「ほっ」と。キャンペーン
タグ:まちなみ・風景 ( 14 ) タグの人気記事

2011年 05月 31日
瀬戸内逍遥-6  亀老山展望台
b0170881_7142691.jpg

今回掲載したのは来島海峡に面する大島にある亀老山展望台。
1年前の帰省時に初めてここを訪れた際の写真を掲載済だが、その時はあいにくの曇り空で眺望のよさを堪能することはできなかった。
そして今回もまた、黄砂で視界が遮られる状況…。天候に恵まれないなぁと思いつつ亀老山への山道を自動車で昇っていくと、GW中ということもあって、観光バスが何台も山頂から降りてくる。また自転車で標高307mの山頂を目指す人もけっこういて驚いた。

亀老山展望台は、西側の来島海峡大橋を眺められるスポットのほうが見どころであり、多くの人が来島海峡大橋をバックに記念撮影を行ったりしていた。しかし到着したのが午後3時ごろということもあり、視界の悪さと乱反射で写真を撮ってもいまひとつパッとしない。
b0170881_7165418.jpg

東向き 燧灘(ひうちなだ)方向の展望スポットも霞んだ中に島が浮かぶ状態だったが、それなりに幻想的な雰囲気を楽しめた。
b0170881_7304531.jpg

こちら側は訪問客の滞留もまばらで、来島海峡側のデッキから、燧灘を眺める人の姿がファインダーにうまくおさまるタイミングを狙って撮影した。
b0170881_7311895.jpg
b0170881_731274.jpg
b0170881_7313680.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-05-31 07:35 | 建物・街・風景 | Comments(12)
2011年 05月 28日
瀬戸内逍遥-5  瀬戸田
前回掲載した多々羅大橋の撮影を終え、多々羅大橋を渡って瀬戸田町に帰ってきた。
7時を過ぎて少しずつ動き始める島の様子を、前回と同様にWBを変えて撮影した。

b0170881_711569.jpg

農業と並んで島の基幹産業である造船業。十数基あるクレーンのなかでも、これらのクレーンの形状が造形的に好みだ。
b0170881_7111125.jpg
b0170881_7111994.jpg
b0170881_7112687.jpg

島と本州(三原 須波港)を20分ほどで結ぶフェリー。
私が子供のころは、三原、尾道、今治、松山、因島、大三島、岩城島、伯方島などなど、瀬戸田を発着する多数の航路があった。
フェリー、高速船、水中翼船など、多種多様な船が就航し、かなり賑わっていた。
だが、しまなみ海道の開通で廃止となった航路も多く、存続している航路も昨今の高速道路通行料金の引き下げの影響もあり、取り巻く経営環境は厳しいものがあるが、小さいころから船に乗って暮らしてきた私にとっては懐かしい存在だ。
b0170881_7113353.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-05-28 15:38 | 建物・街・風景 | Comments(4)
2011年 05月 22日
瀬戸内逍遥-4 多々羅大橋
ゴールデンウィーク前半に、故郷の広島へ帰省した際の写真を掲載します。

帰省に際していろいろと撮影したいスポットがあり、メイン機材のEOS-1D MarkIIIではなく、EOS Kiss X3と数本のレンズ、そして三脚を持って帰った。
しかし、今年のゴールデンウィークは天候がすぐれなかったうえに、始終黄砂の影響に悩まされ続けた。

今回掲載するのは、帰省のたびに撮影している多々羅大橋。
いつもと違う写真を撮りたくて、午前4時に起きて、実家の車を運転して隣の島 大三島に向かった(こういう時だけは目覚まし時計の鳴る前に目が覚めてしまう)。
ちなみに、橋が架かるまでは、始発の船が出る前に隣の島には辿り着けなかったから、こうした写真を撮ろうと思うと、前日中に隣の島に移動するしかなかった。
朝焼けと昇る朝日を背景に、多々羅大橋のシルエットを浮かび上がらせたい と思いながら撮影ポイントを転々と移動した。
が、濃い黄砂によって視界が悪く、日の出の時刻になっても視界がクリアにならない。
なので、WBを大きくずらし、露出補正をアンダーに振って、黄砂の環境下だから撮影できる写真を目指した。
朝焼けに染まる多々羅大橋の撮影がいつかできることを期待しながら…。


少し離れた位置から、多々羅大橋と生口島を撮影。黄砂で視界が霞むなか、生口島のシルエットが朝日に照らされて浮かび上がっている。
b0170881_2159776.jpg

