「ほっ」と。キャンペーン
タグ:京都 ( 8 ) タグの人気記事

2012年 01月 02日
新年のご挨拶
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願い申し上げます。

あまりにも多くの出来事が生じた2011年。
2012年はよい年になりますように…と願うだけでなく、2012年をよい年にするように&できるように行動しなければと、改めて思います。


今年も昨年と同様に、宇治市・城陽市の地域紙、城南新報の元旦号用の写真を撮影させていただきました。
b0170881_10313058.jpg

撮影したのは木津川に架かる上津屋橋。上津屋橋というよりも、「流れ橋」という呼称で知られる橋です。
城南新報の元旦号の写真は、宮中歌会始の御題をテーマとしています。
今年の宮中歌会始の御題は「岸」ということもあり、このエリアで岸を感じさせる被写体としてこの橋を撮影対象とすることを予め決めていたのですが、昨年9月の台風12号の影響で橋桁が流され、橋脚も一部倒壊してしまいました。
撮影に向かったのは12月なので、元旦号に掲載する写真としてはどうなんだろう…?と考えながら、
損壊した橋を写すことになった次第です。
太陽の方位と角度を計算し、撮りたいイメージが実現できそうな時間帯に合わせて撮影に向かったものの、天候が悪くて思い描いたような写真は撮れず…。
それでも諦めきれずに2時間ほど残って、一瞬間だけ青空と陽光が顔を見せたところで撮影した写真です。

昭和28年の完成以来、幾度となく橋桁の流出を繰り返したこの橋は、その都度復旧して使用に供してきた歴史があることから、写真のキャプションには
  「流されても流されても再び岸と岸とを結ぶ木津川「流れ橋」」
と記していただきました。

復旧するまでは通行止めになる橋ですから、その間の不都合を勘案すると一見無駄・不合理に思える設計思想ですが、川の流れに抗うのではなく、受け流すことで、河川の氾濫に悪影響を及ぼさないような構造を採用したことは示唆に富んでいると感じます。
[PR]

by photomoments | 2012-01-02 14:08 | コラム・随筆 | Comments(28)
2011年 01月 06日
新聞への写真・記事の寄稿
京都府南部、宇治市・城陽市などを発行エリアとする地域紙に、城南新報がある。
城南新報には少年野球などの記事や、ベースボール倶楽部のたっちゃんさんが執筆した記事を随時掲載したりと、野球関係の記事が充実しているのが大きな特色となっている。
その城南新報の社長さんとは高校野球の撮影を通して知り合いとなったのだが、昨年2月ごろに社長から、翌年元旦号の1面に掲載する写真を撮影してもらえないか とのお話をいただいた。
撮影における条件として、元旦号の1面に掲載する写真は宮中歌会始の御題にちなんだ題材で毎年掲載していて、2011年の御題は「葉」であること、撮影地は新聞発行エリアに限定してほしいこと などが伝えられた。
そのときは面白そうだなぁと思ったことと、取り組み甲斐のあるありがたいお話だと感じたこともあって、少し考えた末にお引き受けした。

ちなみに、前年(2010年)の宮中歌会始の御題は「光」。光がテーマなら被写体は多岐にわたるし、どんなものでも被写体にできるように思えるが、「葉」となると案外難しい。
たとえば、遠くから撮影したら、それは葉というよりも木になってしまうし、ほどほどのスタンスで撮影すると中途半端な写真になる。かといって1枚の葉を単純にクローズアップ撮影しただけではひねりがない。こうしたことはお引き受けした当初から想定できたのだが、実際に撮影してみると予想通り難しい主題だった。
また、依頼を受けた時点ではカラー刷りかどうかも確定しておらず、モノクロ掲載の場合もイメージしながら撮影を行う必要があった。
自分が撮りたいものを撮るのとは異なり、依頼に応える写真を撮るのはある種のプレッシャーが存する。また、野球の撮影やコンサートの撮影のように撮るべき対象が明確なケースとは異なり、大きな漠然としたテーマを撮影結果につなげることも難しいと改めて実感した。

