タグ:大阪 ( 13 ) タグの人気記事

2010年 10月 30日
三色彩道(吹田市 北千里)
阪急千里線の終着駅である北千里駅から北東方向、つまり大阪大学方面に延びる道は「三色彩道」と呼ばれている。
b0170881_1022688.jpg

(掲載した写真はいずれも平成21(2009)年11月21日に撮影)

ここはアメリカフウ、タイワンフウ、トウカエデという3種の落葉高木樹が植えられた並木道で、吹田市のケーブルテレビ局が制作する番組で数年前に知り、千里ニュータウンの中にかくも見事な紅葉の名所があるのかと驚いた。
ぜひ一度目にしておきたいと思いながら、自宅から電車で30分くらいかかるこの地に行けずにいたが、昨年ようやく実見した次第。
というわけで、今回は時宜をみて掲載しようと考えてきた「蔵出し写真」で記事をまとめました。

ネットで事前にいろいろと調べると、日中は紅葉を見る方も多く、また、路肩に車を一時停車して眺めたり写真撮影したりする人もいるようなので、写真撮影をしたい私は、人が少ないと思われる早朝に行くことにした。
日の出前に家を出て、北千里駅に着いたのは6時30分頃。
この時間帯は紅葉目当てに訪れる方は少なく、駅に向かう通勤・通学の人や朝の散歩・ジョギングをする方がいるくらい。
三脚を据えて車の往来が途絶えるのを待ったりしながらゆっくりと撮影できた。
緩やかな起伏がある道なので、アングルによっては延びゆく道路のその先が見通せず、街路樹もゆっくりと道路の向こう側に消失していくパースペクティブな風景が魅力的だ。
トップの写真も下の写真も、もう少しローアングルにすれば、標識や信号機も見えなかった。
1年経って見てみると、三脚からカメラを外して地ベタに寝そべって撮るべきだったかなぁとも思うのだが、不審な行動に見られかねないので勇気がなかった…。
バリアングル液晶搭載のキヤノンEOS60D、ニコンD5000、SONYのα55などはその点でメリット大ですね。
b0170881_10302421.jpg


b0170881_10331110.jpg

b0170881_1022261.jpg

b0170881_10333538.jpg
b0170881_10334126.jpg


並木道の趣きに少しヨーロッパの都市に通じるものを感じたので、そんな雰囲気を感じられるような写真を撮ってみた。
b0170881_10411316.jpg

散歩をする初老のご夫婦の姿も絵になる場所だ。
b0170881_10435385.jpg


最後に地図を。この一帯は住宅街なので、散策の際にはご配慮をお願いいたします。
b0170881_10453127.jpg


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-10-30 11:08 | 建物・街・風景 | Comments(22)
2010年 06月 13日
大坂城
b0170881_2323636.jpg

大坂城南西側の大手前芝生広場から、南外濠に面して折り重なる石垣の形状を狙い、モノクロームで表現した


私が住んでいる地域の自治会の活動として、写真講座があります。
写真・カメラマニアが集まるというよりも、上手下手は関係なく、ご近所の人たちで年に4回程度撮影に出かけ、後日写真を持ち寄って作評会を開いています。
自治会にフォトスタジオを開いている方がいて、その方の主宰の下にコアメンバー10人程度で構成されているのですが、年齢的には60歳手前から80歳くらいまでの方々の中で私だけが30代。
でも年齢とか関係なく非常に居心地よい集まりで、いつも楽しみにしています。

