「ほっ」と。キャンペーン
タグ:京都共栄 ( 3 ) タグの人気記事

2015年 05月 06日
平成27年度 春季京都府大会: 京都共栄 vs 洛東
b0170881_10405521.jpg

4回裏 洛東の中川選手が見せたファインプレー


  洛 東
  310 000 000  4
  102 220 01X  8
  京都共栄
  (2015年5月2日(土) 太陽が丘球場 第2試合)

最近力をつけている印象のある洛東高校。
一次戦のときに第1試合開始前に洛東グラウンドにお伺いしたものの、所用があって観戦せずにグラウンドを後にしただけに、二次戦で観戦できることが叶い、楽しみにしていた。
1回・2回で計4点を挙げ、面白い試合展開だと思っていたが、3回以降は京都共栄が着実に加点して逆転に成功。そのまま勝利した。
洛東としては与死球が多かったことなど、粗い試合運びが悔やまれる点だろうが、
(昨年夏にも感じたが)レンズ越しに見る選手の眼差しの強い選手が多いことなどは数年前の洛東から感じられなかった変化だし、ベンチ入りメンバーの雰囲気も良く、
夏に向けて精度を上げれば楽しみなチームになりそうだ。

b0170881_10281153.jpg
b0170881_10281699.jpg
b0170881_10282344.jpg
b0170881_10282980.jpg
b0170881_10284056.jpg

死球を与えてしまったときは、ベンチのメンバーも脱帽して謝る。
b0170881_10285222.jpg

b0170881_10285798.jpg

[PR]

by photomoments | 2015-05-06 11:38 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2011年 08月 30日
第93回高校野球京都大会(7) : 京都共栄 vs 田辺 (後篇)
b0170881_735296.jpg

9回裏 満塁の場面で登板した堀選手。決勝打を打たれたが、極限の場面での登板は私の中に強い印象を残した。


8回裏、京都共栄の6番 杉田選手の当たりにジャンプした田辺の石破選手だったが、届かず中前打となった。
b0170881_781699.jpg
b0170881_782419.jpg
b0170881_783179.jpg


9回表、田辺の先頭打者 7番 石破選手。三ゴロで一塁にヘッドスライディングを敢行するも出塁ならず。田辺はこの回も無得点。
b0170881_7114068.jpg


9回裏の田辺のマウンドには川野投手が立ったが、9番 福井選手、1番 濱選手に2連続四球を与えて無死一・二塁のピンチ。田辺は守備のタイムを取る。
b0170881_7162635.jpg
b0170881_7163545.jpg
b0170881_7164238.jpg
b0170881_7164864.jpg

京都共栄は藤岡選手が三塁線方向への送りバント。ボールの行方を見送ったものの三塁線を割ることなく内野安打となり、田辺は無死満塁に追い込まれてしまう。
b0170881_719942.jpg
b0170881_7191826.jpg

田辺はここでライトを守る堀選手を4番手の投手としてマウンドに送る。
3-3の同点、9回裏、無死満塁…。わずかの失投も許されない緊張の極限といってよい場面でリリーフする堀投手はマウンド上で大きく深呼吸をした。
b0170881_7243386.jpg

力感溢れるフォームから投じられたボールを京都共栄の3番 松田選手が右中間に運び、三塁走者が生還。
京都共栄が3回戦進出を決めた。
b0170881_7265446.jpg
b0170881_727161.jpg
b0170881_727982.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-08-30 07:31 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(7)
2011年 08月 28日
第93回高校野球京都大会(7) : 京都共栄 vs 田辺 (前篇)
b0170881_2194494.jpg
b0170881_2195265.jpg

この試合、両チームの背番号1 はともにアンダースローという珍しい対戦。写真上から、田辺の先発 畑投手と、2番手で登板した京都共栄 久米投手。


大会第5日目は、わかさスタジアムで行われる3試合の観戦。とにかく太陽光がまぶしくて撮影は難しく感じた。
当日は出遅れてしまい、第1試合の京都共栄vs田辺は3回表からの観戦。
2点を先行した田辺に対し、京都共栄は4回裏に一死満塁とし、代打 片岡選手の二ゴロの間に三塁走者が生還して1点を返すが、田辺も5回表に1点を追加、京都共栄は6回裏に1点を返すなど、1点ずつの取り合いで試合が推移していく。
7回裏に京都共栄がさらに1点を加え、試合を振り出しに戻すことに成功。試合展開がどちらに微笑むかわからない流れの中で試合は最終盤を迎えることになった。

 田  辺
 020 010 000   3
 000 101 101X  4
 京都共栄
 (2011年7月13日(水) わかさスタジアム京都 第1試合)

京都共栄の先発 吉本投手。
b0170881_2232772.jpg
b0170881_2233860.jpg


5回表、田辺は二死走者なしから3番 堀選手が二塁打で出塁すると、4番 伊藤選手の中前打で生還する。
b0170881_2212196.jpg
b0170881_22123012.jpg


b0170881_22131664.jpg
b0170881_22132748.jpg


6回裏の京都共栄。一死から出塁した岩田選手が杉田選手の当たりで三塁を陥れ、杉田選手が一・二塁間で挟まれる間に本塁に生還する。
b0170881_22172976.jpg
b0170881_22202471.jpg

6回まで投げた田辺 畑投手と、6回から登板した京都共栄 久米投手。撮り甲斐のある左右のアンダースロー投手だった。
久米投手は田辺打線を無安打に抑え、次戦で龍谷大平安相手に1-0の接戦を演じたのも頷ける好投だった。
b0170881_22232923.jpg
b0170881_22233772.jpg


7回裏の田辺のマウンドには廣岡投手が立ったが、京都共栄はスクイズで久米選手が生還し、ようやく同点に追いつくことに成功した。
b0170881_223186.jpg

b0170881_22335472.jpg
b0170881_2234315.jpg


(後篇に続きます)
[PR]

by photomoments | 2011-08-28 22:34 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(2)