宇治エリアで「葉」といえばお茶 という、ちょっと安直な発想で宇治田原町に足を運び、春まだ早い時期の収穫の様子を拝見したのをスタートに、秋は隔週ペースで大阪から宇治方面に足を運んだ。これまでは太陽が丘球場と平等院界隈しか知らなかったのに、城陽市も散策したし、白山神社のような知らなかったスポットでのんびりした時を過ごしたりもできた。
何度かにわたる撮影行の結果、元旦号に掲載することとなったのは平等院入口で撮影した一枚。
紅葉の季節を迎え、木々が鮮やかな色をみせるなか、常緑樹の植え込みの上に黄色く色づいた一葉のモミジが落ちているのを対比的に狙った何気ない写真である。だがそこで日々新聞を刊行されているスキルが光る。掲載する写真選定の打合せをしているその場でこの写真に、「秋を受け止めた緑の葉が春を待つ」と、上手なコピーをつけていただいた。

b0170881_20251637.jpg

掲載された写真は( EOS-1D MarkIII + EF100mm macro F2.8 USM )にて撮影したもの


それともうひとつ。スポーツ写真の撮影に関する記事を5段抜きで書いてほしいと依頼され、はなはだ僭越とは思ったものの、コラム記事を書かせていただいた。

b0170881_20252558.jpg


十分にスペースはあるようでも字数にすれば2,000字ほど。ごく基本的なことを述べるだけで終わってしまった。
「野球の取材・撮影をしていると、親御さんたちから『絞りやシャッター速度はどのくらいに設定して撮ってるんですか?』と聞かれることが多いので…」という社長の意向を踏まえ、カメラの諸設定について書きたいと思って取りかかったが、きちんとピント合わせを行うことなど、最も基本的な事項について書いていくと字数が足りなくなった。
読む人が読めば、当たり前すぎることしか書いていないと思われるような内容だが、被写体をなるべく大きく捉え、しっかりとピントが合った写真を撮ることが何よりも大切なことだと思うし、それなくして絞りやシャッター速度を云々してもあまり意味がないので、結果的にはよかったのかもしれない。

この記事が読まれた方にとって若干でも参考になる記事となっていれば幸いです。
[PR]

by photomoments | 2011-01-06 23:42 | コラム・随筆 | Comments(22)
2011年 01月 01日
明けましておめでとうございます
b0170881_23375528.jpg

( Eos Kiss X3 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM )


昨年同様、今年も年賀状素材をほぼそのままアップしました。
今回の素材は、昨秋京都市内に竣工したビルの壁面に取り付けられたオブジェを写したものです。
幾何学的要素で構成された金属製のオブジェが斜め上方から射す光に照らされる姿に注連縄のような趣を感じました。

昨年12月は時間の確保が難しかったこともあり、ブログ記事の更新をほとんど行えませんでしたので、これが久々の更新になります。
省みると、昨年はかなり頻繁に高校野球に足を運びました。
今年は昨年のように足しげく高校野球を見るのは難しいかもしれませんが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by photomoments | 2011-01-01 00:01 | コラム・随筆 | Comments(24)
2010年 03月 17日
宇治・平等院 夕闇に染まる鳳凰
薄い曇り空に覆われた夕焼け時、平等院鳳凰堂の中堂屋根に据えられた鳳凰を撮影した。
b0170881_7275732.jpg

(EOS KISS X3 + EF70-200mm F4L IS USM + EXTENDER×1.4)

高校野球の撮影のために京都に出向くことが多い私にとって、わかさスタジアム京都の最寄り駅である阪急京都線の西京極駅と並んで利用頻度が高いのが、太陽が丘球場の最寄り駅となる宇治駅だ。
高校野球を観戦するようになるまでは、宇治といえば平等院というイメージだったものの、ここ数年は宇治に年間何度も足を運んでも、平等院に立ち寄ることはなかった。
しかし、(野球ではない)とある写真の撮影依頼を受けたこともあり、先日、宇治駅からバスに揺られて宇治田原町まで行き、その後で平等院を訪れた。

昨秋薬師寺を撮影したように、夕焼けをバックに鳳凰堂全体を撮りたいと思ったのだが、あいにくの薄曇り。
土門拳が撮影したような、中堂屋根の鳳凰にクローズアップした写真を撮ることに集中した。
そのうちに、曇越しの夕焼けの具合が次第によくなってきて、しかもきれいな夕焼けの時よりもずっと妖しげな様相で撮影することができた。
ちなみに撮影はライブビュー撮影で、背面液晶を見ながらマニュアルでピント合わせを行い、露出の具合も液晶画面で確認しながら、ややアンダーになるように設定した。