そんな写真講座で先月出かけたのが大坂城(大阪ではなく「大坂」としています)。
大坂城の石垣にフォーカスすることを主題とした撮影会に、EOS Kiss X3と三脚、それといくつかのレンズを携行して参加しました。
城郭といえば天守や櫓などに目がいきがちですが、石垣もまた城郭に欠かせない要素です(もちろん、土塁のみの城郭もありますが)。
大坂城は大坂夏の陣のあと、徳川幕府が豊臣期の城郭をすべて破却して埋め、その上に縄張をし直して天下普請で再建したものだけに、石垣を見ても、急速に築城技術が進化した慶長期以降の城郭であることが伺えます。
大阪に何年も住みながら大坂城を訪れるのは今回が初めて。
事前に理解している石垣の雄大さや形状の美しさだけでなく、現地に足を運んで初めて見えてくる石垣の面白さをどれだけ見つけられるか、そんな思いで臨んだ撮影でした。


大手門をくぐって場内に入り、空濠に面した石垣を見たところ。打込み接ぎで作られた石垣の隅石はかなり巨大だ。
b0170881_075820.jpg

b0170881_959625.jpg

そのまま南外濠に面した石垣沿いに歩く。石垣の高さと美しい勾配に築城技術の高さを感じる。
b0170881_018589.jpg

石垣の合間を縫うように伸びた樹木、ホゾを切った部分から一輪挿しのように育つ草花。時を経て自然な状態で植物と同化しているのも石垣の魅力と思えた。
b0170881_019454.jpg
b0170881_0191194.jpg

南外濠を歩くうちに見かけた石垣の下部。隅石が砕け、二つの石同士が緊張感を放ちながら静止している姿が印象深い。
b0170881_0263973.jpg


場内を巡り、天守西側のスペースで昼食。
b0170881_118498.jpg

そのとき、天守北側の石垣の上で寝転がって休んでいる人に目がとまった。
空の青、クリスタルタワーのガラスの青とパーカーの赤色の対比を写真におさめたいと思った。
b0170881_110559.jpg

昼食を撮っていると、人に慣れた雀や鳩がご飯を求めて近寄ってくるのには驚いた。ここに来る人たちは危害を加えないことを知っているのだろう。
Iさんがご飯を投げると、数羽の鳥が一斉に群がってくる。
中には、Iさんの指先に載せたひと粒の米を求め、一段ずつ石段を上がり、米をついばむ雀もいた。
繰り返し3回ほど撮影にトライして、ワンショットに賭けて米をくわえた瞬間を撮ることができた。
いつも野球撮影に使っているEOS-1D MarkIIIだったらもっと容易に撮れたと思うが、Kiss X3でも普段撮ったことのない鳥を撮れたのでよかった…。
b0170881_117357.jpg
b0170881_1174235.jpg

[PR]

by photomoments | 2010-06-13 12:14 | 建物・街・風景 | Comments(20)
2010年 05月 14日
御堂筋 SPRING GALLERY 2010 まちかどコンサート
5月13日(木)から6月4日(金)の期間で、御堂筋 SPRING GALLERY 2010 が開催されています。
昨日は、午前8時から御堂筋に設置された彫刻と平野町街園の一斉清掃が行われ、お昼休みの時間帯には、第2回御堂筋写真展の開催にあわせ、入賞者の表彰式とまちかどコンサートが開催されました。
昨日のまちかどコンサートに登場したのは、相愛大学トランペットアンサンブル「Octo(オクト)」です。
b0170881_11105795.jpg

相愛大学音楽学部のトランペット専攻生8人で結成されたOctoは、昨年春・秋のまちかどコンサートにも登場しました。
コンサート中は、メンバーが交替で演奏する曲目を紹介していきます。
b0170881_11155444.jpg
b0170881_1116057.jpg