高度を上げた太陽を背景に、多々羅大橋のシルエットを撮影。
b0170881_21594022.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-05-22 22:26 | 建物・街・風景 | Comments(14)
2010年 10月 30日
三色彩道(吹田市 北千里)
阪急千里線の終着駅である北千里駅から北東方向、つまり大阪大学方面に延びる道は「三色彩道」と呼ばれている。
b0170881_1022688.jpg

(掲載した写真はいずれも平成21(2009)年11月21日に撮影)

ここはアメリカフウ、タイワンフウ、トウカエデという3種の落葉高木樹が植えられた並木道で、吹田市のケーブルテレビ局が制作する番組で数年前に知り、千里ニュータウンの中にかくも見事な紅葉の名所があるのかと驚いた。
ぜひ一度目にしておきたいと思いながら、自宅から電車で30分くらいかかるこの地に行けずにいたが、昨年ようやく実見した次第。
というわけで、今回は時宜をみて掲載しようと考えてきた「蔵出し写真」で記事をまとめました。

ネットで事前にいろいろと調べると、日中は紅葉を見る方も多く、また、路肩に車を一時停車して眺めたり写真撮影したりする人もいるようなので、写真撮影をしたい私は、人が少ないと思われる早朝に行くことにした。
日の出前に家を出て、北千里駅に着いたのは6時30分頃。
この時間帯は紅葉目当てに訪れる方は少なく、駅に向かう通勤・通学の人や朝の散歩・ジョギングをする方がいるくらい。
三脚を据えて車の往来が途絶えるのを待ったりしながらゆっくりと撮影できた。
緩やかな起伏がある道なので、アングルによっては延びゆく道路のその先が見通せず、街路樹もゆっくりと道路の向こう側に消失していくパースペクティブな風景が魅力的だ。
トップの写真も下の写真も、もう少しローアングルにすれば、標識や信号機も見えなかった。
1年経って見てみると、三脚からカメラを外して地ベタに寝そべって撮るべきだったかなぁとも思うのだが、不審な行動に見られかねないので勇気がなかった…。
バリアングル液晶搭載のキヤノンEOS60D、ニコンD5000、SONYのα55などはその点でメリット大ですね。
b0170881_10302421.jpg


b0170881_10331110.jpg

b0170881_1022261.jpg

b0170881_10333538.jpg
b0170881_10334126.jpg


並木道の趣きに少しヨーロッパの都市に通じるものを感じたので、そんな雰囲気を感じられるような写真を撮ってみた。
b0170881_10411316.jpg

散歩をする初老のご夫婦の姿も絵になる場所だ。
b0170881_10435385.jpg


最後に地図を。この一帯は住宅街なので、散策の際にはご配慮をお願いいたします。
b0170881_10453127.jpg


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-10-30 11:08 | 建物・街・風景 | Comments(22)
2010年 06月 23日
瀬戸内逍遥-3 亀老山展望台
b0170881_21455445.jpg

絶好のビュースポット、亀老山展望台だったが、あいにくの重い曇り空…


しまなみ海道の最も四国寄りにある来島海峡大橋を一望できるスポットとして有名な亀老山(きろうざん)展望台。
この展望台の存在は、現在では著名な建築家となった隈研吾が設計したことで早くから知っていたのだが、今回の帰省で初めて訪れてみた。
来島海峡を挟んだ大島にある亀老山の山頂部に、展望台としての姿が遠望できないように山中に埋め込んで作られたこの展望台。
次の日に島巡りをして今治に渡ったときに船上から亀老山を見たのだが、肉眼ではそこに展望台があることを認識できなかった。
優れた景色を「見る場」であるはずの展望台が、その存在意義とは逆に「見られる」存在となってしまい、景観を損ないがちだ とする隈研吾の着眼点は、亀老山展望台で巧みに具現化されたと思う。
b0170881_22111093.jpg


だが、隈研吾も予想しなかったと思われる現象がそこにはあった。
展望台の手摺の横桟に無数に取り付けられた南京錠。恋人や夫婦が南京錠にその思いをマジックペンで書き、ワイヤー製の横桟に取り付けられている。
風に吹かれ、人の手で動かされた南京錠の相互の距離感・バランス感が絶妙で、カメラを向けてしまった。
b0170881_227566.jpg
b0170881_2271477.jpg