この写真は平等院の敷地外、宇治川のほとりから撮影したものだが、この写真を撮る前、拝観時間内には同様の写真を意図して平等院の敷地内で撮影した。
鳳凰の背後に太陽が位置する絶好の撮影条件だったのだが、鳳凰の上に1羽のカラスが止まって動かない。
そのうち飛び去るだろうと思ったのに、10分以上経っても動かない…。
b0170881_2315892.jpg

(EOS KISS X3 + EF70-200mm F4L IS USM)

鳳凰よりも自分の方が偉いと主張しているようなカラスの姿に、それはそれで面白い写真だと思って撮影したのだが、カラスのいない写真も撮りたい私とカラスとの我慢比べ(?)となり、時間切れでカラスの勝ちといったところ。
しかし、もしカラスが長時間止まっていなかったなら、最初に掲載した写真を撮影することはできなかっただろう。
その意味では、私を散々焦らしてくれたカラスに感謝すべきかもしれない。
[PR]

by photomoments | 2010-03-17 07:13 | 建物・街・風景 | Comments(5)
2009年 11月 22日
京都大原散策-2 寂光院その他
b0170881_9371495.jpg

  音無しの滝の途中で見かけた紅葉。
  まっすぐ高く伸びる2本の杉の幹の間に見えた木々の枝ぶりと紅葉が影絵のようで見事だった。
  (EOS-1D MarkIII + EF70-200mm F4L IS USM)

大原で最後に訪れたのは寂光院。
b0170881_1182492.jpg

  寂光院の雰囲気を撮るには人が写っていない方がいいと思ったので、石段を上り下りする人波が絶えるまで、しばらく待って撮影した。
  (EOS-1D MarkIII + EF70-200mm F4L IS USM)

b0170881_1104228.jpg

  (EOS-1D MarkIII + EF50mm F1.4 USM)

b0170881_1121623.jpg

  (EOS-1D MarkIII + EF70-200mm F4L IS USM)

平清盛の娘 徳子が平家滅亡後隠棲した寺院という認識はあったのだが、2000年に不審火(放火?)で本堂が失われたことは(不覚にも)記憶から消えていた。

大原で見つけた秋模様から何枚か。
b0170881_11183192.jpg

b0170881_11192320.jpg
b0170881_11193371.jpg
b0170881_11194478.jpg

  (EOS-1D MarkIII + EF70-200mm F4L IS USM)

最後に、遅めの昼ごはんを…。
b0170881_11233546.jpg

  雲井茶屋というところで味噌鍋をいただきました。
  食卓の撮影をするには焦点距離50mmではいささか持て余し気味…。やはり食べ物撮りには35mmくらいがちょうどいいのかも。
  (EOS-1D MarkIII + EF50mm F1.4 USM)
[PR]

by photomoments | 2009-11-22 14:23 | 建物・街・風景 | Comments(2)
2009年 11月 21日
京都大原散策-1 三千院
16日(月)、休暇をとって京都の大原に初めて行ってみた。
私は大原と言われてもピンとこなかったのだが、妻は修学旅行で行った地でもあり、行ってみたいとのことだったので、今回の散策となった次第。
ネットで調べると、休日に大原に行くのは道路渋滞も大変そうだし、バスも並んで待つような状態が予想されたので、平日に行くことにした。

三千院は、♪京都~大原三千院~♪ の歌から、鄙びた風情の小規模な寺院だと勝手にイメージしていた私の予想を裏切る大きな敷地だった。
もちろん平日なのに大勢の参拝者が訪れていた。
b0170881_1629845.jpg

  (EOS-1D MarkIII + EF17-40mm F4L USM)
  これは三千院に立ち寄る前に音無の滝に向かった際に撮影した朱雀門。このあたりは足を延ばす人も少なく、閑静な雰囲気。

よく写真で見る往生極楽院や有清園の写真を撮りたかったのだが、かなりの人出だから到底無理だなぁ と思ったが、
しばらく待つと運良く人の流れが少なくなったので、ファインダー内の人が杉の木に隠れたところを見計らって、左右二つの幹をフレームに見立てた構図で撮影。
b0170881_16404576.jpg

b0170881_164408.jpg

  (EOS-1D MarkIII + EF50mm F1.4 USM)