20分ほどのミニコンサートで、しかもぶっつけ本番での撮影なので、撮影する私も撮影に失敗しないか緊張ものです。
ちなみに昨年は、このブログにも時々コメントを下さるIONNさんと2人で撮影。しかし今回は私一人というのもちょっとしたプレッシャーです。
それにしても、短時間で8人の奏者のいい表情を切り取るのは容易なことではないですね…。
b0170881_1116633.jpg
b0170881_11161228.jpg
b0170881_11161897.jpg
b0170881_11162479.jpg
b0170881_11162916.jpg

b0170881_11165458.jpg
b0170881_1117122.jpg
b0170881_1117748.jpg


Octoのみなさん、素晴らしい演奏、本当にありがとうございました!
b0170881_11173277.jpg


5月27日(木)、6月3日(木)にもまちかどコンサートが開催されます。また、5月20日(木)には北御堂相愛コンサートも開かれます。
詳細はこちらをご覧ください。
お近くの方はぜひ足をお運びください!
[PR]

by photomoments | 2010-05-14 11:54 | コンサート | Comments(9)
2010年 01月 27日
北御堂相愛コンサート
大阪・御堂筋にある北御堂で、毎月1回のペースで無料のランチタイムコンサートが行われています。
(主催:本願寺津村別院、共催:相愛大学)

以前からコンサートが開催されていることは知っていたのに、つい最近まで一度も足を運んだことがありませんでした。
先月初めて訪れてみたところ、北御堂の本堂内で行われるコンサートの荘厳な雰囲気に圧倒され、魅了されました。
まちづくりの活動等で日頃からお世話になっている相愛学園さんにコンサートの撮影ができるようにお願いし、今回撮影させていただきました。
b0170881_22223969.jpg

(EOS-1D MarkIII + EF70-200mm F4L IS USM)


大きな寺院内でクラシックコンサート という組合せは不思議な気もしますが、コンクリート造の建物ということもあり、かなりの残響も得られて予想以上に好適です。
b0170881_1194078.jpg

(EOS-1D MarkIII + EF17-40mm F4L USM)


vol.92となる今回のコンサートは、相愛高校・相愛大学を卒業された西川千紘さん(ヴァイオリン)・西川彩乃さん(チェロ)のデュオコンサート。
曲目は、 四弦誓願、 ベートーヴェン/3つのデュエット 作品37 第1楽章、 ヘンデル(ハルヴォルセン編曲)/パッサカリア でした。

b0170881_0344440.jpg
b0170881_0345132.jpg

(EOS-1D MarkIII + EF70-200mm F4L IS USM)


本堂内は、演奏会の撮影を行うには光量が乏しく(見た目の印象以上に光が少なかった…)、ISO感度を1,600~2,000まで上げて撮影。
それでもシャッター速度は満足に稼げず、開放絞りがF4のレンズでは1/80秒程度。
低光量下ではオートフォーカスの合焦精度も低下するので、シャッター速度の問題もあり、モニターで等倍表示するとピントが甘くなるのは致し方ないところだろうか。
どうにも合焦精度が気になったため、1枚目に掲載した写真は、ライブビュー撮影で背面モニターを見ながらマニュアルでピントを合わせ、手持ちで撮影したものだが、
今回のような条件ではこの方法が案外有効だった。
聴衆の妨げにならないようにシャッターもサイレントモードとし、撮影のタイミングも曲のなかでなるべく目立たないような頃合いを見計らってシャッターボタンを押した。


最後に、リハーサル時の様子から。
入念に進められる真剣なリハーサルの中で時折見せるリラックスした表情が大変に印象的でした。
b0170881_2102856.jpg
b0170881_2103467.jpg

 (EOS-1D MarkIII + EF50mm F1.4 USM)


この北御堂相愛コンサートはランチタイムコンサートなので、12:25~12:45の20分間という演奏会です。
お近くにお勤めの方なら、1時間の休憩時間であっても十分鑑賞可能だと思いますので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

次回開催日は、2月25日(木)です。
[PR]

by photomoments | 2010-01-27 20:19 | コンサート | Comments(8)
2010年 01月 08日
綿業会館(後編)
綿業会館の特筆すべき点は、食堂や談話室、複数ある会議室が全く異なる様式で作られている点だ。
資料によると、異なる様式としたのは、この建物を訪れる来賓や倶楽部の会員に好みのスタイルの部屋を選んでもらえるように という
建築家 渡辺節の設計思想を反映したもののようだ。
戦前には、満州事変の調査で派遣されたリットン調査団の一行が訪れたり、終戦後には進駐軍に接収されたりした綿業会館。
海外からの賓客や軍人たちの目にはどう映ったのだろうか?

