「ほっ」と。キャンペーン
タグ:東洋大姫路 ( 4 ) タグの人気記事

2011年 10月 30日
第93回高校野球兵庫大会 : 準々決勝  東洋大姫路 vs 明石商
b0170881_1935875.jpg

先発した石井投手の後を受け、3回からマウンドに立った東洋大姫路 原投手。


この日の第1試合は、春の兵庫を制した明石商と、好投手を擁する東洋大姫路の対戦。
1回に東洋大姫路が先制したものの、その後は双方ともに得点を挙げられない膠着した状況が続いた。
8回の東洋大姫路の追加点は、送りバント処理の三塁への送球が逸れたことが契機となるという思わぬ展開。
落ち着いて処理したように思えたプレーだったが、一塁側、マウンドと三塁ベースの延長線上で撮影していた私からは、右手を離れて外野方向に大きく逸れ行くボールの行方が試合の帰趨も示しているように思えた。


東洋大姫路
100 000 020   3
000 000 000   0
明 石 商
 (2011年7月26日(火) ほっともっとフィールド神戸 第1試合)


明石商の先発 尾崎投手と、東洋大姫路の先発 石井投手。
b0170881_19501544.jpg
b0170881_1950227.jpg


1回表、東洋大姫路は2番 広田選手が二塁打で出塁。広田選手は4番 増田選手の適時二塁打で生還し、1点を先制する。
b0170881_1947850.jpg


監督を中心にベンチ前で円陣を組んだ明石商。
b0170881_1951737.jpg


その後は両チームが得点を挙げることなく7回まで推移する。
b0170881_19521765.jpg
b0170881_19522466.jpg
b0170881_19523299.jpg


試合が動いたのが8回表。
東洋大姫路は先頭の中河選手が三塁線を破る二塁打で出塁すると、続く1番 林選手の送りバントの三塁送球が逸れてしまい、中河選手が2点目のホームを踏む。
b0170881_200141.jpg
b0170881_2002646.jpg


9回表、明石商は尾崎投手から小田柿投手に投手交代。無失点で9回裏の攻撃につないだ。
b0170881_2091964.jpg


しかし明石商の前に立ちふさがるのは原投手。リラックスした様子で最終回のマウンドに立った。
b0170881_20164145.jpg

最後の打者を打ち取った原投手は全身で喜びを表した。
b0170881_20181893.jpg


b0170881_20182635.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-10-30 20:53 | 高校野球:兵庫(公式戦) | Comments(2)
2011年 05月 06日
平成23年度春季兵庫県大会: 東洋大姫路 vs 加古川北(後篇)
b0170881_22333717.jpg

7回裏 二塁打で出塁した加古川北のこの回の先頭打者 井上選手は、三盗を敢行するも東洋大姫路守備陣に阻まれた。


一進一退の攻防が続いた試合のなかで大きなヤマ場と思えたのが7回裏の加古川北の攻撃。
二塁打で出塁し、一死後に三盗を試みた井上選手を東洋大姫路が封じた場面は、シチュエーションの点からも唐突な感があったが、この盗塁が成功するか失敗するかは試合展開を左右する駆け引きだったと思われる。
この場面に限らず、加古川北の積極的な走塁を東洋大姫路が幾度か阻んだことが、加古川北の思うような試合運びをさせず、9回の逆転劇につながったのかもしれない。

b0170881_2358750.jpg
b0170881_23581595.jpg


6回裏 二死一塁、加古川北の一塁走者 武田選手の盗塁。
b0170881_051450.jpg
b0170881_052492.jpg
b0170881_053039.jpg
b0170881_053831.jpg


7回裏 この回の先頭打者である4番 井上選手が二塁打で出塁する。
b0170881_075838.jpg


8回表 東洋大姫路の中島選手が放ったライナー性の当たりに飛びついた加古川北のショート 武田選手。
b0170881_0103784.jpg
b0170881_0104435.jpg
b0170881_0105060.jpg


9回表の東洋大姫路の攻撃より。
一死から中前打で石井選手が出塁すると、続く9番 中河選手が送りバントを決める。
b0170881_014825.jpg
b0170881_0141533.jpg

この後、2番 妻鹿選手が四球を選んで二死満塁となる。
b0170881_017192.jpg

続く3番 坪田選手が三塁手の頭上を越える適時打を放ち、2者が生還。三塁まで進んだ一塁走者 妻鹿選手も加古川北守備陣の送球の乱れに乗じて生還を果たした。
b0170881_0205121.jpg
b0170881_021077.jpg
b0170881_021853.jpg


9回裏の加古川北の反撃を抑え、最後の打者を三振に打ち取った原投手。
b0170881_0253197.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-05-06 00:28 | 高校野球:兵庫(公式戦) | Comments(0)
2011年 05月 04日
平成23年度春季兵庫県大会: 東洋大姫路 vs 加古川北(前篇)
b0170881_1492866.jpg

