「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2015年 05月 26日
本の発売について
本日5月26日(火) 私の写真が掲載された書籍「ことだま 野球魂を熱くする名言集」が集英社様から発売になりました。

b0170881_10492825.jpg

ことだま 野球魂を熱くする名言集」 (編者:「野球太郎」編集部・石井孝)


イチロー・上原浩治・前田健太といった現役選手や長嶋茂雄・王貞治といった名選手・名監督、さらには高校野球指導者の方々の言葉を、写真にのせて贈る名言集 です。

ネット上で私の写真を見た編者の方から使用依頼があったのが昨年秋。
打合せや具体的な作業を開始したのが2月末頃。
4月に入ってからは、写真の内容に応じ、被写体の方からの許諾取得のために当時の先生・監督や保護者の方々に連絡を行う一方、印刷物の仕上り具合のチェックなど、いろいろな作業を進めてきました。
許諾取得の過程では、多くの方にご協力いただきました。本当にありがとうございました。

表紙は社高校。2007年9月17日 社vs神港学園 で撮影した写真です。
b0170881_1050067.jpg

当初は数枚載せる程度かな?と思っていましたが、最終的にはイメージフォトを含めておよそ60枚、全体の85%ほどになりました。
原稿チェック用に受領したPDFデータを使って、コラージュ画像を作ってみました。
本の内容を少しイメージしていただけるでしょうか。
b0170881_1050191.jpg

昨日仕事帰りに梅田で書店に立ち寄ると、既に本が平積みで置かれており、本を手に取って中を見ている人もいました。
自分が撮影した写真が本になり、書店に並ぶさまは、以前フォトコンテスト入賞作品展で感じた思いとどこか似ていて、
嬉しさがある一方、撮った写真が自分のものではなくなるような、ちょっと表現しづらい不思議な心境でした。

[PR]

by photomoments | 2015-05-26 06:11 | 野球写真撮影 | Comments(28)
2015年 05月 23日
平成27年度 春季京都府大会: 大谷 vs 城陽(後篇)
b0170881_7565091.jpg

8回裏、反撃の適時三塁打を放った鈴木選手。気迫のこもった表情で応援席に応えた。


8回裏の城陽の攻撃は非常に見応えがあった。
意気消沈してあっさりコールドゲームになってもおかしくない試合展開を払拭し、最終回も、まだ4点負けているけれど、ひょっとしたら…と思わせてくれた。
当然撮影のモチベーションも高まったし、カメラ・レンズのレスポンス・精度まで高くなった気がした。
春の京都府大会を観戦した中で一番堪能できた試合でした!


b0170881_758889.jpg
b0170881_7581587.jpg

8回表にも大谷高校は、機動力と連打を絡めて3点を追加し、コールドゲームの気配が濃厚になる。
走力を駆使した髙山選手の本塁突入は、捕手のタッチが成立したように見えた際どいプレーだったが、生還を果たした。
b0170881_813580.jpg
b0170881_810974.jpg
b0170881_8104518.jpg
b0170881_8105058.jpg

8回裏の城陽。鈴木選手の三塁打で2点を返し、代打 中前選手の適時打で鈴木選手も生還した。
b0170881_811230.jpg
b0170881_8183543.jpg
b0170881_8184324.jpg
b0170881_831101.jpg
b0170881_8354117.jpg

9番 古島選手も適時打で続き、城陽はこの回 一挙4点を返した。ベンチ・応援席へのアピールが慎ましく初々しいところも印象的。
b0170881_8354921.jpg
b0170881_8355756.jpg

9回表の大谷の攻撃を三者凡退でリズムよく終えた城陽。
b0170881_836591.jpg

守備の乱れも手伝って、大谷の上坂投手を攻め立てる城陽。
4点差あるとは言えど、その点差を感じさせないようなムードがあったが、上坂投手が0点に抑えて試合は終了した。
b0170881_8363487.jpg
b0170881_8364384.jpg
b0170881_8365029.jpg
b0170881_8554930.jpg

試合終了後にバックネット裏の観客席に向かって一礼する城陽の選手たち。
b0170881_8555723.jpg

[PR]

by photomoments | 2015-05-23 09:22 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2015年 05月 22日
平成27年度 春季京都府大会: 大谷 vs 城陽(前篇)
b0170881_016936.jpg

大谷高校応援席の様子より


  大 谷
  012 011 130   9
  001 000 040   5
  城 陽
  (2015年5月3日(日) 太陽が丘球場 第3試合)

