「ほっ」と。キャンペーン
タグ:西舞鶴高校 ( 7 ) タグの人気記事

2011年 09月 27日
平成23年度秋季京都府大会: 鳥羽 vs 西舞鶴(後篇)
b0170881_532742.jpg

1点を追う8回裏、スクイズを決めて同点とした鳥羽 北川選手。


秋らしい気温の中で行われたこの日の試合。薄曇りで陽射しも柔らかかったことから、意識的に選手たちの眼差しや表情を追いかける撮り方をした。


鳥羽の選手たちは、各回の守備につく際に脱帽し、グラウンドに一礼をしていた。何度も試合を見ていて今回初めて気がついた。
b0170881_550643.jpg


b0170881_5392068.jpg
b0170881_5392862.jpg
b0170881_5393537.jpg
b0170881_539422.jpg
b0170881_5395095.jpg


8回裏 鳥羽の先頭打者 五味選手の当たりを二塁手が追いかけたが捕りきれず、無死一塁となる。
続く内田選手が一・二塁間を破る打球を放って無死一・三塁となったところで、西舞鶴は守備のタイムを取る。
b0170881_5434410.jpg
b0170881_5435357.jpg

9番 北川選手が確実にスクイズを決めて、鳥羽が同点に追いつく。
b0170881_545434.jpg
b0170881_5451356.jpg

なおも一死一・三塁とする鳥羽は、2番(代打)松澤選手が中犠飛を放って三塁走者を迎え入れ、2-1と逆転に成功する。
9回の西舞鶴の攻撃を0で抑えた鳥羽が準々決勝進出を決めた。
b0170881_5475617.jpg
b0170881_548575.jpg
b0170881_5481419.jpg
b0170881_5482215.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-09-27 05:54 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2011年 09月 26日
平成23年度秋季京都府大会: 鳥羽 vs 西舞鶴(前篇)
b0170881_23585493.jpg

無安打・7回コールドに抑えられた夏の対戦から2ヶ月余。新チームになって迎えた再戦の場で、6回表に先制点を挙げて喜ぶ西舞鶴ベンチ。



 西 舞 鶴
 000 001 000   1
 000 000 02X   2
 鳥  羽
 (2011年9月25日(日) 太陽が丘球場 第1試合)

※夏の大会の記事のアップが終わっていない状況ですので、順序が前後しますが、秋季大会の記事をアップします。


鳥羽と西舞鶴の対戦は、2ヶ月前、太陽が丘で行われて以来。
外野側から撮影したあの試合では、投打に鳥羽が圧倒。(7回参考ながら)鳥羽の五味投手がノーヒットノーランを達成するなど、西舞鶴は悔しい負け方をしただけに、ほどなくして得たリベンジの機会となるこの試合での西舞鶴の戦いはどのようなものか楽しみにしていた。
試合前半はお互いに無得点で進んだが、6回に西舞鶴が待望の先制点を挙げ、西舞鶴が試合の流れも握ったように思えた。
しかし、8回裏の鳥羽の先頭打者 五味選手が粘り抜いてライト方向に打ち上げた飛球で出塁すると、9番 北川選手がスクイズを決めて同点とすると、2番 (代打)松澤選手が中犠飛を放ってこの回2点目。
鳥羽が逆転に成功し、9回表を「0」に抑えた鳥羽が勝利した。
夏は五味「投手」に敗れた西舞鶴、秋は試合の流れを引き寄せた五味「選手」の打席での粘りに敗れたように思えた。


西舞鶴の最上投手と鳥羽の五味投手。
b0170881_0324375.jpg

b0170881_0464173.jpg


b0170881_0323041.jpg

b0170881_0323710.jpg

3回裏 三遊間への内田選手の打球を処理する西舞鶴 小林選手。内野安打となったが、次打者の一邪飛が併殺となり、三者凡退に切り抜けた。
b0170881_0325142.jpg

b0170881_0325962.jpg


b0170881_033548.jpg

b0170881_0332277.jpg

b0170881_0332980.jpg

b0170881_0333793.jpg

b0170881_0334454.jpg


6回表、4番 佐藤選手の中前適時打で二塁から國屋選手が生還し、西舞鶴が待望の先制点を挙げる。
b0170881_034141.jpg


b0170881_0351295.jpg

b0170881_0352050.jpg

b0170881_0353041.jpg


(次回に続きます)
[PR]

by photomoments | 2011-09-26 06:34 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(10)
2011年 08月 14日
第93回高校野球京都大会(4) : 鳥羽 vs 西舞鶴
前日に師匠 Mさんと連絡を取り、いつも太陽が丘の外野エリアから撮影するMさんのお手伝いをすることとしたこの日。
いつものようにJR京都駅で奈良線に乗り換えようとすると、ダイヤの乱れで列車の運休が発生するなどの混乱下にあったので、急遽近鉄で行くこととした。
しかし、近鉄とバスを乗り継いで球場に到着したときには試合は既に始まっていたので、Mさんに代わって撮影を担当したのは3回からになってしまった。