まずは1階にある会員食堂。
b0170881_22324926.jpg

b0170881_2238074.jpg


ホールを上がった3階にある談話室。写真左手の壁面に貼られたタイルは、京都で焼いたタイルだとのこと。
b0170881_22395588.jpg

b0170881_2240953.jpg


同じく3階にある、「鏡の間」と呼ばれる会議室。
b0170881_22461140.jpg

この会議室の手前には貴賓室(特別室)がある。
b0170881_22473883.jpg

昭和9年に首相に就任する岡田啓介や、戦後首相に就任する芦田均・鳩山一郎のほか、緒方竹虎や石井光次郎、林譲治といった大物政治家の名前も見える。
b0170881_22504776.jpg


1階ホールに面したエレベーター扉の凝った意匠にも注目してしまう。
b0170881_232033.jpg


建物内部を巡る過程で、陰影に富んだ通路の表情を撮りたいと思った。
薄暗い廊下に灯る壁付の照明に情緒を感じたからだ。
b0170881_23759.jpg


綿業会館の館内見学ツアーは集団で各部屋を回るので、普通に回ったのでは他の見学者が写真に写りこんでしまう。
だから私は最後尾で見学し、各室から人がいなくなったら撮影を行った。
なので構図を考える時間もほとんどないし、当然ながら三脚も使えないので手持ちでの撮影。
ISO感度を上げてもレンズの開放F値が3.5なのでシャッター速度もあまり稼げない など、撮影には厳しい条件だった。

最後に、綿業会館で撮影した写真のなかで最もお気に入りの1枚。
b0170881_23202893.jpg

豪華な意匠を施した部屋はもちろんよかったのだが、ホールに面した通路に強い魅力を感じてしまった。

(写真は EOS 30D + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM)
[PR]

by photomoments | 2010-01-08 01:01 | 建物・街・風景 | Comments(8)
2010年 01月 06日
綿業会館(前編)
今回は、今年最初の記事で掲載した「綿業会館」についてアップします。
昨年10月に建物見学会に参加した際に撮影した写真です。いきなり前回記事と同じ写真で恐縮ですが…。

b0170881_1253072.jpg


綿業会館は、昭和初期に設立された日本綿業倶楽部が建設した建物で、昭和6年の竣工。
東洋紡績の専務だった岡常夫氏が当時の金額で100万円を寄付し、業界からの50万円の寄付と合わせて150万円の予算で建設した とのこと。
150万円といっても貨幣価値がピンとこないが、(よく聞く喩えで)同時期に建設された大阪城の復興天守閣がおよそ50万円と言われていることから、
この建物が大阪城天守閣の3倍にもなる破格の工事費で建設されたことになる。
また、当時日本の主要産業であった繊維・紡績業が、これほどの建物を作る力を有していたこともわかる。

設計は渡辺節。渡辺は以前掲載したダイビルの設計も手がけている。

b0170881_1263587.jpg

地上7階建の外観は、基壇部と中層部、頂部の三層構成。華美に走りすぎず、といって単調でもないところが秀逸だ。
中層部・頂部の外壁タイルは、スクラッチ面状のタイルを縦横に貼り分けることで、表情豊かな外観を生み出していると思う。
窓廻りの意匠も階ごとにアレンジが施されていて、単調にならないように配慮されている。
私は朝の通勤時に綿業会館の前をよく歩くが、季節・時間によっては朝の太陽光が斜めから射して、タイルの陰影が強調されて非常に美しい。
この写真で見えるタイルの色が一部くすんでいるのは、空襲による影響のようだ。
辺りが焼け野原になったなかでも綿業会館にはほとんど被害がなく、現在に至っている。

