<   2010年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2010年 09月 30日
平成22年度秋季京都府大会: 桃山 vs 宮津(前篇)
強豪私学同士の対戦のあとの第2試合は、桃山高校と宮津高校の公立校同士の対戦。
試合は桃山が初回から一死満塁と攻め立て、スクイズと適時打で3点を先制した。
2回表にも桃山が二死満塁の得点機を作ったが、宮津が0点に抑え、その裏の攻撃では一死一・二塁と反撃に転じた。
桃山はここで先発の北村投手から、ショートを守る中村峻太選手に投手交代してこの流れに抗そうとするが、宮津の1番 高岡選手が2点適時三塁打を放って3-2とした。
しかし試合展開は桃山が支配し続ける。
3回表にも桃山は無死満塁とすると、代打で登場した貞松選手が放った2点適時打で得点差を再び3点に広げることに成功した。
圧巻は4回表。2番 関口選手から始まった桃山の攻撃は7人連続の出塁を記録するなど、打者11人を送り込む攻撃となり、一挙に6点を挙げて試合を決定づけた。

二ケタ背番号を背負った選手が多くスタメン出場した桃山だったが、次々にベンチの選手を試合に送り出し、(正確にカウントしていないが)大半の選手が試合に出場した。
この先の戦いも見据え、手の内を見せない試合運びを念頭に置いた采配か?と思いながら撮影を始めたが、頻繁な選手交代を見て、その予測は誤りであることがわかってきた。
試合後に中野監督に話を伺うと、控えの選手にも試合出場のチャンスがあるということを意識し、選手たちにも意識させることを実践した選手起用だったようだ。


桃  山  302 600 0  11
宮  津  020 010 0   3(7回コールド)
(2010年9月25日(土) 太陽が丘球場 第2試合)

試合開始前のノックに臨む桃山の選手たちを率いて気合いを入れる貞松選手。
b0170881_21433844.jpg

両校の先発投手。宮津の矢野投手と桃山の北村投手。
b0170881_21435315.jpg
b0170881_2144133.jpg

1回表 一死満塁から5番 末松選手がスクイズを決めて桃山が1点を先制。末松選手は充実した表情を見せていた。
b0170881_21485660.jpg

続く6番 藤野選手の2点適時打で山本選手・稲原選手(写真)が生還。桃山は初回に3点を入れた。
b0170881_2152485.jpg


1回裏、一塁線上に上がった飛球に飛びつく松浦選手。
b0170881_21554228.jpg


b0170881_22182610.jpg

b0170881_22192783.jpg
b0170881_22193311.jpg
b0170881_22194037.jpg


2回裏 無死一塁の場面で、7番 大木選手が送りバントを決める。
b0170881_2222649.jpg

続く8番 矢野選手が四球を選んで出塁して一死一・二塁とし、二死一・二塁となった後、1番 高岡選手が右中間を破る適時打を放ち2走者が生還、3-2と追撃する。
b0170881_22265935.jpg
b0170881_2227529.jpg


3回表、桃山は無死満塁の追加点のチャンスを迎え、代打 貞松選手が2点適時打を放ち、5-2とリードを広げた。
b0170881_2232792.jpg

b0170881_22321490.jpg


(後篇に続きます)

ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-09-30 22:57 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(7)
2010年 09月 27日
平成22年度秋季京都府大会: 福知山成美 vs 立命館宇治
秋季大会二次戦の初戦で対戦するにはもったいないような組合せとなったこの日の第1試合。
福知山成美は不祥事で春季大会・選手権大会への出場ができなかったから、その姿を目にするのは昨秋の準々決勝(龍谷大平安戦)以来。
一方の立命館宇治も1月にグラウンド訪問をして以降、センバツでの観戦機会を作ることができなかったし、春季大会・選手権大会ではよもやの初戦敗退となったため、公式戦を見るのは昨秋の桂戦以来となる。