外野、スコアボード近傍のやや後方から600mmのレンズで撮影したのだが、慣れない撮影ポジションと超望遠レンズの狭い画角だけでなく、スコアボードが見えない位置であるため、両チームの選手名や試合の推移などがほとんど把握できないことにも難儀した。
普段いかにスコアボードの情報に助けられているかを実感した。
この試合の撮影は、念のため持参したエクステンダー(x1.4)を装着して撮影し始めたものの、300mmに使った時と同様、どうにもシャキッとしない画になってしまうので、途中からはエクステンダー抜きで撮影した。

公立の実力校同士の対戦となったこの一戦だったが、思わぬ大差で試合は終わってしまった。
鳥羽の各選手のスイングが鋭く、よい当たりを連発していたのが印象に残る一戦だった。


 西 舞 鶴
 000 000 0   0
 023 112 X   9 (7回コールド)
 鳥   羽
 (2011年7月12日(火) 太陽が丘球場 第1試合)

b0170881_22245834.jpg
b0170881_222576.jpg
b0170881_22251491.jpg
b0170881_2225267.jpg
b0170881_22253453.jpg
b0170881_22254298.jpg
b0170881_22255099.jpg
b0170881_2226096.jpg
b0170881_2226819.jpg
b0170881_22261621.jpg

[PR]

by photomoments | 2011-08-14 22:37 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2010年 07月 26日
第92回高校野球京都大会(10) : 西舞鶴 vs 同志社
b0170881_20484546.jpg

大きな声で校歌を歌う西舞鶴の選手たち。全員いい表情だ。


3回裏に1点を先制した西舞鶴に対し、同志社は直後の4回表に5番 北尾選手の2点適時打で逆転した。
しかし5回裏、先発の西田投手の後を受けて登板した鎌中投手を西舞鶴打線が攻略し、3点を挙げて再逆転に成功し、6回・7回にも1点ずつを追加して勝利した。


同 志 社   000 200 000    2
西 舞 鶴   001 031 10X    6 
(2010年7月19日(月・祝) 太陽が丘球場 第2試合)

b0170881_21135334.jpg
b0170881_2114497.jpg
b0170881_21141390.jpg
b0170881_21142110.jpg
b0170881_21143813.jpg
b0170881_21144734.jpg
b0170881_21145621.jpg
b0170881_2115340.jpg
b0170881_21151032.jpg
b0170881_21173760.jpg
b0170881_21174575.jpg
b0170881_21175320.jpg
b0170881_2118062.jpg
b0170881_21181118.jpg
b0170881_21182463.jpg
b0170881_21183237.jpg



ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-07-26 21:22 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(0)
2010年 07月 17日
第92回高校野球京都大会(2) : 西舞鶴 vs 洛東
b0170881_0381144.jpg

応援席への挨拶後、先発した上野投手の肩を抱いて引き上げる小阪選手


昨年のフォトコンテスト受賞以来お世話になっている洛東高校。対戦相手は実力校の西舞鶴高校。
立ち上がりは無難に見えた洛東だが、3回裏には四球や補逸で三塁に走者を進めた西舞鶴がスクイズで手堅く1点を先制すると、長短の集中打によって一挙5点を挙げて試合の主導権を握った。
洛東にとっては、補逸でピンチを広げたこともあって投手の投球の幅がとりにくくなったように思えたが、そこを逃さない西舞鶴のソツのない攻撃が光った。
6回裏にも四球から西舞鶴がチャンスを作り、集中打で再び5点を挙げて試合を決した。

洛東の公式戦はこれまで数回撮影しているが、いずれも勝利をおさめたところを撮影できていない。
決して強くはないが、彼らが公式戦で勝利するシーンをいつか撮影してみたい…。それが私のささやかな願いだ。


洛   東   000 000    0
西 舞 鶴  005 005X  10 (6回コールド)
(2010年7月16日(金) わかさスタジアム京都 第1試合)

b0170881_0573563.jpg
b0170881_0574468.jpg
b0170881_0575225.jpg
b0170881_058390.jpg
b0170881_0581510.jpg
b0170881_058224.jpg
b0170881_0583116.jpg

b0170881_102055.jpg
b0170881_102910.jpg
b0170881_103930.jpg
b0170881_105031.jpg
b0170881_105830.jpg
b0170881_11866.jpg



ご注意 : 2010年7月1日以降、記事の下欄に株式会社エキサイトによる広告が表示される場合があります


[PR]

by photomoments | 2010-07-17 01:07 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(2)
2009年 07月 18日
第91回全国高等学校野球選手権京都大会  7月16日 太陽が丘球場(2) : 立命館宇治 vs 西舞鶴
b0170881_27460.jpg