ちなみに、南側は備後町通、西側は三休橋筋というあまり大きくない通りに面している綿業会館なので、引きが取れなくて建物外観を撮影するのは難儀する。
(この時は外観をきちんと撮影していなかったので(ハナから撮影することを忘れていて…)、上に掲載した外観の写真は2年ほど前に撮影したものです)

1枚目の写真は正面玄関側から写したもので、この正面玄関を入ると、下の写真の通り、シャンデリアが吊るされた格天井の風除室がある。
会員制クラブハウスとしての建物の格式を雄弁に主張していると思う。
b0170881_1374332.jpg


風除室を抜けると吹抜けのホールに行き着く。迫力ある中央の像は、100万円を寄付した岡常夫氏の像。
b0170881_1392710.jpg


ホールに面する階段は中央に踊り場があり、空間形成にも大きく寄与する印象的な階段。
階段の上り口は上部にアーチが架かっていて、アーチをくぐって階段を上る際に、視界が開ける「抜け感」のようなものを感じる。
b0170881_145767.jpg


階段を上がりホールを見ると、中央のシャンデリアが際立って見える。
b0170881_1462161.jpg

壁と壁の間からシャンデリアの姿をとらえてみた。
b0170881_147334.jpg


(写真は EOS 30D + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM, 2枚目のみEOS 30D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM )

(後半へ続きます)
[PR]

by photomoments | 2010-01-06 21:28 | 建物・街・風景 | Comments(2)
2010年 01月 01日
あけましておめでとうございます
新年明けましておめでとうございます!

b0170881_1201615.jpg


年賀状の題材をそのままアップしてみました。
大阪市内に建つ綿業会館を正面から撮影した写真です。
昭和6年に完成した綿業会館は、戦争中の空襲にも耐え、現在に至ります。
日本近代建築の傑作としてその価値が認められ、昭和期の建物として重要文化財に指定された数少ない建物のひとつです。

今年も高校野球の記事を中心に、建物などの記事も交えながらのブログになると思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by photomoments | 2010-01-01 20:00 | コラム・随筆 | Comments(16)
2009年 12月 26日
御堂筋イルミネーション
クリスマスも終わって、各地で行われていたイルミネーションイベントも終了したところが多いと思いますが、
大阪・御堂筋では、来年1月末まで、淀屋橋から本町までの約1.2kmにわたって、イチョウの幹にLED照明を施したイルミネーションイベントが行われています。
撮影に出かけたのは日曜日でしたが、普段は土日の人通りが少ない御堂筋もかなりの人出で驚きました。
b0170881_1513724.jpg

昨年はイチョウの枝に照明を展開したのに対し、今年は幹に集約したのが特徴です。
照明をつけると、垂直に立っていないイチョウが多いのがよくわかります。

イチョウ並木へのイルミネーションだけではなく、沿道の建物にも協力をお願いして、ビルのライトアップを行っているところもあります。
こちらは大阪ガスビル。
b0170881_1516974.jpg


武田御堂筋ビルは、通りに面した列柱部が紫色の照明で浮かび上がっています。
b0170881_15214160.jpg

(柱のすき間から背後の照明が漏れていて、もう少し構図を考えるべきでした…)

北御堂もご覧の通り、赤くライトアップされています。
b0170881_1518660.jpg


そして、ところどころには記念撮影スポットが設けられていて、写真を撮る人が多く見られました。
b0170881_15242129.jpg

(露光時間1秒の間にズームリングを回して撮影してみました)

御堂筋に設置された彫刻もイルミネーションの明かりで普段と違う趣で鑑賞できます。
こちらは武田御堂筋ビル前に設置された「大空に」(桑原巨守 作)。
b0170881_15281116.jpg


