タグ:京都国際高校 ( 4 ) タグの人気記事

2012年 05月 06日
平成24年度春季京都府大会: 立命館 vs 京都国際(後篇)
b0170881_16404872.jpg

京都国際にじわじわ点差を詰められていた立命館だが、7回裏に山中選手が生還する。


初めて立命館の選手たちを写真におさめたのは2007年の春季大会。立命館が優勝した大会だ。
その年に行われた乙訓との練習試合を観て以来常に感じているのが、(以前の記事で触れたかもしれないが)選手たちの表情のよさ。
一本芯の通った面構え と言えばよいのか、試合に臨む気持ちの強さが伝わってくる選手が多い点において、立命館は京都随一だと感じている。


b0170881_6581328.jpg
b0170881_6574642.jpg


7回表、京都国際は2点を返して6-3と追い上げを見せる。
b0170881_73544.jpg
b0170881_74346.jpg
b0170881_741333.jpg


3回の大量点以降得点できなかった立命館。7回裏に貴重な追加点を入れる。
b0170881_751615.jpg


8回からは坂戸投手がマウンドに上がった立命館。
全身を使って投げるダイナミックさは、スローシャッターで撮影する方が表現できると感じた。
b0170881_7102880.jpg
b0170881_7123655.jpg

京都国際の代打 岩崎選手の一塁線強襲の打球を好捕、ベースカバーにダイビングした坊農選手。
b0170881_7164299.jpg
b0170881_7165363.jpg
b0170881_7165917.jpg


8回裏、2番手投手として石原投手を送った京都国際。
b0170881_720090.jpg
b0170881_7193550.jpg
b0170881_7201852.jpg

[PR]

by photomoments | 2012-05-06 07:22 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(10)
2012年 05月 04日
平成24年度春季京都府大会: 立命館 vs 京都国際(前篇)
b0170881_1935350.jpg

一挙6点を奪った3回裏の立命館の攻撃から。5番 鯰江選手の適時打。


  京都国際
  000 100 210   4
  006 000 10X   7
  立 命 館
  (2012年5月3日(木・祝) 太陽が丘球場 第1試合)


3月・4月と、記事更新を一切しなかったので、本当に久々の更新です。
何しろ、スポーツ写真撮影自体が10月のテニス撮影以来となるので、半年以上のブランクに不安を感じながら太陽が丘に向かった。
撮影の「勘」が鈍っているだろうと思っていたが、それはさほどでもなかった(撮りたいシーンをいくつか取り逃がしましたが…)。
ただ、体そのものがなまっているということだろう、撮影機材一式を背負っての移動がかなり体に堪えた。


3回裏に6点を挙げた立命館が終始試合を支配した感があった。
京都国際も反撃の得点を積み重ねていくが、6点はあまりにも重かった。


※今回、掲載画像のサイズを大きくしました。横長画像は画像をクリックすると拡大表示されます(縦長画像は同サイズです)。

両校の先発投手 立命館の上原投手と、京都国際 山本投手。
b0170881_20302470.jpg

b0170881_20335024.jpg


b0170881_20303195.jpg
b0170881_20303882.jpg
b0170881_20304358.jpg
b0170881_20305094.jpg
b0170881_20305662.jpg
b0170881_2031636.jpg
b0170881_20311547.jpg
b0170881_20312391.jpg
b0170881_20423583.jpg


(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2012-05-04 20:48 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(10)
2009年 09月 22日
高校野球:平成21年度秋季京都府大会: 洛星 vs 京都国際
b0170881_19432377.jpg


遅くなりましたが、昨日の第1試合 洛星vs京都国際 の写真をアップします。
(今日は撮影に行かなかったので、休養もとり、写真をセレクトする時間もあったので、写真枚数が多くなったのですが、よろしくおつきあいください…)

今年夏、非常に気になる存在として私の頭にインプットされた洛星の、新チームとなっての戦いぶりを楽しみにしていた。
京都国際は、「Kokusai」の赤い文字が鮮やかな新しいユニフォームになってから初めての観戦だった。

この日の試合は、初回の攻防が明暗を分けた。
両校ともに四球とヒットでチャンスを作るが、京都国際の守備の乱れに乗じて一挙4点を挙げた洛星に対し、
京都国際は一死満塁の場面で得点することができなかった。
京都国際が3点を返した4回以降は無得点のままで膠着状態となったが、洛星が磯川~安居の投手リレーで逃げ切った。

洛   星  402 000 000  6
京都国際  000 300 000  3
(2009年9月21日(月) 太陽が丘球場 第1試合)

(写真は EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)

b0170881_19402278.jpg
b0170881_19402938.jpg
b0170881_19403648.jpg
b0170881_19404510.jpg
b0170881_1940549.jpg
b0170881_1941226.jpg
b0170881_19411074.jpg
b0170881_19411889.jpg
b0170881_19412696.jpg
b0170881_19413564.jpg
b0170881_19414252.jpg
b0170881_19415136.jpg
b0170881_1941589.jpg
b0170881_1942576.jpg
b0170881_19421276.jpg
b0170881_19421924.jpg
b0170881_19422697.jpg
b0170881_19423577.jpg
b0170881_19424395.jpg
b0170881_1942508.jpg
b0170881_19425744.jpg
b0170881_19433126.jpg
b0170881_19434022.jpg
b0170881_19434845.jpg
b0170881_19435537.jpg

b0170881_19453957.jpg
b0170881_1945462.jpg
b0170881_19455362.jpg
b0170881_1946032.jpg
b0170881_1946752.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-09-22 19:52 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(9)
2009年 07月 02日
激闘の記憶-6 ~ Back in the Summer of 2008 : 京都国際 vs 南陽
京 都 国 際   002 002 04  8
南     陽    001 000 00  1 (8回コールド)
(2008.7.12(土) 西京極球場 第2試合)

京都国際はこの年の春季京都府大会で3位となり、夏の大会でも注目された学校のひとつ。
プロ入りした申成鉉選手もおり、順当に勝ち上がったといえるだろう。
でも、私がこの試合で最も印象に残っているのは、守備中の声がよく出ていた南陽の富田三塁手だった。

(写真はすべて EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)

b0170881_1182454.jpg

b0170881_119887.jpg

b0170881_119177.jpg
b0170881_1192638.jpg
b0170881_1193440.jpg
b0170881_119414.jpg
b0170881_1225544.jpg
b0170881_123253.jpg
b0170881_123989.jpg
b0170881_1231678.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-07-02 01:38 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(2)