「ほっ」と。キャンペーン
タグ:大谷高校 ( 8 ) タグの人気記事

2015年 06月 16日
平成27年度 春季京都府大会: 福知山成美 vs 大谷
b0170881_525539.jpg

マウンドを中心に「環」が描かれた状態の時に上方から俯瞰撮影するのが最近の定番


  大 谷
  000 000 0   0
  214 010 X   8 (7回コールド)
  福知山成美
  (2015年5月3日(日) わかさスタジアム京都 第1試合)

福知山成美に対し、復権を目指す大谷がどのような戦いを見せることができるかに注目していたこの試合だが、序盤の大量点が大谷に重くのしかかった。
大谷は記録に残らない守備の乱れも幾度か見られ、ベスト8まで勝ち上がってきた学校でも平静を保って試合することは案外難しいのかな と考えながら観戦していた。
夏の大会には、この日の経験を糧にして安定感の増した大谷の姿を見れることだろう。


試合開始後しばらくはスタンド最上段から焦点距離を変えながら撮影した。
b0170881_526791.jpg
b0170881_5261311.jpg
b0170881_5262134.jpg
b0170881_5262673.jpg
b0170881_5263432.jpg

途中からはスタンド前方に戻り撮影。
b0170881_5264499.jpg
b0170881_5264998.jpg
b0170881_5265545.jpg
b0170881_527343.jpg
b0170881_5272066.jpg
b0170881_5272716.jpg
b0170881_5282738.jpg
b0170881_5283223.jpg

最後は再びスタンド最上段から。被写体に対する「余白」の取り方・背景整理を考えながらの撮影。
b0170881_5284397.jpg
b0170881_5284992.jpg
b0170881_5285511.jpg

[PR]

by photomoments | 2015-06-16 05:49 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(10)
2015年 05月 23日
平成27年度 春季京都府大会: 大谷 vs 城陽(後篇)
b0170881_7565091.jpg

8回裏、反撃の適時三塁打を放った鈴木選手。気迫のこもった表情で応援席に応えた。


8回裏の城陽の攻撃は非常に見応えがあった。
意気消沈してあっさりコールドゲームになってもおかしくない試合展開を払拭し、最終回も、まだ4点負けているけれど、ひょっとしたら…と思わせてくれた。
当然撮影のモチベーションも高まったし、カメラ・レンズのレスポンス・精度まで高くなった気がした。
春の京都府大会を観戦した中で一番堪能できた試合でした!


b0170881_758889.jpg
b0170881_7581587.jpg

8回表にも大谷高校は、機動力と連打を絡めて3点を追加し、コールドゲームの気配が濃厚になる。
走力を駆使した髙山選手の本塁突入は、捕手のタッチが成立したように見えた際どいプレーだったが、生還を果たした。
b0170881_813580.jpg
b0170881_810974.jpg
b0170881_8104518.jpg
b0170881_8105058.jpg

8回裏の城陽。鈴木選手の三塁打で2点を返し、代打 中前選手の適時打で鈴木選手も生還した。
b0170881_811230.jpg
b0170881_8183543.jpg
b0170881_8184324.jpg
b0170881_831101.jpg
b0170881_8354117.jpg

9番 古島選手も適時打で続き、城陽はこの回 一挙4点を返した。ベンチ・応援席へのアピールが慎ましく初々しいところも印象的。
b0170881_8354921.jpg
b0170881_8355756.jpg

9回表の大谷の攻撃を三者凡退でリズムよく終えた城陽。
b0170881_836591.jpg

守備の乱れも手伝って、大谷の上坂投手を攻め立てる城陽。
4点差あるとは言えど、その点差を感じさせないようなムードがあったが、上坂投手が0点に抑えて試合は終了した。
b0170881_8363487.jpg
b0170881_8364384.jpg
b0170881_8365029.jpg
b0170881_8554930.jpg

試合終了後にバックネット裏の観客席に向かって一礼する城陽の選手たち。
b0170881_8555723.jpg

[PR]

by photomoments | 2015-05-23 09:22 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2015年 05月 22日
平成27年度 春季京都府大会: 大谷 vs 城陽(前篇)
b0170881_016936.jpg

大谷高校応援席の様子より


  大 谷
  012 011 130   9
  001 000 040   5
  城 陽
  (2015年5月3日(日) 太陽が丘球場 第3試合)

太陽が丘での春季大会観戦の最後は大谷vs城陽。
城陽の二次戦進出は私にとって新鮮で、大谷との対戦により、一次戦3試合を勝ち抜いてきた力を見ることができるのが楽しみでもあった。
胸の校名が見えなければ少々見分けづらいユニフォームの両校だが、選手たちの表情は違う。
強豪復権を目指す大谷の選手たちが漂わせる精悍さに対し、城陽の選手たちからは普通の公立校らしい、いい意味での純朴な雰囲気を感じた。
その印象のまま、大谷が先制点を挙げて以降も着実な加点を繰り返し、8回表を終わって9対1と、8回コールドゲームとなる可能性濃厚で迎えた8回裏だったが…。