御堂筋沿い(特に淀屋橋~本町間)は、多くの行楽客が訪れたときに気軽に立ち寄れるスポットが少ないと感じました。
(これは御堂筋沿いで働いていて漠然と思っていたことなのですが、業務街エリアの宿命でしょうか?)
訪れた方はどこで一息ついたんだろう?と、不思議です。

(写真は EOS-1D MarkIII + EF17-40mm F4L USM、EF70-200mm F4L IS USM)
[PR]

by photomoments | 2009-12-26 16:00 | 建物・街・風景 | Comments(7)
2009年 12月 22日
アヒル be back! (ラバーダック)
いま大阪中心部ではさまざまなイルミネーションイベントが行われていて、なかなかに賑わっているのですが、
そんななか、今夏催された水都大阪2009で話題になった巨大アヒルちゃんが、12月25日までの期間限定で再び大阪に帰ってきました。
b0170881_17405490.jpg

私は水都大阪2009の期間中にこのアヒルちゃんの情報を知ったものの、時すでに遅く、実物を見れなくて残念な思いをしただけに、
今回は絶対に見逃せないと思って、日曜日に見に行きました。
b0170881_17411780.jpg

そもそもこの巨大アヒルちゃんは、オランダ人の若手芸術家、F・ホフマン氏による「Rubber Duck Project」という芸術活動だとのことで、
これまでにヨーロッパ、ブラジルの水面にプカプカ浮かんで「旅」をしてきたそうです。
なんとも言えない「癒し系」なその表情と、あまりにも巨大すぎる存在感が、見る者の心をなごませてくれます。
b0170881_17414652.jpg
b0170881_17415430.jpg

京阪・地下鉄「天満橋駅」に隣接する川沿いに作られた八軒家浜(はちけんやはま)船着場にその愛らしい体を浮かべています。
12月25日までですから、見たい方はお早めにどうぞ!
b0170881_17421181.jpg


(写真は EOS-1D MarkIII + EF17-40mm F4L USM、EF50mm F1.4 USM、EF70-200mm F4L IS USM)
[PR]

by photomoments | 2009-12-22 17:46 | 建物・街・風景 | Comments(8)
2009年 06月 08日
御堂筋 まちかどコンサート
5月14日(木)~6月5日(金)にかけて、御堂筋 SPRING GALLERY 2009 が開催されました。
彫刻除幕式や彫刻一斉清掃、写真コンテストや講演会などの催しが行われたのですが、
まちかどコンサートと銘打ったイベントも、ビルの公開空地を利用して開催されました。

今日はご了解を得て、期間中最後に開かれたまちかどコンサートの様子を掲載します。

6月4日(木)に出演したのは、2008年に結成された声楽アンサンブルユニット、che bella!(ケ・ベッラ!)
5人の華やかな女性の歌声が、お昼休みの御堂筋に広がりました。
(EOS 1D MarkIII + EF17-40mm F4L USM、EF300mm F4L IS USM)

b0170881_20564934.jpg


b0170881_2058843.jpg

b0170881_2111084.jpg


b0170881_2115585.jpg

b0170881_212106.jpg


b0170881_213025.jpg

b0170881_213121.jpg


b0170881_2133460.jpg

b0170881_2134576.jpg


b0170881_2143156.jpg

b0170881_2144313.jpg


b0170881_2152355.jpg

b0170881_215332.jpg


最後に、集合写真です。ピアノ伴奏の女性はすでに衣装を着替えていました…。
b0170881_2155294.jpg

b0170881_216546.jpg


普段は野球選手ばかり撮影していて、女性を撮影することはないので、いつもと勝手が違って難しかったですね…。

ちなみに、この日使った単焦点望遠レンズ、EF300mm F4L IS USMは、この日が撮り納め。
これまで2年弱、お世話になりましたが、ビシッとピントが決まった写真の描写は、やっぱりイイですね。
300mm F2.8と比べても遜色ない印象です。
[PR]

by photomoments | 2009-06-08 21:24 | コンサート | Comments(6)