[PR]

by photomoments | 2010-06-23 22:19 | 建物・街・風景 | Comments(8)
2010年 06月 20日
瀬戸内逍遥-2 しまなみ海道 多々羅大橋
6月に入り梅雨となったこともあって、まったく野球関連の撮影に行けない日々が続いています。カメラを持って外出することすらありません…。
というわけで、5月末に故郷の広島に帰省した際に撮影した写真を何回かに分けてアップしたいと思います。
※「瀬戸内逍遥」と銘打った記事は半年ほど前に鞆の浦について掲載して以来となります。


私の故郷は瀬戸田町という瀬戸内海の島だ(現在は合併により尾道市となっている)。西瀬戸自動車道(しまなみ海道)によって本州から四国まで道伝いにつながった島だ。
広島県尾道市と愛媛県今治市の間に10本の橋を架けたしまなみ海道は、1999年の来島海峡大橋と広島・愛媛県境に架かる多々羅大橋、そして新尾道大橋の開通によって架橋工事を完了した。
私はその頃には既に就職で東京に住んでいたが、年に2回ほど帰省するたびに、自分の故郷に架かる多々羅大橋を見に行っていたたように思うし、それは今でも変わらない。
多々羅大橋は全長1,480m、中央支間長(主塔と主塔の間の長さ)890mという当時世界最長の斜張橋。
斜張橋と言えば横浜ベイブリッジが有名だと思うが、多々羅大橋は主塔から展開する計168本のケーブルの広がりと、高さ226mに達する主塔の形状の流麗な美しさが特徴で、個人的には世界で最も美しい橋のひとつに挙げてよいとも思っている。
この多々羅大橋は、1973年の当初計画では吊り橋で計画されていた。
当時購入した土木技術誌「土木施工」(1999年4月号)によると、斜張橋は吊り橋に比べて高度な構造解析が求められるため、当時の技術水準では吊り橋とするのが妥当な計画だったが、吊り橋のメインケーブルを固定するアンカレイジの設置によって瀬戸田町側の生口島(いくちじま)に巨大な切土法面が生じることなどが課題だったらしい。
その後、オイルショックによる本四架橋の着工が延期された。
そして土木構造技術の進化で、斜張橋でもこの規模の橋梁建設が可能になったことで斜張橋案が採用された。


今回の帰省では自分の故郷の島だけでなく、普段あまり行くことのなかった島にも足を延ばすつもりで、カメラと数本のレンズ、そして初めて三脚も持参して帰省した。
カメラはプロユースのEOS-1D MarkIIIではなく、小型軽量な入門機 EOS Kiss X3をチョイスした。
その狙いは、荷物の軽量化ももちろんだが、1,500万画素のX3を使い、ライブビューで厳密なピント合わせをして精緻な写真を撮りたかったことと、1D MarkIIIではEF17-40mmを使って広角端約22mm相当が限界なのに対して、APS-Cサイズのセンサーを搭載したX3なら、EF-S10-22mmを使えば約16mmからの広角撮影が可能になることにあった。

今回は初めて夕刻の多々羅大橋を撮ってみた。
対岸の愛媛県側 大三島からは橋の全景が撮りやすいのだが、広島県側では島の山稜に遮られるために撮影ポイントが限られる。
以前からよく撮影していたポイントに向かい、ちょうど干潮時だったこともあって、堤防の足元の石積みされたところに降りて三脚を使って撮影した。
b0170881_2044531.jpg

残念ながら、狙っていた夕焼けの広がり具合はもうひとつ…。それでも「瀬戸の夕凪」で海面は穏やかな表情を見せてくれた。
b0170881_20515477.jpg
b0170881_205231.jpg

懲りもせず、翌日午前には日中の多々羅大橋を同じポイントから再度撮影。
b0170881_20534912.jpg

b0170881_0515367.jpg
多々羅大橋を渡って対岸の大三島にある大山祇神社に参拝した帰りにも撮影した。やはりこちらからのほうが撮影可能なエリアが広いことを実感。
橋の後ろに見える島が瀬戸田町の生口島。226mの主塔は島の最高峰、標高472mの観音山の半分近くにもなる。
b0170881_20553420.jpg


しまなみ海道は他の本四架橋2ルートと異なり、地域の生活道路としての性格も色濃く持っている。
だから尾道から今治まで、徒歩でも自転車でもずっと通行することができる。
(最近は徒歩で橋を渡る人や、自転車でツーリングする人も多く見かけるようになった)
大三島から橋を渡って帰ってきて、パーキングエリアに車を停めて、多々羅大橋の歩行者・自転車・原付の料金所まで歩いてみた。
自動車道路の下をくぐると、真っ暗な暗渠のその先に瀬戸内海が見える。
b0170881_212797.jpg

