<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2011年 01月 30日
龍谷大平安 OB戦-3
OB戦の第1試合は、3年生チームvs OBチーム。OB戦ということで、3年生たちも次々とメンバーチェンジして出場してくる。
公式戦で私が見る機会がなかった部員たちもバッターボックスに立ったり守備につくのが撮っていて楽しく感じた。
今回と次回は、そんな3年生の試合の様子を中心に掲載します。

b0170881_0351963.jpg
b0170881_0352741.jpg
b0170881_0353333.jpg
b0170881_0355789.jpg
b0170881_036567.jpg
b0170881_0361320.jpg
b0170881_0374883.jpg
b0170881_0375881.jpg
b0170881_0381342.jpg
b0170881_042011.jpg
b0170881_042876.jpg


(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2011-01-30 01:04 | 高校野球:練習訪問 | Comments(2)
2011年 01月 22日
龍谷大平安 OB戦-2
ウォーミングアップの後はキャッチボール。これも日頃の練習よりは短めだったように思った。
次第に距離を延ばして遠投をしていたが、目の悪い私には、霧の中で投げたボールの行方がまったくわからない。やはり彼らはすごい と、感心しながらの撮影だった。

b0170881_14185945.jpg
b0170881_1419558.jpg
b0170881_14191135.jpg
b0170881_14191710.jpg
b0170881_14192563.jpg


OB戦の試合開始前にはチアダンス部のパフォーマンスが行われた。
普段撮りなれないジャンルの撮影だから本当に難しく感じるが、彼女達のパフォーマンスを見るのは2008年の100周年記念試合、OB戦に続いて3回目なので、ポンポンを使って「ヘイアン」の文字を作るタイミングなど、以前の記憶を頼りに、展開を予測しながらの撮影となった。

b0170881_14361142.jpg
b0170881_14471093.jpg
b0170881_14471947.jpg
b0170881_14472630.jpg


そしてOB戦第1試合の直前に集合写真を撮影。この頃になると霧も晴れてきて、背景に青い空をおさめての集合写真が撮影できた。

b0170881_14514520.jpg


(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2011-01-22 14:58 | 高校野球:練習訪問 | Comments(6)
2011年 01月 16日
龍谷大平安 OB戦-1
随分と時間があいてしまいましたが、昨年12月、龍谷大平安亀岡グラウンドで開催されたOB戦に足を運んだので、その際の模様をアップします。

龍谷大平安のOB戦を見させてもらうのは2008年以来2回目。JRを乗り継いで亀岡に向かった。
嵐山を過ぎて保津峡に分け入っていくと、急に霧が立ち込めたので驚いた。冬季には京都・亀岡の気候の変化が大きいことはわかっていたのだが、深い霧を眺めながらの移動には情緒をも感じた。しかし保津峡を越えて亀岡に至っても周囲は深い霧に包まれていたことに再度驚かされた。
この天候でOB戦ができるのか?と思いながらタクシーに乗ると、運転手さんが「亀岡は10時を回るまでは霧がかかることが多いですよ。今日もそうでしょうね」と教えてくれた。
グラウンドに到着したのは9時少し前。次第にOBたちもグラウンドに集まりはじめた。しかし10時を回っても肝心の霧は晴れることがなく、霧の中で3年生たちのウォーミングアップが行われた。

b0170881_1726162.jpg
b0170881_17261748.jpg

b0170881_172818.jpg
b0170881_1728759.jpg

11時少し前になっても霧はこの状態。そのなかで3年生のウォーミングアップが始まった。
和やかな表情を見せながら行われるウォーミングアップはOB戦ならではのものだろう。
b0170881_17314365.jpg
b0170881_17314896.jpg
b0170881_17315365.jpg
b0170881_17315946.jpg
b0170881_1732661.jpg
b0170881_17321375.jpg
b0170881_1732198.jpg

b0170881_17332894.jpg
b0170881_17333483.jpg
b0170881_17334255.jpg


(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2011-01-16 17:41 | 高校野球:練習訪問 | Comments(6)
2011年 01月 06日
新聞への写真・記事の寄稿
京都府南部、宇治市・城陽市などを発行エリアとする地域紙に、城南新報がある。
城南新報には少年野球などの記事や、ベースボール倶楽部のたっちゃんさんが執筆した記事を随時掲載したりと、野球関係の記事が充実しているのが大きな特色となっている。
その城南新報の社長さんとは高校野球の撮影を通して知り合いとなったのだが、昨年2月ごろに社長から、翌年元旦号の1面に掲載する写真を撮影してもらえないか とのお話をいただいた。
撮影における条件として、元旦号の1面に掲載する写真は宮中歌会始の御題にちなんだ題材で毎年掲載していて、2011年の御題は「葉」であること、撮影地は新聞発行エリアに限定してほしいこと などが伝えられた。
そのときは面白そうだなぁと思ったことと、取り組み甲斐のあるありがたいお話だと感じたこともあって、少し考えた末にお引き受けした。

