<   2010年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2010年 03月 30日
第82回選抜高等学校野球大会撮影記 : 帝京 vs 三重
b0170881_234835.jpg

延長10回裏の帝京の攻撃、6番鈴木が三塁強襲内野安打を放ち、三塁走者の園田がサヨナラのホームイン


今日はセンバツの撮影のために甲子園球場に足を運び、帝京vs三重、大垣日大vs大阪桐蔭、北照vs自由ケ丘の3試合を撮影したので、今回からこれらの記事を掲載します。

いろいろ考えた末、今回初めて甲子園の三塁側から写真撮影をしてみようと思い立った。
野球の撮影をするなら基本は一塁側からと考える私が三塁側から撮影する気になったのは、どうしても撮らなければいけないチームが出ない日なら普段と違う撮り方もいいのでは?と思ったこと、三塁へのスライディングなど、三塁側からでなければ撮れない写真に集中するのも面白いかも と思ったこと、さらには、夏の甲子園で三塁側に座るのは午後の陽射しがキツくてつらいが、センバツならその懸念がないこと などが挙げられる。

しかし球春到来後初めての公式戦撮影ということもあって、なかなか納得いく写真が撮れなかった。
第1試合の帝京vs三重は特にその傾向が強かったので、ここに載せる写真は少なめです…。

昨夏出場時に熊本工業との延長戦を制し、今大会も今治西を延長10回に下して、延長戦で好ゲームを見せる印象がある三重と、神戸国際大附との優勝候補対決を終盤の逆転勝ちで制した帝京の対戦だけに、2-1で三重がリードして終盤を迎えても、9回までに何か起きそうな予想(期待?)を持ちながら撮影していた。
注目の右腕 帝京の伊藤投手に対して、三重の増田投手はヒットは許すも四死球を与えない安定感のある投球を見せ、1点差を守ったまま9回を迎えたのだが、帝京の土壇場の底力が三重を上回った試合だった。

b0170881_23192464.jpg

帝京の先発 伊藤投手と、三重の先発 増田投手。
b0170881_23193167.jpg
b0170881_23193953.jpg

2回表、三重がスクイズで1点を先制する。
b0170881_23201363.jpg


b0170881_23201967.jpg
b0170881_23202517.jpg

[PR]

by photomoments | 2010-03-30 23:40 | 高校野球:甲子園 | Comments(4)
2010年 03月 28日
練習試合 : 洛東 vs 城南菱創-5(第2試合 後半)
b0170881_1344153.jpg

6-6の同点に追いついた直後の8回裏、無死一・三塁のピンチをクロスプレーで阻止した城南菱創 窪田捕手。その眼差しは一塁に向けられている。


城南菱創は6回から北川選手に投手交代。
b0170881_13132164.jpg


第1試合ではくっきりとした陰影を生み出した太陽光も、第2試合の後半に差しかかる頃には、柔らかくて暖かい光に表情を変える。
b0170881_13371011.jpg
b0170881_13371922.jpg
b0170881_1337303.jpg

グラウンドと太陽の位置関係から、一塁側・三塁側のどちらから撮影しても撮りやすい時間帯がしばらく続き、太陽が山の稜線に隠れると、直接光のない環境へと変わっていく。
一塁側から撮影していて、一塁に出塁した選手を夕陽がほどよく照らしてくれた時間帯は、選手の背景となった外野エリアの落ち着きと相まって、よい表情を撮影できた。
b0170881_1329382.jpg
b0170881_1329957.jpg
b0170881_13291728.jpg


b0170881_13382512.jpg
b0170881_13383346.jpg
b0170881_13384422.jpg


試合終了後、両校の監督たちが、自校の選手だけでなく相手校の選手にも、試合中のプレーについて声をかけたりアドバイスをしたりしているのを、とてもいいやり取りだと思いながら私は見ていた。
なかでも、城南菱創の出原選手に洛東の角田コーチが話しかける様子はとても微笑ましく、そして印象的だった。
b0170881_13453265.jpg