注目の1回表、福知山成美は1番 幕谷選手が右前打で出塁。
立命館宇治の先発 福本投手はこの回の制球に苦しみ、以降5人の打者に連続四死球を与えてしまい、この回いきなり3点を献上する。
2回表にも福知山成美は先頭打者 9番の津田選手が中前打で出塁すると、続く幕谷選手が送りバント。
ボールを処理した小林捕手が(ベースカバーの問題からか?)一塁にも送球できずバントヒットとなり、無死一・二塁のピンチを迎えてしまう。
3番 桑原選手が四球を選んで一死満塁とすると、4番 奥田選手が右犠打を放って1点を追加した。
3回・4回も先頭打者を出塁させる苦しい試合展開を何とかしのいだ立命館宇治が反撃を見せたのが4回裏。

3番 松井選手の本塁打で1点を返すと、5回には三塁打を放った9番 福本選手が生還して1点、6回裏にもさらに1点を返して4-3。1点差に追い上げた。
中盤は福知山成美を三者凡退に抑えたこともあって、立命館宇治に流れが移りつつあった。
両チームともに得点圏に走者を進めるものの、お互いに1点を与えない白熱した試合展開となった7回・8回を経て迎えた9回表。
この回の福知山成美の先頭打者、3番 桑原選手に本塁打を打たれて1点差の均衡が破れると、立命館宇治は送りバント処理に失敗して無死一・三塁のピンチを迎えてしまう。
ここで福知山成美の代打策が的中。代打 濱田選手が左中間を破る適時二塁打を放ち、勝敗の帰趨が決した。
立命館宇治としては、守備の乱れがことごとく得点に結びつく試合だった。


福知山成美  310 000 003  7
立命館宇治  000 111 000  3
(2010年9月25日(土) 太陽が丘球場 第1試合)

福知山成美の先発 津田投手と、立命館宇治の先発 福本投手。
b0170881_2149849.jpg
b0170881_21491260.jpg

1回表 無死満塁。4番 奥田選手への投球を後逸したのを見て三塁走者の幕谷選手が本塁突入。
ここはクロスプレーで立命館宇治バッテリーが先制点を阻止したが、立命館宇治はこの回に3点を失ってしまう。
b0170881_7213899.jpg

4回裏に本塁打を放った松井選手。
b0170881_21514226.jpg

6回裏 一死三塁の場面で、5番 小林選手が放った右犠打で松井選手が生還し、4-3と追い上げる。
突入の勢いの物凄さと、福知山成美の細田捕手が見せた悔しそうな表情が印象的なシーンだった。
b0170881_224027.jpg
b0170881_224645.jpg
b0170881_2241344.jpg

9回表 福知山成美の3番 桑原選手が本塁打を放ち、待望の追加点をあげた。桑原選手が試合中に見せたキャプテンシーも記憶に強く残った。
b0170881_2275226.jpg

9回に福本投手を救援した西垣投手。
b0170881_22101352.jpg

無死二塁から三塁線にバントを試みた7番 原選手に対し、西垣投手の一塁送球が乱れ、原選手と一塁カバーに入った土肥選手が交錯した。その間に二塁から濱田選手が本塁を衝いたが、土肥選手が好送球を見せて生還を阻止した。
b0170881_22145968.jpg
b0170881_2215651.jpg
b0170881_22151254.jpg

9回裏、立命館宇治の最後の打者となった1番 土肥選手。
下の写真はフレーミングは完全に失敗した1枚だったが、それがかえって情感を醸しているように思えるのは気のせいか…。
b0170881_22173610.jpg
b0170881_22174490.jpg


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-09-27 22:23 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(10)
2010年 09月 23日
平成22年度秋季京都府大会(一次戦): 京都両洋 vs 京都すばる(後篇)
前週の洛星高校グラウンドでの撮影で、300mmの単焦点レンズの他には広角ズームレンズの17-40mmしか持参せず、バッターボックスの撮影に難儀した反省から、この日は70-200mmのレンズも持参した。
300mmと70-200mmのレンズを適宜使い分けながら撮影したが、ファールエリアが小さいグラウンドでの撮影なら、無理に300mmのレンズを使わなくてもいいことを実感した。
300mmでバッターボックスを狙うと、被写体があまりにも近すぎて、ピントが来てほしいところにピントを合わせにくくなるし、上半身しかファインダーに捉えられないので、スイングの際の打者の動きでファインダーからロストしてしまうことも多くなる。
70-200mmのレンズを使って撮影すると、ファインダー内に選手をバランスよく捉えられるし、被写界深度も適度に確保できて非常に扱いやすかった。
投手や内野手の守備撮影においてもまずまず使うことができた(200mmで撮影して、感覚的には球場で300mmのレンズを使って撮っているような状態といったところ)。
私が使っているのはEF70-200mm F4L IS USMだが、色ノリは300mmよりもこってりしていて、絞り開放からシャープな像を得ることができて重宝するレンズだ。