ちなみに、前年(2010年)の宮中歌会始の御題は「光」。光がテーマなら被写体は多岐にわたるし、どんなものでも被写体にできるように思えるが、「葉」となると案外難しい。
たとえば、遠くから撮影したら、それは葉というよりも木になってしまうし、ほどほどのスタンスで撮影すると中途半端な写真になる。かといって1枚の葉を単純にクローズアップ撮影しただけではひねりがない。こうしたことはお引き受けした当初から想定できたのだが、実際に撮影してみると予想通り難しい主題だった。
また、依頼を受けた時点ではカラー刷りかどうかも確定しておらず、モノクロ掲載の場合もイメージしながら撮影を行う必要があった。
自分が撮りたいものを撮るのとは異なり、依頼に応える写真を撮るのはある種のプレッシャーが存する。また、野球の撮影やコンサートの撮影のように撮るべき対象が明確なケースとは異なり、大きな漠然としたテーマを撮影結果につなげることも難しいと改めて実感した。

宇治エリアで「葉」といえばお茶 という、ちょっと安直な発想で宇治田原町に足を運び、春まだ早い時期の収穫の様子を拝見したのをスタートに、秋は隔週ペースで大阪から宇治方面に足を運んだ。これまでは太陽が丘球場と平等院界隈しか知らなかったのに、城陽市も散策したし、白山神社のような知らなかったスポットでのんびりした時を過ごしたりもできた。
何度かにわたる撮影行の結果、元旦号に掲載することとなったのは平等院入口で撮影した一枚。
紅葉の季節を迎え、木々が鮮やかな色をみせるなか、常緑樹の植え込みの上に黄色く色づいた一葉のモミジが落ちているのを対比的に狙った何気ない写真である。だがそこで日々新聞を刊行されているスキルが光る。掲載する写真選定の打合せをしているその場でこの写真に、「秋を受け止めた緑の葉が春を待つ」と、上手なコピーをつけていただいた。

b0170881_20251637.jpg

掲載された写真は( EOS-1D MarkIII + EF100mm macro F2.8 USM )にて撮影したもの


それともうひとつ。スポーツ写真の撮影に関する記事を5段抜きで書いてほしいと依頼され、はなはだ僭越とは思ったものの、コラム記事を書かせていただいた。

b0170881_20252558.jpg


十分にスペースはあるようでも字数にすれば2,000字ほど。ごく基本的なことを述べるだけで終わってしまった。
「野球の取材・撮影をしていると、親御さんたちから『絞りやシャッター速度はどのくらいに設定して撮ってるんですか?』と聞かれることが多いので…」という社長の意向を踏まえ、カメラの諸設定について書きたいと思って取りかかったが、きちんとピント合わせを行うことなど、最も基本的な事項について書いていくと字数が足りなくなった。
読む人が読めば、当たり前すぎることしか書いていないと思われるような内容だが、被写体をなるべく大きく捉え、しっかりとピントが合った写真を撮ることが何よりも大切なことだと思うし、それなくして絞りやシャッター速度を云々してもあまり意味がないので、結果的にはよかったのかもしれない。

この記事が読まれた方にとって若干でも参考になる記事となっていれば幸いです。
[PR]

by photomoments | 2011-01-06 23:42 | コラム・随筆 | Comments(22)
2011年 01月 01日
明けましておめでとうございます
b0170881_23375528.jpg

( Eos Kiss X3 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM )


昨年同様、今年も年賀状素材をほぼそのままアップしました。
今回の素材は、昨秋京都市内に竣工したビルの壁面に取り付けられたオブジェを写したものです。
幾何学的要素で構成された金属製のオブジェが斜め上方から射す光に照らされる姿に注連縄のような趣を感じました。

昨年12月は時間の確保が難しかったこともあり、ブログ記事の更新をほとんど行えませんでしたので、これが久々の更新になります。
省みると、昨年はかなり頻繁に高校野球に足を運びました。
今年は昨年のように足しげく高校野球を見るのは難しいかもしれませんが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by photomoments | 2011-01-01 00:01 | コラム・随筆 | Comments(24)