この日私は、とても好感の持てる両チームだと思いながら撮影したのだが、その理由が、選手たちだけではなく、監督たちが作り出す雰囲気も大きく寄与している と納得できたひとコマだった。
[PR]

by photomoments | 2010-03-28 14:00 | 高校野球:練習試合 | Comments(15)
2010年 03月 27日
練習試合 : 洛東 vs 城南菱創-4(第2試合 前半)
b0170881_11171016.jpg

随所に好守備を見せた洛東の三塁手 小阪選手


第1試合が終了し、合同練習をするか、もう1試合するのかを両校の監督が話し合い、2試合目を行うことになった。
2回表、城南菱創が2点を先制すると、2回裏に洛東が4点を挙げて逆転、5回表に城南菱創が1点を返すと洛東は直後に2点を追加して、試合を優勢に進めた。
洛東の飯村選手が好投し、特に8回に2者連続三振を奪ったあたりは調子がよく感じたのだが、二死から3点を取られて6-6の同点となり、そのまま同点で試合終了となった。

洛東の先発 飯村選手と、城南菱創の吉川選手。
b0170881_1247362.jpg
b0170881_1247957.jpg


b0170881_1314359.jpg
b0170881_13143293.jpg
b0170881_13144350.jpg
b0170881_13145211.jpg
b0170881_13145925.jpg

b0170881_1316830.jpg
b0170881_13161665.jpg
b0170881_13162323.jpg
b0170881_13163492.jpg
b0170881_13164113.jpg


(第2試合、後半に続きます)
[PR]

by photomoments | 2010-03-27 13:18 | 高校野球:練習試合 | Comments(0)
2010年 03月 25日
練習試合 : 洛東 vs 城南菱創-3(第1試合 後半)
b0170881_235532.jpg

7回裏一死三塁、城南菱創の5番 窪田選手が三塁線強襲の三塁打を放ち、11-11の同点に追いつく。


城南菱創は5回から浅倉選手に、洛東は6回に上野選手に投手交代。
b0170881_001893.jpg
b0170881_002517.jpg


試合も半ば近くになると、選手たちの動きもよくなったのか、写真が撮りやすくなったように思える。
でもおそらく、撮影する私が初めてのグラウンドに慣れ、久々の実戦に慣れてきたことのほうが大きそう…。
b0170881_652142.jpg
b0170881_6522067.jpg
b0170881_6522674.jpg

b0170881_72893.jpg

b0170881_723471.jpg
b0170881_724151.jpg
b0170881_724956.jpg
b0170881_725713.jpg

試合終了直後の表情から。
b0170881_73369.jpg

城南菱創ベンチの様子から。試合中には撮影に没頭していてまったく気づかなかったが、メガホンに目が留まり、思わず撮影。
手作りのお守りもまたいいですね。
b0170881_732273.jpg

[PR]

by photomoments | 2010-03-25 07:11 | 高校野球:練習試合 | Comments(2)
2010年 03月 23日
練習試合 : 洛東 vs 城南菱創-2(第1試合 前半)
b0170881_2194780.jpg

1回表、左前適時打を放ち、一塁上でガッツポーズを見せた洛東 高橋選手。



前回の練習風景に引き続き、今回から試合時の写真を掲載します。まずは第1試合から。
洛東は前日の木津戦に続く試合、城南菱創にとっては今シーズン最初の実戦となった第1試合は、先攻の洛東が初回に3点を先制したが、直後に城南菱創が4点を挙げて逆転、さらにその直後に洛東が1点を取って同点に追いつくと、3回表には先頭打者の村田選手が本塁打を放つなど、11人の打者を送り、一挙6点を挙げて試合を優位に進めた。
しかし城南菱創も4回に1点を返し、6回には打者一巡の猛攻で5点を挙げ、10-10の同点に。
7回に洛東が1点、城南菱創が2点を取って11-12となり、乱打戦となった試合はそのまま終了となった。

城南菱創の先発 大場選手と、洛東の先発 村田選手。
b0170881_21143249.jpg
b0170881_21144013.jpg


b0170881_2129261.jpg
b0170881_21293431.jpg
b0170881_21294160.jpg
b0170881_21294729.jpg

3回表の洛東 村田選手のランニングホームランは、バックネット裏から投球フォームを撮影しようと移動していたため、バッティングシーンを撮影できず、走るシーンのみ(申し訳ない…)。
b0170881_21325482.jpg