太陽が丘での春季大会観戦の最後は大谷vs城陽。
城陽の二次戦進出は私にとって新鮮で、大谷との対戦により、一次戦3試合を勝ち抜いてきた力を見ることができるのが楽しみでもあった。
胸の校名が見えなければ少々見分けづらいユニフォームの両校だが、選手たちの表情は違う。
強豪復権を目指す大谷の選手たちが漂わせる精悍さに対し、城陽の選手たちからは普通の公立校らしい、いい意味での純朴な雰囲気を感じた。
その印象のまま、大谷が先制点を挙げて以降も着実な加点を繰り返し、8回表を終わって9対1と、8回コールドゲームとなる可能性濃厚で迎えた8回裏だったが…。


大谷高校の先発 芝田投手と、城陽高校の先発 児玉投手。両校の印象の違いを露出補正で反映してみた。
b0170881_0164723.jpg
b0170881_0165310.jpg
b0170881_0165899.jpg
b0170881_0174748.jpg
b0170881_017537.jpg

三塁ベースをめぐるクロスプレーが幾度も繰り広げられた試合だった。
b0170881_0175816.jpg
b0170881_018388.jpg
b0170881_018847.jpg
b0170881_0181692.jpg
b0170881_0182113.jpg
b0170881_0182617.jpg
b0170881_019383.jpg
b0170881_0191041.jpg
b0170881_0192516.jpg
b0170881_0201993.jpg

軽い曇天だったことが幸いするのか、内蔵エクステンダーの合焦精度がこれまでになく高かった。
絞り開放 かつ換算728mm相当の焦点距離でもピントの合った写真が多く撮れた。送りバントの写真は等倍で確認してもエクステンダー特有の緩さを感じなかった。
b0170881_0202971.jpg
b0170881_0203563.jpg
b0170881_0204398.jpg
b0170881_0205029.jpg


(後篇に続きます)
[PR]

by photomoments | 2015-05-22 05:55 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2015年 05月 17日
平成27年度 春季京都府大会: 福知山成美 vs 乙訓
b0170881_23453026.jpg
b0170881_23453930.jpg

2回表 福知山成美 矢野選手の2点本塁打


  福知山成美
  150 020 010   9
  000 003 000   3
  乙 訓
  (2015年5月3日(日) 太陽が丘球場 第2試合)

昨夏 延長戦に突入した両校の対戦は乙訓が制したが、この試合は序盤から福知山成美の一方的なペースで、前年の借りを返した形となった。
試合開始前の選手の風貌を見た第一印象として、パワー野球の雰囲気よりも、小技を織り込んでくる選手が多い印象の福知山成美だったが、
四球と連打を絡めた攻撃に本塁打を交え、乙訓を圧倒した感があった。
乙訓としては自分たちの持ち味を発揮しきれない不完全燃焼な試合だったのではないかと思われるが、
市川新監督の下で、夏までにどのようなチームに進化しているのか、楽しみにしたい。

b0170881_23454946.jpg
b0170881_23455346.jpg
b0170881_23455879.jpg
b0170881_234643.jpg
b0170881_2346989.jpg
b0170881_23461457.jpg
b0170881_23461993.jpg

6回裏、乙訓は松川選手の2点本塁打などで3点を返す。
b0170881_2346247.jpg
b0170881_23462879.jpg
b0170881_23463466.jpg
b0170881_23463823.jpg

[PR]

by photomoments | 2015-05-17 09:32 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(4)
2015年 05月 13日
平成27年度 春季京都府大会: 京都すばる vs 鳥羽
b0170881_2326413.jpg


  京都すばる
  032 001 001   7
  001 000 000   1
  鳥 羽
  (2015年5月3日(日) 太陽が丘球場 第1試合)

京都の公立の雄ともいうべき両校の対戦を見るのはおそらく4年ぶり。
僅差での試合展開を勝手に予測していたので、予想外の得点差で京都すばるが勝利した。
安打数では双方に大差なかっただけに、京都すばるのバッテリー・守備陣が要所要所で鳥羽打線を抑えたことが大きかった。

b0170881_23272084.jpg

b0170881_2329866.jpg
b0170881_23291345.jpg
b0170881_23291960.jpg
b0170881_23292459.jpg
b0170881_23292951.jpg
b0170881_23293811.jpg
b0170881_23294394.jpg
b0170881_23294881.jpg
b0170881_23295427.jpg
b0170881_23302273.jpg
b0170881_23302875.jpg
b0170881_23312555.jpg
b0170881_23313217.jpg
b0170881_23313775.jpg
b0170881_23314281.jpg
b0170881_23314766.jpg
b0170881_23315394.jpg
b0170881_23315772.jpg