三千院は女性に人気がある(んですよね、きっと…)のがよくわかる。
敷地内に林立する杉の木が庭や石段に優先するような作られ方には、通常の寺院の伽藍配置とは一線を画す奔放さを感じるし、
往生極楽院の先、苔むした庭にいるわらべ地蔵なんて、寺院の厳格さを問題にしていないような表情で三千院の親近感を醸している。
b0170881_16582840.jpg
b0170881_16583922.jpg

  (EOS-1D MarkIII + EF70-200mm F4L IS USM)

わらべ地蔵の存在は事前に把握していたのだが、大きな石仏(売炭翁石仏)の近くに身の丈20cmもない小さなお地蔵さんがいるのは知らなかった。
その表情は、なんとも愛らしい。
b0170881_17192758.jpg

b0170881_17201898.jpg

  (EOS-1D MarkIII + EF70-200mm F4L IS USM)

秋の気配に溢れるこの季節だが、杉の緑は鮮やかだから、両者を同じフレームにおさめてみた。
b0170881_1723232.jpg

  (EOS-1D MarkIII + EF70-200mm F4L IS USM)

庭の椿が季節を先取りするかのように蕾の準備を整えているのにも趣を感じた。
b0170881_17251595.jpg

  (EOS-1D MarkIII + EF100mm F2.8 Macro USM)

寺を後にする道すがら、円融房(写経場)の火灯窓越しにみた庭園の様子が印象深くて撮影。
b0170881_17275350.jpg

  (EOS-1D MarkIII + EF70-200mm F4L IS USM)
撮影していたときには気づかなかったが、火灯窓の全体を捉えてない(上部が切れている)ことや、
石灯籠が桟に重なって姿がわかりにくい点などが失敗だった。

うーん、しっかり見ているようで見えてないですね…。
[PR]

by photomoments | 2009-11-21 17:42 | 建物・街・風景 | Comments(0)
2009年 10月 06日
京都の建物散策-2
前回に引き続き、京都を散策した時の写真を掲載します。
四条烏丸から京都市役所まで歩いた時の写真です。

(写真はすべて EOS 30D + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM)

b0170881_22152257.jpg

四条烏丸の交差点に面して建っていた銀行建築のファサードを部分保存してビルの建て替えを行った事例。
特に左の京都三井ビルは昭和59(1984)年の竣工で、歴史的建築物を保存する一手法として学生時代に学んだ記憶がある。

続いては、交差点の少し南側にあるCOCON KARASUMA。
b0170881_22244766.jpg

1938(昭和13)年に竣工した旧丸紅京都ビルを新オーナーが改修し、2004(平成16)年にオープンした。
優良既存建築物の表彰制度であるBELCA賞のベストリフォーム部門を受賞している。
外観は、新設されたガラス壁面の低層部や掲載した内部空間が魅力的だが、建物自体は旧来のあっさりした外観を保っていて、
かえって斬新というか潔い佇まい。
また、階段の雰囲気やかつて使われていた南洋産床材を店舗床材に再利用するなど、細かなところにも魅力が詰まっていた。

烏丸通を北上すると目に留まったのが読売京都ビル。
b0170881_22422994.jpg

グリッドの立面をした現代的なビルだが、全体の色調は瓦色を基調とし、部分的に木をイメージさせるテラコッタルーバーを用いていて
「和」を感じさせる。
b0170881_22423774.jpg

よく見れば、瓦色の部分は大きな陶板を下見板張り状に仕上げている。

続いて、みずほ銀行京都中央支店。
b0170881_2257845.jpg

前回掲載の京都文化博物館別館と同じ辰野金吾の手による建物を取り壊し、2003(平成15)年にレプリカ再建したもの。
従前建物を解体し、同一の建物を建設するというのは珍しい手法だろう。

烏丸御池に近づくと、1931(昭和6)年に竣工した京都中央電話局を改装した新風館が現れる。
電話局の建物と新規に建設された建物とがロの字状に建てられていて、中庭空間がまた面白く、かつ心地よい。
b0170881_2365412.jpg