b0170881_20565748.jpg
b0170881_2057392.jpg
b0170881_2057858.jpg
b0170881_20574457.jpg
b0170881_20575146.jpg
b0170881_20575799.jpg
b0170881_2058340.jpg

8回表、ここまでリードを許してきた京都両洋が2点を入れ、ついに逆転に成功する。
b0170881_2058968.jpg
b0170881_20581537.jpg

しかし京都すばるも8回裏、ライトに適時打を放って同点に追いつく。
b0170881_20582569.jpg
b0170881_20583128.jpg

b0170881_20583785.jpg
b0170881_20585966.jpg
b0170881_205951.jpg

9回表に再度2点を追加してリードを奪った京都両洋が二次戦進出を決めた。
b0170881_20591183.jpg


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-09-23 21:09 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(6)
2010年 09月 22日
平成22年度秋季京都府大会(一次戦): 京都両洋 vs 京都すばる(前篇)
洛水高校グラウンドでの第2試合は京都両洋と京都すばるの一戦。
最近しばしば観戦・撮影する機会のある京都両洋に対し、京都すばるは今年1月に練習訪問したものの、試合を観戦するのは中村憲投手(現広島カープ)がいた頃以来。
なぜかいつも撮影の機会を作ることができなくて、私が本格的に写真を撮るようになってからは初の試合撮影となる。

試合は序盤で5点をリードした京都すばるが優勢に進めていたが、京都両洋も4回に3点、6回に1点を返し、1点差で終盤を迎えた。
8回表に京都両洋が2点を挙げて逆転に成功した直後、京都すばるも1点を入れて同点となるという展開で、二次戦を賭けた両校の気持ちのぶつかり合いを見ているようだった。
9回表にも2点を挙げた京都両洋がこの試合を制し、二次戦進出を決めた。
京都両洋と京都すばる。一校だけしか二次戦に進出できないことが何とももったいない対戦だった。

京 都 両 洋  000 301 022   8
京都すばる  140 000 010   6
(2010年9月19日(日) 洛水高校グラウンド)

b0170881_373682.jpg
b0170881_374419.jpg
b0170881_375092.jpg

試合序盤は京都すばるペース。攻守両面で試合を支配していた感があった。
b0170881_3101592.jpg
b0170881_3102121.jpg
b0170881_3102682.jpg
b0170881_3103166.jpg
b0170881_3113462.jpg
b0170881_3114160.jpg
b0170881_3114746.jpg
b0170881_3115418.jpg

4回表に京都両洋も反撃開始。この回に3点を返したことで、一方的な試合展開から接戦へと変化していく。
b0170881_316324.jpg
b0170881_316386.jpg
b0170881_3164477.jpg
b0170881_3165049.jpg


(後篇に続きます)

ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-09-22 07:31 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(4)
2010年 09月 20日
平成22年度秋季京都府大会(一次戦): 西城陽 vs 洛水
19日は秋季大会一次戦の敗者復活戦。各ブロックの敗者復活戦を勝ち残った2チームが二次戦進出の最後のイスを賭けて戦う最後の日だ。
この日の会場は洛水高校、塔南高校、京都学園、同志社の4ヶ所。いずれも訪れたことのないグラウンドとなるが、その中から、洛水vs西城陽、京都すばるvs京都両洋の2試合が行われる洛水高校グラウンドを訪れることとした。

第1試合に登場する西城陽の試合は毎年必ずと言っていいほど見る機会があるし、この日ご一緒させていただいたMさんに連れられて3年ほど前にグラウンドを訪れたこともあるのだが、洛水の試合を観戦するのはこの日が初めて。
この一次戦で既に対戦済みの両校。8月29日に行われた一戦では12-6で西城陽が勝利しており、洛水としては二次戦進出が懸かっているだけでなく、敗戦の雪辱を果たせる機会としても頑張りたいところだ。

