「ほっ」と。キャンペーン
タグ:瀬戸内・広島 ( 7 ) タグの人気記事

2011年 05月 31日
瀬戸内逍遥-6  亀老山展望台
b0170881_7142691.jpg

今回掲載したのは来島海峡に面する大島にある亀老山展望台。
1年前の帰省時に初めてここを訪れた際の写真を掲載済だが、その時はあいにくの曇り空で眺望のよさを堪能することはできなかった。
そして今回もまた、黄砂で視界が遮られる状況…。天候に恵まれないなぁと思いつつ亀老山への山道を自動車で昇っていくと、GW中ということもあって、観光バスが何台も山頂から降りてくる。また自転車で標高307mの山頂を目指す人もけっこういて驚いた。

亀老山展望台は、西側の来島海峡大橋を眺められるスポットのほうが見どころであり、多くの人が来島海峡大橋をバックに記念撮影を行ったりしていた。しかし到着したのが午後3時ごろということもあり、視界の悪さと乱反射で写真を撮ってもいまひとつパッとしない。
b0170881_7165418.jpg

東向き 燧灘(ひうちなだ)方向の展望スポットも霞んだ中に島が浮かぶ状態だったが、それなりに幻想的な雰囲気を楽しめた。
b0170881_7304531.jpg

こちら側は訪問客の滞留もまばらで、来島海峡側のデッキから、燧灘を眺める人の姿がファインダーにうまくおさまるタイミングを狙って撮影した。
b0170881_7311895.jpg
b0170881_731274.jpg
b0170881_7313680.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-05-31 07:35 | 建物・街・風景 | Comments(12)
2011年 05月 28日
瀬戸内逍遥-5  瀬戸田
前回掲載した多々羅大橋の撮影を終え、多々羅大橋を渡って瀬戸田町に帰ってきた。
7時を過ぎて少しずつ動き始める島の様子を、前回と同様にWBを変えて撮影した。

b0170881_711569.jpg

農業と並んで島の基幹産業である造船業。十数基あるクレーンのなかでも、これらのクレーンの形状が造形的に好みだ。
b0170881_7111125.jpg
b0170881_7111994.jpg
b0170881_7112687.jpg

島と本州(三原 須波港)を20分ほどで結ぶフェリー。
私が子供のころは、三原、尾道、今治、松山、因島、大三島、岩城島、伯方島などなど、瀬戸田を発着する多数の航路があった。
フェリー、高速船、水中翼船など、多種多様な船が就航し、かなり賑わっていた。
だが、しまなみ海道の開通で廃止となった航路も多く、存続している航路も昨今の高速道路通行料金の引き下げの影響もあり、取り巻く経営環境は厳しいものがあるが、小さいころから船に乗って暮らしてきた私にとっては懐かしい存在だ。
b0170881_7113353.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-05-28 15:38 | 建物・街・風景 | Comments(4)
2011年 05月 22日
瀬戸内逍遥-4 多々羅大橋
ゴールデンウィーク前半に、故郷の広島へ帰省した際の写真を掲載します。

帰省に際していろいろと撮影したいスポットがあり、メイン機材のEOS-1D MarkIIIではなく、EOS Kiss X3と数本のレンズ、そして三脚を持って帰った。
しかし、今年のゴールデンウィークは天候がすぐれなかったうえに、始終黄砂の影響に悩まされ続けた。

今回掲載するのは、帰省のたびに撮影している多々羅大橋。
いつもと違う写真を撮りたくて、午前4時に起きて、実家の車を運転して隣の島 大三島に向かった(こういう時だけは目覚まし時計の鳴る前に目が覚めてしまう)。
ちなみに、橋が架かるまでは、始発の船が出る前に隣の島には辿り着けなかったから、こうした写真を撮ろうと思うと、前日中に隣の島に移動するしかなかった。
朝焼けと昇る朝日を背景に、多々羅大橋のシルエットを浮かび上がらせたい と思いながら撮影ポイントを転々と移動した。
が、濃い黄砂によって視界が悪く、日の出の時刻になっても視界がクリアにならない。
なので、WBを大きくずらし、露出補正をアンダーに振って、黄砂の環境下だから撮影できる写真を目指した。
朝焼けに染まる多々羅大橋の撮影がいつかできることを期待しながら…。


少し離れた位置から、多々羅大橋と生口島を撮影。黄砂で視界が霞むなか、生口島のシルエットが朝日に照らされて浮かび上がっている。
b0170881_2159776.jpg

高度を上げた太陽を背景に、多々羅大橋のシルエットを撮影。
b0170881_21594022.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-05-22 22:26 | 建物・街・風景 | Comments(14)
2010年 09月 13日
JET SKI
高校野球秋季大会の記事もあるのですが、ちょっと小休止?です…

