タグ:加古川北高校 ( 4 ) タグの人気記事

2011年 05月 06日
平成23年度春季兵庫県大会: 東洋大姫路 vs 加古川北(後篇)
b0170881_22333717.jpg

7回裏 二塁打で出塁した加古川北のこの回の先頭打者 井上選手は、三盗を敢行するも東洋大姫路守備陣に阻まれた。


一進一退の攻防が続いた試合のなかで大きなヤマ場と思えたのが7回裏の加古川北の攻撃。
二塁打で出塁し、一死後に三盗を試みた井上選手を東洋大姫路が封じた場面は、シチュエーションの点からも唐突な感があったが、この盗塁が成功するか失敗するかは試合展開を左右する駆け引きだったと思われる。
この場面に限らず、加古川北の積極的な走塁を東洋大姫路が幾度か阻んだことが、加古川北の思うような試合運びをさせず、9回の逆転劇につながったのかもしれない。

b0170881_2358750.jpg
b0170881_23581595.jpg


6回裏 二死一塁、加古川北の一塁走者 武田選手の盗塁。
b0170881_051450.jpg
b0170881_052492.jpg
b0170881_053039.jpg
b0170881_053831.jpg


7回裏 この回の先頭打者である4番 井上選手が二塁打で出塁する。
b0170881_075838.jpg


8回表 東洋大姫路の中島選手が放ったライナー性の当たりに飛びついた加古川北のショート 武田選手。
b0170881_0103784.jpg
b0170881_0104435.jpg
b0170881_0105060.jpg


9回表の東洋大姫路の攻撃より。
一死から中前打で石井選手が出塁すると、続く9番 中河選手が送りバントを決める。
b0170881_014825.jpg
b0170881_0141533.jpg

この後、2番 妻鹿選手が四球を選んで二死満塁となる。
b0170881_017192.jpg

続く3番 坪田選手が三塁手の頭上を越える適時打を放ち、2者が生還。三塁まで進んだ一塁走者 妻鹿選手も加古川北守備陣の送球の乱れに乗じて生還を果たした。
b0170881_0205121.jpg
b0170881_021077.jpg
b0170881_021853.jpg


9回裏の加古川北の反撃を抑え、最後の打者を三振に打ち取った原投手。
b0170881_0253197.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-05-06 00:28 | 高校野球:兵庫(公式戦) | Comments(0)
2011年 05月 04日
平成23年度春季兵庫県大会: 東洋大姫路 vs 加古川北(前篇)
b0170881_1492866.jpg

5回表の東洋大姫路の先頭打者 中河選手が四球を選んで出塁し同点のホームを踏む。彼の試合中の表情はファインダー越しにも惹かれるものがあった。


第2試合の東洋大姫路 vs 加古川北は、終盤に至るまでロースコアの試合展開となった。
東洋大姫路はエース 原投手が先発したのに対し、加古川北はエース 井上投手ではなく、背番号18の西嶋投手が登板。
西嶋投手は先頭打者を右前打で出塁させるなど、初回から得点圏に走者を背負う投球となったが、このピンチを無失点で切り抜けた。
対する加古川北は1回裏、東洋大姫路の守備陣の送球の乱れや成否相半ばした積極的な走塁など、攻守どちらが流れを掴むかわからないような目まぐるしい展開を経て4番 井上選手が打席に立つと、井上選手は左前適時打を放ち、加古川北が1点を先制した。
こうして始まった試合は互いに幾度かのチャンスを作るものの、4回までは「0」が並んだ。
次に試合が動いたのが5回表。東洋大姫路は9番 中河選手の出塁から二死一・三塁とすると、4番 増田選手の飛球を加古川北が捕ることができず適時打となり、中河選手が生還して同点に追いついた。

東洋大姫路  000 010 003   4
加 古 川 北  100 000 000   1
(2011年4月24日(日) 明石球場 第2試合)

1回裏 加古川北の攻撃から。無死二塁から試みた送りバントは一塁を守る増田選手の好フィールディングに阻まれた。
b0170881_2233936.jpg

b0170881_2234582.jpg

b0170881_2264980.jpg

一死一塁となり、3番 柴田選手の右前打で一塁から武田選手が三塁を陥れる。外野からの送球が逸れた間に柴田選手が二塁を狙ったが、これは失敗に終わる。
b0170881_227069.jpg
b0170881_227640.jpg

二死三塁となった場面で4番 井上選手が放った先制適時打。
b0170881_2281190.jpg


b0170881_230970.jpg
b0170881_2301417.jpg

3回表、東洋大姫路は四球を選んだ中河選手を一塁に置く場面で送りバント。しかし加古川北 西嶋投手は躊躇なく二塁に送球してこれを阻んだ。
b0170881_2335061.jpg
b0170881_2335632.jpg

3番 坪田選手の打球を好捕した加古川北のショート 武田選手。
b0170881_2352977.jpg
b0170881_2353497.jpg


東洋大姫路のショート 中河選手も随所で好守を見せる。
b0170881_2374918.jpg
b0170881_23755100.jpg


5回表、1-1の同点となるホームを踏む前、三塁走者となった中河選手は(この場面で適時打を放つことになる)増田選手に塁上から檄を送る。
b0170881_2413295.jpg


試合は投手戦。殊に東洋大姫路の好投手 原投手の投球に注目が集まったが、撮影する私にとっては、攻撃・守備の両面で多彩な表情を見せて写真映えのする中河選手の一挙手一投足から目が離せなくなった試合中盤だった。

(後篇に続きます)
[PR]

by photomoments | 2011-05-04 02:51 | 高校野球:兵庫(公式戦) | Comments(4)
2010年 08月 09日
第92回高校野球兵庫大会 : 神戸国際大附 vs 加古川北
b0170881_7465956.jpg

