「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2010年 02月 28日
野球部練習訪問:乙訓高等学校硬式野球部-2
今回も前回に引き続き、乙訓高校を訪れた際の写真を掲載していきます。

バッティングマシンから投じられるボールを打ち返すシーンを撮影するのは、投手が投じるボールを打ち返すシーンの撮影よりも随分容易だと思えた。
通常なら、投じられたボールに反応する打者の動きをファインダーで見て、シャッターボタンを押すタイミングをとる。
縦構図の撮影の場合、撮影する自らの位置と投手・打者の位置関係によっては、左目でファインダーを覗き、もう一方の右目は肉眼で投手の動きを捉えながら撮影に臨むことも可能で、その場合には投球の間合いが比較的つかみやすい。
ただしあらゆるケースでそのように対応できるわけではないので、ファインダー内の打者の動きで間合いをつかむのが私の基本動作になっている。

マシンの投球は、球速に緩急がないこともさることながら、リリース時に発する「音」があるからこそ、ファインダーに意識を集中できて撮影が容易なのだ。
(ただ、そのことが即 いい瞬間・いい表情を撮影できる というわけではないのが難しいところなのだが…)
球速、ボールの変化、投球の間合いなど、投手と打者の間で行われる駆け引きがいかに大事なのかが、写真撮影という切り口からもよく理解できる。

b0170881_1693623.jpg
b0170881_1695045.jpg
b0170881_1695665.jpg
b0170881_1610493.jpg

b0170881_1640565.jpg
b0170881_1641333.jpg
b0170881_164391.jpg


話は変わるが、乙訓高校の練習にお伺いした時のちょっとした楽しみ(?)が、部員たちが着ているさまざまなウエアだ。
統一感あるウエアももちろんよいが、メッセージ性のあるウエアもなかなか捨てがたいもの。
この日も見ていて楽しくなり、練習撮影の合間に何枚か撮影しました。
こちらは西浦達雄さんのイラストと、「迷わずに」の歌詞の一節が描かれたTシャツ。
b0170881_16485178.jpg

こちらは熱闘甲子園から。
今夏の怪物は誰だろう?
b0170881_16485849.jpg

(写真は EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)
[PR]

by photomoments | 2010-02-28 17:22 | 高校野球:練習訪問 | Comments(10)
2010年 02月 24日
野球部練習訪問:乙訓高等学校硬式野球部-1
2月21日(日)、2月に入って初めての練習訪問先として乙訓高校におじゃました。
b0170881_23491021.jpg

( Eos Kiss X3 + EF-S17-55mm F2.8 IS USM )


乙訓高校といえば、外野に植えられた芝生が特長・魅力だ。
冬場ということもあり、部分的に芝が落ちているところがあるが、暖かだったこの日の天候も相まって、写真だけ見れば2月のグラウンドに思えないほどだ。

この日は午前中所用があったので、お昼前に末常監督に電話をして練習があることを確認し、1時前に学校に到着。
なので午前中の練習の様子は見れなかったのだが、午後はバッティング中心の練習だった。
到着したときには1年生がバッティング練習中で、2年生は食事休憩中。ほどなく1年生・2年生が練習を交替した。
b0170881_705028.jpg
b0170881_705870.jpg


休憩が終わった2年生が集まり、これから始まるフリーバッティングのチーム分けをしているところ。
b0170881_0351968.jpg

( Eos Kiss X3 + EF-S17-55mm F2.8 IS USM )


バッティングマシンを使ったフリーバッティングは、チームごとの試合形式で進められる。
「チェンジ」がなく、ひとつのチームがひたすら打ち続けていくため、とにかくテンポよく進んでいく。
「5回!」といったイニングを確認しあう声に、もうそんなに進んでいるのかと驚かされることしきりだった。
b0170881_751064.jpg
b0170881_751744.jpg
b0170881_752599.jpg
b0170881_753240.jpg

b0170881_78812.jpg
b0170881_781493.jpg


(特記なき写真は EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)

(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2010-02-24 07:45 | 高校野球:練習訪問 | Comments(10)
2010年 02月 20日
ヨドコウ迎賓館(旧山邑家住宅)  設計:フランク・ロイド・ライト
先日、EOS Kiss X3の撮影フィーリングの確認を兼ねて、阪急神戸線 芦屋川駅の北側に建つ旧山邑家住宅(現ヨドコウ迎賓館)を初めて訪れた。

b0170881_228639.jpg

( Eos Kiss X3 + EF-S17-55mm F2.8 IS USM )