パーキングエリアから1km近く歩いて料金所に到着。間近で目にした斜張橋のケーブルは思っていたよりもずっと細いものだった。
「土木施工」によれば、このケーブルは直径7mmの鋼線を最大379本まとめてできていて、表面をポリエチレン被覆したもの。直径は約170mm。
表面被覆の模様は、レインバイブレーションという現象への対策として施された とのことだ。
b0170881_214129.jpg

b0170881_2152863.jpg

[PR]

by photomoments | 2010-06-20 22:06 | 建物・街・風景 | Comments(12)
2010年 05月 14日
御堂筋 SPRING GALLERY 2010 まちかどコンサート
5月13日(木)から6月4日(金)の期間で、御堂筋 SPRING GALLERY 2010 が開催されています。
昨日は、午前8時から御堂筋に設置された彫刻と平野町街園の一斉清掃が行われ、お昼休みの時間帯には、第2回御堂筋写真展の開催にあわせ、入賞者の表彰式とまちかどコンサートが開催されました。
昨日のまちかどコンサートに登場したのは、相愛大学トランペットアンサンブル「Octo(オクト)」です。
b0170881_11105795.jpg

相愛大学音楽学部のトランペット専攻生8人で結成されたOctoは、昨年春・秋のまちかどコンサートにも登場しました。
コンサート中は、メンバーが交替で演奏する曲目を紹介していきます。
b0170881_11155444.jpg
b0170881_1116057.jpg

20分ほどのミニコンサートで、しかもぶっつけ本番での撮影なので、撮影する私も撮影に失敗しないか緊張ものです。
ちなみに昨年は、このブログにも時々コメントを下さるIONNさんと2人で撮影。しかし今回は私一人というのもちょっとしたプレッシャーです。
それにしても、短時間で8人の奏者のいい表情を切り取るのは容易なことではないですね…。
b0170881_1116633.jpg
b0170881_11161228.jpg
b0170881_11161897.jpg
b0170881_11162479.jpg
b0170881_11162916.jpg

b0170881_11165458.jpg
b0170881_1117122.jpg
b0170881_1117748.jpg


Octoのみなさん、素晴らしい演奏、本当にありがとうございました!
b0170881_11173277.jpg


5月27日(木)、6月3日(木)にもまちかどコンサートが開催されます。また、5月20日(木)には北御堂相愛コンサートも開かれます。
詳細はこちらをご覧ください。
お近くの方はぜひ足をお運びください!
[PR]

by photomoments | 2010-05-14 11:54 | コンサート | Comments(9)
2009年 12月 26日
御堂筋イルミネーション
クリスマスも終わって、各地で行われていたイルミネーションイベントも終了したところが多いと思いますが、
大阪・御堂筋では、来年1月末まで、淀屋橋から本町までの約1.2kmにわたって、イチョウの幹にLED照明を施したイルミネーションイベントが行われています。
撮影に出かけたのは日曜日でしたが、普段は土日の人通りが少ない御堂筋もかなりの人出で驚きました。
b0170881_1513724.jpg

昨年はイチョウの枝に照明を展開したのに対し、今年は幹に集約したのが特徴です。
照明をつけると、垂直に立っていないイチョウが多いのがよくわかります。

イチョウ並木へのイルミネーションだけではなく、沿道の建物にも協力をお願いして、ビルのライトアップを行っているところもあります。
こちらは大阪ガスビル。
b0170881_1516974.jpg


武田御堂筋ビルは、通りに面した列柱部が紫色の照明で浮かび上がっています。
b0170881_15214160.jpg

(柱のすき間から背後の照明が漏れていて、もう少し構図を考えるべきでした…)

北御堂もご覧の通り、赤くライトアップされています。
b0170881_1518660.jpg


そして、ところどころには記念撮影スポットが設けられていて、写真を撮る人が多く見られました。
b0170881_15242129.jpg

(露光時間1秒の間にズームリングを回して撮影してみました)

御堂筋に設置された彫刻もイルミネーションの明かりで普段と違う趣で鑑賞できます。
こちらは武田御堂筋ビル前に設置された「大空に」(桑原巨守 作)。
b0170881_15281116.jpg


御堂筋沿い(特に淀屋橋~本町間)は、多くの行楽客が訪れたときに気軽に立ち寄れるスポットが少ないと感じました。
(これは御堂筋沿いで働いていて漠然と思っていたことなのですが、業務街エリアの宿命でしょうか?)
訪れた方はどこで一息ついたんだろう?と、不思議です。