8月末に夫婦で広島に帰省したときに、妻・母親と一緒に尾道・鞆の浦を訪れた。
実家からは船で尾道へ向かい、尾道から電車とバスを乗り継いで鞆の浦に行って鞆の浦を散策し、帰路は鞆の浦から尾道へ向かう船便(土日祝かつ期間限定)を使ってみた。
鞆の浦から阿伏兎観音を眺め、尾道水道に架かる尾道大橋・新尾道大橋を船上から見上げる航路のその途中で出会ったのが…

b0170881_20501083.jpg

カメラを持って後部デッキから阿伏兎観音や常石造船などを撮影し、一息つこうと席に戻ると、窓の外にジェットスキーを楽しむ姿が見えた。
高速で疾走するその姿がこちらにどんどん近づいてくる。
b0170881_20533372.jpg


今回の帰省では風景を撮るだけのつもりだったから、野球撮影に持って行く大きなカメラ・大きなレンズは当然持って帰ってなくて、ジェットスキーを撮ろうにも、入門機のKiss X3ではちょっと心許なかったのだが、滅多にない機会を前にそんなことは言っていられないので、70-200mmのレンズに付け替えて再度後部デッキに向かって撮影した。
最初は事情がわからなかったのだが、次第に、こちらの船が立てる波を求めてジェットスキーがやって来るのだと理解した。
また撮影時には気づかなかったものの、ジェットスキーを操っている方も私が撮影しているのをわかっていたようで、明らかにこちらを見てましたね。

b0170881_211220.jpg
b0170881_2103938.jpg
b0170881_2104523.jpg
b0170881_2105757.jpg
b0170881_210507.jpg

慌てて撮影を開始したので、カメラの設定が絞りF8、ワンショットAFになったままで最初は撮影してしまった…。
途中で気づいてAIサーボに切り替えて撮影しなおしたが、基本動作の大切さを疎かにしてはいけないと反省。
1D3と300mmの単焦点レンズの組合せだったら、もっと工夫しながら撮れたとは思うが、Kiss X3でもなんとか撮れたかな?といった印象。
X3は連写コマ数も少ないので、疾走するジェットスキーをファインダーでひたすら追いつつ、波にぶつかるタイミングなどを計算しながらシャッターボタンを押した。

撮影していたときは折悪しく天候が曇りがちになってしまい、夏らしい雰囲気の写真にならなかったのは残念だったが、時間にしてわずか5分ほど、非常に興奮する撮影をすることができた。
マリンスポーツの撮影をされる方もいるが、その動きや波しぶきのダイナミックさなどの面白さがわかり、ハマってしまいそうな感覚だった。
陸上から撮るのでは被写体との距離も遠くなるだろうし、その意味でも船上から近い距離で撮れたこの機会は貴重だったのかもしれない。
そして、ジェットスキーを乗りこなしてみたいと思うよりも先に写真撮影が楽しく思えてしまう自分は、やっぱりスポーツ写真の撮影が好きなんだ と、再認識したひとときだった。


ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-09-13 22:32 | SPORTS | Comments(12)
2010年 06月 23日
瀬戸内逍遥-3 亀老山展望台
b0170881_21455445.jpg

絶好のビュースポット、亀老山展望台だったが、あいにくの重い曇り空…


しまなみ海道の最も四国寄りにある来島海峡大橋を一望できるスポットとして有名な亀老山(きろうざん)展望台。
この展望台の存在は、現在では著名な建築家となった隈研吾が設計したことで早くから知っていたのだが、今回の帰省で初めて訪れてみた。
来島海峡を挟んだ大島にある亀老山の山頂部に、展望台としての姿が遠望できないように山中に埋め込んで作られたこの展望台。
次の日に島巡りをして今治に渡ったときに船上から亀老山を見たのだが、肉眼ではそこに展望台があることを認識できなかった。
優れた景色を「見る場」であるはずの展望台が、その存在意義とは逆に「見られる」存在となってしまい、景観を損ないがちだ とする隈研吾の着眼点は、亀老山展望台で巧みに具現化されたと思う。
b0170881_22111093.jpg


だが、隈研吾も予想しなかったと思われる現象がそこにはあった。
展望台の手摺の横桟に無数に取り付けられた南京錠。恋人や夫婦が南京錠にその思いをマジックペンで書き、ワイヤー製の横桟に取り付けられている。
風に吹かれ、人の手で動かされた南京錠の相互の距離感・バランス感が絶妙で、カメラを向けてしまった。
b0170881_227566.jpg
b0170881_2271477.jpg