芦屋から有馬に抜ける急勾配の道路の端緒、こんもりとした小高い丘に抱かれて存在する建物は、それと知らずに見ていると見過ごしそうな佇まいだ。

b0170881_0333156.jpg

( Eos Kiss X3 + EF-S17-55mm F2.8 IS USM )


酒造家 山邑太左衛門の別邸として計画されたこの建物は、1924(大正13)年の竣工。
近代建築の三大巨匠の一人、フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright ,1867-1959)が日本で手がけた作品のうち、完全な状態で現存する唯一の作品として価値が高く、重要文化財に指定されている。
日本におけるライト作品で最も有名なのは(旧)帝国ホテルだが、これは正面玄関部のみ博物館明治村に移築保存されているため、往時の姿を留めるこの建物はやはり貴重だ。

しかし、実はライトの作品を実見するのは今回が初めて。
三大巨匠のル・コルビュジェ(Le Coubusier ,1887-1965)の作品はパリで、ミース・ファン・デル・ローエ(Ludwig Mies van der Rohe ,1886-1969)の作品はベルリンで、それぞれ目にする機会があったが、日本で実作を残したライトを見ていないのには、有機的建築(Organic Architecture)と称されるライトの意匠に対する私のアレルギーが影響しているのだと思う。
鉄骨とガラスで構成されたミースの建物や、白い壁面が美しいコルビュジェの建物と比較して、クドいデザイン、情念的なおどろおどろしいライトのデザインは少々苦手だった。


b0170881_0353183.jpg

( Eos Kiss X3 + EF-S17-55mm F2.8 IS USM )

大谷石(おおやいし)を削って作られた幾何学的紋様が特徴的。こうしたデザインに苦手意識を感じていたのだが、実見するとさほど抵抗は感じなかった。

上の写真は建物のアプローチ部から2階の応接室を写したもので、応接室の下は車寄せとなっている。

b0170881_122695.jpg

( Eos Kiss X3 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM )


車寄せの一部は芦屋の海側を見晴らすベランダがある。

b0170881_130612.jpg

( Eos Kiss X3 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM )


ただ、残念ながら建物内の撮影は不可。
フォトブログとしてはなんとも消化不良なので、館内の売店で購入した書籍を紹介する という名目で、表紙に掲載された内部空間(2階の応接間)を…。

b0170881_1444386.jpg

( Eos Kiss X3 + EF-S17-55mm F2.8 IS USM )


写真なしで説明するのは難しいが、ライトの建物をこれまでなんとなく避けていたというのに、建物内部を体感して、その素晴らしさにかなりの衝撃を受けた。
最近見た建物のなかでは最も強いインパクトがあった。

現代の一般的な建築設計では、居室の天井高さは(たとえば2,400mmなどと)おおむね一律に定めていくし、床のレベル差についても、「バリアフリー」などの社会的要請から、住宅内の床レベルを2~3mm程度までに抑えることが求められるため、フラット設計を旨とした段差のない計画が一般的だ。
しかしこの建物の内部空間は、部屋ごと・用途ごとに多種の天井高さを使い分け、床レベルも数段分の段差を各所で設定していて、空間の動的な展開を体感できる。
天井高さについては、応接室のような「ハレの場」は別として、全般に低く設定されている。
たとえば応接室の直上部、3階の和室前室(家族室)などは天井に手が届くくらいの低さだが、メリハリの効いた空間操作が非常に心地よく、天井が低いことにより、かえって空間の豊穣さを認識させてくれる。

こうした床・天井の操作による空間効果・印象は、ライトとほぼ同時代に生まれ、ウィーンを中心に活動した建築家 アドルフ・ロース(Adolf Loos ,1870-1933)の空間構成に近いものと思えた。
特に、上述の和室前室(家族室)のしつらえは、ロースの住宅作品で頻出する婦人室(Zimmer der Dame)と呼ばれる小空間を強く想起させるものだ。
アドルフ・ロースは近代建築の嚆矢とも目される建築家であり、大学院で私が研究対象とした建築家でもあるのだが、第一次世界大戦前後の時代に、かたやアメリカ、かたやウィーンという隔たりのある建築家同士が強く影響し合ったとも思いづらい。
空間構成の前提となる建築計画自体は、ライトの計画は平面的に伸びやかな広がりを持ち、そのうえでの空間操作であるのに対して、ロースの計画は、全体形を広げていくのではなく、限られたボリュームの建物内を三次元的にどのように細分化していくか(ラウムプラン(Raumplan)と称されるロースの設計概念)を考え、空間の有効利用としての操作を行う というアプローチの相違があると思われる。
しかし各部屋単位で考えると、部屋ごとに適切に定められた天井高さが生み出す心地よさと空間の動的な展開は、両者の類似性を私に強く感じさせるものだった。