しかし試合は1回から西城陽ペース。初回に3点を挙げて試合の展開を自らの手に握ると、その後も加点を続け、6回に挙げた3点でコールド勝ちをおさめた。
洛水は6回に内野ゴロの間に挙げた1点のみに抑えられてしまった。早い段階で洛水が1点でも返していれば試合展開にも変化があったように思えるだけに、2回に四球で出塁した走者が右飛で帰塁できなかった場面など、反転攻勢に転じたいところで攻撃の歯車が噛み合わなかったことが惜しまれる。


洛    水  000 001   1
西 城 陽  304 103  11(6回コールド)
(2010年9月19日(日) 洛水高校グラウンド)

b0170881_19162994.jpg

b0170881_19174611.jpg

b0170881_19182292.jpg

b0170881_19185599.jpg
b0170881_1919111.jpg

b0170881_1915514.jpg

b0170881_19191183.jpg
b0170881_19192139.jpg
b0170881_19192846.jpg
b0170881_19193660.jpg
b0170881_1919432.jpg
b0170881_19195075.jpg
b0170881_19234715.jpg
b0170881_19235444.jpg

b0170881_19451192.jpg

b0170881_192422.jpg
b0170881_1924966.jpg
b0170881_19463832.jpg
b0170881_19241889.jpg


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-09-20 20:31 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(3)
2010年 09月 19日
平成22年度秋季京都府大会(一次戦): 桃山 vs 京都成章
洛星グラウンドでの第2試合は、一次戦Hブロックの決勝戦となる桃山vs京都成章。勝てば二次戦進出が決まる一戦だ。
京都成章は今年の夏ベスト4だし、遡れば全国準優勝校でもあるから、名前だけ見れば京都成章が優位と思えてしまう。
しかし昨年からの桃山を見ていると、たまたま私が観戦した試合がいずれも実力校との対戦で、敗れた試合でも接戦の末の敗退だったことに加え、2年生の選手が比較的多いチーム構成だったこともあって、この試合も好勝負になるのではないかと思っていた。

試合は桃山が初回から2点を先制したが、京都成章も直後に本塁打で1点を返して接戦となった。
追加点は桃山。5回表に4番 稲原選手の適時打で1点を追加し、試合の流れを自軍に引き寄せた。
テンポよく、そして粘り強く投げる徳田投手が2回以降京都成章打線を抑えてきたが、7回裏に2点を奪われ、3-3の同点とされてしまう。
しかし直後の8回表に桃山は追加点を挙げて再びリードを奪うと、8回・9回の京都成章打線の攻撃で得点圏に走者を背負いながらも0点に抑え、1点差で勝利した。

大谷・京都成章といった私学の実力校を破って二次戦に進出した桃山。スケジュールが合えば二次戦での戦いぶりも観戦したいと思ってしまう。

桃   山  200 010 010  4
京都成章  100 000 200  3
(2010年9月12日(日) 洛星高校グラウンド)

b0170881_044126.jpg
b0170881_0441616.jpg
b0170881_0442239.jpg
b0170881_0442764.jpg
b0170881_0443291.jpg

b0170881_04511.jpg

b0170881_0443746.jpg

5回終了後のグラウンド整備時に、自らの手のひらでグラウンドを整える桃山の部員たち。
b0170881_045848.jpg
b0170881_0451557.jpg
b0170881_045222.jpg
b0170881_0453960.jpg
b0170881_0454542.jpg
b0170881_0455264.jpg
b0170881_0455936.jpg
b0170881_0463313.jpg
b0170881_0463914.jpg

最後の打者を遊ゴロに打ち取り、二次戦進出を決めた桃山の一塁手 中村選手。
b0170881_0464587.jpg


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-09-19 00:55 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(6)
2010年 09月 17日
平成22年度秋季京都府大会(一次戦): 京都両洋 vs 洛星
9月12日(日)に行われた京都府大会一次戦。
この日も複数会場で開催されるため、どこに足を運ぼうか悩んだのだが、洛星グラウンドでの2試合を観戦することとした。

