タグ:明石商 ( 1 ) タグの人気記事

2011年 10月 30日
第93回高校野球兵庫大会 : 準々決勝  東洋大姫路 vs 明石商
b0170881_1935875.jpg

先発した石井投手の後を受け、3回からマウンドに立った東洋大姫路 原投手。


この日の第1試合は、春の兵庫を制した明石商と、好投手を擁する東洋大姫路の対戦。
1回に東洋大姫路が先制したものの、その後は双方ともに得点を挙げられない膠着した状況が続いた。
8回の東洋大姫路の追加点は、送りバント処理の三塁への送球が逸れたことが契機となるという思わぬ展開。
落ち着いて処理したように思えたプレーだったが、一塁側、マウンドと三塁ベースの延長線上で撮影していた私からは、右手を離れて外野方向に大きく逸れ行くボールの行方が試合の帰趨も示しているように思えた。


東洋大姫路
100 000 020   3
000 000 000   0
明 石 商
 (2011年7月26日(火) ほっともっとフィールド神戸 第1試合)


明石商の先発 尾崎投手と、東洋大姫路の先発 石井投手。
b0170881_19501544.jpg
b0170881_1950227.jpg


1回表、東洋大姫路は2番 広田選手が二塁打で出塁。広田選手は4番 増田選手の適時二塁打で生還し、1点を先制する。
b0170881_1947850.jpg


監督を中心にベンチ前で円陣を組んだ明石商。
b0170881_1951737.jpg


その後は両チームが得点を挙げることなく7回まで推移する。
b0170881_19521765.jpg
b0170881_19522466.jpg
b0170881_19523299.jpg


試合が動いたのが8回表。
東洋大姫路は先頭の中河選手が三塁線を破る二塁打で出塁すると、続く1番 林選手の送りバントの三塁送球が逸れてしまい、中河選手が2点目のホームを踏む。
b0170881_200141.jpg
b0170881_2002646.jpg


9回表、明石商は尾崎投手から小田柿投手に投手交代。無失点で9回裏の攻撃につないだ。
b0170881_2091964.jpg


しかし明石商の前に立ちふさがるのは原投手。リラックスした様子で最終回のマウンドに立った。
b0170881_20164145.jpg

最後の打者を打ち取った原投手は全身で喜びを表した。
b0170881_20181893.jpg


b0170881_20182635.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-10-30 20:53 | 高校野球:兵庫(公式戦) | Comments(2)