「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2012年 05月 20日
平成24年度春季京都府大会: 龍谷大平安 vs 京都すばる(後篇)
b0170881_18552951.jpg

井澤選手の2点本塁打で追加点を挙げ、ベンチで見守る原田監督の表情も和らぐ。



中盤になると、龍谷大平安が鈴木投手を捕えはじめる。
何とか守り凌ぎたい京都すばるだったが、攻勢を止めることが次第に難しくなっていった。
あと一歩のところで取れそうな「アウト」がなかなか取れない京都すばる。もどかしさを感じながら撮影していた。
試合終了後、京都すばるの先生と少しお話させていただいた際に、そんなもどかしさをお伝えしたのだが、
打球・走塁の僅かな速さの差でも、試合になれば大きな差になるし、それが両校の地力の違いだという趣旨のことをおっしゃられた。
ただ、秋・春と二次戦に進出して強豪校との試合を公式戦で・球場でできたことは、練習試合では得られない経験なのだ とも。

好感のもてる京都すばる。この敗戦が、夏の大会までにより強くなるための一戦であってほしい と思った。

b0170881_19105855.jpg
b0170881_1911463.jpg

b0170881_1916196.jpg

b0170881_19163873.jpg

龍谷大平安の5回裏の攻撃は、瀧野捕手が本塁クロスプレーを落ち着いて処理し、3点で止めた。
b0170881_19164659.jpg
b0170881_19165514.jpg


6回に入っても試合の流れは龍谷大平安に傾いたまま。京都すばるは、勢いが止められないままに5点を追加された。
この回の2度の本塁クロスプレーはいずれもセーフ。流れがそのまま反映されたかのようだった。
b0170881_19325619.jpg
b0170881_193312.jpg
b0170881_19331210.jpg
b0170881_1933207.jpg


b0170881_19342165.jpg
b0170881_1934315.jpg

レフトの青木選手が2番手投手として登板。好リリーフを見せた。
b0170881_19345735.jpg


龍谷大平安は、7回表の京都すばるの攻撃を0点に抑え、完封勝ちを収めた。
b0170881_19392748.jpg

b0170881_1938334.jpg

b0170881_2073049.jpg

[PR]

by photomoments | 2012-05-20 20:08 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(6)
2012年 05月 11日
平成24年度春季京都府大会: 龍谷大平安 vs 京都すばる(前篇)
b0170881_2151787.jpg

京都すばるの背番号1を背負った鈴木投手。身長190cmを超す大型投手が龍谷大平安に対峙した。



  京都すばる
  000 000 0   0
  000 135 X   9 (7回コールド)
  龍谷大平安
  (2012年5月3日(木・祝) 太陽が丘球場 第2試合)


この日の第2試合は龍谷大平安と京都すばる。練習の様子も見させてもらったことのある学校同士であり、楽しみな対戦だった。
京都すばるは鈴木投手が先発。1年生の時に登板したのを見て以来だから、当時と比べてマウンド上での所作が落ち着いたように思えた。
1回裏のピンチを好フィールディングでしのいだ鈴木投手。2回・3回と龍谷大平安を押さえてきたが、4回裏に1点を失う。
龍谷大平安は、5回に1番 井澤選手の本塁打などで3点を挙げて突き放すと、6回にも集中打で5点を追加し、7回コールドで勝利を収めた。
龍谷大平安の田村投手は、2回にピッチャー返しの打球がスパイクに当たるアクシデントがあったが、その後も安定した投球を続け、京都すばるを2安打無失点に抑えた。


龍谷大平安 田村投手。
b0170881_22183827.jpg

b0170881_22161094.jpg

b0170881_22155224.jpg


試合序盤は互いに好守も見られ、締まった試合展開だった。
b0170881_22162220.jpg
b0170881_2216692.jpg
b0170881_22163460.jpg
b0170881_22161767.jpg
b0170881_2218059.jpg


京都すばるの4番 高寺選手のスイングから。
b0170881_22214817.jpg
b0170881_22213137.jpg
b0170881_22215941.jpg


 (次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2012-05-11 22:28 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2012年 05月 06日
平成24年度春季京都府大会: 立命館 vs 京都国際(後篇)
b0170881_16404872.jpg

京都国際にじわじわ点差を詰められていた立命館だが、7回裏に山中選手が生還する。


初めて立命館の選手たちを写真におさめたのは2007年の春季大会。立命館が優勝した大会だ。
その年に行われた乙訓との練習試合を観て以来常に感じているのが、(以前の記事で触れたかもしれないが)選手たちの表情のよさ。
一本芯の通った面構え と言えばよいのか、試合に臨む気持ちの強さが伝わってくる選手が多い点において、立命館は京都随一だと感じている。


b0170881_6581328.jpg
b0170881_6574642.jpg


7回表、京都国際は2点を返して6-3と追い上げを見せる。
b0170881_73544.jpg
b0170881_74346.jpg
b0170881_741333.jpg


3回の大量点以降得点できなかった立命館。7回裏に貴重な追加点を入れる。
b0170881_751615.jpg


8回からは坂戸投手がマウンドに上がった立命館。
全身を使って投げるダイナミックさは、スローシャッターで撮影する方が表現できると感じた。
b0170881_7102880.jpg
b0170881_7123655.jpg

京都国際の代打 岩崎選手の一塁線強襲の打球を好捕、ベースカバーにダイビングした坊農選手。
b0170881_7164299.jpg
b0170881_7165363.jpg
b0170881_7165917.jpg


8回裏、2番手投手として石原投手を送った京都国際。
b0170881_720090.jpg
b0170881_7193550.jpg
b0170881_7201852.jpg

[PR]

by photomoments | 2012-05-06 07:22 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(10)
2012年 05月 04日
平成24年度春季京都府大会: 立命館 vs 京都国際(前篇)
b0170881_1935350.jpg

一挙6点を奪った3回裏の立命館の攻撃から。5番 鯰江選手の適時打。


  京都国際
  000 100 210   4
  006 000 10X   7
  立 命 館
  (2012年5月3日(木・祝) 太陽が丘球場 第1試合)


3月・4月と、記事更新を一切しなかったので、本当に久々の更新です。
何しろ、スポーツ写真撮影自体が10月のテニス撮影以来となるので、半年以上のブランクに不安を感じながら太陽が丘に向かった。
撮影の「勘」が鈍っているだろうと思っていたが、それはさほどでもなかった(撮りたいシーンをいくつか取り逃がしましたが…)。
ただ、体そのものがなまっているということだろう、撮影機材一式を背負っての移動がかなり体に堪えた。


3回裏に6点を挙げた立命館が終始試合を支配した感があった。
京都国際も反撃の得点を積み重ねていくが、6点はあまりにも重かった。


※今回、掲載画像のサイズを大きくしました。横長画像は画像をクリックすると拡大表示されます(縦長画像は同サイズです)。

両校の先発投手 立命館の上原投手と、京都国際 山本投手。
b0170881_20302470.jpg

b0170881_20335024.jpg


b0170881_20303195.jpg
b0170881_20303882.jpg
b0170881_20304358.jpg
b0170881_20305094.jpg
b0170881_20305662.jpg
b0170881_2031636.jpg
b0170881_20311547.jpg
b0170881_20312391.jpg
b0170881_20423583.jpg


(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2012-05-04 20:48 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(10)