なお、今回撮影に使用したKiss X3の印象は、心配していたオートフォーカスの精度についても上々で、静物撮影には十分使えると思えた。
ただ、ボディがあまりにも軽くて、ストラップで肩にかけて歩いていてずり落ちないか不安に思えたり、グリップの大きさが1Dよりも随分小さいため、グリップを持って歩いていてもグリップ感に欠ける気がした。
ここまではある程度想定できたことだったが、サイズが小さいため、グリップに手をかけた際にレンズマウント部に近い部分に爪の先がしばしば当たり、ボディに白く引っかいた跡が残ってしまうのは予想外だった。
発色傾向については、ピクチャースタイルの設定やこの日が曇天だったことを勘案しても、1D3よりもアッサリしている印象で、この点には物足りなさを感じる。
黒つぶれを補正するオートライティングオプティマイザ機能(私の持つカメラでは初の機能)をONにして撮影したが、今回の撮影条件ではOFFにしたほうがよかった。
(RAWで撮影していたので、現像時にこの機能をOFFにしたショットが多かった)
RAW撮影なら後から対処できるが、Jpeg撮影のときには、オートライティングオプティマイザはONにしたままにせず、適宜使い分けたほうがよさそうだ。

Kiss X3にも少しずつ慣れていきたいと思う。
[PR]

by photomoments | 2010-02-20 21:00 | 建物・街・風景 | Comments(2)
2010年 02月 16日
新戦力? EOS Kiss X3
昨年キヤノンからは、秋には新カテゴリーの意欲作 EOS 7D、そして年末にはEOS-1D MarkIVと、スポーツ撮影を主な被写体とする私にとって手に入れたい機種の登場が相次いだ。
長く使用してきたサブ機、EOS 30Dは、サービスセンター窓口でのセンサークリーニングでは除去できないホコリが混入しており、絞り値を多少絞るだけでもはっきりと影が写るような状態にあること、メイン機EOS-1D MarkIIIとの階調表現の相違やシャドー部の表現などで見劣りすることなども勘案して、そろそろ代替機を検討しなければならない と考えていたところでもあった。

12万円台にまで価格が下がってきた7Dか、今1D MarkIIIを使用しているからにはプロユースのMarkIVを手にすべきなのか…
堂々巡りの思案を続けて未だ結論は出ないのだが、そんな思案をさらに難しくしているのが、昨年のフォトコンテストの副賞として手元に届いたEOS Kiss X3の存在だ。

Kiss X3は入門機としてはかなり高性能なカメラだという認識はあるのだが、以前妻用に買ったKiss Digital Xを使ったときのオートフォーカス精度の弱さやレスポンスの俊敏さに欠ける といった印象から判断して、Kissシリーズをスポーツ撮影用のサブ機としてガンガン使うのは少々心許ない。
図らずも自分が求めるコンセプトとは異なるカメラが手元に届くことになり、「もったいないけどたぶん使わないだろう」との思いから、未開封のままカメラ店に売って「軍資金」とした方がよいのかとまで考えたのだが、さすがにそれはバチ当たりだと思いとどまった。
とはいえ、どう使ってよいかわからないKiss X3は、自宅に届いたまま2ヶ月近く未開封。

b0170881_222921.jpg


開封しない間に、後継機Kiss X4も発表になってしまった…。
そして何より、Kiss X3が手元に存在することで7DもMarkIVも何となく検討しづらくなってしまい、代替機の検討は八方ふさがりの状態に…。

でも、先日ようやくKiss X3を使ってみる気になり、箱から取り出してみた。
いただいたモノだから使わなければもったいないし、スポーツ撮影に使うのは苦しくても、建物の撮影など、じっくりと構えて撮影する目的であれば使えると思い直したからだ。
Kiss Digital Xで感じたオートフォーカスの弱さについては、Kiss X3になっていくらか改善したかと思われるし、1D MarkIIIでの経験から、本当に丁寧に撮りたければ、液晶モニターを見ながらライブビュー機能でピント合わせをすれば、この問題も克服できると思った。
ちなみに、Kiss X3の1500万画素という画素数は、800万画素の30Dに対して約2倍だ。
超広角レンズを使用して建物撮影を行うときには、カメラを水平に構えて建物がきちんと垂直になるように撮影しているが、この撮り方をすると写真の下半分は地面が写るため、半分ほどの画素数はロスしてしまう。
だからこそ、やや過剰とも思える1500万画素という画素数が有効に働くと思われる。
また、敢えてKiss X3でスポーツ撮影にトライしてみて、機材に頼らずどれほどの写真が撮れるのか、初心に戻って試してみたい とも思う。