引き続いて、第2試合の立命館宇治vs西舞鶴を掲載します。

立命館宇治  200 013 031  10
西  舞  鶴  012 010 000   4
(2009年7月16日(木) 太陽が丘球場 第2試合)

(写真はすべて EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM)

b0170881_214058.jpg
b0170881_2144842.jpg
b0170881_2145463.jpg
b0170881_215083.jpg
b0170881_215737.jpg
b0170881_2151566.jpg
b0170881_2152192.jpg
b0170881_2152785.jpg
b0170881_2153412.jpg
b0170881_2154033.jpg
b0170881_2154767.jpg
b0170881_2155299.jpg
b0170881_2155840.jpg
b0170881_216439.jpg
b0170881_2161143.jpg
b0170881_2162039.jpg
b0170881_216287.jpg
b0170881_2163790.jpg
b0170881_2164474.jpg
b0170881_2165260.jpg

試合後半は逆転されたものの、前半は試合を優勢に運んだ西舞鶴の健闘を讃えたいと思います。
[PR]

by photomoments | 2009-07-18 06:11 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(5)
2009年 05月 10日
高校野球観戦記:京都外大西 vs 西舞鶴
西舞鶴      0 0 0  4 0 0  0 0 0    4
京都外大西   0 0 0  0 0 0  4 0 1X   5
(2009年5月4日(祝) 太陽が丘球場 第2試合)

「西高」vs「西高」となった(ちょっとややこしい…)この試合。
試合前は、京都外大西がどのくらいの力強さで勝利するのかを見届けるつもりでいたのだが、
実際には西舞鶴の前に敗戦一歩手前という試合内容だった。
初回から何度かの得点機を潰し、反対に4回表に集中打で一挙4点を挙げられたまま終盤に至ったときには、
京都外大西ファンの人たちでさえ、敗戦が脳裏をよぎったのではないか?

とはいえ、7回に代打攻勢をかけた京都外大西が4点を返して同点とすると、
9回裏、7回に代打で登場して三塁打を放った尾崎が決勝打を放ってサヨナラ勝ちを収めたところは流石である。

この試合で私は、京都外大西の脆い部分と、分厚い控え選手層の両面を見た。
途中出場の選手が勝利を手繰り寄せた試合結果をどうみるかによって、評価は大きく分かれそうだ。
試合後の選手の会話で「4点取られても負ける気がしなかった」という声を聞いた。
強がりなのかor本当にそう思っていたのか、本意はどっちだったのか?どっちのほうが彼らの糧になるのだろう?

西舞鶴としては、すぐそこに金星があったのに… という試合だった。
甲子園常連校の底力を春季大会で実感できたことを夏の大会に繋げてほしい。

以下、試合のハイライトをいくつか写真にてご紹介します。
(写真はすべて EOS 1D MarkIII + EF300mm F2.8L IS USM

京都外大西の先発 熊谷投手(上)と西舞鶴の先発 屋敷投手(下)。
b0170881_12433479.jpg

b0170881_1243477.jpg

1回表無死 西舞鶴の先頭打者永野の二ゴロを処理する井上隼。
b0170881_1244445.jpg

2回表無死 4番國屋の遊ゴロを処理する中川。
b0170881_1245233.jpg

4回表無死 1番永野が左前打で出塁。一死一・三塁の場面で4番國屋が左前適時打で1点先制。
b0170881_12465516.jpg

この後一死満塁となり、7番上方が右前2点適時打を放つ。
b0170881_1247268.jpg

b0170881_12473758.jpg

b0170881_12474991.jpg

8番屋敷が一塁強襲の適時打を放ち、西舞鶴はこの回4点を挙げた。
b0170881_12481738.jpg

b0170881_12483224.jpg

7回裏無死 途中出場の6番石原が投ゴロエラーで出塁。7番熊谷が右前打、8番代打松本が四球で無死満塁に。
b0170881_1255462.jpg

b0170881_12555961.jpg

9番代打尾崎が左中間に、走者一掃の3点三塁打を放つ。
写真は三塁へスライディングする尾崎。
b0170881_12561416.jpg

西舞鶴はここで背番号1の福原に交代したが、1番金瀬戸が中犠飛を放って尾崎が生還。4対4の同点に追いつく。
b0170881_12563387.jpg

8回途中からリリーフした中村が9回表の西舞鶴の攻撃を0点に抑え、
b0170881_12571984.jpg

9回裏一死 8番榎本が四球で出塁し、またも9番尾崎に打順が回る。
尾崎がバックスクリーンに迫る大飛球を放ち、一塁走者榎本が一気に生還し、決着をつけた。
b0170881_12574811.jpg

b0170881_12575824.jpg

b0170881_12582732.jpg

b0170881_12583846.jpg

[PR]

by photomoments | 2009-05-10 13:10 | 高校野球:京都(公式戦) | Comments(7)