第1試合は京都両洋vs洛星。洛星を観戦するのは前週に引き続き2回目となる。
またこの対戦は一次戦の初戦で組まれたカードでもあり、このときは12-3の7回コールドで京都両洋が勝利している。
両校は公式戦に先立って練習試合でも対戦しているとのことで、練習試合時、一次戦の初戦と比べると洛星の試合内容もよくなりつつあるとのことだから、3度目の対戦でどのような試合を見せてくれるかを楽しみにしながら撮影した。

試合は初回に洛星が幸先よく1点を先制し、好守で投手を支えるなど優位な試合運びを見せたが、京都両洋は2回に同点に追いつくと、中盤以降着実に加点して勝利をおさめた。
洛星としてはヒット数では京都両洋を上回る14安打を放ったが、要所要所であと1本が出ず、初回の1点のみに終わった。

撮影位置がバッターボックスに近く、特に打席の様子を撮影するのに難儀した1日だったが、懸念していたネットフェンスの影響は、ネットが二重になっていないこともあって、覚悟していたよりはピント合わせに苦労しなくて済んだ。

洛   星  100 000 000  1
京都両洋  010 210 20X  6
(2010年9月12日(日) 洛星高校グラウンド)

b0170881_7283620.jpg
b0170881_7284216.jpg
b0170881_7285283.jpg
b0170881_7285930.jpg
b0170881_729671.jpg
b0170881_729131.jpg
b0170881_7291960.jpg
b0170881_7293226.jpg
b0170881_7294111.jpg
b0170881_7295383.jpg
b0170881_730137.jpg
b0170881_73096.jpg
b0170881_7303247.jpg
b0170881_7304847.jpg


この試合ではボールを体に当てたり、接触プレーがあったりと、見ていてヒヤッとする場面も何度かあった。
京都両洋の部員たちが敵味方の区別なく迅速にケアに走っていく姿が気持ちよく感じた。
b0170881_7371291.jpg
b0170881_7372325.jpg
b0170881_737316.jpg


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-09-17 07:39 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(6)
2010年 09月 13日
JET SKI
高校野球秋季大会の記事もあるのですが、ちょっと小休止?です…

8月末に夫婦で広島に帰省したときに、妻・母親と一緒に尾道・鞆の浦を訪れた。
実家からは船で尾道へ向かい、尾道から電車とバスを乗り継いで鞆の浦に行って鞆の浦を散策し、帰路は鞆の浦から尾道へ向かう船便(土日祝かつ期間限定)を使ってみた。
鞆の浦から阿伏兎観音を眺め、尾道水道に架かる尾道大橋・新尾道大橋を船上から見上げる航路のその途中で出会ったのが…

b0170881_20501083.jpg

カメラを持って後部デッキから阿伏兎観音や常石造船などを撮影し、一息つこうと席に戻ると、窓の外にジェットスキーを楽しむ姿が見えた。
高速で疾走するその姿がこちらにどんどん近づいてくる。
b0170881_20533372.jpg


今回の帰省では風景を撮るだけのつもりだったから、野球撮影に持って行く大きなカメラ・大きなレンズは当然持って帰ってなくて、ジェットスキーを撮ろうにも、入門機のKiss X3ではちょっと心許なかったのだが、滅多にない機会を前にそんなことは言っていられないので、70-200mmのレンズに付け替えて再度後部デッキに向かって撮影した。
最初は事情がわからなかったのだが、次第に、こちらの船が立てる波を求めてジェットスキーがやって来るのだと理解した。
また撮影時には気づかなかったものの、ジェットスキーを操っている方も私が撮影しているのをわかっていたようで、明らかにこちらを見てましたね。

b0170881_211220.jpg
b0170881_2103938.jpg
b0170881_2104523.jpg
b0170881_2105757.jpg
b0170881_210507.jpg

慌てて撮影を開始したので、カメラの設定が絞りF8、ワンショットAFになったままで最初は撮影してしまった…。
途中で気づいてAIサーボに切り替えて撮影しなおしたが、基本動作の大切さを疎かにしてはいけないと反省。
1D3と300mmの単焦点レンズの組合せだったら、もっと工夫しながら撮れたとは思うが、Kiss X3でもなんとか撮れたかな?といった印象。
X3は連写コマ数も少ないので、疾走するジェットスキーをファインダーでひたすら追いつつ、波にぶつかるタイミングなどを計算しながらシャッターボタンを押した。

