に彫刻が設置されているのをご存知でしょうか?
平成4年からこれまでに、28体の彫刻が設置されてきました。
そして先週、29体目の彫刻が設置され、除幕式が催されました。

その彫刻が、オシップ・ザツキン(Ossip Zadkine, 1890-1967)作 「女のトルソ」です。
b0170881_16421978.jpg

EOS 1D MarkIII + EF100mm F2.8 macro USM

今回設置された彫刻で特筆すべきなのは、初めて個人の方から寄贈されたということです。
(これまでは、企業から27体・大阪市が1体を寄贈してきました)
昨今の厳しい経済情勢下で、こうした方がいらっしゃることに感銘を受けました。
b0170881_16423198.jpg

EOS 1D MarkIII + EF100mm F2.8 macro USM
[PR]

by photomoments | 2009-05-23 16:44 | 建物・街・風景 | Comments(4)
2009年 05月 22日
高校野球観戦記:福知山成美 vs 京都外大西
京都外大西  000 000 213   6
福知山成美  210 002 011X  7
(2009年5月16日(土) わかさスタジアム京都 準決勝第2試合)

第2試合は、最近の京都では誰もが認める強豪校同士の対決となった。
福知山成美は昨年夏・今年春と甲子園に出場しており、長岡投手の抜群の安定感と、(昨年よりは小粒のようだが)強打の2枚看板で、他校を一歩リードする存在と目されている。
甲子園では惜しくも上位に進めなかったものの、敗退した相手は、昨年夏は準優勝の常葉菊川、今年春は優勝した清峰。
あの舞台で強豪校との対戦を行った経験値を加味すれば、夏に向けて、京都の高校野球は福知山成美を中心に展開されるとみるべきだろう。

一方、京都外大西は、昨年夏の準決勝で福知山成美にコールド負けを喫した。
屈辱的だったであろうあの大敗。
現チームはそのときのメンバーが多く残っており、夏を前に雪辱できるのかどうか、
また序盤からたたみ掛けるような福知山成美の猛攻が見られるのか、京都外大西はそれをしのげるのかに注目しながら撮影に臨んだ。

以下、試合のハイライトをいくつか写真にてご紹介します。
(写真はすべて EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM

福知山成美の先発 竹中と、京都外大西の先発 立脇。
b0170881_132469.jpg

b0170881_133941.jpg

先制点が欲しい京都外大西は、先頭打者の中川が四球を選び出塁。二盗を試みるが失敗に終わる(写真)。
2番の井上直紀も四球で出塁したが、再び二盗を封じられて先制機を逸した。
b0170881_143718.jpg

1回裏、福知山成美は1番桑原が四球で出塁、続く2番今井が右中間に適時三塁打を放ち1点を先制。
b0170881_155045.jpg

3番杉本も四球を選んで無死一・三塁となり、4番深瀬の遊ゴロの間に三塁から今井が還り2点目。
その後も四球で二死一・三塁となるが、この回は2点で抑えた。

2回表、京都外大西は敵失、右前打、四球で一死満塁の好機を作る。
8番立脇がスクイズを試みるも三塁走者が本塁で封殺されたうえに、走者の足が捕手への守備妨害と判断されて併殺となり無得点。
b0170881_162795.jpg

b0170881_163799.jpg

b0170881_164755.jpg

2回裏、二死から1番桑原がまたも四球を選び、2番今井がまたも右中間に適時二塁打を放つ。
b0170881_173862.jpg

3回表、二死から四球で出塁した井上直紀が再度二盗を試みるも失敗に終わり天を仰ぐ。
序盤の攻撃は両校で大きく明暗が分かれた。
b0170881_175318.jpg

なお、京都外大西は2回途中から中村に、福知山成美は4回から尾野に投手交代。
b0170881_181716.jpg

b0170881_183043.jpg

6回裏、一死一・二塁で3番杉本が2点適時打を放ち、5-0とする。
b0170881_19261.jpg

続く4番深瀬の打球に遊撃手の中川が飛びつき、好判断で二塁走者の杉本を挟殺する。
b0170881_191685.jpg

7回表に京都外大西が2点を挙げて点差を縮めたが、
7回裏、福知山成美は先頭の6番細野が一塁線への二塁打(写真上)で出塁したあと満塁と攻め立てる。
京都外大西は投手を中村から熊谷に交代し(写真下)、0点でしのぐ。
b0170881_194975.jpg