7回表一死一塁の場面で小飛球となった送りバントに果敢に飛び込みアウトを取った加古川北の井上投手。


京都大会では準決勝が行われた7月25日、今大会最初で最後の兵庫大会の撮影のために明石球場に向かった。
第1試合の神戸国際大附vs加古川北は奇しくも昨夏にも撮影した対戦。終盤に点の取り合いがある接戦で、延長戦を神戸国際大附が制した試合だったが、今夏の対戦も終盤までスコアレスで進む展開となった。
神戸国際大附は左腕の大川投手が先発し、7回途中からはエース岡本投手が登板したが、加古川北は井上(真)投手が投げぬいた。
8回表、神戸国際大附は先頭打者の岡本投手が四球で出塁、続く石岡選手は井上投手の好フィールディングの前に送りバントを失敗するが、その後二塁打と四球で一死満塁となる。
ここで4番 石井選手が左犠飛を放って三塁走者の石岡選手が生還し、1-0。これが決勝点となった。
この試合の安打数は神戸国際大附が4本、加古川北が2本。失策も加古川北に1つだけという投手戦。
守り抜く試合展開で数少ない得点機を8回にようやく結実させた神戸国際大附が勝利をおさめたものの、強豪校に真っ向から立ち向かい、しばしば好守も見せた加古川北 井上投手の活躍が光る試合だったと思う。


神戸国際大附   000 000 010   1
加 古 川 北   000 000 000   0
(2010年7月25日(日) 明石球場 第1試合)


加古川北の井上(真)投手と、神戸国際大附の先発 大川投手。
b0170881_9132596.jpg
b0170881_9133286.jpg

投手戦となった試合。守備陣もよく守った。両校の守備機会から…。
3回表の加古川北の守備から。一・二塁間への打球に一塁手 井上(雄)選手が飛びつき、二塁手 澁村選手が回りこんで捕球、一塁カバーに入った井上(真)投手に送球する。
b0170881_9161229.jpg
b0170881_9162075.jpg
b0170881_9162811.jpg

5回裏の神戸国際大附の守備から、ライトを守る田中選手のファインプレー。松井秀喜選手の骨折のシーンを想起させるような手首の返り方にはヒヤッとした。
b0170881_9164467.jpg
b0170881_9165073.jpg


b0170881_0193683.jpg


7回裏、大川投手をリリーフした岡本投手。
b0170881_9515278.jpg

8回表、神戸国際大附は岡本投手が四球で出塁し、送りバントで二塁を狙うが、井上投手の好送球に阻まれた。
b0170881_9551072.jpg

その後一死満塁となった場面で4番 石井選手が左犠飛を放って三塁走者の石岡選手が生還する。
b0170881_956930.jpg
b0170881_9561681.jpg

9回表にも神戸国際大附は一死三塁の追加点のチャンスをつかんだが、スクイズを外されて得点できず。
ここ一番の加古川北バッテリーの集中力が光った。
b0170881_10155114.jpg

9回裏、加古川北の最後の攻撃。一死一・二塁から二死一・三塁と攻め立てたが、あと一本が出なかった。
b0170881_10214242.jpg
b0170881_10215094.jpg


b0170881_10215923.jpg


にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ

ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-08-09 10:28 | 高校野球:兵庫(公式戦) | Comments(14)
2009年 07月 25日
第91回全国高等学校野球選手権兵庫大会  7月24日 高砂球場(1) : 神戸国際大附 vs 加古川北
b0170881_7154276.jpg


少し迷いましたが、24日は京都大会準々決勝ではなく、兵庫大会の観戦・撮影のために高砂球場に足を運びました。
お目当ては第2試合に登場する社高校。2004年の第76回センバツ大会出場以来私が気になり、見続けている学校です。
この日の高砂球場は、神戸国際大附vs加古川北、社vs六甲アイランド、神港学園vs宝塚北の3試合が行われましたが、
所用により神港学園vs宝塚北は観戦できず高砂球場を後にしました。

まず、第1試合の神戸国際大附vs加古川北から掲載します。終盤の接戦が非常に見応えのある好ゲームでした。

加古川北  020 100 002 0  5
神戸国際  110 000 210 1  6 (延長10回)
(2009年7月24日(金) 高砂球場 第1試合)

(EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM・EOS 30D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM)

先発の加古川北 岩崎誠司投手、神戸国際大附 岡本投手。
b0170881_7332465.jpg
b0170881_7333010.jpg
b0170881_7333673.jpg
b0170881_7334294.jpg

8回裏二死、神戸国際大附の6番岡本が左越本塁打で追加点を挙げ、5-3とする。
b0170881_7334821.jpg
b0170881_7335427.jpg
b0170881_734297.jpg

神戸国際大附 2番手の常投手・栗林捕手。
b0170881_734662.jpg

9回表二死満塁で、加古川北の8番岩崎誠司が左前適時打を放ち2者が生還、5-5の同点とする。
b0170881_7341278.jpg
b0170881_7341769.jpg
b0170881_7342498.jpg
b0170881_7343018.jpg
b0170881_7345124.jpg

b0170881_614441.jpg

b0170881_7345940.jpg
b0170881_73557.jpg

「野球小僧」も振り付けを覚えていて、野球部員と一緒に応援!
b0170881_7351274.jpg

10回裏二死2塁、神戸国際大附は5番尾松の中前適時打でサヨナラ勝ちを決めた。
b0170881_7351983.jpg
b0170881_7352433.jpg
b0170881_7352963.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-07-25 07:54 | 高校野球:兵庫(公式戦) | Comments(2)