b0170881_22293473.jpg

ちなみに外観は、なで肩のフォルムに見られるように、Kiss Digital Xと比べると全体的に滑らかな形状となった感じ。
特に内蔵ストロボ周りは形状がかなり整理され、上位機種の流麗なデザインに近い形状にまとめられている。

b0170881_2230195.jpg

プラスチック製の筐体なので、金属製の上位機の筐体と比べると、手にした際の感触に質感が欠けるのは否めないが、外見上はあまりチープに見えないところもGoodだ。

最近は街撮りや行楽に行く時にも気合いを入れて(?)、重くてかさばる1D MarkIIIを持ち出すのだが、Kiss X3で気軽に写真撮影に臨むのも悪くないかもしれない。
[PR]

by photomoments | 2010-02-16 23:17 | 機材紹介 | Comments(6)
2010年 02月 10日
野球部練習訪問:洛星高等学校野球部-4
午前8時から始まった練習も、10時を過ぎるとサッカー部などの部活動をする生徒が登校しはじめ、グラウンドを共用するようになる。
それに合わせるように、野球部の練習内容もグラウンド全体を使わない練習になった。
ということで、この日の野球部の最後の練習は、グラウンドに書いたトラックを走るランニング(徒競走?)。
b0170881_22192135.jpg


監督から目標タイムが告げられ、とにかく走る!
b0170881_22403520.jpg
b0170881_22404120.jpg

目標タイムが次第に短くなるハードな練習だが、雰囲気は和やかで楽しそうだ。
b0170881_22461913.jpg

b0170881_22492473.jpg
b0170881_22493319.jpg

およそ30分ほど行われたこの練習でヘトヘトになり、最後にはグラウンドにゴロンと転がってしまう部員も。
b0170881_22562497.jpg


練習の総仕上げに全員で体操をしてクールダウン。
b0170881_2315934.jpg
b0170881_232642.jpg


洛星の勝負強い試合運びの秘密(?)を見出したい との思いも抱いて訪れた今回の練習訪問。
お昼過ぎまでという限られた練習時間で多くのメニューを集中力をもって取り組む様子が印象的だった。
(平日放課後の部活動の時間もかなり短い とのことだ)
なお、部員のすべてが必ずしも野球が上手というわけではない。そのことは、キャッチボール時の投球フォームひとつを見てもわかる。
上手な部員もそうでない部員もいる。そうした点では、ごくごく普通の高校野球部といってよさそうだ。
ただ、中高一貫制の学校なので、中学で軟式野球部に所属した生徒たちが高校でも野球を続けるかどうか、おそらく一人ひとりが考えたうえで野球を続けている部員同士だ。
野球は中学までで終える生徒もいるから高校の野球部員数は減るようだが、だからこそ、野球が好きで部活動を続けていく部員同士の絆は強いのかもしれない。
[PR]

by photomoments | 2010-02-10 07:35 | 高校野球:練習訪問 | Comments(6)
2010年 02月 07日
野球部練習訪問:洛星高等学校野球部-3
内野手・外野手は、ノックに引き続き、トスバッティングとベースランニングを同時並行で交替して行う。
ライト側に4箇所のバッティングスペースを作るとともに、同じグラウンドのレフト側で練習している中学野球部や一塁側ベンチ側に打球が飛ぶことに備えてフェンスを並べる様子も手際よい。
b0170881_953491.jpg


最初は300mmのレンズで撮影したが、300mmでは焦点距離が長すぎて撮影位置が限定されてしまって撮影しづらいため、途中から70-200mmに交換して撮影した。
70-200mmの取り回しのよさを強く実感したシーンがこのトスバッティングを撮影した時だった。
(ちなみに、下に掲載した4枚のなかでは2枚目のみ300mmで撮影)
b0170881_9571334.jpg
b0170881_9574097.jpg
b0170881_9574826.jpg
b0170881_9575547.jpg

中村監督は投手陣のトレーニングを見守りながら、トスバッティングを行う選手にも時折指導を行っていた。
b0170881_1013058.jpg


一方、ベースランニングはグラウンドのセンターに位置するエリアで行われている。
b0170881_10305455.jpg

撮影していたときには全く気づかなかったが、各自がストップウォッチを持って走り、計時していたようだ。
b0170881_10144861.jpg

b0170881_10153199.jpg
b0170881_10153928.jpg
b0170881_10154463.jpg

ベースランニングの撮影に際しては撮影位置の自由度が高かったので、適宜300mmと70-200mmを使い分けて撮影(1・2枚目は300mm、3・4枚目は70-200mm)。
300mmのほうが当然背景のボケ量も多く、被写体を浮かび上がらせる点で勝っているが、
ベースに向かって走りこみ、そして眼前を走り抜けていく走者をより動的に・ダイナミックに撮影したいときには、走者に近い位置で撮影可能な70-200mmも悪くない。