大谷高校の先発 芝田投手と、城陽高校の先発 児玉投手。両校の印象の違いを露出補正で反映してみた。
b0170881_0164723.jpg
b0170881_0165310.jpg
b0170881_0165899.jpg
b0170881_0174748.jpg
b0170881_017537.jpg

三塁ベースをめぐるクロスプレーが幾度も繰り広げられた試合だった。
b0170881_0175816.jpg
b0170881_018388.jpg
b0170881_018847.jpg
b0170881_0181692.jpg
b0170881_0182113.jpg
b0170881_0182617.jpg
b0170881_019383.jpg
b0170881_0191041.jpg
b0170881_0192516.jpg
b0170881_0201993.jpg

軽い曇天だったことが幸いするのか、内蔵エクステンダーの合焦精度がこれまでになく高かった。
絞り開放 かつ換算728mm相当の焦点距離でもピントの合った写真が多く撮れた。送りバントの写真は等倍で確認してもエクステンダー特有の緩さを感じなかった。
b0170881_0202971.jpg
b0170881_0203563.jpg
b0170881_0204398.jpg
b0170881_0205029.jpg


(後篇に続きます)
[PR]

by photomoments | 2015-05-22 05:55 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2011年 05月 12日
平成23年度春季京都府大会: 塔南 vs 大谷(後篇)
均衡した試合を打破したのは塔南だった。
7回裏に2番 上山選手がエラーで出塁し、二盗を決めると、笠選手も左前打で続き、無死一・三塁とする。
b0170881_6452457.jpg
b0170881_6453026.jpg

ここで4番 駒月選手はセンターへの大きな当たりを放ち、2者が生還した。
b0170881_655722.jpg
b0170881_6551580.jpg
b0170881_655215.jpg
b0170881_6552924.jpg
b0170881_6553640.jpg


8回裏の塔南の先頭打者 竹内選手の三塁線へのセーフティバントは、三塁を守る横山選手がバウンドを体で止めて処理した。
b0170881_70451.jpg
b0170881_705292.jpg
b0170881_705916.jpg
b0170881_71619.jpg
b0170881_711372.jpg

しかし続く8番 高橋温雄選手が三塁強襲の二塁打で出塁、邨松選手も続いて一死一・三塁とすると、1番 向原選手の犠飛で竹内選手が生還した。
b0170881_765630.jpg
b0170881_77328.jpg
b0170881_77181.jpg

1点差で迎えた試合終盤だったが、塔南打線が7回・8回に着実に加点して8-4で勝利をおさめた。
得点したい場面での塔南打線のつながりのよさが印象に残った試合だった。
[PR]

by photomoments | 2011-05-12 07:22 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(4)
2011年 05月 10日
平成23年度春季京都府大会: 塔南 vs 大谷(中篇)
同点に追いつかれた塔南は、直後の4回裏、一死から側田選手が出塁。送りバントで二死二塁とし、9番 邨松選手が左中間に適時二塁打を放ち、即座にリードを奪い返す。
b0170881_21595585.jpg
b0170881_220187.jpg


6回裏、塔南が一死満塁と攻勢に出たが、大谷は9番 邨松選手、1番 向原選手をともに一ゴロに打ち取ってこの回を抑えた。
中盤は押し気味に試合を運ぶ塔南を大谷が辛抱強く抑えた印象だ。
b0170881_2214925.jpg
b0170881_2214178.jpg
b0170881_22142372.jpg


7回表の大谷は、藤田選手が出塁後、送りバントで一死二塁と得点圏に藤田選手を進めたが、後続を左飛に抑えて同点に追いつくことはできず。
試合途中にライトからレフトに守備位置が変わった邨松選手の好捕が光った。
b0170881_22212126.jpg
b0170881_22212741.jpg
b0170881_22233867.jpg


(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2011-05-10 22:27 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2011年 05月 08日
平成23年度春季京都府大会: 塔南 vs 大谷(前篇)
昨日、今年最初の京都の高校野球観戦を行った。
第1試合は塔南vs大谷は、立ち上がりから落ち着かない試合となった。
大谷の先頭打者 藤田選手の二遊間への当たりは守備陣が交錯した形になり内野安打。次打者の場面での二盗も二塁ベースでの捕球ができないなど、塔南に記録に残らない守備の綻びが見られた。
2回表には、大谷が4番 末國選手の左前打で出塁すると、続く5番 池田選手の送りバントが二塁悪送球になり無死一・三塁。一死をはさんで7番 坂本選手、8番 藤本選手の連続適時打により2点を先制した。
この回は粟津投手の投球が少し振るわなかったうえに、2本の適時打も決して捕球できない当たりではなかったと思えるなど、塔南の守りのリズムの悪さが気になった。
しかし塔南は直後の2回裏、4番 駒月選手が二塁打で反撃機を作ると、失策・犠飛で2-2の同点に追いつき、1番 向原選手が2点適時打を放って4-2と、即座に逆転を果たした。
3回は両チームとも中軸打者を三者凡退に抑え(抑えられ)、ようやく落ち着いた試合運びになりつつあると思った4回、表に大谷が2点を挙げて同点に追いついたが、裏の塔南は1点を入れて再度リードを奪い、試合のリズムを大谷に渡さなかった。
このあたり、得点を挙げたい場面で得点を挙げる塔南の戦い方は見応えがあった。
6回裏にも塔南は一死満塁の追加点の場面を作ったが、大谷の青木投手が後続二者を一ゴロに打ち取って追加点を許さず、伯仲した試合のままで終盤を迎えると思われたのだが、塔南は7回・8回に追加点を入れて大谷を突き放し、8-4で勝利をおさめた。