b0170881_11029.jpg

8回表、福知山成美の投手が柿本に交代すると(写真上)、3番辻が四球で出塁し、4番齊藤が中越適時打を放ち、7回に続く得点を挙げて5-3とする(写真下)。
b0170881_1105063.jpg

b0170881_111129.jpg

その後一死一・三塁の好機で登場した代打松本が二ゴロ併殺打に打ち取られ追加点を奪えず。
写真は一塁へスライディング後、天を仰いで悔しがる松本。
b0170881_1112291.jpg

b0170881_1113358.jpg

b0170881_1114281.jpg

9回表、京都外大西は二死で1番中川が中前打で出塁、2番金瀬戸がボテボテの投ゴロとなり万事休す と思ったが失策で一・二塁となる。
3番辻、4番齊藤が連続適時打を放って6-6の同点に追いついた。
b0170881_1123581.jpg

b0170881_1124388.jpg

b0170881_1125748.jpg

b0170881_1131576.jpg

続く尾崎に期待がかかったが、福知山成美は香山に投手を交代。
尾崎を三振に取り、ピンチを切り抜ける。
b0170881_118133.jpg

b0170881_1183513.jpg

9回裏、福知山成美は一死一・二塁から2番古賀が右中間にサヨナラ打を放ち、決着をつけた。
b0170881_119203.jpg

b0170881_1193370.jpg

b0170881_1194414.jpg


序盤で得点を挙げられた福知山成美と、挙げられなかった京都外大西の差が、そのまま試合の展開を決定した。
福知山成美が、1番桑原の出塁後、2番今井が即座にヒットを放って得点を挙げる超効率的な得点シーンを1回・2回と見せたのに対し、
京都外大西は序盤で3度の盗塁阻止に遭ったうえにスクイズも失敗するなど、失点を少なくとどめたのに自らが得点できなかった。
京都外大西は、9回のミラクル的な同点劇で観客を魅了したと思う(スタンドの雰囲気が変わった)のだが、
終盤の攻撃力はともかく、序盤の試合の流れ作りをどのようにしていくのか、課題が残る敗戦だった。
また、福知山成美の絶対的エース 長岡が登板していたら、歯が立たなかった可能性は否定できない。
それをどうやって克服していくのか。

…夏まで、あと2ヶ月。
[PR]

by photomoments | 2009-05-22 01:24 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(2)
2009年 05月 19日
京都両洋高校 優勝おめでとう!
春季京都府大会の決勝は、福知山成美vs京都両洋のカードで17日(日)に行われたが、1-1の同点で6回表降雨ノーゲームとなった。
翌18日(月)に再度決勝戦が行われ、京都両洋が1-0で延長14回の激闘を制した。

うーん、見たかった&撮りたかった…。

いまの京都の高校野球は福知山成美を中心に展開しているといってよく、
”Stop the SEIBI” をどこが実現するのかと思ったのだが、それは京都両洋だった。

強打の福知山成美を相手に、2試合20イニングで1点しか許さない試合ぶりは立派だと思う。
おめでとうございます!

釣井投手は土曜日からの3連投。雨の中での投球もあり、疲労が少々心配ですが…。

今日の写真は、私がこのチームに魅了された試合、昨年の秋季京都府大会 vs京都学園戦で
最後の打者を三振に取り試合終了を迎えた瞬間の京都両洋 釣井投手のガッツポーズ。
b0170881_085749.jpg

EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM

このときは、試合終了の瞬間に釣井投手のいい表情が撮れそうな予感がしたので、ファインダーでずっと彼を追っていた。
彼の見せた表情は、自分の期待以上だった。
先日の準決勝の際、お父さんにプリントした写真を差し上げたら大変喜んでくださったので、私も嬉しかったです。
[PR]

by photomoments | 2009-05-19 00:29 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(4)
2009年 05月 17日
高校野球観戦記:京都両洋 vs 久御山
京 都 両 洋  030 500 0  8
久  御  山  100 000 0  1 (7回コールド)
(2009年5月16日(土) わかさスタジアム京都 準決勝第1試合)