この日、撮影ポジションを移動して一番後悔した瞬間だった。

b0170881_21361733.jpg
b0170881_2136232.jpg
b0170881_21363132.jpg
b0170881_21364656.jpg


(第1試合、後半に続きます)
[PR]

by photomoments | 2010-03-23 23:23 | 高校野球:練習試合 | Comments(2)
2010年 03月 21日
練習試合 : 洛東 vs 城南菱創-1
練習試合も解禁となった先週末、初めての訪問先として、洛東高校グラウンドで行われた洛東vs城南菱創の練習試合を訪れた。

昨年コンテストで受賞した写真の被写体となったのが洛東高校の選手だったことから、昨年末に学校を訪れ、仙田監督に初めてお会いした。
その際に翌年の練習試合日程表をいただき、「ぜひ一度撮影に来てください!」とのお話をいただきながら、冬場の練習に伺えなかったこともあって、この日の撮影となった次第。

一方の城南菱創は、学校統合1年目の昨夏の公式戦(立命館戦)の撮影をしただけなのだが、個人的にはその経緯はさらに2年前に遡る。
2007年夏の公式戦として太陽が丘球場で行われた、統合前の西宇治高校が堀川高校と対戦した試合だ。
西宇治のリードで迎えた終盤、途中出場した当時1年生の宮川選手の失策などで逆転負けを喫した試合なのだが、失策直後の宮川選手の表情に非常に強い印象を受けた。
並んで撮影していた城南新報の長田社長から、「部員数が少ない学校だから、宮川くんは西宇治でも、もちろん学校統合後も中心選手になると思うし、ならないといけないと思いますよ」と聞いた話もずっと記憶に残っていて、3年生になった彼の夏はなんとしても撮影したい と考えていた。
ベースボール倶楽部のたっちゃんさんとは、夏の大会は極力予定を調整し、わかさスタジアムと太陽が丘に分散するのだが、城南菱創が太陽が丘に登場した7月15日は、たっちゃんに無理をお願いして太陽が丘に行き、城南菱創の試合を撮影したという経緯があった。
上級生が4人しかいない選手構成で、強豪校の立命館を相手に、(6-0の完封とはいえ)失策が1つしか出ない野球をやってのけた試合には大変感心したし、音川監督や石井先生の指導の賜物なのだろうとも思った試合だった。
また、野球写真の師匠 Mさんからは、石井先生について、自分に野球のいろいろなことを教えてくれた方で、一度(私を)石井先生を紹介したい ともおっしゃってくれていた。
こうしたことから、洛東に城南菱創が来て練習試合をするこの日を楽しみにしていたのだった。


前段が少々長くなりましたが、今回の記事では試合前練習時の写真を掲載します。まずは城南菱創から。
b0170881_14243543.jpg
b0170881_14244530.jpg
b0170881_1424533.jpg
b0170881_1425016.jpg
b0170881_14251344.jpg


続いて、洛東の練習から。
b0170881_14263257.jpg
b0170881_14264388.jpg
b0170881_1426514.jpg


洛東も城南菱創も、新入生を迎えていないこの時期は部員数が20人に満たないほどに少ないのが共通の特徴であり、悩みだろう。
そうした事情もあり、この日の試合前ノックは両校合同で行われた。合同ノックを初めて見たこともあって、非常に新鮮な光景だった。
ノックを行うのは洛東の角田コーチ。外野手には仙田監督がノックバットを振った。
それにしても、両校のユニフォームがそっくりなので、合同練習していても一見して不自然さがないのも面白い。
b0170881_14444860.jpg
b0170881_14445733.jpg

b0170881_1427665.jpg
b0170881_14271867.jpg

b0170881_14462181.jpg
b0170881_14463232.jpg
b0170881_14464011.jpg
b0170881_14464850.jpg
b0170881_14465648.jpg

撮影していた私にも、ほどよい緊張感がある中で行われたノックだったと思えたが、
「普段少人数で練習しているから、こうして一緒にノックを受けさせると、緊張感や競争意識、また格好悪いところは見せたくない といった気持ちが出るのがいいんですよ」
と、合同ノックの効用を両校の監督たちから教えていただいた。