[PR]

by photomoments | 2010-06-23 22:19 | 建物・街・風景 | Comments(8)
2010年 06月 20日
瀬戸内逍遥-2 しまなみ海道 多々羅大橋
6月に入り梅雨となったこともあって、まったく野球関連の撮影に行けない日々が続いています。カメラを持って外出することすらありません…。
というわけで、5月末に故郷の広島に帰省した際に撮影した写真を何回かに分けてアップしたいと思います。
※「瀬戸内逍遥」と銘打った記事は半年ほど前に鞆の浦について掲載して以来となります。


私の故郷は瀬戸田町という瀬戸内海の島だ(現在は合併により尾道市となっている)。西瀬戸自動車道(しまなみ海道)によって本州から四国まで道伝いにつながった島だ。
広島県尾道市と愛媛県今治市の間に10本の橋を架けたしまなみ海道は、1999年の来島海峡大橋と広島・愛媛県境に架かる多々羅大橋、そして新尾道大橋の開通によって架橋工事を完了した。
私はその頃には既に就職で東京に住んでいたが、年に2回ほど帰省するたびに、自分の故郷に架かる多々羅大橋を見に行っていたたように思うし、それは今でも変わらない。
多々羅大橋は全長1,480m、中央支間長(主塔と主塔の間の長さ)890mという当時世界最長の斜張橋。
斜張橋と言えば横浜ベイブリッジが有名だと思うが、多々羅大橋は主塔から展開する計168本のケーブルの広がりと、高さ226mに達する主塔の形状の流麗な美しさが特徴で、個人的には世界で最も美しい橋のひとつに挙げてよいとも思っている。
この多々羅大橋は、1973年の当初計画では吊り橋で計画されていた。
当時購入した土木技術誌「土木施工」(1999年4月号)によると、斜張橋は吊り橋に比べて高度な構造解析が求められるため、当時の技術水準では吊り橋とするのが妥当な計画だったが、吊り橋のメインケーブルを固定するアンカレイジの設置によって瀬戸田町側の生口島(いくちじま)に巨大な切土法面が生じることなどが課題だったらしい。
その後、オイルショックによる本四架橋の着工が延期された。
そして土木構造技術の進化で、斜張橋でもこの規模の橋梁建設が可能になったことで斜張橋案が採用された。


今回の帰省では自分の故郷の島だけでなく、普段あまり行くことのなかった島にも足を延ばすつもりで、カメラと数本のレンズ、そして初めて三脚も持参して帰省した。
カメラはプロユースのEOS-1D MarkIIIではなく、小型軽量な入門機 EOS Kiss X3をチョイスした。
その狙いは、荷物の軽量化ももちろんだが、1,500万画素のX3を使い、ライブビューで厳密なピント合わせをして精緻な写真を撮りたかったことと、1D MarkIIIではEF17-40mmを使って広角端約22mm相当が限界なのに対して、APS-Cサイズのセンサーを搭載したX3なら、EF-S10-22mmを使えば約16mmからの広角撮影が可能になることにあった。

今回は初めて夕刻の多々羅大橋を撮ってみた。
対岸の愛媛県側 大三島からは橋の全景が撮りやすいのだが、広島県側では島の山稜に遮られるために撮影ポイントが限られる。
以前からよく撮影していたポイントに向かい、ちょうど干潮時だったこともあって、堤防の足元の石積みされたところに降りて三脚を使って撮影した。
b0170881_2044531.jpg

残念ながら、狙っていた夕焼けの広がり具合はもうひとつ…。それでも「瀬戸の夕凪」で海面は穏やかな表情を見せてくれた。
b0170881_20515477.jpg
b0170881_205231.jpg

懲りもせず、翌日午前には日中の多々羅大橋を同じポイントから再度撮影。
b0170881_20534912.jpg

b0170881_0515367.jpg
多々羅大橋を渡って対岸の大三島にある大山祇神社に参拝した帰りにも撮影した。やはりこちらからのほうが撮影可能なエリアが広いことを実感。
橋の後ろに見える島が瀬戸田町の生口島。226mの主塔は島の最高峰、標高472mの観音山の半分近くにもなる。
b0170881_20553420.jpg


しまなみ海道は他の本四架橋2ルートと異なり、地域の生活道路としての性格も色濃く持っている。
だから尾道から今治まで、徒歩でも自転車でもずっと通行することができる。
(最近は徒歩で橋を渡る人や、自転車でツーリングする人も多く見かけるようになった)
大三島から橋を渡って帰ってきて、パーキングエリアに車を停めて、多々羅大橋の歩行者・自転車・原付の料金所まで歩いてみた。
自動車道路の下をくぐると、真っ暗な暗渠のその先に瀬戸内海が見える。
b0170881_212797.jpg