春季京都大会が、ようやくわかさスタジアム京都(西京極球場)にやってきた。
天候が心配だったが、第1試合の間はほとんど雨に降られることもなく撮影ができた。

京都両洋は昨秋の太陽が丘でのvs京都学園戦で初観戦したのだが、選手たちの表情がとても豊かでイキイキしており、写真映えのする選手が多かったのが印象的だった。
その後これまで観戦機会がなく、「なんとか準決勝まで勝ちあがって欲しい」と思っていたので、私にとって楽しみにしてきた試合だった。
久御山は昨夏のvs北稜戦以来の観戦。立命館宇治に勝って準決勝まで進んだのは、このチームに実力がある証拠だろう。

以下、試合のハイライトをいくつか写真にてご紹介します。
(写真はすべて EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM

京都両洋 釣井投手(上)と、久御山の先発 川合投手(下)
b0170881_1253242.jpg
b0170881_12531128.jpg

久御山は1回裏、先頭の北尾が中越二塁打を放ち(写真上)、送りバントで三塁に進んだ後、3番久我の二ゴロの間に生還、1点を先制。
b0170881_1254150.jpg

b0170881_1254115.jpg

2回表、京都両洋は二死から7番山本が内野安打で出塁する。連続写真は山本の打球を処理する田中遊撃手。
b0170881_12551226.jpg

b0170881_13295845.jpg

その後安打と死球で満塁となり、1番村松大樹が走者一掃の三塁打を放って3点を挙げて逆転に成功。
b0170881_12575146.jpg

b0170881_1258467.jpg

3回裏、久御山は2番桝田の三塁へのゴロがイレギュラーして内野安打。
b0170881_1335988.jpg

続く3番久我の打球は投ゴロ併殺打となり、チャンスを広げることができなかった。
b0170881_1302140.jpg

4回表、先頭の7番山本が四球で出塁、送りバントで一死二塁、9番下雅意が死球で一死一・二塁。
b0170881_1314230.jpg

その後二死満塁となり、3番菅の二塁強襲中前打で2点を追加(写真上)。
4番杉本も安打で続き、再び満塁とした場面で5番今竹が中越え3点適時打にてこの回5点を挙げる(写真下)。
b0170881_1323720.jpg

b0170881_1325427.jpg

4回裏、久御山も二死満塁の好機を作ったが、1番北尾が中飛で得点ならず。
写真は満塁となった直後のマウンドでの釣井投手と下雅意捕手。
b0170881_1333221.jpg

5回表、二死二塁となったところで、久御山の投手が川合から内山に交代。
交代直後に暴投(補逸?)で二塁走者島岡を三塁に進めてしまったが、1番村松大樹を三振に取り、ピンチをしのいだ。
b0170881_134612.jpg

b0170881_1341414.jpg

7回表一死、7番(代打)の菖蒲が中前打で出塁(北沢中堅手のグローブがあと一歩届かず)。
しかし続く8番島岡が二ゴロ併殺打となる。
b0170881_13233488.jpg

京都両洋の得点の挙げ方は、四死球を絡めて塁上を賑わせ、きっちり適時打を放つ効率的で集中的な攻撃だった。
2回・4回ともに二死からの大量点であるのも特徴だった。

注目の京都両洋 釣井投手はピンチを招く場面も何度かあったが、初回の1点しか失点を許さない投球だった。
久御山としては何度も走者を三塁に進めていただけに、あと1本が出なかったのが惜しかった。

最後に、試合終了後に二人でクールダウンする、京都両洋 釣井・下雅意のバッテリーです。
b0170881_13261855.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-05-17 13:48 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2009年 05月 16日
高校野球:平成21年度春季京都府大会準決勝
今日はわかさスタジアム京都に、春季京都府大会準決勝の観戦・撮影に行ってきました。
おおよそ3,000ショットほど撮影しているので、写真の整理が追いつかないのですが、
少しだけ、いつもとはちょっと違う写真を載せてみたいと思います。
(写真はすべて EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)

※試合観戦記は、しばし(数日?)お待ちください…。

【第1試合】
京 都 両 洋  030 500 0  8
久  御  山  100 000 0  1 (7回コールド)

b0170881_19201154.jpg

b0170881_19202314.jpg

b0170881_19203450.jpg


【第2試合】
京都外大西  000 000 213   6
福知山成美  210 002 011X  7

b0170881_19204736.jpg

b0170881_19205785.jpg

b0170881_1921103.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-05-16 19:24 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)