(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2010-03-21 18:30 | 高校野球:練習試合 | Comments(10)
2010年 03月 17日
宇治・平等院 夕闇に染まる鳳凰
薄い曇り空に覆われた夕焼け時、平等院鳳凰堂の中堂屋根に据えられた鳳凰を撮影した。
b0170881_7275732.jpg

(EOS KISS X3 + EF70-200mm F4L IS USM + EXTENDER×1.4)

高校野球の撮影のために京都に出向くことが多い私にとって、わかさスタジアム京都の最寄り駅である阪急京都線の西京極駅と並んで利用頻度が高いのが、太陽が丘球場の最寄り駅となる宇治駅だ。
高校野球を観戦するようになるまでは、宇治といえば平等院というイメージだったものの、ここ数年は宇治に年間何度も足を運んでも、平等院に立ち寄ることはなかった。
しかし、(野球ではない)とある写真の撮影依頼を受けたこともあり、先日、宇治駅からバスに揺られて宇治田原町まで行き、その後で平等院を訪れた。

昨秋薬師寺を撮影したように、夕焼けをバックに鳳凰堂全体を撮りたいと思ったのだが、あいにくの薄曇り。
土門拳が撮影したような、中堂屋根の鳳凰にクローズアップした写真を撮ることに集中した。
そのうちに、曇越しの夕焼けの具合が次第によくなってきて、しかもきれいな夕焼けの時よりもずっと妖しげな様相で撮影することができた。
ちなみに撮影はライブビュー撮影で、背面液晶を見ながらマニュアルでピント合わせを行い、露出の具合も液晶画面で確認しながら、ややアンダーになるように設定した。

この写真は平等院の敷地外、宇治川のほとりから撮影したものだが、この写真を撮る前、拝観時間内には同様の写真を意図して平等院の敷地内で撮影した。
鳳凰の背後に太陽が位置する絶好の撮影条件だったのだが、鳳凰の上に1羽のカラスが止まって動かない。
そのうち飛び去るだろうと思ったのに、10分以上経っても動かない…。
b0170881_2315892.jpg

(EOS KISS X3 + EF70-200mm F4L IS USM)

鳳凰よりも自分の方が偉いと主張しているようなカラスの姿に、それはそれで面白い写真だと思って撮影したのだが、カラスのいない写真も撮りたい私とカラスとの我慢比べ(?)となり、時間切れでカラスの勝ちといったところ。
しかし、もしカラスが長時間止まっていなかったなら、最初に掲載した写真を撮影することはできなかっただろう。
その意味では、私を散々焦らしてくれたカラスに感謝すべきかもしれない。
[PR]

by photomoments | 2010-03-17 07:13 | 建物・街・風景 | Comments(4)
2010年 03月 10日
野球部練習訪問:乙訓高等学校硬式野球部-6
しばらく掲載してきた乙訓高校の練習訪問も今回が最終回です。

グラウンドで自主練習が行われる一方で、投手陣はウエイトトレーニングに励んでいた。
芝生に落ちる長く伸びた影の印象も手伝って、夕陽に向かってトレーニングに打ち込む様子は実に美しかった。
逆光撮影に弱いレンズ(17-55mm)なので、執拗に出るゴーストに悩みながら撮影した。
b0170881_21504984.jpg

b0170881_22234268.jpg

バーベルを背負ったまま両足を交互に前後に入れ替えることを繰り返し、最後にはバーベルを置いてダッシュ。
大変そうだと思いながら撮影していたのだが、この練習の様子を見ていた野手が「ピッチャーじゃなくてよかったぁ…」と言っていたのが何とも印象深かった。
b0170881_225294.jpg
b0170881_2253712.jpg

b0170881_2274686.jpg
b0170881_2275393.jpg
b0170881_228189.jpg

( ここまでは EOS Kiss X3 + EF-S17-55mm F2.8 IS USM )


