タグ:東山高校 ( 5 ) タグの人気記事

2011年 09月 08日
第93回高校野球京都大会(9) : 東山 vs 海洋
b0170881_732245.jpg

毎回ピンチを背負う苦しい展開の海洋内野陣がマウンドに集まる。


今回初めて観戦する海洋高校。対戦相手は強豪 東山高校。
試合前から東山の優勢は明らかな組合せではあったが、それでも海洋が一矢報いる場面が見れればと思いながら撮影に臨んだ。
すると、1回表に東山の先発 山口投手の立ち上がりをとらえ、海洋が1点を先制した。
しかし直後に東山が同点に追いつくと、毎回得点を重ねて5回コールドで勝利した。
敗れたとはいえ、海洋の選手たちの気合の入った表情が印象に残った試合だった。

海  洋
100 00    1
134 12X  11(5回コールド)
東  山
 (2011年7月13日(水) わかさスタジアム京都 第3試合)

東山の先発 山口投手と、海洋の先発 伊藤投手。
b0170881_7114946.jpg
b0170881_7115866.jpg


1回表、海洋の先頭打者 小川選手が三塁まで進み一死一・三塁とすると、海洋は4番 伊藤選手がスクイズを敢行。
ここは東山バッテリーに外されて小川選手がアウトとなったが、この間に荒木選手が一塁から三塁へと進み、伊藤選手の中前打で本塁に生還、1点を先制する。
b0170881_7181165.jpg
b0170881_7182056.jpg
b0170881_7182874.jpg
b0170881_718388.jpg


しかしその後は東山が着実に加点。海洋は2回途中から小川投手にスイッチしたが、東山の攻勢を絶つことは難しかった。
b0170881_0404180.jpg
b0170881_0425993.jpg

b0170881_0442473.jpg
b0170881_0455770.jpg


4回裏、東山の4番 上本選手の強い打球に反応した中原選手。
b0170881_0481985.jpg

この回も1点を追加した東山だったが、海洋は遊ゴロを谷口選手が本塁に送球し、三塁走者の生還を阻み、更なる追加点を許さなかった。
b0170881_0552530.jpg
b0170881_0553376.jpg
b0170881_055414.jpg


5回裏の時点で9-1。東山は積極的な走塁を絡めて2点を挙げ、コールド勝ちで3回戦に歩を進めた。
b0170881_105832.jpg
b0170881_11713.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-09-08 01:02 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(2)
2010年 08月 08日
第92回高校野球京都大会(16) : 龍谷大平安 vs 東山(後篇)
6回裏の東山の攻撃から。
二死一・二塁で4番 真宮選手の当たりにショート 小西選手が飛びつくが内野安打となる。
二塁走者の那谷選手が三塁をオーバーランし、小西選手が三塁へ送球したが、間一髪でセーフとなる。
b0170881_1458186.jpg

続く5番 山崎選手が押し出しの四球を選び東山が1点を返すと、6番 吉越選手への投球がワンバウンドで後逸し、三塁から北川選手が生還、2-2の同点に追いつく。
b0170881_7435519.jpg

7回表に龍谷大平安は酒居投手が適時二塁打を放って再びリードを奪う。
なおも二死二塁に走者を置く場面で、2番 小西選手の三塁線付近への飛球に上本選手がダイビングキャッチして追加点を阻んだ。
b0170881_7482747.jpg
b0170881_7483414.jpg


b0170881_865747.jpg


8回表の龍谷大平安の攻撃。保科選手が中前打で出塁すると、5番 谷選手が右翼手の頭上を越す適時三塁打を放ち、保科選手の代走 松下選手が生還し、1点を追加した。
b0170881_8103820.jpg
b0170881_8104944.jpg

8回裏、東山の3番 北川選手の一・二塁間へのゴロに飛びつく高岡選手。惜しくも内野安打となるが好プレーだった。
b0170881_8142133.jpg
b0170881_8142886.jpg
b0170881_8143495.jpg