[PR]

by photomoments | 2015-05-13 06:14 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2015年 05月 09日
平成27年度 春季京都府大会: 立命館 vs 府立工業
b0170881_19263389.jpg

3回裏 立命館は果敢な走塁で府立工業を逆転した


  府立工業
  100 100 0   2
  003 440 X  11 (7回コールド)
  立命館
  (2015年5月2日(土) 太陽が丘球場 第3試合)

府立工業が初回に1点を先制して始まった試合は、7回コールドという やや予想外の展開で立命館が勝利した。
三塁側中心で試合観戦していたので、三塁ベースを蹴って本塁へと駆け抜けるシーンが続出し、乾燥したグラウンドから立ち上る砂煙も含め、非常に見応えがあった。
ファインダー越しの目線では、躊躇せず積極的な走塁を見せた立命館がクロスプレーをモノにし、府立工業を破ったという印象だ。
以前の観戦時にも触れたが、私の中での立命館は、野球のスタイルや選手の醸し出す雰囲気、バッティングのインパクトの瞬間に目を閉じる選手が少ないことなど、
選手の世代が入れ替わっても、立命館らしいなと思わせる何かが存在している。

b0170881_19265173.jpg
b0170881_19265632.jpg
b0170881_1927056.jpg
b0170881_1927555.jpg
b0170881_1927921.jpg
b0170881_19271453.jpg
b0170881_19271948.jpg
b0170881_19272516.jpg
b0170881_19273071.jpg
b0170881_19273468.jpg
b0170881_19273992.jpg

[PR]

by photomoments | 2015-05-09 21:07 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2015年 05月 06日
平成27年度 春季京都府大会: 京都共栄 vs 洛東
b0170881_10405521.jpg

4回裏 洛東の中川選手が見せたファインプレー


  洛 東
  310 000 000  4
  102 220 01X  8
  京都共栄
  (2015年5月2日(土) 太陽が丘球場 第2試合)

最近力をつけている印象のある洛東高校。
一次戦のときに第1試合開始前に洛東グラウンドにお伺いしたものの、所用があって観戦せずにグラウンドを後にしただけに、二次戦で観戦できることが叶い、楽しみにしていた。
1回・2回で計4点を挙げ、面白い試合展開だと思っていたが、3回以降は京都共栄が着実に加点して逆転に成功。そのまま勝利した。
洛東としては与死球が多かったことなど、粗い試合運びが悔やまれる点だろうが、
(昨年夏にも感じたが)レンズ越しに見る選手の眼差しの強い選手が多いことなどは数年前の洛東から感じられなかった変化だし、ベンチ入りメンバーの雰囲気も良く、
夏に向けて精度を上げれば楽しみなチームになりそうだ。

b0170881_10281153.jpg
b0170881_10281699.jpg
b0170881_10282344.jpg
b0170881_10282980.jpg
b0170881_10284056.jpg

死球を与えてしまったときは、ベンチのメンバーも脱帽して謝る。
b0170881_10285222.jpg

b0170881_10285798.jpg

[PR]

by photomoments | 2015-05-06 11:38 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2015年 05月 04日
平成27年度 春季京都府大会: 立命館宇治 vs 久御山
b0170881_1353072.jpg

試合を心底楽しんでいるような表情が印象的だった久御山の選手たち(左:小林選手・右:畑中捕手)


  立命館宇治
  000 000 300  3
  000 100 000  1
  久御山
  (2015年5月2日(土) 太陽が丘球場 第1試合)

昨秋の近畿大会以来の野球撮影です。
試合前半、毎回のように得点圏に走者を進めた久御山に対し、立命館宇治にとってはフラストレーションの溜まるような試合展開。
ベンチ内の卯瀧監督の叱咤の声がたびたび聞こえてきたが、7回に集中打を重ねた立命館宇治が3点を挙げて逆転し、勝利を収めた。
敗れたものの、試合を楽しんでいたように見えた久御山。三塁を守っていた小林選手を筆頭にいい表情を見せる選手が多く、自ずとレンズを向ける機会も多くなった。

b0170881_13531586.jpg
b0170881_13532375.jpg
b0170881_13533170.jpg
b0170881_1353417.jpg
b0170881_13535062.jpg
b0170881_13535774.jpg
b0170881_13544854.jpg
b0170881_13545770.jpg
b0170881_1355489.jpg
b0170881_13551157.jpg

[PR]

by photomoments | 2015-05-04 16:34 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)