同じ頃、三塁側では、二人一組で交替でトスバッティングが行われていた。
b0170881_22351983.jpg
b0170881_22352797.jpg

ちょうど背後に波板鋼板でできたブルペンの壁があって、暗い背景と夕陽に照らされる部員の様子がちょうどいい具合。
そのまま絞り優先モードで撮影すると背後の暗さに引っ張られて露出オーバーになってしまうため、マニュアル露出で露出アンダーに振って撮影することにした。
周辺の余分な要素を省くために、なるべく距離を詰めて上体にクローズアップすることで、真剣に練習に打ち込む部員の表情を切り取りたいという、自分が意図した写真に近づいたように思う。
b0170881_2240588.jpg
b0170881_22401525.jpg

( ここまでは EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8 L IS USM )

初めて訪れるグラウンドでは、緊張感や場に不慣れなことから、撮影に臨む自分自身に気持ちの余裕がないことが多い気がする。
逆に、何度もグラウンドに足を運んだことがあるなら、場の特徴もある程度頭に入っていて気持ちに余裕がある。
気持ちに余裕があれば、いろいろな撮影にトライする気にもなれるし、以前撮影したときの反省点を反映できる。
露出を思い切りアンダーに振って撮影するという今回の撮影意図は、実は前回訪問時の経験を踏まえたものでもあった。

b0170881_2353924.jpg

( EOS Kiss X3 + EF-S17-55mm F2.8 IS USM )

[PR]

by photomoments | 2010-03-10 00:02 | 高校野球:練習訪問 | Comments(13)
2010年 03月 07日
野球部練習訪問:乙訓高等学校硬式野球部-5
午後3時半ごろには全体練習が終了となり、全員が集合してその日の練習で気づいたことなどの振り返りを行った。
b0170881_18431992.jpg

( Eos Kiss X3 + EF-S17-55mm F2.8 IS USM )

その後は自主練習。残って練習したい部員が、トスバッティングや守備練習など、それぞれの練習を行っていく。
b0170881_18575370.jpg
b0170881_1858150.jpg

今回初めて、バッティング練習をする部員を正面からも(緑色のネット越しに)撮影してみた。
いつも固定的なアングルで撮影することが多いのだが、いろいろな撮影ポジションを見つけて撮影すれば新たな発見があるので、常にそれを意識したいと思った。
b0170881_18492151.jpg
b0170881_18492931.jpg


グラウンド内では数人の部員が守備練習。
b0170881_18551266.jpg

b0170881_18555413.jpg

( Eos Kiss X3 + EF70-200mm F4L IS USM )

b0170881_1856126.jpg
b0170881_1856799.jpg
b0170881_18562672.jpg
b0170881_18563238.jpg


守備練習を行うなかで、籠を担いでボール拾いを行う様子が何とも牧歌的な雰囲気だった。
b0170881_19101714.jpg

(特記なき写真は EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)
[PR]

by photomoments | 2010-03-07 19:13 | 高校野球:練習訪問 | Comments(4)
2010年 03月 04日
野球部練習訪問:乙訓高等学校硬式野球部-4
試合形式でフリーバッティングを行う2年生に対し、1年生が外野側のフェンスの外側で繰り返しランニングを行っていたので、その様子も撮影した。
b0170881_1927152.jpg


マネージャーが合図をしてダッシュを繰り返す。
b0170881_19303486.jpg
b0170881_19304348.jpg
b0170881_19305033.jpg
b0170881_19305813.jpg

繰り返し行われる練習なので、普段どおりに撮影をした後は、スローシャッターで流し撮りにトライしてみた。
シャッタースピード優先モードで1/60秒前後に設定し、ISO感度は100まで下げて、あとはひたすら撮影に没頭した。
まだまだコツをつかんでいないから、当然ながら歩留まりは芳しくない。
いい感じに思えても、ピントの芯が顔に来てなかったりして惜しい思いをしたショットもいくつかあった。
苦もなく流し撮りをこなせる人はすごいと思います…。私は練習あるのみです。
b0170881_2223976.jpg
b0170881_2224880.jpg

b0170881_2231279.jpg
b0170881_2232225.jpg

b0170881_2244877.jpg

個人的にはこの写真が一番よかったと思う。
b0170881_22538.jpg

(写真は EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)

(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2010-03-04 22:22 | 高校野球:練習訪問 | Comments(2)