(写真は EOS-1D MarkIII + EF17-40mm F4L USM、EF70-200mm F4L IS USM)
[PR]

by photomoments | 2009-12-26 16:00 | 建物・街・風景 | Comments(7)
2009年 12月 22日
アヒル be back! (ラバーダック)
いま大阪中心部ではさまざまなイルミネーションイベントが行われていて、なかなかに賑わっているのですが、
そんななか、今夏催された水都大阪2009で話題になった巨大アヒルちゃんが、12月25日までの期間限定で再び大阪に帰ってきました。
b0170881_17405490.jpg

私は水都大阪2009の期間中にこのアヒルちゃんの情報を知ったものの、時すでに遅く、実物を見れなくて残念な思いをしただけに、
今回は絶対に見逃せないと思って、日曜日に見に行きました。
b0170881_17411780.jpg

そもそもこの巨大アヒルちゃんは、オランダ人の若手芸術家、F・ホフマン氏による「Rubber Duck Project」という芸術活動だとのことで、
これまでにヨーロッパ、ブラジルの水面にプカプカ浮かんで「旅」をしてきたそうです。
なんとも言えない「癒し系」なその表情と、あまりにも巨大すぎる存在感が、見る者の心をなごませてくれます。
b0170881_17414652.jpg
b0170881_17415430.jpg

京阪・地下鉄「天満橋駅」に隣接する川沿いに作られた八軒家浜(はちけんやはま)船着場にその愛らしい体を浮かべています。
12月25日までですから、見たい方はお早めにどうぞ!
b0170881_17421181.jpg


(写真は EOS-1D MarkIII + EF17-40mm F4L USM、EF50mm F1.4 USM、EF70-200mm F4L IS USM)
[PR]

by photomoments | 2009-12-22 17:46 | 建物・街・風景 | Comments(8)
2009年 12月 16日
伊勢・二見浦
会社の旅行の記事の続きです。

この旅行は近鉄の「ご朱印巡りきっぷ」を使って三重を訪れたこともあり、翌日はまず伊勢神宮(内宮)を参拝した。
b0170881_0384972.jpg

五十鈴川に架かる宇治橋は11月3日に架け替えが終わったばかりで、真新しい木の質感が非常に美しい。
欄干の手触りもきわめて滑らかで、丁寧な仕事ぶりを感じることができた。
b0170881_045015.jpg


内宮参拝後に立ち寄ったおかげ横丁では、屋根上のしゃちほこにふと目が留まった。(これはやっぱり伊勢海老でしょうか??)
b0170881_0525898.jpg


おかげ横丁を散策した後、どうしても見ておきたい所があった私は一人で行動することに。
まずは倉田山公園にある神宮徴古館を訪れた。
神宮の式年遷宮に伴い撤下された神宝等の美術工芸品を見ることができる神宮徴古館は明治42年に建設され、今年が開館100周年。
当時を代表する建築家の一人で、赤坂離宮などの宮廷建築の第一人者でもある片山東熊(かたやまとうくま)が設計した。
中央部の屋根形状は建設当時とは異なっているようだ(建設当時の形状のほうが意匠的には明らかに優れている)。
b0170881_15398.jpg

ちなみに、12月上旬でも倉田山公園の紅葉はきれいな状態を保っていた。
b0170881_1904040.jpg
b0170881_1905024.jpg


この後は二見浦に足をのばした。とにかく風が強く、寒さに震えながら夫婦岩を撮影した。
b0170881_19113770.jpg

JR二見浦駅から海に向かってしばらく歩くと、海岸沿いに夫婦岩まで続く旅館街がある。立派な構えの日本旅館も多い。
b0170881_19133468.jpg
b0170881_1913459.jpg

二見浦の旅館街も空き地が目立ち、十余年前に訪れた時以上にさびれた感じが漂っていて寂しい限り…。
日本最初の海水浴場のひとつに数えられ、名勝とともに繁栄した二見浦も時代の流れには逆らえないのだろうか。
(ただ、そんな厳しい情勢下でも営業を続ける旅館もまだまだ多いし、なかにはリニューアルして頑張っている旅館もあります)
b0170881_19135817.jpg


このように、神宮徴古館や二見浦を見た単独行。
しかし最も訪れたかったのは、二見浦の旅館街にある一軒の建物なのだが、その記事は別の機会に…。

(写真は EOS-1D MarkIII + EF17-40mm F4L USM、EF50mm F1.4 USM、 EF70-200mm F4L IS USM)
[PR]

by photomoments | 2009-12-16 20:39 | 建物・街・風景 | Comments(2)