5回表の東洋大姫路の先頭打者 中河選手が四球を選んで出塁し同点のホームを踏む。彼の試合中の表情はファインダー越しにも惹かれるものがあった。


第2試合の東洋大姫路 vs 加古川北は、終盤に至るまでロースコアの試合展開となった。
東洋大姫路はエース 原投手が先発したのに対し、加古川北はエース 井上投手ではなく、背番号18の西嶋投手が登板。
西嶋投手は先頭打者を右前打で出塁させるなど、初回から得点圏に走者を背負う投球となったが、このピンチを無失点で切り抜けた。
対する加古川北は1回裏、東洋大姫路の守備陣の送球の乱れや成否相半ばした積極的な走塁など、攻守どちらが流れを掴むかわからないような目まぐるしい展開を経て4番 井上選手が打席に立つと、井上選手は左前適時打を放ち、加古川北が1点を先制した。
こうして始まった試合は互いに幾度かのチャンスを作るものの、4回までは「0」が並んだ。
次に試合が動いたのが5回表。東洋大姫路は9番 中河選手の出塁から二死一・三塁とすると、4番 増田選手の飛球を加古川北が捕ることができず適時打となり、中河選手が生還して同点に追いついた。

東洋大姫路  000 010 003   4
加 古 川 北  100 000 000   1
(2011年4月24日(日) 明石球場 第2試合)

1回裏 加古川北の攻撃から。無死二塁から試みた送りバントは一塁を守る増田選手の好フィールディングに阻まれた。
b0170881_2233936.jpg

b0170881_2234582.jpg

b0170881_2264980.jpg

一死一塁となり、3番 柴田選手の右前打で一塁から武田選手が三塁を陥れる。外野からの送球が逸れた間に柴田選手が二塁を狙ったが、これは失敗に終わる。
b0170881_227069.jpg
b0170881_227640.jpg

二死三塁となった場面で4番 井上選手が放った先制適時打。
b0170881_2281190.jpg


b0170881_230970.jpg
b0170881_2301417.jpg

3回表、東洋大姫路は四球を選んだ中河選手を一塁に置く場面で送りバント。しかし加古川北 西嶋投手は躊躇なく二塁に送球してこれを阻んだ。
b0170881_2335061.jpg
b0170881_2335632.jpg

3番 坪田選手の打球を好捕した加古川北のショート 武田選手。
b0170881_2352977.jpg
b0170881_2353497.jpg


東洋大姫路のショート 中河選手も随所で好守を見せる。
b0170881_2374918.jpg
b0170881_23755100.jpg


5回表、1-1の同点となるホームを踏む前、三塁走者となった中河選手は(この場面で適時打を放つことになる)増田選手に塁上から檄を送る。
b0170881_2413295.jpg


試合は投手戦。殊に東洋大姫路の好投手 原投手の投球に注目が集まったが、撮影する私にとっては、攻撃・守備の両面で多彩な表情を見せて写真映えのする中河選手の一挙手一投足から目が離せなくなった試合中盤だった。

(後篇に続きます)
[PR]

by photomoments | 2011-05-04 02:51 | 高校野球:兵庫(公式戦) | Comments(4)
2011年 04月 24日
平成23年度春季兵庫県大会 社、東洋大姫路が勝利(4月24日)
本日、今年初めての野球写真撮影のために明石球場に赴きました。
第1試合が社vs報徳学園、第2試合が東洋大姫路vs加古川北という、いずれも甲子園出場経験のある学校同士の熱戦を堪能しました。
第1試合は社が報徳学園を3-1で破り、第2試合は東洋大姫路が4-1で加古川北を下しました。
後ほど各試合ごとにアップする予定ですが、取り急ぎ、各試合から2枚ずつ写真をアップします。

社vs報徳学園の得点シーンより。
2-0の劣勢で迎えた8回裏、報徳学園は代打 屋富祖選手の適時打で二塁から武内選手が生還し、1点を返した。
b0170881_2235216.jpg

2-1の1点差に迫られた社は9回表、一死一・三塁の場面で2番 川居選手がスクイズを決め、三塁走者の溝上選手を本塁に迎え入れた。
b0170881_2234410.jpg


東洋大姫路vs加古川北を投げ合った2人の投手。
加古川北はエース 井上投手ではなく、背番号18の西嶋投手が登板。東洋大姫路を相手に8回まで1-1の投手戦を展開した。
b0170881_224929.jpg

兵庫屈指の右腕との評のある東洋大姫路の原投手が見せた、気迫のこもったウイニングショット。
b0170881_2241745.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-04-24 23:14 | 高校野球:兵庫(公式戦) | Comments(2)