撮影していたときは折悪しく天候が曇りがちになってしまい、夏らしい雰囲気の写真にならなかったのは残念だったが、時間にしてわずか5分ほど、非常に興奮する撮影をすることができた。
マリンスポーツの撮影をされる方もいるが、その動きや波しぶきのダイナミックさなどの面白さがわかり、ハマってしまいそうな感覚だった。
陸上から撮るのでは被写体との距離も遠くなるだろうし、その意味でも船上から近い距離で撮れたこの機会は貴重だったのかもしれない。
そして、ジェットスキーを乗りこなしてみたいと思うよりも先に写真撮影が楽しく思えてしまう自分は、やっぱりスポーツ写真の撮影が好きなんだ と、再認識したひとときだった。


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-09-13 22:32 | SPORTS | Comments(12)
2010年 09月 12日
平成22年度秋季京都府大会(一次戦): 田辺 vs 桂
この日の第2試合は田辺vs桂。
桂は何度か試合を観戦したことがあったのだが、田辺の試合を目にするのは今回が初めて。
試合は序盤から田辺が着実に加点してリードを広げ、桂に得点を許すことなく勝利をおさめた。
両校を見比べながら撮影をしていても、この得点差ほどの力の差があるようには思えなかったのだが、7回コールドゲームとなった試合結果を前に、新チーム結成から間もない秋季大会一次戦特有の難しさを思った。


  桂    000 000 0   0
田  辺  024 110 X   8(7回コールド)
(2010年9月5日(日) 洛西高校グラウンド)


b0170881_22291538.jpg
b0170881_22292371.jpg
b0170881_22293032.jpg
b0170881_22293968.jpg
b0170881_22585138.jpg
b0170881_22585770.jpg
b0170881_2259474.jpg
b0170881_2259124.jpg
b0170881_22594252.jpg
b0170881_22595098.jpg
b0170881_2302339.jpg
b0170881_2303015.jpg
b0170881_231055.jpg
b0170881_231718.jpg
b0170881_2311485.jpg
b0170881_231211.jpg


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-09-12 23:04 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(2)
2010年 09月 11日
平成22年度秋季京都府大会(一次戦): 洛星 vs 洛西
9月5日(日)、秋季大会、つまり各校新チームとなって最初の高校野球撮影に出かけた。
京都の場合、市部では一次戦を経て二次戦となるが、一次戦は学校グラウンドで行われることが多く、緑色のネット越しの撮影となるため、球場で撮影するよりもずっと難しい。
また同日に多数の会場で試合が行われるため、足を運びたい試合がいくつかあっても見に行けないことも多い。
そんなこんなの諸条件を考えた末、この日は洛西高校グラウンドで行われる洛星vs洛西、田辺vs桂の2試合を観戦することにした。
洛西高校グラウンドの利点は、本塁からは遠くなってしまうものの、ネット越しの撮影ではないこと。
これを重視したのだが、折からの酷暑で水分を含まないグラウンドの色が白すぎて、撮影には難儀することになった。

この夏、洛星は綾部戦、洛西は北嵯峨戦を観戦して以来の観戦。
この試合は序盤から洛星がペースを握り、着実な加点を重ねて5回コールド勝ちをおさめた。


洛  星  320 51    11
洛  西  100 00     1(5回コールド)
(2010年9月5日(日) 洛西高校グラウンド)

b0170881_21134855.jpg
b0170881_2113558.jpg
b0170881_2114351.jpg
b0170881_211481.jpg
b0170881_21141520.jpg
b0170881_2114233.jpg
b0170881_21142919.jpg
b0170881_21143768.jpg
b0170881_21154279.jpg
b0170881_21161149.jpg
b0170881_21161875.jpg
b0170881_21163438.jpg
b0170881_21164088.jpg
b0170881_21164752.jpg
b0170881_2117226.jpg
b0170881_2117939.jpg


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-09-11 21:20 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(6)