この後4番 真宮選手が死球で出塁して一死満塁の場面を迎え、ベンチから伝令が出て守備のタイムを取り、5番 山崎選手は三振で二死満塁。
ここで酒居投手は投げ急ぐことなく、マウンド上でスパイクの紐を結び直した。
ほんの何気ない仕草ではあるが、緊迫する場面でうまく間合いを取ったなと思ったし、偶然にもファインダー内に酒居投手以外誰も入らないフレーミングができたこともあって、余白をうまい具合に確保できた1枚、自分のなかでは印象深い一瞬となった。
続く吉越選手も連続三振に取り、酒居投手はピンチを切り抜けた。
b0170881_8354041.jpg
b0170881_8354571.jpg
b0170881_8355225.jpg


b0170881_8361597.jpg



ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-08-08 08:40 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2010年 08月 07日
第92回高校野球京都大会(16) : 龍谷大平安 vs 東山(前篇)
b0170881_13283962.jpg

酷暑の京都・西京極での第2試合。昨年度卒業した部員たちが見守るなか、龍谷大平安が東山にエールを送る。


第2試合は龍谷大平安vs東山。
龍谷大平安は2回戦(大江戦)以来の観戦・撮影。
私は足を運べなかったが、4回戦で好投手 森脇投手を擁する塔南高校と対戦して2-1で競り勝ち、準々決勝にコマを進めた。
一方の東山はこの試合が初観戦。2回戦では春季大会を制した府立工業を下し、4回戦で京都すばるとの戦いを1-0で勝ち抜いて準々決勝に進出している。

2回表の龍谷大平安の攻撃。左前打で出塁した松田選手が6番 今西選手の一打で生還し、1点を先制、続く3回表にも1番 高岡選手を二塁に置いて、3番 保科選手が左前適時打で迎え入れ、序盤で2-0とする。
昨年の秋季大会を撮影した時は立ち上がりの投球に安定感を欠いていた酒居投手だったが、この試合は序盤からあまり危なげのない印象で前半戦を終えた。
しかし6回裏、東山は二死から2番 那谷選手への死球、続く3番 北川選手、4番 真宮選手が内野安打で出塁して二死満塁とし、押し出しの四球と暴投によって2点を挙げ、一気に同点に追いついた。
これに対して龍谷大平安は直後の7回表、酒居投手が左中間を破る適時打を放ち、二塁走者の飯田選手が生還、3-2と再びリードを奪うと、続く8回表には先頭打者の保科選手が中前打で出塁し、5番 谷選手が適時三塁打を放って4-2と追加点を挙げる。
8回裏の東山は1番打者 土橋選手からの攻撃を活かし、一死満塁と逆転のチャンスを迎えたが、酒居投手が後続を連続三振に打ち取り、勝利を手繰り寄せた。


龍谷大平安   011 000 110   4
東     山   000 002 000   2
(2010年7月24日(土) わかさスタジアム京都 第2試合)

龍谷大平安の酒居投手と、東山の並川投手。並川投手は2年生なので来年も楽しみだ。
b0170881_1491763.jpg
b0170881_1492585.jpg

2回表に先制のホームインをする松田選手。
b0170881_14121715.jpg

2回裏、東山の5番 山崎選手の痛烈なライナーを腕を大きく伸ばして好捕した小西選手。
b0170881_14135894.jpg


b0170881_14162294.jpg
b0170881_14162820.jpg
b0170881_1416349.jpg

4回裏、内角への厳しい投球に対し、状態を反らせてボールをかわしながらも目を閉じずにボールを見送る東山の那谷選手。
写真撮影をすると、ファインダー越しに選手の表情もよく見えるのだが、こうした時に目を閉じない選手は珍しく、落ち着いた眼差しも印象に残った。
b0170881_14194019.jpg

4回裏の東山の攻撃をダブルプレーで終えた選手たちを迎える龍谷大平安ベンチの表情。
b0170881_14274392.jpg

5回裏、東山の7番 上本選手の三塁線に放たれた当たりを体を張って処理した飯田選手。
b0170881_14291781.jpg


b0170881_1429248.jpg


(後篇に続きます)