(写真は EOS-1D MarkIII + EF70-200mm F4L IS USM & EF300mm F2.8L IS USM)

(次回(最終回)へ続きます)
[PR]

by photomoments | 2010-02-07 11:00 | 高校野球:練習訪問 | Comments(6)
2010年 02月 05日
野球部練習訪問:洛星高等学校野球部-2
しばらく内野手のノックを撮影を撮影した後、並行して行われている外野手の撮影に移行した。
b0170881_2049659.jpg

ウォーミングアップから撮影をスタートしていろいろなシーンを撮影したのだが、この時点でまだ9時20分。練習開始から1時間半と経っていないことに驚いた。

外野手へのノックは中村監督が行っていた。
浅いフライ・大きなフライを交互に器用に打ち分けて、外野手を前に・後ろに走らせるノックだ。
b0170881_20405867.jpg

(EOS-1D MarkIII + EF70-200mm F4L IS USM)


打った瞬間から全力で走らなければ追いつけないほどの打球も多く、結構な運動量になりそうだ。
b0170881_2052252.jpg

b0170881_20554067.jpg

b0170881_20564613.jpg
b0170881_20565641.jpg
b0170881_20571889.jpg

捕球できなかったときの悔しい気持ちがあふれた表情も、高校生らしい素晴らしい表情だと思う。
b0170881_2059316.jpg
b0170881_20591136.jpg


投手陣はブルペンでの投球練習を行っていたが、ほどなくしてバーベルを担いで走るトレーニングを行い始めた。
b0170881_21201453.jpg
b0170881_21202333.jpg
b0170881_2120338.jpg

淡々と、そして黙々とトレーニングを重ねていく。

(特記なき写真は EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)

(次回へ続きます)
[PR]

by photomoments | 2010-02-05 22:03 | 高校野球:練習訪問 | Comments(0)
2010年 02月 04日
野球部練習訪問:洛星高等学校野球部-1
1月31日(日)、昨年から一度足を運んでみたいと考えていた洛星高等学校の野球部の練習にお伺いした。
b0170881_20461021.jpg


洛星高等学校はカトリック系の私立学校で、中高一貫制の男子校。
京都でも最難関の進学校のひとつで、京都大学・東京大学・大阪大学といった難関大学に進学する生徒が多く、なかでも京都大学への進学者数が非常に多い。

洛星野球部の練習を見てみたいと思った理由を一言でいえば、これまでに何度か試合観戦・撮影したときに彼らに好印象を受けたから だ。
有数の進学校でありながら、勝負強い試合運びを見せる洛星野球部。
昨年の秋季大会を観戦したときには、試合に出てくる選手たちがよく声が出ていることにも感心した。
野球漬けの日々ではないと思われるのに、しっかりとしたチームを作り上げていることに強い興味を抱いた次第だ。

(このブログに昨年コメントを下さった洛星保護者の方に、今回の訪問に際し、学校側へのご連絡等の調整をしていただきました。本当にありがとうございました)


午前8時からお昼過ぎまで行われたこの日の洛星野球部の練習だったが、撮影にとってはあいにくの曇り空(途中から小雨が降り始めた)。
部員たちが中村好邦監督を囲み、監督からの指示に耳を傾ける。
b0170881_21222558.jpg

(EOS 30D + EF70-200mm F4L IS USM)


ウォーミングアップをした後、内野手の練習はボール回しから始まった。
b0170881_213386.jpg
b0170881_21331523.jpg
b0170881_21332352.jpg
b0170881_21333251.jpg

b0170881_21353629.jpg


引き続いてノックに移行。
一つひとつの練習の時間は短め。練習から練習への移行のテンポがよく、時間を無駄にしないという意識が野球部に浸透しているように思えた。
b0170881_21382925.jpg
b0170881_21383997.jpg
b0170881_21384698.jpg
b0170881_21385836.jpg


グラウンド脇で別メニューをこなす部員たちも黙々と個々のトレーニングに取り組んでいた。
b0170881_21403488.jpg

(EOS-1D MarkIII + EF70-200mm F4L IS USM)


(特記なき写真は EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)

(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2010-02-04 06:41 | 高校野球:練習訪問 | Comments(8)