この建物もグッドデザイン賞や、BELCA賞ベストリフォーム部門を受賞している。
ちなみに、前回掲載記事でふれたヴェロタクシーは、この中庭に拠点を構えている。

烏丸御池の交差点には、ガラスブロックを多用したアーバネックス御池ビルやアールを描いたガラスカーテンウォールニチコン本社ビルといった現代的な建物がある。
b0170881_23112066.jpg
b0170881_23112682.jpg

御池通は第二次大戦の折に強制疎開によって拡幅した大通りだけに、こうした建物が建っていても(京都っぽいかは抜きにして)案外違和感がない。

御池通を東に進むと、京都御池創生館と、隣接する不二電機工業本社ビルが目に留まった。
京都御池創生館は、中学校や保育園・老人福祉センターや、レストラン・雑貨店等で構成される複合施設ということに驚いた。
b0170881_23194137.jpg

不二電機工業本社ビルは、垂直性を強調したタイル壁のグリッドと、ガラス面が奥深く設けられて彫りの深い陰影が非常に美しく思えた。
b0170881_23223441.jpg


最後に京都市役所。
b0170881_23233756.jpg

手前の広場が(舗装のパターン貼のせいもあると思うが)、ヨーロッパの都市の広場を思わせる と言うと言いすぎだろうか?
それにしても市役所内部も非常に古くて、タイムスリップしたような感覚に襲われてしまい、頭がクラクラしました…。
[PR]

by photomoments | 2009-10-06 23:36 | 建物・街・風景 | Comments(10)
2009年 10月 04日
京都の建物散策-1
今週末は土日とも野球の撮影に行けず…。
というわけで、本当に久しぶりになりますが、建物の写真を掲載します。
ここ1ヶ月ほどのうちに仕事と行楽(≠野球)で何度も京都を訪れており、その時撮影した写真たちです。

(1~3枚目の写真は EOS 30D + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM、以降は EOS-1D MarkIII + EF17-40mm F4L USM)

まずは中京郵便局。
1902(明治35)年に竣工したこの郵便局は、1974(昭和49)年に取り壊しの方針が出されたが、
取り壊し反対の運動を受けて、外壁を残し、内部を改築する手法で外観保存がなされた。
歴史的建築物の保存運動と、建物の開発とを折衷するスキームの嚆矢といってもよい建物。
b0170881_15391562.jpg
b0170881_15392264.jpg
b0170881_15392978.jpg

ちょうどヴェロタクシーが通りかかったのですが、小学生が2人で乗ってました…。どこに行くんだろう?
b0170881_15394199.jpg

1~3枚目の写真と、4枚目のこの写真を見比べると、発色の違いがよくわかる。
レンズに起因するのかカメラ本体に起因するのか、あるいは撮影した時間帯の違いに起因するのかは現時点では不明なので、今度撮り比べをしたい。
描写や発色は4枚目(1D MarkIII)のほうが好みだが、より広角で撮影できるのは30Dと10-22mmの組合せなので、両者の使い分けが悩ましいところ。
1D MarkIIIに17mmをセットして、換算画角が17mm×1.3=22.1mm、30Dに10mmをセットして、換算画角が10mm×1.6=16mm。
広角側で22mmと16mmの差が6mmというのはかなりの相違であり、建物全体をきれいに収めて撮影するには無視できない違いだ。


京都文化博物館(別館)は、中京郵便局からほど近い場所にある。
辰野金吾の設計で、明治39(1906)年に日本銀行京都支店として竣工しており、上の中京郵便局とあまり時を経ずに建設されたことになる。
b0170881_1691095.jpg
b0170881_1691753.jpg

b0170881_16235883.jpg

2枚目の内観写真のシャッタースピードは1/30秒、同じく3枚目は1/8秒での撮影。
手ブレ補正機能のない機材で、手持ち撮影で撮影した割には、ここに掲載したくらいの大きさではブレがあまりわからないかも…。
(まぁ…、何回も撮り直しをしたからですが)


最後に、(傾向が異なるが)RAAKショップ本店。
b0170881_1616660.jpg

手ぬぐいなどの小物製品を扱っているショップが町屋の中におさまっていて情趣があり、なかなかいい感じ。
[PR]

by photomoments | 2009-10-04 16:40 | 建物・街・風景 | Comments(10)