序盤は双方に守備の乱れが目立つ荒れた試合だっただけに、攻撃力に勝る塔南が勝利をモノにした感はあった。
大谷としては2点を先制しながら直後に逆転を許したところが後々まで響いただろうし、その観点では反撃の狼煙をあげた頼れる4番 駒月選手の存在の大きさを強く思わされる一戦だった。


大  谷  020 200 000   4
塔  南  040 100 21X   8
(2011年5月7日(土) わかさスタジアム京都 第1試合)


この試合に登板した塔南 粟津投手と、大谷 青木投手。
b0170881_2245169.jpg
b0170881_22452324.jpg


2回表 大谷の攻撃。無死一塁で5番 池田選手が送りバントを試みると、二塁への送球が乱れ、 大谷がチャンスを広げる。
b0170881_22531453.jpg

7番 坂本選手の適時打で1点を先制した大谷は、続く8番 藤本選手が右前適時打を放ち、三塁走者の池田選手も生還し、さらに1点を追加した。
b0170881_22554817.jpg
b0170881_22555596.jpg
b0170881_2256291.jpg


先制された塔南は2回裏、無死満塁から7番 側田選手が遊撃手の失策を呼ぶ打撃で三塁から駒月選手が生還し、まず1点を返す。
b0170881_22591218.jpg
b0170881_22592268.jpg
b0170881_22592858.jpg

一死満塁となり、9番 邨松選手が左犠飛を放って同点としたあと、1番 向原選手の2点適時打で2者が生還、4-2と逆転に成功する。
b0170881_2332672.jpg
b0170881_2333344.jpg
b0170881_2334017.jpg


4回表、この回の大谷の先頭打者 池田選手が左前打で出塁し、送りバントで二塁に進むと、7番 坂本選手のライトへの当たりを後逸する間に生還、続く藤本選手はスクイズを決めて4-4の同点に追いついた。
b0170881_2391013.jpg
b0170881_2391628.jpg
b0170881_23102432.jpg


(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2011-05-08 23:14 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2010年 07月 17日
第92回高校野球京都大会(3) : 大谷 vs 嵯峨野
b0170881_238887.jpg

降雨ノーゲームとなった翌日に行われた再戦を制し、校歌斉唱後、一塁側応援席に駆ける大谷の選手たち


大谷は2回表、7番吉田選手の二ゴロで三塁走者が生還して1点を先制し、3回表にも二死二塁から3番岡崎の左前適時打で1点を追加した。
嵯峨野は4回裏二死二塁の場面で7番山崎選手が左前適時打を放ち、二塁走者の太田選手が生還して1点を返した。
その後も両チームはたびたび得点圏に走者を進めたが、いずれも決定打を欠いて2-1のまま試合は終了した。

大   谷   011 000 000    2
嵯 峨 野  000 100 000    1 
(2010年7月16日(金) わかさスタジアム京都 第2試合)

2回表、大谷の7番 吉田選手の二ゴロで大谷が1点を先制する。
b0170881_2345547.jpg
b0170881_23451452.jpg

3回表、二塁走者の近澤選手が生還して2点目を挙げる。
b0170881_23452238.jpg

4回裏に嵯峨野の太田選手が生還。ベンチに戻る間に咆哮する。
b0170881_23453146.jpg
b0170881_23453989.jpg
b0170881_23454655.jpg
b0170881_23455435.jpg
b0170881_2346286.jpg
b0170881_23461072.jpg
b0170881_23461748.jpg
b0170881_23462669.jpg
b0170881_23463794.jpg



ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-07-17 23:53 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(2)
2009年 07月 20日
第91回全国高等学校野球選手権京都大会  7月19日 太陽が丘球場(2) : 東山 vs 大谷
b0170881_2230748.jpg

引き続き、第2試合の東山vs大谷を掲載します。

大  谷  100 010 000  2
東  山  300 020 12X  8
(2009年7月19日(日) 太陽が丘球場 第2試合)

(1枚目のみEOS 30D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM、それ以外はEOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)

b0170881_22445597.jpg
b0170881_2245043.jpg
b0170881_2245663.jpg
b0170881_22451119.jpg
b0170881_22451757.jpg
b0170881_22452374.jpg
b0170881_22452971.jpg
b0170881_2245349.jpg
b0170881_22453921.jpg
b0170881_22454421.jpg
b0170881_22455028.jpg
b0170881_22455455.jpg
b0170881_2246074.jpg
b0170881_2246668.jpg
b0170881_22461234.jpg
b0170881_22461888.jpg
b0170881_22462454.jpg
b0170881_22462931.jpg
b0170881_2246349.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-07-20 22:48 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)