パーキングエリアから1km近く歩いて料金所に到着。間近で目にした斜張橋のケーブルは思っていたよりもずっと細いものだった。
「土木施工」によれば、このケーブルは直径7mmの鋼線を最大379本まとめてできていて、表面をポリエチレン被覆したもの。直径は約170mm。
表面被覆の模様は、レインバイブレーションという現象への対策として施された とのことだ。
b0170881_214129.jpg

b0170881_2152863.jpg

[PR]

by photomoments | 2010-06-20 22:06 | 建物・街・風景 | Comments(12)
2009年 10月 22日
瀬戸内逍遥-1 鞆の浦
先週末に帰省する用事があったので、故郷の広島に帰りました。

この機に、最近景観に絡んだ地裁判決で全国的に注目を集めた鞆の浦を見ておきたいと思った。
広島に生まれ育ちながら足を運んだことがなかったので、始発の新幹線に乗って福山で降り、バスに揺られて鞆の浦を2時間ほど散策した。

b0170881_794882.jpg


鞆の浦は古くから風待ち・潮待ちの港として栄え、古くは神功皇后の遠征でもその名が見られたり、万葉集にも詠われた地でもあった。
南北朝時代には一時九州まで逃れた足利尊氏が京に上る途中に南朝方の新田義貞追討の院宣を受けた地で、
戦国時代には織田信長に京を追われた足利15代将軍義昭が、毛利家を頼ってこの地に幕府を移した。
幕末には坂本龍馬の海援隊が保有した艦船、いろは丸が鞆の浦の沖で沈んだりと、歴史の重要時に顔を出す地でもあった。
明治以降は風待ち・潮待ちとしての機能を失い、開発が進まなかったことから、古い町並みがよく残っているため、
景観か開発か との観点で住民の意見も二分されているという。
(上の写真の湾内を一部埋め立てて架橋する行政・推進派の案と、山側に迂回のトンネルを掘る景観保護派の案)
スタジオジブリの宮崎駿監督が2ヶ月ほど鞆の浦に滞在して、「崖の上のポニョ」の構想をまとめたことでも知られている。
b0170881_7213274.jpg



鞆の浦の湾内は漁港として使われていて、往時からのこの地の象徴、常夜燈(とうろどう)が中心部にある。
b0170881_795275.jpg

b0170881_7101333.jpg
b0170881_7102035.jpg

雁木と呼ばれる海岸線の構築物が大規模に残されているのも特徴のひとつ。
b0170881_7123839.jpg

古い町並みが残っているので中心エリアの道幅は狭く、自動車の往来が円滑ではないことが、開発を必要とする主張の論拠となっている。
b0170881_7172740.jpg

下の写真は主要な通り抜け道路ではないが、路地ではない道でもこのくらいの幅員しかないところも多い。
b0170881_2046295.jpg

高台にある寺院から撮影。
b0170881_7253415.jpg

朝9時ごろでやや霞がかかっていたこともあってクリアな写真が撮りにくかったが、露出をアンダーに振って海面の反射を撮ってみたかった。
(もう少し長い焦点距離のレンズを持って帰ればよかった…)
b0170881_7254053.jpg


2時間程度散策しただけだが、この地での「景観か開発か」という問題は難しいと思った。
もともと埋め立て・架橋計画がスタートした1983年当時と現在では、人々の景観に対する意識も変わったり、景観法も制定されるなど、状況は変化している。
外部の立場では鞆の浦のすばらしい景観を守るべきだ と思うのだが、その地に住んでいる人たちの意思も尊重しなければならないし、
住民の中でも賛否両論あるところに、この問題の難しさがある(正確には開発推進派のほうが多数派とのこと)。
ちなみに現在の福山市長は鞆の浦出身で、開発推進派である。

鞆の浦からの帰路は、レトロ感覚あふれるボンネットバスに乗ることができた(現在定期路線を走るバスのなかでは日本で最も古い)。
私にとっては初めてのボンネットバスだ。
b0170881_20235889.jpg
b0170881_2024599.jpg
b0170881_20241095.jpg

福山駅前で降りるとき、運転手の方にいろいろとお話を伺ったら、
このバスはもともと奈良交通所有のバスで、香川県のバス会社に移り、30年ほど前に満濃池のほとりで放置されていたそうだ。
それを福山の自動車時計博物館が入手し、それを鞆鉄道が取得して、気候のよい時期の土日に運行しているとのこと。
古いから大事にメンテナンスしないといけないので、他のバスより念入りに手入れされ、他のバスは雨ざらしにしたとしても、
このボンネットバスだけは必ず屋根付の駐車スペースに停めているんですよ と運転手さんは笑っていた。
[PR]

by photomoments | 2009-10-22 20:51 | 建物・街・風景 | Comments(8)