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-08-07 14:37 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(4)
2009年 09月 23日
高校野球:平成21年度秋季京都府大会: 東山 vs 桃山
b0170881_23462941.jpg


洛星vs京都国際 に続いて、第2試合の東山vs桃山 の写真をアップします。
(この試合の写真も枚数が多くなりました。開くのが重いかもしれませんが、よろしくお願いします)

桃山の試合は、乙訓高校グラウンドでの対乙訓戦で観戦したが、非常に気合いの入った選手たちで、見ていて・撮っていて大変に気持ちがよい試合だった。
この日の対戦、校名を見れば、甲子園出場経験もある東山優位とみる人が多いと思われるが、一次戦の戦いぶりを目にした私には、桃山にも十分勝機はあると思っていた。
桃山のエース 徳田投手に強く惹かれるものがあったのだが、この試合でもその印象を強くした。
序盤は東山打線につかまり、3点を失ったが、その後得点を許さなかったのは見事だし、終盤にかけての気迫のピッチングには、撮影している私まで胸打つものがあった。
トップに掲載したのは、8回裏の東山の攻撃をゼロに抑え、マウンドで一回転しながら咆哮し、ベンチに引き揚げる徳田投手を撮影した1枚。
この回を抑えると、きっと絵になるポーズを見せてくれるという予感があったので、マウンド上の彼にフォーカスを合わせ続けた。

東山はソツなくまとまった好チーム。この日登板した2投手はなかなかの安定感。
2番手で登板した背番号1の柿崎投手は、重心が非常に低く、そのボールはいかにも重そうだった。

桃  山  000 020 000  2
東  山  021 000 00X  3
(2009年9月21日(月) 太陽が丘球場 第2試合)

(写真は EOS-1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)

b0170881_083395.jpg
b0170881_083971.jpg
b0170881_084514.jpg
b0170881_085230.jpg
b0170881_09184.jpg
b0170881_09814.jpg
b0170881_091653.jpg
b0170881_092694.jpg
b0170881_093480.jpg

b0170881_0112681.jpg
b0170881_0113356.jpg
b0170881_0114141.jpg
b0170881_0114939.jpg
b0170881_0115777.jpg
b0170881_012562.jpg
b0170881_0121411.jpg
b0170881_0122212.jpg
b0170881_0123211.jpg
b0170881_0124372.jpg
b0170881_0125433.jpg
b0170881_013355.jpg
b0170881_0131283.jpg
b0170881_0132094.jpg
b0170881_0132750.jpg
b0170881_0133650.jpg
b0170881_0134448.jpg
b0170881_0135257.jpg
b0170881_014183.jpg
b0170881_014872.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-09-23 00:24 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(8)
2009年 07月 20日
第91回全国高等学校野球選手権京都大会  7月19日 太陽が丘球場(2) : 東山 vs 大谷
b0170881_2230748.jpg

引き続き、第2試合の東山vs大谷を掲載します。

大  谷  100 010 000  2
東  山  300 020 12X  8
(2009年7月19日(日) 太陽が丘球場 第2試合)

(1枚目のみEOS 30D + EF-S17-55mm F2.8 IS USM、それ以外はEOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)

b0170881_22445597.jpg
b0170881_2245043.jpg
b0170881_2245663.jpg
b0170881_22451119.jpg
b0170881_22451757.jpg
b0170881_22452374.jpg
b0170881_22452971.jpg
b0170881_2245349.jpg
b0170881_22453921.jpg
b0170881_22454421.jpg
b0170881_22455028.jpg
b0170881_22455455.jpg
b0170881_2246074.jpg
b0170881_2246668.jpg
b0170881_22461234.jpg
b0170881_22461888.jpg
b0170881_22462454.jpg
b0170881_22462931.jpg
b0170881_2246349.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-07-20 22:48 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)